Career shift

有森裕子 / Arimori Yuko   元マラソン選手|現在:

「自分」が軸なら、後悔なんてしない  マラソン・有森裕子(後編)

Profile

 

有森 裕子(ありもり・ゆうこ)
岡山県出身。就実高校、日本体育大学卒業。バルセロナ、アトランタの両オリンピックの女子マラソンで銀メダル、銅メダルを獲得。
2007 年の「東京マラソン 2007」でプロマラソンランナーを引退。02 年アスリートのマネジメントを行う株式会社 RIGHTS.設立。
ハート・オブ・ゴールド代表理事、スペシャルオリンピックス日本理事長他を務める。
10 年〈国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞〉を日本人として初めて受賞。

 腑に落ちることだけをやる大切さ

有森:
私の場合は、自分で納得しないと動かない人なので、人に言われても納得しないとやらない人なんです。
だから監督にメニュー出されたとするじゃないですか。そのメニューをやるんですけど、なんでこれをやる意味が腑に落ちないとやらないんですね。でもそれが腑に落ちると、とことん全力でやるんです。だから面倒臭い人といえば面倒臭いですけど(笑)。不器用な部分なんですけど、そんな自分も嫌いじゃなか ったりします。

東:
間違えても、自分が決めたことだから後悔がないですよね。

小松:
引退した後の仕事は多岐にわたっていますが、自分のやるべきことだと思えたことを続けているのですね。

有森:
そうですね。やろうと選んだから続けられるのかもしれませんね。自分がやりたい、自分がやると決めたことからは絶対にブレない。だから逆にやりたくないことはやらないし、みんながやってるからやる、というのは無いですね。

小松:
自分自身の指針に沿って正直に。

有森:
はいもちろんです。例えば私はバラエティー番組に出るのは悪いこととは思っていません。だからといって、何でもかんでも……でももちろんありません。自分の人生、自分の時間にはこだわりたい、という思いが強いので、時と場合によっては出れるものを選びます。

東:
世の中には働いている人がたくさんいて、自分の仕事を本当はやりたく無いけど、やらないと家族を食わせれられない、ということで日々みなさん働いている人が多いですよね。有森さんは生きていて言い訳を作ったりしたことはありますか?

有森:
もちろん言い訳を作ることもありますよ。特に今の状況とかね、ここ 1、2 年そうなんですけどね。語学をやらなくちゃいけないんだけど、色々な言い訳してやらないんですよね。(笑)

東:
なんでですかね? 色々辛いことは、いままでたくさんやってきたのに。

有森:
これがですね、結構明確で、アスリートに多いらしいんですけど、明確なゴールがないものに弱いんですよ。だから私にとっては、ゴールを設定することって大切なんですよ。よっぽど切羽詰まらないかぎりやらない、というこの私の面倒臭い気質が今の自分を停滞させていると思いますね。それはわかっているんですけど、見事に動かないんですよ(笑)。

東:
ゴールを決めていけばいいんでしょうね。僕はアスリートの頃は、一年ごとに課題が設定されてたんですが、それを辞めて社会人として働き出したら、課題なんかは特に与えられなくて、さらに僕の仕事は数字がでるわけでもないから、評価がどうされるかも難しいんですよ。

小松:
今の有森さんは、とてもゆるやかに歩まれている。これまでにない新鮮な経験をされているのかもしれませんよ。

有森:
どうなんですかね。今できることしかやってないんですよ。自分からやりたいと思うものにしか向かってないというか。やれるものはやっているけど、「できないけどチャレンジしよう」っていうことをやっていないのが、大きな問題なのかなぁと思っています。
そんな目標を見つけようとしているんですけど、私基本的に勉強が嫌いで、本当に勉強ってどうやっていいかわからないんですよ(笑)。

 仕事として走ることとは?

小松:
有森さんは 2007 年の東京マラソンを最後に引退されました。その次の日はどうしていましたか?

有森:
朝練をすっぱりやめました。

東:
え、逆にそれまで毎朝朝練やってたんですか!?

有森:
やってましたよ。東京マラソンまではやらないと、と思ってましたから。それでね、東京マラソン出る前の夜の話なんですけど、私自分の足に「もう終わるからね、もう痛くないからね、頑張ってきたんだね」って言って翌日走ったんですよ。

東:
ゲストランナーとかでは走ってますか?

有森:
はい、岡山だけやっているんですよ。フルマラソンの仕事は辞めたからやりません。練習という仕事もやりません。パシッっとやめました。

小松:
有森さんは「走る」ということに、プライドを持っていましたか?

有森:
そうですね、私は好きだから走ってたんではないんですね。好きでも嫌いでも無い、マラソンが仕事にならないといけないと思っていましたから。だから 3時間とか 4 時間で走ったりはしません。それは遊びですからね。
一般の人がすごいなぁ、っていつも感心するのは、休みにとかに早起きして走 ったりしてるじゃないですか? あれって本当にすごいなって思うんですよ。私は好きだから走るっていうのはないので。

東:
僕は好きで走るタイプではないんですが、この間初めて富士山マラソンを走りました。僕にとって走るって補強運動なんですよね。

有森:
あと、自分との対話ができますよね。

東:
あと、仕事で運動するのではなくて、遊びでやるのって、やっぱり勝ち負け関係なく、スポーツって身体を動かすのが楽しいなって思いましたね。

有森:
私は今頑張る人を応援することをやっていますし、それをすることで元気がもらえるからやってるんですよね。
岡山マラソンは自分の地元で、アンバサダーをやってるんですけどね。そこで走る仕事だけはやるって決めているんですよ。タイムは 5 時間ぐらいかかってますけどね(笑)。でもランナーとして仕事をするなら、練習という仕事をするから、それはやりたくなくて辞めたからやりません。もう痛みを確認するのは嫌なんですよ(笑)。

小松:
有森さんと東さんは、自分のことを自分で紹介するとしたら、なんと言いますか?

有森:
私は、一生懸命生きてる不器用な人かな(笑)。

小松:
東さんは?

東:
僕はなめられないために頑張ってる人という感じです(笑)。人にバカにされるのが嫌だったんですね。生まれた地域が悪い地域だったとか、誰も僕のこと知らないとか。今に見とけよみたいなことばっかりでしたんで。

 人間のすごさ、を伝えていきたい

有森:
私はね、子どもたちにはいつもこう言ってるんですよ、「人間って、どんなものでも力にできるんだよ、そのことはすごいことなんだよ」って。
「こうでなきゃできない、ああでなきゃできない、これだと力にならない」みたいなヤワな生き物じゃないんだよ、って伝えているんです。そしてそのことをもっと多くの指導者は教えて欲しいですね。
「こういう能力がなきゃ」とか、「こういう体格でないと」とか「こんな育ちでなきゃ」とかそんなことは関係ないんですよ。人間ってもっとすごいんです、パフォーマンスでなくて、もっと根本がすごいんです。そのことを教えて欲しいんですよ。

小松:
はい、本当にそうですよね。しかもそれは、決してエリート街道まっしぐらの道ではなくて、本当に底から這い上がってメダリストになった有森さんが発するから、説得力があると思います。2020 年も「どんなことでも力にできる、そいの能力が人間には備わっている」と、子供たちに伝えられるといいですね。

東:
悩んでる人は多いと思うんですよね。一流大学じゃないからとか、僕はこんなにやってないからとか、それを全部有森さんは突っ切ってきたわけじゃないですか。

有森:
そうですね、ありがとうございます。でもね、よく「有森さんはいい先生に出会えたからいい選手になれたんですよね」って言われることもあるんですよね。確かにそういう部分もあります。でもその先生と出会えて、よくなるか悪くなるかは、結局最後は自分自身なんですよ。だから保護者の方には、これはまあ露骨には言えませんが、たしかに先生も大事かもしれませんけど、本人次第なんですよ、ってことを伝えたいですね。

東:
確かにそうですよね。先生がすごいだけだったら、その先生の教え子が全員オリンピック出られることになりますからね(笑)

小松:
有森さんは、ご自身では不器用だとおっしゃいますが、引退後、とても軽やかに色々なジャンルで活躍されていますよね。

有森:
いやいや、まだまだこれからどうなるかわからないですよ。色々やらせていただいているんですけど、とても勉強させていただいたなって思うのが、国連「国連人口基金親善大使」ですね。

小松:
どういう活動をされたか教えてくださいませんか?

有森:
途上国の人口問題に関する活動の親善大使なんですよ。私が行ったのは、カンボジア、タイに入り、インド、パキスタン、エピオチア、ケニア、タンザニアとかを回りました。
衝撃的だったのは、ケニアでのエピソードです。あっちで私のことを「親善大使」って紹介しても、ケニアの人たちは「へぇーそれで?」だったんですけどね、マラソンランナーって話したら「ユーアーラッキー」って言われました(笑)。 マラソンランナーって言ったほうが、こっちの人には反応いいなぁって。その時は、世界記録持っていたポール・テルガト選手のような人がアンバサダーをやってて、一緒に活動してました。
私が今までやってきたことが、この社会で存在意義があることなんだなぁって思ったんですよその活動を通して。走ることや、今まで自分がやってきたこと、本当にやっててよかったなぁって思いましたね。

 「自分」で考える、「自分」で生きることが大切

東:
オリンピック選手パラリンピック選手、そこでメダルを獲った人というのは、一般の人にはそのブランドイメージはわかりやすくて強いですよね。

有森:
ないよりは絶対いいと思いますけど、逆にその肩書きを持ってるけど勘違いして潰れてしまう人も多いですよ。アメリカやヨーロッパには、あちこちにいますからねメダリストは。大切なのは「今の自分がどうか?」ってことを意識することです。これは海外にいた時に気づかせてくれました。

東:
たしかに日本だと、どこに行っても「有森さん」って言われて有名な存在ですものね。

有森:
だから海外にいた方が楽でした。

東:
海外のアスリートって、存在価値とか社会的な立場ってどうなんですか?

有森:
小さな国なら違うと思いますが、アメリカみたいなメダリスト多い国は、よっぽどのスーパースターじゃないと騒がれないでしょうね。
でも海外って、何か大きなことを成し遂げた人に対するリスペクトはありますよね。そしてそれに対して、アスリート本人もアスリートとしての意識が高いですよね。でも日本の場合って、流行っていればすごく注目されるし、そうでなければ見向きもされない。その流行り廃りで価値が評価されるのはちょっとおかしいなぁって思いますね。

小松:
日本のオリンピック選手もそうした風潮に巻き込まれていますよね。

有森:
そうですね。だからとにかく「自分で考える、自分で生きる」ことが大切だってことなんですよね。○○の選手だった誰々とか、どこの大学とか、それは関係ないんですよ。
私ね昔、某大学で講演したことあるんですけど、その時に「大学名で生きるな。肩書きて生きてはダメ」って言ったんです。どんな時代も、まず最初に肩書きよりも、自分の名前を堂々と言える生き方をするのがとても大切だと思います。そんな話をしたら、教授のみなさんが苦虫を噛み潰したような顔をしてましたけどね(笑)。
たとえば東さんはハンドボール選手ですよね。

東:
はい。そうです。

有森:
多分今までは自分を語る時に「ハンドボールの日本代表でした」っていうのを最初に話すでしょ? そうじゃなくて、まずは自分の名前、そして競技を実はやってて、ハンドボールでという話をした方がいいと思いますよ。

東:
はい、とても勉強になります。

有森:
あと、クイズにするといいですよ。毎年、春と夏に小学 1 年〜6 年生を対象にしたキッズキャンプを行っているんですけどね。もちろん私のことを知らない子ども達は多いんですね。知らないのって私にとって最高なんですよ、何を植え付けようかなって(笑)。
知らないことの楽しさっていうのもあるんですよ。子ども達に向かって「私ね、ちょっと足が早いんだよ」とか言うんです。子どもたちはね、私に全然違う世界を求めてくるんですよね。彼ら彼女らが感じたものを私に求めてくるんですよね。それって私にもとても貴重なんです。
もともとある自分を子どもにぶつけるのではなくて、今の自分を子ども達に作 ってもらっている、って言えばいいのかな。だから私は子ども大好きなんですよ。すごく楽しいから。
もちろん、私のことを知ってもらっている人からも色々な価値をいただきますけどね。知らない子ども達からも色々学んでますよ。

東:
有森さんのことを知らない人が増えてるって、本当時代流れるのって早いですよね。

有森:
そうですね。今大学生なんかも私のこと知らないですからね。今だとあとはメディアのどのくらい出ているかは、結構認知度の高低に影響しますよね。

小松:
有森さんはメディアの影響力を意識し、発言をされていますね。

有森:
私あんまりテレビには出ないんですけど、出ると「観ました」って言ってくださるから、やっぱり影響力はありますよね。あとはドキュメンタリーですね。 でもドキュメンタリーも時間の関係で、発言とかどんどんカットされちゃいますからね。アスリートもテレビに出るなら、ちょっと少し考えて発言した方がいいですよね。そして出るなら覚悟した方がいいですね。
テレビに出て「自分の言いたいことが放送されなかった」って思うかもしれないけれど、そうならない場合も多いですからね。そういうのを覚悟できないんだったらテレビは出ない方がいいですね。
私もテレビはいい思いも悪いもさせてもらいましたから。でも今は、全て自分の責任って思ってメディアも選んで出させていただいてますね。

小松:
改めて、有森さんの現在の活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、国際オリンピック委員会(IOC)の委員や陸上競技連盟理事のお仕事は「B」、RIGHTS.の経営者や日本体育大学等の客員教授、タレントとしての活動が「C」、解説者などのメディア出演は「D」とそれぞれの領域で幅広くご活躍なさっていることが分かります。

東:
現在でも多忙を極めておられるとは思いますが、2020年以降のスポーツ界のためにもスポーツ庁の要職に就任なさることや、政治の分野でのご活躍も期待したくなってしまいますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
今日は本当に色々なお話をありがとうございました。

有森:
いえいえ、こちらこそありがとうございました。

(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。