Career shift

池田めぐみ(旧姓原田) / Ikeda Megumi   元フェンシング日本代表|現在:

フェンシングだけが人生じゃない 元フェンシング日本代表・池田めぐみ(旧姓原田)(中編)

Profile

 

1979年8月1日山形県南陽市出身。元フェンシング・女子エペ選手。日本代表として2004年アテネ大会、2008年北京大会と二大会連続でオリンピック出場。2006年ワールドカップ(バンクーバー)個人で二位。2009年に結婚し、一時休養後に復帰。2010年広州アジア大会団体で金メダルを獲得。2012年ロンドンオリンピック出場を目指していたが、2011年に乳がんが見つかり、現役を引退。現在は、山形県スポーツ協会でスポーツ指導員を務める他、様々な役職に就き、幅広く活躍している。
山形県立米沢興譲館高等学校 → 東京女子体育大学 → 筑波大学大学院
2003~2005年全日本フェンシング選手権大会 女子エペ 個人優勝
アテネオリンピック エペ 個人28位
北京オリンピック エペ 個人15位
広州アジア大会 エペ団体優勝
公益財団法人山形県スポーツ協会 スポーツ指導員
日本アンチ・ドーピング機構 アスリート委員/評議員
嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター 理事
日本スポーツフェアネス推進機構
日本スポーツ協会 国体委員会 委員
日本フェンシング協会 アンチ・ドーピング委員会 副委員長山形大学 非常勤講師

東:
元フェンシング日本代表・池田めぐみ(旧姓原田)さんへのインタビュー、今回は中編になります。

小松:
前回は、山形県スポーツ協会やJADAでのお仕事など、現在の活動についてお話を伺ってまいりましたが、今回はフェンシングとの出会いから競技生活について聞かせていただきます。

 オリンピックに出たい!

東:
まずはフェンシングを始めたきっかけから聞かせていただけますか?

池田:
フェンシングを始めたのは高校からです。中学生の頃は陸上部に所属して三種競技(走高跳、100m、砲丸投の記録を得点に換算し、三種目の合計得点を競う中学生を対象とした混成競技)に取り組んでいました。山形県大会と東北大会で優勝していたのですが、中学を卒業する時にやめてしまったんです。

小松:
なぜ、東北大会で優勝するくらいの実力があったにも関わらず陸上をやめられたのでしょうか?

池田:
このまま陸上を続けていてもオリンピックには出られないと感じたからです。

東:
中学生の頃からオリンピックを目指して競技に取り組まれていたのですか!

池田:
オリンピックへの思いは、五歳の頃にテレビで1984年に開催されたロサンゼルスオリンピックの入場行進を見て「私もここに行きたい!」と強烈に感じたのが始まりです。無理矢理テレビの中に入ろうとして家族に叱られていたくらいで(笑)成長するにつれて、オリンピックにはテレビの中に入るのではなく、スポーツで結果を出して出場するものだと理解して、父親が学生の頃にやっていた陸上競技に取り組むようになったんです。

小松:
中学では東北大会で優勝なさっていたわけですから、そのまま高校でも続けるという選択肢は無かったのでしょうか?

池田:
同じ山形県の一学年下に、後に走り幅跳びで北京オリンピックに出場する池田久美子(現・井村)選手がいて、合同合宿で一緒に走る機会があったのですが、めちゃめちゃ速くて。
本能的に「これは敵わないな」と感じて、陸上でオリンピックに出場することはあきらめて、中学まででやめることにしました。

東:
なるほど。陸上にはあくまでオリンピックに出場するための手段として取り組まれていたわけですものね。

池田:
もちろん陸上も楽しかったですし、私の夢はオリンピックの開会式で入場行進をすることでしたので一生懸命に取り組んでいたのですが、無理かもと思った瞬間、不安になってしまって、挑戦をする前からダメだと決めつけて、夢に蓋をしました。

 フェンシングとの出会い

小松:
中学を卒業後、日本最古の公立高校であり、山形県内でもトップクラスの進学校である山形県立米沢興譲館(こうじょうかん)高等学校に進学なさいましたね。

池田:
最初は自転車で通える近所の高校へ進学しようと思っていたんです。興譲館は父親の母校で、二歳年上の姉も通っていたのですが、あまりにも自宅から遠かったので。

東:
どのくらい遠かったのですか?

池田:
自宅の最寄駅である赤湯までが自転車で二十分。電車で学校の最寄駅の米沢まで三十分。さらにそこから学校まで自転車で三十分で、冬場だと片道約二時間かかるんです。高校三年間、往復四時間かけて通うのはきついなあと迷っていたのですが、父親に相談したところ「将来の選択肢を広げるためには進学校に進んだほうがいい」とアドバイスをくれて。確かにそうだと納得して興譲館への進学を決めました。

小松:
池田さんのお父様はお医者様ですから、将来はそちらの道に進んでほしいとの思いもあったのかも知れませんね。

池田:
あったと思います。

東:
高校で、数ある競技の中からフェンシングを選んだ理由は何だったのでしょうか?

池田:
姉がフェンシング部だったこともありますが、直接のきっかけは顧問の先生に誘われたからです。

小松:
元日本代表選手の小原秀樹先生ですね。

池田:
はい。入学したばかりの頃に突然教室に入ってきて「原田(旧姓)めぐみって、いるかあ〜?」と廊下に連れ出されて「フェンシング、やってみないかあ〜?」と誘われたんです。

東:
いやいや、モノマネされても似ているかどうか分からないですから(笑)

小松:
小原先生に直接スカウトされたのですね。

池田:
そうなんです。私の陸上競技での成績を知って「フェンシングをやらせてみたい!」と思ったそうで。最初はあまり乗り気じゃなかったんです。フェンシングはもちろん、特にスポーツをやりたくて高校に入学したわけではないですし、「全身タイツみたいでかっこ悪い」とも思っていましたから(笑)

小松:
メタルジャケットが全身タイツに見えていた(笑)

池田:
そうなんです(笑)ただ、小原先生との会話の中でフェンシングがオリンピック種目だと聞いて、運命を感じたんですね。陸上競技を辞めて、オリンピックに出場したいという夢に蓋をしてからは、父親のような医師になりたいとも考えていたのですが。

東:
オリンピックへの夢が再びよみがえったわけですね。フェンシングを始めてみて、いかがでしたか?

池田:
最初は「剣を使うって何なの?」から始まって、半年くらい経った時に面白さが分かり始めて、夢中になりました。

小松:
どんな部分が面白かったのでしょうか?

池田:
陸上競技は自分との戦いですが、フェンシングは相手との戦いで、なかなか思うようにいかないところがたまらなく面白くて。前世は決闘を仕事にしていたのかもと思うくらい戦うことが好きで、高校時代はフェンシング一色の日々を過ごしました。

東:
小原先生の指導との相性も良かったそうですね。

池田:
小原先生は「ああしろ、こうしろ」と指図することも「どうして出来ないんだ?」と怒ることもなくて、常に「どうすればいいと思う?」と、生徒に問いかけて、自ら考えさせるように指導してくださいました。私は納得出来るような説明がなかったり、意味が分からないのに指図をされるのが大嫌いなのですが、小原先生は目先の結果だけを見るのではなく、将来を見据えた指導をしてくれたので、心身ともに日々成長出来ていることを実感出来て、とても気持ちよく過ごせました。

小松:
素晴らしい指導者に巡り合えたのですね。

池田:
高校時代に様々な角度から「フェンシングだけが人生じゃない」ことを学べたのは小原先生のご指導のおかげですし、現在にも非常に活きています。

東:
小原先生の薫陶を受けた池田さんは、高校三年生時のインターハイで四位入賞という好成績を残したことで、東京女子体育大学からスカウトされたそうですが、お父様からは猛反対されたそうですね。

 フェンシングで食べていけるのか?

池田:
京都でのインターハイを終えて、山形に戻った後に大学から「返事をください」と催促されて、小原先生も交えて家族会議をしたんです。当時は反抗期で親とあまり口も利いていなかったのですが、進学に関してはそういうわけにもいかないですから「オリンピックを目指すために東京女子体育大学に進学してフェンシングを続けたい」と伝えたところ大反対されて。「一体何を考えているんだ?!」と。 

小松:
怒られたのですか?

池田:
怒るというより、呆れられました(笑)

東:
確かにインターハイ四位は素晴らしい成績ではありますけれど、オリンピックに出場するにはまだまだ遠いですからね。

池田:
優勝しているならまだしも、全く見えないですよね。

東:
また、オリンピアンになれたとしても、医師であるお父様からすれば「フェンシングでは食べていけないだろう?」とも考えられたのでしょうし。

池田:
同じことを言われました。体育の教員免許を取得出来ることも伝えたのですが、それでも納得してはもらえなくて。

小松:
ご両親としては、医学部のある大学に進んで、医師の道を選んでほしかったのでしょうか?

池田:
そうでしょうね。私自身、インターハイが終わるまでは、理系の大学への進学を考えていましたし。でも、インターハイで四位になれた時に「このままフェンシングを続けていれば、オリンピックに行ける!」と直感したんです。せっかく夢に見た未来への道筋が見えてきたので、もう少し頑張りたいと思って説得を続けたのですが、なかなか許してもらえず、家の空気も殺伐としてしまいました。

東:
この先の人生を大きく左右する選択ですものね・・・僕も娘を持つ父親ですので、娘の幸せを一番に願う池田さんのお父様が安定した生活を望む気持ちも分かるような気がします。

池田:
いよいよ大学への返答期限が迫ってきた時に、父が条件を出してきたんです。
一つは大学院に進むこと。もう一つは必ずオリンピックに行くこと。
この二つの約束を守れるのなら、東京女子体育大学でフェンシングを続けてもいいと。

小松:
娘の夢を応援すると同時に、フェンシングとは違う道も選べるようにしっかり勉強もしなさいという条件ですよね。

池田:
当時の父は、自分の中の「こうあるべき」を私に押し付けていたという気持ちがあったのだと思います。でも、話し合いを続けていく中で、私のフェンシングにかける想いが本物だと伝わったからなのか、心配してくれたからなのか・・・単に納得したのでは癪に触るから条件を出したようにも感じますけどね(笑)

東:
いえいえ。お父様の深い愛情を感じます。

小松:
その後、東京女子体育大学に進学なさった池田さんは、大学一年生で二十歳以下の日本代表に選ばれ、世界ジュニア選手権に出場。前十字靭帯断裂などの怪我に苦しみながらも、大学四年生で日本代表に選ばれるなど順調に夢への道を歩み続けます。

東:
次回、最終回となる後編では、世界の壁を乗り越えるために単身欧州に渡って武者修行をし、いよいよ夢のオリンピックに出場したお話から伺ってまいります。

小松:
楽しみです!宜しくお願い致します。

池田:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「本質を追求し、リスクをマネジメントする」(後編)は、8月9日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。