Career shift

初瀬勇輔 / Hatsuse Yusuke   元柔道選手|現在:

障害者雇用促進のリードオフマンが パラリンピックに再挑戦! 元パラリンピック柔道日本代表選手・初瀬勇輔(前編)

Profile

 

初瀬勇輔(はつせ・ゆうすけ)
1980年長崎県生まれ。北京パラリンピック・柔道日本代表。長崎県青雲高校から中央大学法学部を卒業後、大手人材派遣業テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)のグループ企業・サンクス・テンプ(現パーソルサンクス)を経て、2011年に障害者雇用を創造する会社『ユニバーサルスタイル』を立ち上げ、独立。日本では希有な「障害者雇用コンサルタント」としての活動と並行して視覚障害者柔道の選手としても活躍。全日本視覚障害者柔道大会90キロ級、同81キロ級で合計10度の優勝を果たしたほか、2008年には北京パラリンピック90キロ級に出場。現在は、日本パラリンピアンズ協会や日本視覚障害者柔道連盟の理事としても活躍しながら、現役選手として、2020年の東京パラリンピック出場を目指している。

東:
今回は2008年北京パラリンピック柔道日本代表の初瀬勇輔さんにお話を伺います。初瀬さんは全日本視覚障害者柔道大会で合計10度の優勝を果たすなど、柔道選手として輝かしい戦績を収められた方ですが、選手としてのみならず、現在は全日本視覚障害者柔道連盟や日本パラリンピアンズ協会の理事も務められています。

小松:
また、2011年に設立した障害者雇用コンサルティング会社「ユニバーサルスタイル」を始めとする複数の企業の経営者と、2020年東京パラリンピックへの出場を目指す現役のパラアスリートでもあります。

東:
様々な分野でご活躍の初瀬さんですが、現在の活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、現役選手としての活動は別として、全日本視覚障害者柔道連盟などの役職は “B”の領域、ユニバーサルスタイルなどの経営者や講演活動などについては“C”の領域ということになりますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
弁護士を目指していた初瀬さんが両目の視力を失ったのは大学2年生の時でした。その後、どのように視覚障害者柔道と出会い、現在のようなキャリアを築いてこられたのか。まずは現在の初瀬さんの活動から伺っていきたいと思います。

 2020年、もう一度パラリンピックの舞台に立つために

小松:
いよいよ来年に迫ってきた2020年東京パラリンピック、再びあの舞台を目指す一人としてどのような時間を過ごされていますか?

初瀬:
そうですね。実は昨年12月の試合に20キロ減量して臨んだのですが、負けてしまって(笑)。今年の6月に開催される予選で勝たないと東京パラリンピックに出場することは出来ないですね。

東:
20キロの減量とは凄まじいですね・・・
ユニバーサルスタイルをはじめ経営者としての仕事を務めながらですよね?

初瀬:
そうですね。弊社は年末が決算ですし、その頃に新しく鍼灸院をオープンする準備にも追われていたので簡単ではありませんでしたが、自分としては良い準備が出来たと思っていましたし、自信もあったのですが。実力不足でしたね。

小松:
会社のトップでありながら、トップアスリートでもあることは想像を絶する過酷さですよね。

東:
心身を鍛えるためにトライアスロンやボディビルなどに取り組む経営者アスリートの方は多いですが、己と向き合うだけではなく、不特定多数の対戦相手を研究しなければならない柔道は、必要になるエネルギーが非常に多いように感じます。

初瀬:
おっしゃる通りです。もちろん対戦相手の研究だけではなく、技術練習も必要になりますのでトライアスロンやボディビルなどの個人種目より相対的に時間がかかりますよね。

小松:
それも、世界最高峰の舞台を目指しているわけですから。パラリンピックへ出場出来れば2008年の北京パラリンピック以来になりますね。12年ぶりの出場を目指す挑戦になるわけですが、どのようなお気持ちでいらっしゃるのでしょう?

初瀬:
私の仕事がユニバーサルスタイルでの障害者の雇用促進であったり、日本パラリンピアンズ協会の理事としてパラスポーツの振興やパラアスリートの支援に関わる活動に携わっていることもあって、私個人が出場して活躍すること以外にも、パラリンピックをより盛り上げるにはどうすればいいか、その盛り上がりを障害者の暮らしやすい社会を築くことに繋げるにはどうすればいいのかということも考えながらチャレンジしています。

東:
一人のアスリートとしてだけではなく、様々な立場でパラリンピアンや障害者全体のことを考えて行動しているんですね。

初瀬:
東さんはご存じかと思いますが、パラリンピックを目指すパラアスリートの数はオリンピックを目指しているいわゆる健常者のアスリートと比較すると非常に少なく、競技に対するモチベーションや取り組み方はもちろん、置かれた環境にも大きな格差があるのが現実です。

東:
確かに代表争いの熾烈さは、目指している競技者数という点では違うのかも知れませんね。

初瀬:
誤解を恐れずに言うと、競技に費やしている努力の総量がかなり違う気がするんですね。もちろん障害者は様々な制約条件により、出来るスポーツの範囲や環境が限られている場合も多いので、競技者のみに原因があるわけではありませんが。

小松:
問題の本質はパラスポーツの裾野が広がりにくい土壌にあるように感じます。障害者がスポーツに取り組みづらい社会環境であるが故に競技人口が少なく、競争も限られている状況が生まれているのですね。

初瀬:
小松さんのおっしゃる通りで、2020年東京パラリンピックを機会に健常者・障害者問わず多くの方々に広くパラスポーツやパラアスリートの存在や現状の問題を知っていただくことで、障害者全体についてもっと興味を持ってもらい、日本の社会環境全体を変えていければ、それは素晴らしいレガシーになると思うんです。

東:
その思いを広く伝えるために、今回の挑戦があるというわけですね。

初瀬:
そうですね。やはり、2020年に最も大きな発信力を持つのは現役アスリート、中でもメダリストだと思いますので。以前に出場した自分本来の階級である90キロ級ではパラリンピックに出場は出来てもメダルを獲得するのは難しい。メダルを狙うのであれば66キロ級だということで、今回20キロの減量に挑んだんです。

小松:
20キロもの減量、どのように実現なさったのでしょうか?

初瀬:
細かく言えば色々とあるんですが、基本的には“食べずに練習する”ことですね(笑)。

小松:
“あしたのジョー”の力石徹のように、ですか?

東:
今の若者には“はじめの一歩”の宮田一郎のほうが馴染み深いかも知れません(笑)

初瀬:
どちらもよく分からないと思いますが(笑)、そうですね。もちろん、栄養士の方などにアドバイスをいただきながらですが。

東:
経営者としてのお仕事には影響は無かったのでしょうか?

初瀬:
そこは影響がないように必死でやりました。試合直前の本当にきつい時期には覇気がないとか、口数が少なくなって元気がないとは言われましたが。

小松:
改めて、ものすごいチャレンジに成功なさったのですね。

初瀬:
渡嘉敷勝男さん(ボクシング元WBA世界ライトフライ級王者)の娘さんが知り合いだったので、お父さんに20キロ減量する方法を聞いてもらったら「そんな無茶な減量したら、ボクシングだったら死ぬかもしれないよ」って言われたそうです(笑)。

小松:
ボクサーが90キロ級から66キロ級に減量するなんてとんでもないですよね。

初瀬:
いや、これまで僕は試合に向けて増量するために無理やり食べていたので、ボクサーのように絞った身体を更に絞り切るのとは異なり、体重を落とすのはそんなに難しくないと思っていたんです。

小松:
なるほど・・・それでは、次の大会にも66キロ級で臨まれるのでしょうか?

初瀬:
そうですね、66キロでは負けてしまったので次は60キロ級に挑戦しましょうかね(笑)。

東:
それは流石に命に関わります(笑)。

小松:
一人のアスリートとしてだけではなく、障害者雇用を創造する会社の経営者という顔を持ってのチャレンジ、決してご無理のないようにしてくださいね。

 障害者雇用と産業保健のコンサルタントという仕事

東:
続いて“アスリート”としての初瀬さんではなく、“経営者”としての初瀬さんについても聞かせてください。まずは「ユニバーサルスタイル」の事業についてお教えいただけますか?

初瀬:
はい、「ユニバーサルスタイル」の主な事業は障害者の就業・転職のサポートや企業への障害者人材紹介など障害者雇用コンサルティングを始め障害者のキャスティングや講演・セミナー・研修です。現在、約300人の障害者にご登録をいただいていて、年間10〜20人ほどの雇用をお手伝いしています。ちなみにリオデジャネイロパラリンピックに出場した選手の中にも弊社がサポートした選手が5人いて、2人はメダリストになりました。

小松:
世界トップレベルのパラアスリートの方もご登録なさっているのですね。

初瀬:
そうですね。様々な障害がありながら一生懸命スポーツに励んでいる人を応援したいという企業の方は多々いらっしゃるのですが、どこにどんな人がいるのか、どうすれば雇用出来るのか分からないことも多いので、その橋渡しをするのも私のミッションだと考えています。

東:
「スタイル・エッジMEDICAL」でも代表取締役を務められていますよね。

初瀬:
よくご存知で(笑)。「スタイル・エッジMEDICAL」は弁護士、公認会計士、税理士、行政書士といったいわゆる“士業”の方のコンサルティングをおこなっている「スタイル・エッジ(代表:金弘厚雄)」のグループ会社です。スタイル・エッジの理念は「80億の人生に彩りを。」で、80億は全ての人種&国籍の人ですからもちろん障害者も含まれており、パラアスリートという私のパーソナリティーを活かして一緒にやれることがありそうだということで、グループ会社として主に企業の健康経営をサポートする事業をしています。

小松:
もう少し詳しく事業内容をお教えくださいますか?

初瀬:
そうですね、簡単に言いますと、企業における産業保険に関する課題をヒアリングし、①嘱託産業医の派遣、②衛生委員会の立ち上げ&運営サポート、③各種健康増進イベントの企画&運営、④障害者雇用に関するサポート、⑤ストレスチェックの実施サポート、⑥マッサージ師&トレーナーの派遣、⑦出張集団予防接種サ−ビス、⑧社内託児所の設置サポート、⑨医療顧問サービスなどを提供することで、社員の方々がより健康に楽しく会社に来られるようにし、離職率・休職率を下げる「産業保健のコンサルタント」です。

小松:
メンタルヘルスや予防医学の観点から社員を守り、健康で安心して働ける職場づくりを実現する“健康経営”は、現在、企業に最も必要とされている要素の一つですよね。

東:
現役のパラアスリートで、障害者雇用コンサルティング企業の経営者でもあり、様々なスポーツ連盟・協会の理事を務めている初瀬さんの強みが最大限に活きる事業内容ですね。

初瀬:
そうなんです(笑)。私自身の障害者というパーソナリティーとアスリート人脈に加えて、親会社であるスタイル・エッジが士業の幅広いネットワークを持っているので、産業医のご紹介から健康増進イベントや講演会への最適なアスリートなどのアサインから企画・実施、障害者雇用についての課題解決や各種サポート、マッサージ師・トレーナーの派遣、各種事業の医療顧問など産業保健に関するあらゆることを一貫してサポート出来るんです。

小松:
視覚障害者であるという己のパーソナリティーを強みに変えて、障害者の雇用をサポートする事業を通して障害者が活躍できる場所を創出することと、予防医学の事業を通じてすべての人が健康で、笑顔の絶えない社会の実現を目指すために日々活動する初瀬さん。
誰もが羨むような活躍ぶりですが、大学2年生の時に視力を失った時には人生に絶望感を味わい、就職活動では100社以上に履歴書を送るも、面接に進めたのは2社、内定は1社という苦難の日々を経験なさって、現在があります。

東:
次回は弁護士になるために東京大学を目指していた初瀬さんが視力を失い、絶望の末に視覚障害者柔道に出会い、パラアスリートとしてどのようなキャリアを歩んできたのかについて伺っていきたいと思います。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。