Career shift

朝日健太郎 / Asahi Kentaro   元ビーチバレー選手|現在:

アスリートとして、政治家として ビーチバレー・朝日健太郎(前編)

Profile

 

朝日 健太郎(あさひ・けんたろう)
1975年熊本県生まれ、鎮西高校在学中に日本代表招集。以来、法政大学在学中、サントリー在職中にわたり日本代表として活躍。2002年ビーチバレーボールに転向。北京五輪、ロンドン五輪に出場し、日本男子史上初の勝利を挙げる。引退後、NPO法人理事長に就任。フォーバルにて6人制バレーボール監督就任。早稲田大学大学院にて学び、スポーツ産業の育成を通じた経済発展への問題意識を得る。2016年参議院選挙にて初当選

 ビーチバレーを通して気づいた、日本の海の素晴らしさ

小松:
私たちは、様々なアスリート・インタビューをお届けしていますが、今回はとりわけ劇的なキャリアを積まれている方です。バレーボールとビーチバレーで活躍され、オリンピックにも出場し、なんと今は参議院議員という職業に就かれています。朝日健太郎さんです。

朝日:
ありがとうございます。よろしくお願いします。議員をやらせていただいておりますが、経験を一つ一つ積み上げて、勉強する毎日です。

東:
今回の企画は、オリンピックやパラリンピックに出場したようなトップアスリートの「その後」の人生にフォーカスを当てています。夢の舞台に立った後にも人生は続きますが、その後の人生をアスリート達はどういう思いで送っているのか? また、人生100年時代と言われる中で、アスリート以外の方々についても、仕事を引退してからの人生を考えなければならないようになりました。様々な舞台で活躍する方々全てが、その後の人生を生きるためのエネルギーが湧いてくるようなインタビューにしたいと考えています。

朝日:
素晴らしい企画です!

小松:
朝日さんの現在の活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、自由民主党所属の参議院議員が「C」、フォーバル男子バレーボールチームの監督が「A」、NPO法人日本ビーチ文化振興協会理事長や日本バレーボール協会事業本部運営委員・ビーチバレーボール事業本部企画競技部長のお仕事は「B」、解説者などのメディア出演は「D」と全ての領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
まず最初に、多くの方が聞きたいテーマから(笑)。オリンピック・アスリートから政治家へ転向されましたが、どのようなターニングポイントがあったんでしょうか?

朝日:
正直、かならずしも政治家を志していたわけではないんですよね。ただ、競技を引退してから立候補させて頂くまでの間は、約5年ぐらいあったんです。その間に活動させていただいたNPOの経験が一番大きかったです。

東:
NPOの活動もされていたんですね。

朝日:
はい、僕は競技を離れて、NPO活動を軸にやらせていただいたことで、結果的に政治家になるチャンスを頂いたのかなと思います。

小松:
なぜNPOの活動と政治が結びついたのですか。

朝日:
僕が従事していたNPOというのが、海辺の利活用の運動をしていた団体なんです。海洋国家である日本、海辺をもっと活用していこう、という趣旨で、行政や役所もバックアップしてくれました。その活動を通して、行政の方ともお付き合いさせていただいたんです。僕はそのNPOでの活動をしながら、国会議員の方々や地元の議員の方々とも人脈が拡がりまして、コミュニケーションも生まれたんです。そこから僕のスポーツアスリートとしてのキャリアとかビジョンを政治の方々に伝えられることができたんです。

東:
なるほど、朝日さんは、ビーチバレー選手でしたから、そこから湾岸やビーチでの活動をするNPOにつながった、ということですね。

小松:
朝日さんと、日本ビーチ文化振興協会との出会いを教えてください。

朝日:
この団体の先代理事長が、もともとビーチバレー日本代表の監督をされていた瀬戸山正二さんだったんです。この団体の設立ですが、設立前に役人のみなさんが、日本の海岸を考え直そうという運動をしていて、公共工事でコンクリート使って護岸作って守っていくだけではダメですよね、という話があったんです。
海や海岸って本来もっと、人に憩いを与える場所ですよね、と考えた役人のみなさまが知恵を絞って、元アスリートで日本代表監督だった瀬戸山さんを招聘して勉強会をしたんですよ。そこで瀬戸山さんは、「海外では海辺の文化がとても進んでいるのに、日本では海水浴でしか使われてないじゃないか!」って啖呵を切ったんです。お役人さん相手に(笑)。

小松:
瀬戸山さん、勇ましい。

朝日:
確かに僕たちは、実際試合で世界中の海岸を回って、その素晴らしさを知ってますからね。日本の海岸は文化にしていかないとだめだ、と瀬戸山さんは大演説をしたんですよ。そうしたら役人のみなさんも、官民でうまく連携して何かできるだろうか? と考えて、この団体が生まれんたです。

小松:
朝日さんは、ここにはボランティアで参加をされて?

朝日:
はい、最初の頃はまだ現役の選手でしたからね。僕は選手として監督に呼ばれて色々なイベントに旗振り役として参加させていただいたんです。

東:
どんなことをされたんですか?

朝日:
イベントではビーチバレーやったり、理事をやっていたライフセービングのチャンピオン遊佐雅美は、ライフセービングの競技をやったり、海の安全教室をやったりしていました。我々の思い描くような活動をコツコツとやり続けていました。

小松:
朝日さんは、現役生活をしながらこの活動をされていたのですね。

朝日:
はい、そうですね、2008年の北京オリンピックと、2012年のロンドンオリンピック、つまり僕のアスリートキャリアの最盛期の頃に、同時進行でこのNPOの活動をしていたということですね。だから、僕としては、この両輪があったので、「引退とは何か?」ということに直面した時に、考えの整理がしやすかったと思います。

 政治家は「ヒーロー」であるべきだ

東:
現役を引退されてから「次は何をやろう」と初めて考えたのではなく、もう一つの軸がすでにあったということですね。

小松:
現役引退後は、バレーやビーチバレーの指導者になるなど、色々選択肢があったと思いますが、そのNPOの理事に就任されて、早稲田大学の大学院であるスポーツ科学学術院にも行かれましたね。

朝日:
自らの人生の行方を考えていた時代ですね。成り行きではない進路を、自分なりに、悩みながらも、模索していました。

小松:
いつ出馬されたんですか?

朝日:
2016年です。東京でオリンピックがもう決まっていて、それも自分の今後の活動をどうするか? の引き金になりました。4年後オリンピックが決まっていて、こんなチャンスに政界に出られる可能性があるなんて、なかなかこんな機会はないと思ったんです。

小松:
そして政治家にならないかと、自民党からのオファーがあった。

朝日:
はい、そうですね。自分でいうのも恐縮なんですが、自分は選手と同時に、NPOの活動をしてきて、そのような活動が好きでしたし、周りにも「お前は人前で色々やるの好きだよな。政治家向いてるんじゃない? 名前も朝日だし」とか言われたりして(笑)。でも僕は全然自覚がなくて。最初お話をいただいた時は、自分なんてとても、と思ってお断りしたんですよ。

東:
最初は断ったんですね。

朝日:
心から望んでいたわけではないので、悩みましたね。でも最終的にはオファーを受けたんです。

小松:
決断した決め手は?

朝日:
そうですね、色々考えたんですけど、オリンピックも控えているし、現役を引退して5年経過するし、「次はなにをやろうかな?」って考えてた時期でもあったんですよ。

東:
日本では、政治家って「ヒーロー」のイメージは少ないですよね。外国ってヒーローのイメージな政治家って多いですよね。アスリートってヒーローが多いと思うので、アスリートから政治家になる人がもっと増えて欲しいと思います。

朝日:
ありがとうございます。ただ、当選前は「政治家」というイメージは湧きにくかったですね。でも選挙に出て政治に足を踏み入れるということへの抵抗は、意外と少なかったです。

小松:
私は政治家にインタビューをさせていただく機会も多いのですが、「政治家に休みなどない」と、1日も休まない方もいらっしゃいます。国民との約束を守ることがすべて、とまさに公僕として生きている。朝日さんの奥さんが「政治家だけはやめて」とおっしゃった気持ちもわかりますね。個人としての生活は、失われますから。

東:
奥さんもアスリートでしたよね。

朝日:
はい、競泳選手でした。それこそ岩崎恭子さんの良きライバルだったと思います、幼い頃から平泳ぎをやっていました。

 活動の源は「胆力」

小松:
政治家というステージに立った時に、「アスリートでの経験が役に立った」と感じた時はありますか。

朝日:
胆力ですかね。アスリート時代に培った胆力が役に立っています。選挙までの準備期間や選挙期間は短かったので、走り抜けられたのは胆力だと思います。

小松:
朝日さんが出馬した2016年、4月には熊本地震がありました。朝日さんの実家は熊本ですね。

朝日:
はい、そうです。被災地の支援活動にも参加していました。僕は支援を通して、アスリートとしてできることもありますが、さらにそれに重ねて、政治家としての支援というカードも持つことができるのでは? と考えていました。そうやって、色々なカードを足していき、できることを増やしていくのもいいなと考えたんですね。

小松:
朝日さんはプラス思考の持ち主ですね。室内のバレーボールというフィールドからビーチバレーへの転向も、いろいろなカードを足して可能性を見出した結果でしょう。国会議員への挑戦も、それまでの経験を活かせると信じられたからですね。

東:
周囲は朝日さんのことを、すごく応援していましたよ。僕は朝日さんと早稲田の大学院の同窓生なのですが、自然とみんなで応援しようという話になりましたし、出馬が決まる前にも朝日さんは人柄がよく、弁がたつし爽やかだから政治家に向いているんじゃない?なんて話していましたから。

朝日:
政治家になると、自分の中で抱えていた、解決するべき問題が解決できる糸口になるのかな? とは考えていました。それこそ日本のビーチの問題とか、被災地の支援のこと、それと僕も経験していたのですが子育て支援のことや、バリアフリーのこととか。その時に「解決しないといけないな」と考えていたことが、政治を通せば解決できるんではないか、と考えていました。うん、政治はやる意味があるのかもしれない、って思っていたんです。

小松:
日本でも、オリンピアンが国会議員になられて、活躍されている方もいらっしゃいますが、朝日さんはアスリートから政治家へスムーズに転身できましたか。まったく違う世界ですが。

朝日:
自分には国会議員になるのははじめてですから、国会議員そのもののイメージが表面的なことしかわからなかったんですね。経験したことのないことですから。なので、入り口の部分では少し焦りはありましたね。

小松:
バレーボール、ビーチバレーの代表選手から、政治家へ。まさに異色の活躍をされている朝日さん。政治家としての面も伺いたいですが、次回は、朝日健太郎を築いてきたもの、についても迫りたいと思います。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。