Career shift

池田信太郎 / Ikeda Shintarou   元バドミントン選手|現在:

自らの“バリュー”で2020に貢献する 元バドミントン日本代表・池田信太郎(後編)

Profile

 

池田信太郎(いけだ・しんたろう)
1980年生まれ。福岡県出身。5歳からバドミントンを始める。筑波大学→日本ユニシス株式会社→株式会社エボラブルアジアに所属。2006年&2008年全日本総合選手権優勝(男子ダブルス)、2012年全日本総合選手権優勝(混合ダブルス)。2007年に開催された世界選手権では日本男子初のメダルを獲得。2008年北京オリンピック出場。2009年に日本人初のプロ契約を締結。同年に混合ダブルスに転向し、2012年ロンドンオリンピック出場。2015年9月に現役を引退し、現在はフライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社でシニアコンサルタントとして活躍。世界バドミントン連盟アスリートコミッションメンバー。東京2020オリンピック、パラリンピック組織委員会ACメンバー。

東:
元バドミントン日本代表・池田信太郎さんへのインタビュー、最終回となる後編では、初出場した北京オリンピック、潮田玲子さんとペアを組んで出場したロンドンオリンピックでのお話から日本人初のプロ契約と現役引退、現在のお仕事まで伺ってまいります。

小松:
様々な挫折を乗り越えて、いよいよ迎えた夢の舞台・オリンピック。周囲の期待を一身に背負った池田さんでしたが、結果は納得のいくものにはなりませんでした。

 実力を出せなかった初めてのオリンピック

小松:
バドミントンでオリンピックに出場するには、日本代表に選ばれるだけではなく世界ランキングで16位に入る必要があります。北京オリンピックを控えていた当時の池田さんの世界ランキングは9位でしたが、2007年にマレーシアで開催された世界選手権で世界ランキング2位の地元マレーシアペアをやぶり日本男子史上初の銅メダルを獲得。2008年の全英オープンでも日本男子21年ぶりのベスト4という成績を残しており、メダル獲得を有力視されての大会となりましたね。

池田:
そうですね。JOCの強化指定選手の中でもレスリングの吉田沙保里選手などと同じAランクの待遇も受けていましたし。まだまだ発展途上ではあるものの、その分ハマった時の爆発力には凄まじいものがあったので、メダル獲得を現実的な目標として臨みました。。

東:
しかし、結果は初戦敗退。試合時間は27分と、あっという間に終わってしまったオリンピックの舞台。今、振り返ってみると、どんな印象をお持ちですか?

池田:
北京オリンピックは初めて出場したオリンピックですし、大会そのものの雰囲気については楽しむことが出来ましたが、試合に関しては良い思い出がないですね。

小松:
まさかの結果、原因は何だったのでしょう?

池田:
心の準備が不足していたことに尽きます。北京での初戦、対戦相手は世界選手権でやぶったマレーシアのペアでした。世界ランキングでは彼らが上位でしたが、対戦成績では互角。最後に対戦した世界選手権では相手のホームで勝利していましたので、苦手意識も全くなかったのですが、序盤で連続失点して先行されてしまった時に、普段なら落ち着いて立て直せるのに焦ってしまい、ヤバい、こんなはずじゃない、せっかく日本から応援に来てもらっているのに、勝たなきゃ、と思っているうちに試合が終わってしまいました。

東:
試合中にも関わらず、集中出来ていないですよね。本来であれば、起こってしまった過去や試合結果という未来にとらわれず、“今”何をすべきかに集中しているはずなのに。

池田:
そうですね。これまでに出場してきたどの国際大会よりも勝たなくてはという思いが強すぎたのかも知れません。大会が始まる前から出場が決まれば祝賀会や壮行会があり、メディアへの露出も段違いに増えますし、応援してくれる人も増えました。ただ、当時の僕は皆さんの期待と応援を力にすることが出来ず、プレッシャーに変えてしまったように感じます。

小松:
日本におけるオリンピックとその他の国際大会の報道格差は非常に大きいですよね。2020年の東京大会では地元開催ということもあり、より多くのアスリートが想像も出来ないほどの大きなプレッシャーを受けながら戦うことになるのでしょうね。

東:
2020年に出場する選手の皆様には、地元でのオリンピック開催という一生に一度あるかないかのビッグイベントに現役選手として挑戦出来るという幸運を活かし、多くの期待や声援をプレッシャーではなく大きな力に変えて、日頃のトレーニングの成果を存分に発揮してほしいですね。

 “イケシオ”結成とプロ宣言

小松:
オリンピックを目指すようなトップアスリートは4年のサイクルで競技人生の継続について考えることが多いと伺います。北京オリンピックを終えた後の池田さんはいかがだったのでしょうか?

池田:
メダルを期待されて出場したにも関わらず思うような結果が出せず、これまでに積み重ねてきた努力は何だったのかと悩み、一度は現役生活に終止符をうつことも考えました。元々、オリンピック選手という実績を得たら競技生活には区切りをつけて、その後はビジネスパーソンとして活躍するために、まずは所属している日本ユニシスで広報やマーケティングを勉強したいという考えがあったのですが、時間が経つほどに「オリンピックに出ただけで満足していいのか?まだ納得するまでバドミントンをやりきっていないんじゃないか?」という気持ちが大きくなって。

東:
当初思い描いていた人生設計のとおりに進んでいたのに、何か引っかかりが残ったのですね。

池田:
そんな時に、女子ダブルス日本代表でアイドル的な人気を誇っていた“オグシオ”ペア(小椋(おぐら)久美子&潮田玲子選手。北京オリンピック5位)を解消した潮田玲子選手から混合ダブルスのパートナーになってほしいという依頼があり、新たな挑戦をするのであれば4年間挑戦する意義があると判断して、ロンドンオリンピックを目指す決断をしました。

東:
潮田選手との混合ダブルス“イケシオ”についてはバドミントン界の看板スターだった“オグシオ”の次のスターをつくりたいと考えていた日本バドミントン協会の意向もあったと伺っています。オグシオを解消した潮田玲子選手と、端正なルックスと実力を兼ね備えた池田さんがペアを結成。ともに魅力的な独身の男女となれば、あらぬ噂がたってしまうのもある程度は致し方ないかと思いますが。

池田:
結成当初は実際に興味本位で男女の関係について書き立てられることもありました。バドミントンに注目が集まることはとても有り難いですが、ゴシップ的な扱われ方は望ましくないと思いましたので、ちょうど良い機会だと考え、以前から交際していた女性とペア結成1ヶ月後に結婚し、それを発表しました。

小松:
バドミントンと新たに結成した“イケシオ”ペアへの注目を最大限に集めたうえで、1ヶ月後に結婚を発表し、ゴシップ的な側面を排除するという素晴らしいPRです。

東:
当時から客観的に自らの“バリュー”を理解し、マーケティング的な発想と行動力に優れていたことが分かるエピソードですね。

小松:
混合ダブルスへの転向に加え、日本人初となるプロ契約選手になるという挑戦もなさいましたね。当初は引退後には日本ユニシスでビジネスパーソンとして生きていくことを考えていらしたわけですが、どのような心境の変化があったのでしょうか?

池田:
当初の予定を変更して、更にバドミントンに4年を費やすのであれば、全く違うことにチャレンジしたかったんです。その一つが混合ダブルスであり、プロ契約だったということです。

 プロフェッショナルとは

東:
日本初のプロ契約選手。まさにパイオニアとなられたわけですが、バドミントン一本で生きていく怖さはありませんでしたか?当時、池田さんは28歳。もし、プロにならなければ、4年後のロンドンオリンピックを終えて32歳で引退したとしても、日本ユニシスという大企業で大卒の元オリンピック選手として安定した立場が保証されていたのではないかと思うのですが。

池田:
もちろん、不安はありました。ただ、不安よりもこれまで誰もやっていないことに挑戦出来る環境が目の前にあるのに、挑戦しないという選択肢は僕にはありませんでした。周りからは「バドミントンでプロなんて無理だ」、「怪我をしたらどうするの?」、「バドミントン部が無くなったら?」、「引退後に何をして食べていくの?」など、様々なことを言われましたが、誰も歩いたことのない道を進むわけですから、先がどうなっているのかなんて分かるわけがないじゃないですか(笑)

小松:
何事も出来ない理由を探せば山のように見つかりますからね。ただ、実際にプロフェッショナルとして活動していく中ではご苦労も多かったのではないでしょうか?

池田:
それはもう、苦労だらけでした。特にロンドン後に所属のチームを離れてからは自分で全て環境を整える事で必死でした。これまでのような手厚いサポートを受けることは出来ず、試合に出場するためのパートナー探しも自らやらなければいけなくなりました。

東:
スポンサーセールスも自ら実施なさっていたとのことですが。

池田:
そうですね。最初はマネジメント会社に依頼していたのですが、半年間全く集まらなくて。企業の担当者に冷静にバドミントンや僕の市場価値を判断されてしまうと、スポンサーするメリットを見出してもらえなかったんです。その時に、他人に頼るのではなく、自分自身で直接情熱を伝え、投資してもらわなければならないと考え、拙い資料をパワーポイントで作成し、自らプレゼンするようにしました。

小松:
自らを売り込むという経験はその後の人生にも活きているのではないですか?

池田:
はい、最初は拙い資料を長時間かけて作成し、たどたどしくプレゼンしていたのが、次第にクオリティの高い資料を短時間で作成出来るようになり、プレゼンのスキルも向上していきました。最初はプレゼンするどころかアポイントの取り方も分かっていなかったのに(笑)

東:
池田さんにもそんな時代があったんですね(笑)何でも最初から上手に出来るわけではないので、出来ないことを恥じるのではなく、どんどん挑戦して場数を踏むというのが成長するために大切だというのは、スポーツでもビジネスでも同じなのだと思います。

小松:
アスリートとしての“バリュー”を対価に変えるための行動も自ら実施していた池田さんはまさにプロフェッショナルなアスリートであり、ビジネスパーソンです。

 2020 スポーツ ビジネス

小松:
“イケシオ”として臨んだ二度目のオリンピックとなったロンドン大会。北京大会での忘れ物は見つかりましたか?

池田:
心の準備不足で納得のいくパフォーマンスが出せなかったという過ちを繰り返さないために様々な準備が出来ていましたし、落ち着いて臨むことは出来ていました。結果は予選敗退でしたので満足とは言えませんが、北京と比較すると後悔は残りませんでした。

東:
ロンドンオリンピックを終えた池田さんはその後も現役を続行。2015年9月のヨネックスオープンで現役を引退するわけですが、終盤をむかえた選手生活の中で、2013年3月末の日本ユニシスとの契約終了とその後のフリーランスとしての時間、2015年2月のエボラブルアジアとの契約が大きなターニングポイントなのではないかと思います。2013年の契約終了時に引退なさらなかったことによって、エボラブルアジアと出会い、それが現在の仕事に繋がっているように感じるのですが。

池田:
おっしゃるとおりです。自らが元々所属していた企業とのプロ契約と、元々関わりのなかった企業とのプロ契約は似て非なるものですから、自らのバリューに対する自信にも繋がりましたし、自らのコネクションをどのように活用出来るのかということを改めて考えることが出来るようになりました。

小松:
その後、ビジネス面でもスポーツ面でも様々なご経験を積み重ねてきた中で、いよいよ2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催されることになりますが、現在の池田さんのビジネスパーソンとしての活動分野やバドミントン競技の立ち位置を考えると「持っている」としか言いようがない状況ですね。

東:
世界最大級の国際的なスポーツイベントであるオリンピック・パラリンピックが自国開催される中で、元オリンピックアスリートのコンサルタントとして企業の広告、マーケティングなどに関するソリューションを提供し、事業の目標達成に企業とともに取り組むというお仕事や、GAP認証食材を通じて和食文化や日本の農産物の普及啓蒙にも携わり、男女ともにメダル獲得が期待されるバドミントンにも協会やアスリート委員会としてはもちろん、キャスターや解説者などでも関わる立場ですからね。これまで以上にお忙しくなるのではないでしょうか。

池田:
2020年に向けては、バドミントンに関わることはもちろん、それと同じくらいオリンピック・パラリンピックに関連したマーケットに興味がありますし、自分ならではの貢献をしていきたいと考えています。

小松:
改めて現在の池田さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、フライシュマン・ヒラード・ジャパンや企業顧問は「C」、バドミントンS/Jリーグのアンバサダーや東京オリパラ組織委員会のお仕事は「B」、解説者やキャスターなどは「D」とそれぞれの領域でご活躍なさっていることが分かります。

東:
バドミントンの競技スキルや競技団体と最も近い「A」の領域以外でのお仕事をなさっていますが、池田さんの現在の活動と存在自体がバドミントンやスポーツ全体、アスリートの価値向上に貢献しているように感じます。

小松:
まさにアスリートのロールモデルですよね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
さて、それでは最後の質問になります。これまでにインタビューしてきた全員に伺っているのですが、バドミントンという競技名を使わずに自己紹介をしていただけますでしょうか。

池田:
うーん、難しいですね・・・好奇心と探求心はいつまでも大切にしたいなと思います。

東:
きっとこれからの人生も様々なことに好奇心をもって、どんどん進化なさっていくのでしょうね。五年後、十年後に池田さんがどのような立場でどんなお仕事をなさっているのか楽しみです!

小松:
今後の池田さんのますますのご活躍を確信しております。
本日は長時間に渡り誠にありがとうございました。

池田:
こちらこそありがとうございました。

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。