Career shift

朝日健太郎 / Asahi Kentaro   元ビーチバレー選手|現在:

人生のキャンパスに色を塗る・朝日健太郎(後編)

Profile

 

朝日 健太郎(あさひ・けんたろう)
1975年熊本県生まれ、鎮西高校在学中に日本代表招集。以来、法政大学在学中、サントリー在職中にわたり日本代表として活躍。2002年ビーチバレーボールに転向。北京五輪、ロンドン五輪に出場し、日本男子史上初の勝利を挙げる。引退後、NPO法人理事長に就任。フォーバルにて6人制バレーボール監督就任。早稲田大学大学院にて学び、スポーツ産業の育成を通じた経済発展への問題意識を得る。2016年参議院選挙にて初当選

 航海図がない道をゆく

東:
前回の朝日さんの発言で、「モデルケースのない道を歩く」というのが、とても印象的でした。

朝日:
ありがとうございます。これからって、人生100年時代と言われますよね。これは人類初の時代に突入するとも言えます。先行きのわからない時代とも言えますね。そんなモデルケースのない時代、指南書を見てもどう生きたらいいのかわからないんです。

小松:
朝日さんがオリンピック出場を果たしたビーチバレーはペア競技です。2人で行うスポーツって初めてだったと思うのですが、どうでしたか?

朝日:
はい、2人でやるのって最小人数でやるチームスポーツですよね。2人で過ごす時間が多かったですし。人間同士のバランスを取るのがすごく難しかったですね。もちろん人間同士ですから、上手くいかない時もあります。衝突する時もあります。でも、ある時オリンピックの選手村で、あるペア選手にいい話を聞いたんですよ。

東:
どんな話でしょう?

朝日:
その人に「何年もペアを組んで、よく続けられますね? 秘訣はなんですか?」って聞いたんです。そしたら「相手を許すことです」っておっしゃったんですよ。

東:
「相手を許す」ですか……。いい言葉ですね。

朝日:
はい、僕らはペアで苦労したんですよ。だんだん会話も無くなっていって、でも試合には淡々と勝っていき、という状態だったんです。だから、全部は上手にいきませんでしたが、「許す」という言葉がその頃支えになっていました。

小松:
ビーチバレーで2度のオリンピックを経験するわけですが、目指す過程ではどのような心境でしたか。

朝日:
1回目の北京オリンピックへ目指すのは、モチベーションが高かったのですが、2回目のロンドンを目指す時が、正直しんどかったです。でも「次のオリンピックでは負けたブラジルに勝ちたい!」と思ったら、貪欲に情熱を傾けて競技に集中できました。でもなかなか成績が伸びず、ペアの関係性も悪くなって、一度ペアを解消したんです。

東:
多くのトップアスリートがオリンピックを区切りに様々なことを決断すると聞きますが、この時、朝日さんもその後の人生について考えたりもしたのでしょうか?

朝日:
もちろんです。ロンドンの後には引退して、次のステップに行こうかなとは考えていました。やっぱり社会に飛び出したい。完全にアスリート、スポーツというのを一度シャットアウトして、新しい何を始めたい気持ちでした。指導者という道もありますが、同じフィールドではなくて、外に出よう、そのことを考えていましたね。

 個性を活かしてエキスパートに

小松:
ビーチバレー業界にいて、指導者になり、協会の役員になり、会長になる、という人生も選べたと思いますが、冒険者の朝日さんは、その道を進まなかったんですね。

朝日:
なんだか聞こえはいいですが(笑)、航海図がない道をぐしゃぐしゃと進んでいるんですよ。そう思うと怖いですよね、いつ何時失敗するかわからないですし。

東:
そういう人生を楽しめるメンタルをお持ちなんだろうなと思います。だから朝日さんの周りには人が集まるのでしょうね。一つのコミュニティーから出ることで、新しいたくさんの人にも出会えるでしょうし。

小松:
朝日さんと東さん、お二人とも早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程を修了しているんですね。

東:
はい、僕は引退した直後の2009年に入学しました。

朝日:
僕も引退直後です。2014年でした。スポーツ科学学術院で、トップスポーツマネジメントについて学びました。競技人生の晩年、何をしようかと考えている時に、大学院に行くというのは、次のキャリアアップの手段としてはすごく有効だなと判断しました。通っていた時期は違いますが、同窓の先輩には僕の所属事務所であるサニーサイドアップの代表・次原悦子さんなどもいらっしゃいました。

小松:
卒論はどんなテーマで書かれましたか。

朝日:
僕の卒論は「ビーチバレーの振興策」です。

東:
僕は大崎電気というハンドボールチームのマネジメント(トリプルミッション好循環)について書きました。

小松:
アスリートのフィールドから大学院生へ、そして次のステップで政治家へ。朝日さんが思い描くここからのロードマップを教えてください。

朝日:
ようやく参議院議員として3年目ですが、自分のポジションの取り方や、今後どういう道で、どういう風になっていきたいか、というのが見えてきました。居場所もあるし、やりがいを感じています。政治家は、全方位的にやらないといけないので、今後の課題は、どの方向で自分の「色」を濃くしていくか、ですね。

小松:
個性や経験を活かし、「エキスパート」「プロフェッショナル」を目指していく、ということでしょうか。

朝日:
はい、何かプロフェッショナルなジャンルを作ることは大切ですね。やっぱり日本の湾岸や海岸について、もっと活動をしたいと考えています。

東:
湾岸や海岸とスポーツや観光を掛け合わせ、世間にPRするという点において、朝日さんぐらい総合的な知見や経験をお持ちの方ははいらっしゃらないように思います。

朝日:
いやいや、そんなことないですよ。実はみなさんご存知ないだけで、プロフェッショナルはたくさんいらっしゃいます。

小松:
アスリート時代は輝かしいキャリアを歩んで来られた朝日さんも、政治家に転向され手からは新人ですよね。政治家の1年目、雑巾掛けをする、とよく耳にしますが、どのようなことを?

東:
え!? そうなんですか?

朝日:
本当の雑巾掛けじゃないですよ(笑)。

小松:
どんな仕事もして汗をかきなさい、という意味ですよね。

朝日:
はい。我々若手というのは、国会という仕組みが円滑に動かすために、一兵卒として常にスタンバイしています。そして問題が起これば駆けつけて調整役をするのです。それが俗に言う「雑巾掛け」ということです。

小松:
参議院議員1年目は、どのようなことに気づきましたか。

朝日:
様々な議論が飛び交って、発言力の強い国会議員の先生もいらっしゃいます。そしてその周囲のグループもあります。そういうのを目の当たりにして、「政治は一人でできるものではないんだな」ということを痛感しました。議会でのバランスの取り方も大事だなと。ですから、周囲を見て考えて行動することと、駅に立って市民のみなさまにお声がけするなど一人でやることと、この二軸で役割を全うしようと思いました。

小松:
今はどのような政策に力を注いでますか。

朝日:
今はそれこそ、ビーチや港湾に関することですから、海洋立国を目指す政策を中心に、スポーツ産業、子育て、教育といった文科行政に関わることですかね。特にこの2つを軸に3年間活動させていただいています。

 アスリートがもっと活躍できるための改革を

東:
そして、いよいよ来年は東京でオリパラが開催されます。

朝日:
はい、そうですね。わかりやすい例ですと、東京オリパラに合わせて2020年限定で「山の日」「海の日」「体育の日」をずらすという特別措置法の改正案などがありますね。こういうのは、法律できちんとやらないと混乱してしまいますからね。あとはチケット転売問題をどうするか? などですね。

小松:
朝日さんが提案された課題点などはあるのですか。

朝日:
スポーツ政策において、議員1年目で強調したのは、アスリートに対する予算を増やして欲しいというよりも、アスリートが活躍する場をもっと広げられないか、ということです。そのためにはアスリートの教育がもっと必要なのではないか? とずっと提案してきました。アスリートがキャリアを形成できるように、国が教育を支援することはできないか? と提案したりしていました。

東:
僕は現役選手を終えた後、早稲田の大学院で、現在東京オリパラ推進本部事務局長を務めておられる恩師の平田竹男先生からスポーツとビジネス、そして社会人としてどうあるべきかについて学びました。そこで学んだことが今すごく活きていますが、朝日さんも同じなのではないでしょうか?

朝日:
そうですね。

東:
また朝日さんは、元陸上選手の為末大さんと一緒にアスリートソサイエティーという、アスリートと社会を繋げるための団体を立ち上げたメンバーでもありますよね。

朝日:
為末さんもそうですし、東さんも同類だと思いますが、エッジの効いたアスリートというのは自然と集まってきますよね。世代も近いというのもありますけど。

小松:
引退を経て国会議員になった後も、アスリートがどう生きるべきか、どう才能を世の中に貢献していくか、は朝日さんの大きな主題ですね。

朝日:
はい。ありがたいことに政治家になり、アスリートが政治家になることで、僕自身でしか持っていない能力とか人脈を、みなさんの声とか抱えている課題解決のために反映させ、国のために貢献できるか? これが自分にしかできない強みだと考えています。まだまだ磨きが足りなくて、毎日その強みをどう磨いていくか、今まさにその真っ最中です。

東:
朝日さんにお聞きしたいのが、アスリートは自分が必死で努力すれば、ある程度の結果はついてきますし、もしダメでも、納得できるのではないかと思うのですが、政治家は自分の努力だけではいかんともしがたい部分もあるように感じます。「実力」や「実績」よりも「人気」に左右されることも多いというか。僕は政治家になったことがないのでわからないのですが、納得がいかない部分もあるのではないでしょうか。

朝日:
政治には、「風」があるとよく言われます。でも選挙に関してですが、選挙に強い人って、本当に毎日コツコツ地道な活動をしているんですよね。そういう活動がジワーッと浸透して、選挙で結果が出るんですよ。だからその時の政党の人気に左右されないんです。だからコツコツ毎日活動を積み重ねるしかないんです。これをやらなかったら負けるんですよ。

小松:
政治の世界でも、アスリートが持つプレッシャーに負けない精神力も役に立っているんでしょうね。

朝日:
それはありますね。あと、やっぱり地道に正直にやることですよ。今はインターネットで色々調べられてしまいますから。

 オリンピックの「後」を考える

東:
今日はアスリートから政治の世界に入られた、朝日さんの貴重なお話、今後の日本におけるスポーツと社会について深く考えさせられる素晴らしい機会となりました。

朝日:
それは嬉しいです。ありがとうございます。

東:
来年2020年は東京オリパラです。とても楽しみな反面、少々不安に感じていることもあります。というのも、今のままだと、2020年が終わったら、セカンドキャリアに困るアスリートがたくさん出てくるのではないかと感じています。日本企業の国際的な存在感や競争力が低下し、スポーツに対してお金を出さなくなってきた時に、競技のみに集中してきたアスリートに果たしてどんな居場所があるのだろう、と。

小松:
本来国民の希望であるアスリート自身が希望を失いかねない。そこは何としても回避したいですね。

東:
でも、朝日さんみたいな、世の中を引っ張れるアスリートがもっと出てくれば、日本のスポーツ業界にはまだまだ明るい未来があると思うんです。今回の企画の趣旨はそこなんですよね。

小松:
改めて現在の朝日さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、自由民主党所属の参議院議員が「C」、フォーバル男子バレーボールチームの監督が「A」、NPO法人日本ビーチ文化振興協会理事長や日本バレーボール協会事業本部運営委員・ビーチバレーボール事業本部企画競技部長のお仕事は「B」、解説者などのメディア出演は「D」と全ての領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
今後は政治家としても、アスリートを代表する存在としても、ますます大きな存在となっていくでしょうね。
最後に、朝日さんにお願いです。競技名を使わずに自己紹介をしていただけますか。

朝日:
競技名を使わずということは、「元バレーボール日本代表」とか言えないということですよね。難しいな・・・(笑)。

僕は子供の頃から身長が高くてスポーツが好き、でも鈍臭かったので、スポーツに対してコンプレックスがありました。

でもそのコンプレックスを解消するために、スポーツに取り組むようになった結果がオリンピックにつながりました。それで培ったキャリアを、今度はスポーツじゃない人生で活かしている、という真っ只中にいます。これからは政治家としてはもちろん、自分の中に余白がいくつかあるので、そこを今後の人生でどうしていこうかな、と考えています。

東:
流石です!

小松:
議員会館での長時間のインタビュー、ありがとうございました。

朝日:
こちらこそ、ありがとうございました!
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。