Career shift

萩原美樹子 / Hagiwara Mikiko   元バスケットボール選手|現在:

大きな課題を、個々人がどう乗り越えていくか? 元バスケットボール日本代表・萩原美樹子(後編)

Profile

 

萩原美樹子(はぎわら・みきこ)
元バスケットボール日本代表。アトランタオリンピックで活躍後、日本人として初めてアメリカ女子プロバスケットボールリーグ・WNBAでプレー。現役引退後はアテネ五輪女子日本代表アシスタントコーチ、早稲田大学女子バスケットボール部ヘッドコーチを経て、現在はWリーグ(女子バスケットボール日本リーグ機構)理事と、U-16、U-18、U-19女子日本代表ヘッドコーチを務めている。

 誰にも見向きされない存在の大切さ

小松:
日本人初のWNBAプレイヤーとして渡米してから約2年後、日本に戻られた萩原さんは、共同石油から社名を変えたジャパンエナジーに所属し、1999年、見事に全日本で優勝されますね。

東:
当時、世界一のリーグで活躍した荻原さんが凱旋する!と期待が集まっていましたよね。

萩原:
アメリカでは、サクラメントでもフェニックスでも思うような結果が出せなかったのは確かですが、これだけ頑張っているのにどうして使ってもらえないのだろうと納得のいかない気持ちが少なからずありましたし、フェニックスから契約解除された時には自信をなくし、落ち込みました。そんな苦しい時に、古巣のジャパンエナジーから復帰要請をいただけたことは、改めて自分のプレーを認めてもらえたようで本当に嬉しかったです。元々、最後は日本でプレーして終わりたいと考えていましたから、日本に帰ってきてジャパンエナジーで優勝することができて、幸せでした。

東:
そこで、やり残したことはないと、引退を意識し始めたのでしょうか。

萩原:
そうですね。引退する1年前くらいから引退の意向を伝えていましたし、周囲も受け入れてくれていました。最後の1年間は同じポジションの選手を育てるために、常に2人組で練習していました。

東:
しっかりと後継者を育成なさっていたんですね。引退後、進学も考えていたんですよね?勉強はどうされていたんですか。

萩原:
勉強は辞めてからでいいと思い、現役の間はバスケットに集中。引退後に1年間受験勉強をして、早稲田大学へ進学することになりました。

小松:
合格して手に入れた大学生活はどうでしたか?

萩原:
とても楽しかったです。30歳にして学生生活を体験することができて、何をしてもいいという生活を楽しむことができました。

東:
大学では、どのようなことを学んだのでしょうか?

萩原:
第二文学部で日本史を学びました。学部を卒業した後、大学院で友添秀則先生のスポーツ教育学を専攻しました。5年在籍しましたが修了できず一旦退学し、その後、スポーツ科学研究科のコーチング科学領域に入り直して修了しました。

小松:
萩原さんは早稲田大学院時代には、併せて大学のコーチも務められていますよね。コーチという役割は、ご自身にとって向いていましたか。

萩原:
最初にオファーをいただいた時には、あまり乗り気がしませんでした。バスケット以外のことをやろうと思って大学に通うことを決めたわけですし。

東:
なるほど。自らが希望したというよりも、求められてという感じだったのですね。もう一つ、日本代表チームへのコーチにはどういった流れで就任なさったのでしょうか?

萩原:
私が所属していたジャパンエナジーは、紆余曲折を経て、現在JX-ENEOSサンフラワーズというチームになっているのですが、バスケット普及のためにチームOGを集めて全国の子どもたちに無料でバスケットのクリニックを実施するための部署があるんですね。そこに所属して、お給料をいただいて土日に子ども達に指導していたところ、アテネオリンピックに向けて活動する女子日本代表チームのアシスタントコーチのお話をいただいたんです。当時、コーチと言われてもどのような仕事をするのかピンときていなかったので、「監督と選手の橋渡しをするお手伝いならできます」とお伝えしたところ、それでも構わないとおっしゃっていただけたので。

東:
アトランタ以来のオリンピックを目指す日本代表チームにとって、萩原さんの経験が必要だと判断されたのでしょうね。

萩原:
アジア予選突破やオリンピック、WNBAでの経験に加えて、ほとんどの主力選手が私の後輩だったということもあったのかも知れません。

小松:
現役選手の頃、「将来は監督やコーチの座に就きたい」という考えはありましたか。

萩原:
当時は全くなかったです。そういう気持ちになったのは本当に最近なんですよ。

東:
どのようなきっかけで、指導者をやりたいという心境になったのでしょうか?

萩原:
最初は指導者は選手よりも大変なんだろうなと思って尻込みしていたんです。アシスタントコーチは、その名の通りヘッドコーチの補佐役で、選手の指導はもちろんチームによっては移動のバスを運転したり、諸々の雑用や取材の対応までする場合もありますし。

東:
コート上だけではなく、裏方として様々な仕事があるんですね。

萩原:
コーチになってみて初めて気づいたのですが、チームにとって選手は花形というか前に出て目立つ存在ですが、コーチは誰にも見向きもされない存在なんですよね。もちろん無くてはならない仕事ではあるのですが、コーチの中でも全く目立つことのないアシスタントコーチという立ち位置を経験して「コーチってこういう存在なのか」と色々考えさせられましたね。この仕事って何が楽しいんだろう、って悩んだ時期もありました(笑)

東:
選手として華やかな舞台で活躍を続けてきた萩原さんだけに、ギャップも大きかったのでしょうね。

 バスケで「日本らしく」世界と戦う

小松:
そして2005年には、日本代表監督のオファーがあります。それは辞退されたんですね。

萩原:
ええ。まさかそんなオファーが来るなんて思ってもいませんでしたので、最初は驚きました。どうして私なんだろうって。アシスタントコーチの仕事にも、純粋に後輩達がオリンピックを目指すお手伝いがしたいという気持ちだけで取り組んでいましたので。周りからすれば、萩原はアシスタントとしてアジア予選を突破し、アテネオリンピックに出場するという結果を残したのだから次はヘッドに、と考えていただいていたようなのですが。

小松:
アシスタントコーチをやれば、次の目標はヘッドコーチなのだとばかり思っていました。

萩原:
もちろんそういう方もいると思いますが、私はヘッドコーチをやりたいとは考えていなかったですね。

小松:
私は萩原さんがコーチに向いていると感じていました。パフォーマンスはもちろんですが、ゲーム中の冷静さやコミュニケーションの能力、若手選手への包容力など、人に教えることが上手なのかな、って。

萩原:
向いているのか自分では分かりませんが、教えることは嫌いではないですね。

東:
時が経ち、2011年には早稲田大学でヘッドコーチに就任することになりました。どのような経緯だったのでしょう?

萩原:
はい、アンダーカテゴリーの日本代表でアシスタントコーチを務めている中で、ヘッドコーチという立場をどこかで経験しなくてはいけないな、と考えていた時に、母校である早稲田大学から女子バスケットボール部のヘッドコーチに、というお話をいただきました。

小松:
2011年というと、東日本大震災の年ですね。

萩原:
はい。震災当日は18歳以下日本代表の選考合宿があり、三河安城にいたので、あの揺れは体験してはいないのですが。

小松:
福島にある萩原さんのご実家は大丈夫でしたか?

萩原:
揺れは酷かったそうですが、幸い家族や親族は無事でした。

小松:
震災後には、現地へボランティアに行かれたんですよね。子どもたちにバスケを教えたそうですね。

萩原:
はい、私の妹の夫が福島県の新聞社で働いていて、そのつてで色々情報をもらい、子どもたちをケアするためのクリニックをやらせてもらいました。

東:
震災後、数多くのスポーツイベントが中止となったことが、多くの競技団体やアスリートが自らの存在意義やスポーツの価値を改めて考えるきっかけになったように感じます。僕が運営に関わっていたハンドボールの日本一を決める大会も中止になりました。全国各地で自粛ムードが蔓延する中、元陸上選手の為末大さんが様々な競技のアスリートに声をかけて「嫌な記憶は消せないのだから、楽しい記憶を足していこう」、「競技の仲間に声をかけて募金を集めよう」というアスリートならではの被災地を支援する運動が始まり、私もそちらに参加しました。日本のスポーツ界にとって大きなターニングポイントだったと思います。

小松:
人が絶望を感じた時、アスリートはそこから希望の光を作り出せる力があると思います。今、萩原さんは、日本代表女子ジュニアのヘッドコーチとして、指導者としてのキャリアを築いています。2020年の東京オリンピックに向かって、選手達のモチベーションはどうですか?

萩原:
非常に高いですね。私が指導している若い選手たちも2020年に出場したいと必死に頑張っていますが、ちょっとまだ早いですかね(笑)2024年のオリンピックに出られそうな選手はいるんですけどね。年代に関わらず、いよいよ来年2020年に東京でオリンピックが開催されるという現実が選手たちのモチベーションを上げている感じがします。

小松:
日本の女子バスケットボールにはどのような特徴がありますか。チームカラーや選手たちの個性も含めて教えてください。

萩原:
とても真面目ですね。規律正しく頑張る、という。

東:
そこを活かしたチーム作りを?

萩原:
日本の強みの一つですからね。国際大会では必ず海外のコーチやメディアにチームの規律正しさを評価してもらえます。ただ、規律正しいことは良いことではあるのですが、日本代表がもう一つ先のステージに上がるためには、コーチの指示に従い、チームで決めたことだけをやるのではなく、場面に応じて選手一人ひとりが責任を持ち、臨機応変に自らの裁量でリスクを背負いながら試合を展開していける技術や哲学を身につけることが必要だと思います。アメリカでの経験が日本女子バスケットに不足している“個の強さ”に気づかせてくれました。

 女子バスケのプロ化に向かって

小松:
そして今では、Wリーグがだんだんと注目を集めています。

萩原:
色々と組織づくりで大変な部分はありますが、男子のプロリーグ・Bリーグが開幕したことで日本バスケット界にこれまでとは違った追い風が吹いているように感じます。これまでに積み重ねてきたものに加えて、この盛り上がりをどうWリーグの活性化につなげていくのかが重要だと考えています。

小松:
今後、女子バスケットはプロ化が進んでいくとお考えですか?

萩原:
そうですね、現実的には色々な問題がありますよね。現在、Wリーグは企業保有型のいわゆる実業団チームと地域密着型のクラブチームが混在していますが、後者のチーム運営についてはまだまだ金銭的に厳しい状況です。

東:
女子スポーツのプロ化は世界的にもかなり難しく、ほとんど成功事例が無いのが現実です。個別に見れば面白いのですが、同じ競技ルールでプレーする中で、男子と比べられてしまうと、どうしてもスピードやパワーの面で劣ってしまいますし。競技以外の面で、男子とは異なる魅力を伝えるようにしていくことが大切なのではないでしょうか。

小松:
今後、女子バスケットに本格的なプロリーグが誕生し、ジュニア世代から人生の目標として目指すことができる、というシナリオができたら素晴らしいですよね。
萩原さんはこの先、ご自身の人生をどのように展開していくのか、その方向は決まっていますか。

萩原:
まだトップリーグのチームでコーチを務めた経験がないので、一度持たせていただきたいな、とは思っています。2020年が終わるまでは様々なプロジェクトに参加しているので時間的に厳しいですが、その後については色々と考えています。

東:
萩原さんは、まずはトップレベルでアスリートとしてやれるだけやりきるという経験を積んだ上で、現役引退後に改めて学び直しをしたりと、本質的かつ先進的なキャリアを歩まれてきた方ですので、今後も多くのアスリートのロールモデルとなるような姿を見せてくれるのだろうなと思います。

小松:
元々は国語か社会の先生になりたかったという萩原さんですが、バスケットのコーチの先に、教師という目標もありますか。10代の選手を率いている今も、先生のような立場ですが(笑)。

萩原:
そうですね(笑)。今も、学校の教室で教えていないというだけで、やっている仕事は先生みたいなものですから、いつの日か学校で教えているかもしれませんね。教師という職業には今でもとても惹かれていますし。

小松:
人生の節目で進むべき方法を見定め、道を切り開いて来た萩原さんなら、何歳になっても、希望を叶えられると思います。

萩原:
ありがとうございます。

東:
さて、それでは最後に、この連載で必ずアスリートのみなさんにお願いしているのですが、バスケットボールという競技名を使わずに、自己紹介をしていただけますか。

萩原:
初めてですね、そういう質問は(笑)。難しいですね・・・。
福島県出身です。三国志がすごく好きで、身体は大きいのですが、実はスポーツよりも本や漫画が好きなインドア派の子どもでした。文化系で生きようと思っていましたが、それを選ばず今に至るのが私です、という感じかな(笑)。

小松:
萩原さんは真正な文系でもオリンピック選手になれることを証明しました(笑)。

東:
アスリートにも文系的思考、物凄く重要ですよね。理解にも実践にも、言葉に出来るというスキルがとても活きると思いますし。
本日はありがとうございました!
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。