Career shift

初瀬勇輔 / Hatsuse Yusuke   元柔道選手|現在:

仕事がなければ自らつくる 誰もが活躍できる多様性のある社会を 元パラリンピック柔道日本代表選手・初瀬勇輔(後編)

Profile

 

初瀬勇輔(はつせ・ゆうすけ)
1980年長崎県生まれ。北京パラリンピック・柔道日本代表。長崎県青雲高校から中央大学法学部を卒業後、大手人材派遣業テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)のグループ企業・サンクス・テンプ(現パーソルサンクス)を経て、2011年に障害者雇用を創造する会社『ユニバーサルスタイル』を立ち上げ、独立。日本では希有な「障害者雇用コンサルタント」としての活動と並行して視覚障害者柔道の選手としても活躍。全日本視覚障害者柔道大会90キロ級、同81キロ級で合計10度の優勝を果たしたほか、2008年には北京パラリンピック90キロ級に出場。現在は、日本パラリンピアンズ協会や日本視覚障害者柔道連盟の理事としても活躍しながら、現役選手として、2020年の東京パラリンピック出場を目指している。

小松:
元パラリンピック日本代表・初瀬勇輔さんのインタビュー、最終回となる今回は大苦戦した就職活動を経て入社した“サンクス・テンプ(現パーソルサンクス)”でのお仕事からお話を伺っていきます。

東:
100社以上にエントリーシートを送った中で、2社しか面接まで進めず、1社しか内定を得られなかった初瀬さんが、どのようにして経営者としてご活躍するに至ったのか。

小松:
まずは“サンクス・テンプ”の事業内容からお聞かせいただけますか?

初瀬:
“サンクス・テンプ”は大手人材派遣業“テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)”のグループ企業で、障害者を専門に雇用する特例子会社です。当時は200名の従業員のうち約180名が障害者で、障害のある方々に仕事を通じた活躍の場を提供しながら、社会的に自立してもらうことを最大の使命としていました。

東:
従業員のほとんどが障害者という企業だったのですね。

初瀬:
そうなんです。入社当初は派遣会社や特例子会社が何なのかも理解しておらず、とりあえず居場所があってご飯が食べていけそうという意識でした(笑)。ところが、入社してから1週間が経過した頃、初めて配属された部署で私を指導してくれるはずだった方が突然退職してしまい、仕事の内容も全く分からないまま彼の仕事を引き継ぐことになってしまいまして。

小松:
その方はどのような業務を担当なさっていたのでしょうか?

初瀬:
知的障害者の方の指導とマネジメントです。

東:
入社一週間の視覚障害者が、知的障害者の指導とマネジメントを担当することになったわけですね!
相当大変だったのではないでしょうか?

初瀬:
そうですね、普通に考えると出来るわけがありませんので、まずは知的障害者の方に仕事内容を教えてもらうことから始めました。

小松:
どのような仕事内容だったのでしょう?

初瀬:
社内休憩スペースに設置したカフェコーナーでコーヒーを販売したり、廃棄する書類を回収してシュレッダーで裁断するなどの仕事ですが、知的障害者の方について職場を回っていく日々の中で、事あるごとに“見えない自分”を思いやり、サポートしていただいたことで、私自身が知的障害者の方に抱いていたイメージが変わりました。

東:
当初はどのようなイメージを抱かれていたのでしょうか?

初瀬:
今にしてみれば、漠然とではありますが、“普通の仕事”をするのは難しいのではないかというイメージがあったように思います。

東:
正直にいえば、私もそうですね。
“普通の仕事”という言葉自体もそうですが、知らず知らずのうちに知的障害者の方に対する“バリア”をつくってしまっていたかも知れません。

初瀬:
自分自身が視覚障害者に対する“バリア”に苦しんできたというのに、情けないですよね。
この時に、知的障害者の方々と一緒に仕事を進めていく中で、彼ら一人ひとりの能力や思いを知り、コミュニケーションの取り方を学んだ経験は現在でもかけがえのない財産となっています。

小松:
今では、これらの経験がユニバーサルスタイルなどでの障害者雇用に関する事業を進めるうえで大きな強みとなっていますよね。

初瀬:
そうですね。本当にご縁に恵まれていると思います。

 「0.5+0.5=2.5」にする働き方

小松:
知的障害者以外にも、聴覚障害者の同僚との出会いによって学ばれたことも多かったそうですね。

初瀬:
はい、猪野康隆さんといって、デフバレーボール(聴覚障害者バレーボール)の日本代表としてデフリンピック(聴覚障害者の総合スポーツ大会)に3度出場している選手でしたが、私がパラリンピックに出場するかしないかくらいの時期に一緒に仕事をしていました。

東:
そんなトップアスリートの方も所属なさっていたのですね。

初瀬:
そうなんです。猪野さんは耳が聞こえないので電話は出来ませんが、パソコンで書類を作成するのは得意、私は目が見えないので書類はつくれませんが、企画の立案が得意で電話も出来る、と言った具合に互いの短所を補いながら、長所を活かせるような働き方をしていました。

小松:
まさにチームプレーですね。

初瀬:
また、私は彼との仕事を進めやすくするために拙いながらも手話をおぼえ、彼は聴こえないのですが唇の動きは読め、発声も出来るので、よりコミュニケーションが取りやすいようにと、目が悪い人がおぼえたての手話を使い、耳が悪い人が聞き取りづらい言葉を喋っているという訳の分からない状況で、楽しく仕事をしていました(笑)。

東:
お互いを思いやりながら仕事を進めていたんですね。楽しそうな風景が目に浮かびます。

初瀬:
この時に、障害者が一人で仕事をすると0.5人分にしかならないかも知れないけれど、二人で協力すれば2.5人分の力を発揮することも出来るのではないかと思えたんですね。

小松:
障害者に限らず、お互いの苦手な部分を補い合い、得意な部分を活かしながらチームで最高の成果が出せるように働くという考えは、これからの社会で非常に大切なことですよね。

 探してもなければ、つくる

小松:
その後、初瀬さんは2011年にサンクス・テンプを退職。ユニバーサルスタイルを設立し、経営者となるわけですが、いつ頃から起業しようと考えていらっしゃったのでしょうか?

初瀬:
最初に考えたのは就職活動の最中です。何通履歴書を出しても全く相手にしてもらえなかった時に「世の中に自分の出来る仕事はないかも知れない。自分の仕事を自分でつくらなければ食べていけない」と思ったんです。その時に、同じように悩んでいる障害者のために“障害者の仕事をつくる仕事”をしたいと思い、ビジネスプランを考えたりしていましたね。

小松:
“障害者の仕事をつくる仕事”という発想が素晴らしいですね。

初瀬:
今振り返るとビジネスプランだなんてとても言えたものではなく、現在の事業とも全然違うのですが、とにかく将来に対する不安と危機感がありましたね。

小松:
周囲に原因を求めるのではなく自ら道を切り拓く姿勢、尊敬します。

初瀬:
いえいえ。私はそうする他に生きていく術が見つからなかっただけなんです。障害者になるということは、出来ないことが増えて、人生の選択肢が減るということでもあります。
例えば東さんは選択肢がめちゃくちゃ多いですよね。健康な身体があって、アスリートとしての実績とビジネスに活きる人脈もお持ちで、何でも出来るし、何をしても生きていけるじゃないですか。ただ、何でも出来ることがその人の強みにつながっているのかといえば、必ずしもそうだとは言い切れない部分もありますよね。

東:
おっしゃっていること、とてもよく分かります。

初瀬:
私は“見えない”状況になったことで出来ること、出来ないことが明確になったからこそ、早くから人生において成し遂げたいことの選択と集中と覚悟が出来たのだと思います。
ただ、障害者が自らそれに気づき、実行することがとても難しいことも分かっているので、当時の私のような悩みを持っている方がいたら、どんな状況になろうとも選択肢はあるのだということを伝えたいんです。少なくなったかも知れないけれど、決してゼロではないと。

東:
何でも出来るのだけれど、何もしない人にならないように気をつけないといけませんね。

小松:
初瀬さんがユニバーサルスタイルを設立なさったのは30歳の時でした。
“30歳”という年齢には何かこだわりがあったのでしょうか?

 障害者雇用の現実を変えるべく、三十にして立つ

初瀬:
そうですね。論語の「三十にして立つ」が頭にあったことや独立起業した同級生に刺激を受けた面もありましたが、最も大きな要因は収入を増やしたかったからですね(笑)。

東:
いや、大切なことです。

初瀬:
北京パラリンピックに出場した後に広報的な役割も果たすようになって、自分では活躍の場も増えてきていると感じていたのですが、給与は入社以来ずっと同額、日給8000円のままだったんですね。

東:
稼働日が20日間だとすると、月に16万円ということですか?

初瀬:
しかも、日給制なので大型連休などがあると更に少なくなりますし、そこから税金や社会保険なども引かれますので、30歳の男性が家族を養っていくには厳しい金額ですよね。

小松:
初瀬さんのような方でも特別扱いはなく、障害者雇用制度の枠内で給与が決められていたということでしょうか?

初瀬:
そうですね。障害者雇用制度をもとに給与体系が設計されていたので、中卒の重度障害者よりも大卒でマネジメントを担当し、パラリンピアンでもある私のほうが給与が低いという状況もありました。

東:
納得がいかず、怒りがこみ上げたりはしなかったのでしょうか?

初瀬:
いえ、怒りはなかったです。正直なところ、正当な労働対価としてそれ以上のお金がもらえるような仕事なのかと考えた場合、違うなと感じていたので。もちろん、単純に言い切ることは出来ないですが、障害者雇用の場合の特例子会社は親会社が国から求められている障害者雇用率2.2%を満たすために存在している部分がとても大きいんです。つまり、親会社が障害者を直接雇用することが難しいから設立するんですね。

小松:
もう少し詳しくお教えいただけますか?

初瀬:
一例として、障害者雇用率2.2%を達成するために軽作業にしか従事出来ない知的障害者を親会社で採用するとします。その方を親会社の規定どおりに昇給させていくと、軽作業しか出来ないにも関わらず高給を支払わなければならなくなり、企業としては負担になってしまいますので、特例子会社を設立し、そちらで採用し、そちらの規定で給与を支払うといったことがおこります。

東:
なるほど、企業が特例子会社を設立するのにはそういう事情があったんですね。

初瀬:
私が在籍していたサンクス・テンプの親会社であるテンプホールディングスは人材派遣会社ですから、従業員と派遣スタッフの合計人数が障害者雇用の母数にカウントされることになります。当時、従業員数が2000人で派遣スタッフが1万人でしたので、2%の障害者雇用率を達成するためには従業員と派遣スタッフの合計12000人に対して240人の障害者を雇わなければならなくなります。人材派遣会社の営業所はだいたい5〜10人が配置されていて、ギリギリの状態で仕事をしていることが多いので、「こんなに忙しいのに障害者をどこに配置して、何をしてもらうの?」という課題が出てきます。そんな時に特例子会社が障害者雇用の中心になるというわけなんです。

小松:
法律の抜け道というか数字のトリックのような印象も受けますね。国の決まりだから仕方なく、障害者雇用率2.2%を満たすためだけに雇用する。そして、自分たちの負担にならないような給与の規定をつくる。

初瀬:
もちろんそうではない特例子会社もたくさんありますが、特例子会社の従業員に求められる仕事は“何事もなくそこにいること”で、“成果を上げること”ではないことが往々にしてあるように思っていました。

東:
やりがいを見つけることが難しい環境ですね・・・

初瀬:
ただ、もっと給与を貰えるところで働きたいと思っても、当時の私はサンクス・テンプでの仕事しか知りませんでしたから、自分が他の会社の仕事が出来るのかなんて分からないですし、雇ってもらえる自信もありませんでした。何せ100社以上に履歴書を送って、採用してくれたのがサンクス・テンプだけだったわけですから。

小松:
人生を変える決断、どのようにくだされたのでしょう?

初瀬:
2011年3月11日の東日本大震災がきっかけです。保証されている明日なんてないのだということを改めて感じて、いつ何があるかわからない中で、後悔しないように自分が本当にやりたいと思っている“障害者の仕事をつくる仕事”をしたいと思って、決断しました。

東:
私自身も2016年3月に18年間勤務した大崎電気工業を退職し、独立する際には後悔のないように生きたいという気持ちが強かったですが、東日本大震災の影響は間違いなくありましたね。

初瀬:
高給を貰っていた東さんと違って、私の場合はリスクも少なかったですけどね(笑)。渋谷の雑踏でたくさんの人が歩いているのを見て、これだけの人が普通に食べていけているのだから、月16万円くらいだったら稼げるんじゃないかなと(笑)。

東:
現在の初瀬さんには及ばないですが、確かに良い給与をいただいていましたね(笑)

初瀬:
まあ、今はもっと稼いでいるのでしょうが(笑)。

東:
いやいや(笑)、話を元に戻しましょう。
結局、初瀬さんは転職ではなく、起業することを選ばれました。

小松:
2011年10月にサンクス・テンプを退職し、障害者雇用コンサルティングを事業とする“ユニバーサルスタイル”を設立。翌年11月には有料職業紹介の免許を取得し、まさに“障害者の仕事をつくる仕事”をなさっていますね。

初瀬:
そうですね。やりたい事を実現出来ていることは本当に幸せだと感じますし、様々なご縁に恵まれたことにも心から感謝しています。

東:
初瀬さんがユニバーサルスタイルを設立してから、障害者雇用の現状は変わったのでしょうか?

初瀬:
先日、政府による水増し問題なども発覚しましたが、企業や社会全体の障害者に対する理解も深まり、全体的に良い方向に進んでいることは間違いありません。

東:
2020年に東京でパラリンピックが開催されることが決まってから、パラリンピアンを中心に障害者がメディアに取りあげられる機会が増えたことも好影響を与えているように感じます。

 見えなくなったからこその“今”に感謝する

初瀬:
おっしゃるとおりですね。これまでは障害者といえば“大変な思いをしている可哀想な人”というだけのイメージだったのが、多くの人たちがパラリンピックやパラアスリートを目にする機会が増えたことで“世界の舞台で活躍する凄い人”というイメージも持ってもらえるようになってきたかなと思います。

小松:
テレビCMや雑誌の広告などにも、パラアスリートが登場する機会が増えていますね。

初瀬:
個人的には、パラリンピックの使命は、障害者の「通訳者」、「翻訳者」の役割を果たすことだと考えています。東京パラリンピックを来年に控えた今、障害者を代表するパラアスリートの言葉は大きな意味を持ちます。だからこそ障害そのものや障害者を取り巻く現実を正しく理解し、誇りをもって堂々と振る舞い、発言してほしいと思います。

小松:
今回、初瀬さんからお話を伺ってきた中で、私が最も重要なメッセージだと感じたのが、「障害者になることは出来ないことが増え、選択肢が減ること。それは選択と集中と覚悟を生むことにも繋がり、一概に悪いことだとは言えない」ということです。これは、アスリートやビジネスパーソンにも同じことが言えるように感じました。人はみな生きていく中で様々な要因によって選択肢を狭められていきますが、それをシンプルになっただけだと前向きに捉え、自らの出来ることに覚悟をもって集中して取り組むことで、いつでも、誰でも人生を輝かせることが出来ると初瀬さんの生き様は教えてくれます。

東:
初瀬さんがもし、何の障害も持たずに弁護士になっていたら、決して今の職業にはたどり着けず、途方に暮れている障害者の方がたくさんいらっしゃったかも知れません。

初瀬:
そうですね、私の会社を通じて仕事に就いた障害者の方々が職場で活躍している姿を見ると、目が見えなくなってよかったな、とも思えるようになりましたね。

小松:
さて、それでは改めて初瀬さんの現在の活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめてみましょう。現役選手としての活動は別として、全日本視覚障害者柔道連盟などの役職は “B”の領域、ユニバーサルスタイルやスタイル・エッジMEDICALでの経営者や講演活動などについては“C”の領域ということになりますね。

東:
障害者雇用の問題を根本的に解決したいという高い志は政治家などにも向いているように感じます。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
それでは最後に、毎回恒例の質問をさせていただきます。“柔道”という言葉を使わずにご自身を紹介してもらえますか?

初瀬:
難しいですね・・・。障害者雇用を通じて多様性を認め合い誰もが活躍できる社会を作ることにチャレンジしている経営者とか、そんな感じですかね。

小松:
とっても素敵です!

東:
流石の締め方、素晴らしいです!

初瀬:
あんまり褒められると恐縮しちゃいます(笑)

小松:
本日はお忙しいところありがとうございました。
経営者としてはもちろん、2020年の東京パラリンピックでのご活躍も楽しみにしております。

初瀬:
ありがとうございます。まずは減量から頑張ります(笑)
(おわり)

次回は、レスリングシドニー五輪銀メダリスト・永田克彦さんです。4月8日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。