Career shift

井上康生 / Inoue Kousei   柔道金メダリスト|現在:

偉大な背中を追いかけて シドニーオリンピック・柔道金メダリスト・井上康生(中編)

Profile

 

1978年5月15日宮崎県延岡市出身。五歳から警察官で柔道五段の父の指導を受け、小学生時代に全国少年柔道大会で二連覇。中学でも全国大会やジュニアの国際大会で優勝する。東海大相模高へ進学後は、1995年のインターハイで個人優勝。1996年、主将として臨んだ全国高校選手権では個人、団体ともに優勝。全日本選手権関東地区予選で優勝し、高校生としては山下泰裕以来二十一年ぶりに全日本選手権に出場。全日本ジュニア柔道選手権95kg超級で優勝する。1997年、東海大学に進学。全日本学生体重別選手権、オーストラリア国際、正力杯、講道館100kg級優勝。1998年、国際学生柔道100kg超級優勝。全日本選手権準優勝。全日本学生体重別選手権100kg級二連覇。バンコク・アジア大会金メダル。1999年、世界選手権で金メダルを獲得。2000年フランス国際100kg級でオール一本勝ちで金メダル獲得。全日本選抜体重別選手権100kg級で優勝、全日本選手権で準優勝。自身初出場となったシドニーオリンピックではオール一本勝ちで金メダルを獲得。大会開会式では旗手を務めた。2001年、綜合警備保障に入社。全日本選抜体重別選手権で二連覇。全日本選手権では四連覇を目指す篠原信一を下し初優勝。世界選手権二連覇。2004年、日本代表選手団の主将としてアテネオリンピックに出場し、準々決勝で敗退。2008年、全日本選手権で敗退し、三大会連続の出場を目指した北京オリンピックへの出場が叶わず引退。引退後に指導者の道を歩み始め、二年間のスコットランド留学を経験した後、2011年3月に綜合警備保障を退職。4月より東海大学柔道部副監督を務め、2012年より柔道男子日本代表に就任。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、二つの金メダルを含む七階級全てでメダルを獲得するという快挙を成し遂げた。

東:
元シドニーオリンピック柔道金メダリスト・井上康生さんへのインタビュー、今回は中編になります。

小松:
前編では、井上さんの現在のお仕事を中心に伺ってまいりましたが、今回は現役時代についてのお話をお聞かせいただきたいと思います。

 父に憧れ“柔”の道へ

小松:
井上さんが、柔道を始められたのは五歳。柔道五段のお父様が練習している姿を見学したのがきっかけだったそうですね。

井上:
はい、初めて道場へ見学に行った時に、父が内股で相手を投げ飛ばしているのを見て、「かっこいい!自分もやりたい!」と思ったのが始まりです。

東:
その後、お父様のご指導の下、小学生時代に全国少年柔道大会で二連覇。中学に進学後もジュニア国際柔道大会優勝という素晴らしい成績を収められましたが、日々の練習はかなり厳しかったそうですね。

井上:
そうですね。父はある意味異常なほど柔道を愛していましたから(笑)

小松:
そんなお父様と井上さんの鬼気迫る練習を、お母様が板の間で正座して微動だにせず見守っていらしたのだと伺いました。

井上:
はい、おかげで、ズルをしようとかサボろうとは一度も思えなかったですね(笑)

東:
中学を卒業後、名門・東海大学付属相模高校(以下、東海大相模高校)に進学なさってからはまさにエリート街道を突き進んでいくわけですが、元々は別の高校に進む予定だったそうですね。

井上:
当初は東海大相模高校のライバル校に進む予定だったのですが、指導されていた先生が辞められることになって。父から「あの先生がいないのであれば、行く意味はない」と言われて、急遽、方針を転換して入学することになったんです。

小松:
そこで、高校から大学時代までご指導を受けることになる恩師・佐藤宣践先生と出会われましたね。

井上:
“運命”や“巡り合い”と言うものは、本当にあるのだなと感じます。
あの時、ライバル校を指導なさっていた先生が辞めていなければ、今の私はありませんから。

東:
偶然のようで、必然の出会いだったのでしょうね。

 柔道界を背負う

小松:
佐藤先生のご指導は、教えたことを強制的にやらせるのではなく、選手自らに考え、工夫させるようなスタイルだったそうですね。

井上:
はい、練習中の様々なタイミングで、答えをそのまま教えるのではなく、ヒントを与えることで、個々の選手に考えさせて、自ら工夫して自分のものにしていきなさいというご指導を受けました。
佐藤先生と出会って、柔道の技術の向上や、試合での勝利のみを追求するのではなく、自らが柔道家として、そして人間としてどんな風に生きていくべきなのかという部分ともしっかりと向き合えるようになりました。

東:
まさに、柔道の“スポーツ”の部分と、“武道”の部分をともにご指導いただいたのですね。

小松:
高校時代の井上さんは、1995年のインターハイで個人優勝。1996年には全国高校選手権で個人、団体ともに優勝するとともに、全日本選手権関東地区予選で優勝。高校生としては山下泰裕さん以来二十一年ぶりとなる全日本選手権に出場し、一躍、柔道界以外からも注目を集める存在になりました。井上さんにとって、山下泰裕先生の存在は非常に大きなものだと思うのですが、初めて出会ったのは、かなり小さな頃だったそうですね。

井上:
私が“人生の師”である山下泰裕先生に初めてお会いしたのは小学生の頃で、当時私が通っていた道場で子供たちと練習をしてくれるという企画でご一緒させていただきました。1984年のロサンゼルスオリンピックでの金メダル、全日本選手権九連覇、国民栄誉賞まで受賞なさっている山下先生は、まさに雲の上の存在でしたが、その時に足払いをされて引っくり返ったことは今でも忘れられません。

東:
小学生の頃には、すでに山下先生と出会っていたのですね!

井上:
その後、中学二年生の時に参加した全日本ジュニア九州ブロックの合宿中にも山下先生から直接激励をしていただいたことがありまして。振り返ってみると、その時にはすでに「これからは山下先生の背中を追い求めていく」と心に決めていたように思います。

小松:
高校を卒業後は、東海大学へ進学。一年生のうちから1997年の全日本学生体重別選手権で優勝。その他にもオーストラリア国際、正力杯、講道館杯100kg級でも優勝。1998年には、国際学生柔道100kg超級で優勝し、全日本選手権では準優勝。全日本学生体重別選手権で二連覇。12月にタイ・バンコクで開催されたアジア大会で金メダルを獲得するなど順風満帆の選手生活を送っていた井上さんを、悲劇が襲いました。

東:
1999年6月に、お母様がくも膜下出血でお亡くなりになられました。この時、お母様からの手紙に書かれていた“初心”という言葉を、現在でも座右の銘となさっているそうですが。

井上:
そうですね。サインを書く際にも添えさせていただいています。

小松:
井上さんは、最愛のお母様を失うという試練にも挫けること無く、その年の十月に開催された世界選手権で初の世界一に。翌2000年に開催されたシドニーオリンピックでは、全ての試合で一本勝ちして金メダルを獲得するという偉業を達成。お母様の写真を胸に抱いて表彰台の真ん中に立つ姿は世界中の感動を呼びました。

井上:
柔道を始めた頃から、誰よりも私を応援してくれていた“世界一の母”を世界中の人たちに見てもらいたいと思い、一緒に表彰台にのぼらせていただきました。

東:
シドニーオリンピックでは、“柔道”というジャンルを超えた国民的スーパースターになられましたが、恩師である佐藤先生からも「将来柔道界を背負っていく者としてどのようにあるべきかを考えて行動しなさい」と言われていたそうですね。

井上:
はい、私が大学三年生の時だったと思います。同じ頃に、将来、東海大学で教員になる気はないかというお話もいただきまして。とても興味がありますとお答えしたところ、そこから様々なパーティーに出席し、突然スピーチをさせられたり、大学の練習が終わった後に柔道教室の講師を務めたり、講演の練習をしたりと、色々な経験をさせてもらうようになりました。

小松:
東海大学は、東海大学だけではなく日本の教育や柔道界全体の成長にまで目を向けておられますから、それを背負っていく存在として井上さんに白羽の矢を立てて、大学生の頃から英才教育を始められたのでしょうね。

井上:
山下先生や佐藤先生からは、大学時代から、新聞や本を読んで柔道以外にも視野を広げなければいけない。常に世界が今どのように動いているのかを意識しながら生きなさいと言われていました。

東:
まさに“文武両道”で、世界に羽ばたく人物になるための教育を施されていたのですね。

 負けた選手を思いやる

小松:
井上さんは東海大学を卒業後、綜合警備保障に入社。2001年の全日本選抜体重別選手権で二連覇。同年の全日本選手権では四連覇を目指していた篠原信一選手を下して初優勝。その後、三連覇を達成し、名実ともに日本柔道界のエースへと昇り詰めるとともに、世界選手権でも三連覇を達成するなど選手としての絶頂期を迎えられます。

東:
しかし、二大会連続の金メダルを期待され、日本代表選手団の主将として臨んだアテネオリンピックでは、まさかの敗北。2005年の試合中に負った右大胸筋断裂という大怪我の影響もあって、三度目の出場を目指した北京オリンピックへの出場権を獲得出来ず、2008年5月に引退を表明なさいました。

小松:
井上さんは、アテネオリンピックまでは負けることなんて考えられないくらい勝ち続けてきたわけですが、その後は怪我にも苦しみながら、「なぜ勝てないのか?あれだけ簡単に勝てていたのに・・・」と悩み苦しみぬかれたのではないかと思います。辛い思いもなさったと思うのですが、負けた経験が現在のお仕事に活きている部分があればお教えいただけますか?

井上:
そうですね。負けたことで得られた学びはたくさんあったと思います。例えば、指導者としては負けた選手の気持ちを理解出来るようになりました。もし、私がずっと勝ち続けてきた負け知らずの選手であれば、負けた選手の気持ちを理解して、サポートをすることが出来たのかは分からないと思います。勝った選手は次のステージに挑戦出来ますが、負けた選手は一旦その場で終わりです。負けた選手が、次の新たな目標に向かって立ち上がれるようなサポートをしていくうえで“負けたことがある経験”は大きな財産となっています。

東:
負けたことがあるからこそ負けた選手の気持ちを思いやることが出来るわけですから、“負けた経験”が大きな強みになっているということですよね。

井上:
いえ、そうとも言い切れない部分がありまして。山下先生は、勝ち続けたまま現役生活を終えられていますが、負けた選手の気持ちもしっかりと理解してくださりますから。

小松:
なるほど。山下先生は負けた経験がなくとも、負けた選手を思いやることが出来ると。

井上:
はい。山下先生は「私は現役時代に勝ちすぎた。私が勝利を重ねてきた裏には、チャンピオンになれずに悔しい思いをしてきた人がたくさんいる。そういう人たちが次なる場所でしっかりと活躍をしていけるように、私が手を差し伸べていかなければいけないのだ」といつもおっしゃっています。

東:
素晴らしい方ですね・・・

井上:
山下先生を見ていると、勝ち続けていても、そんな気持ちをもてる人もいるのだと心から尊敬しますし、もし、私が勝ち続けていて負け知らずだったとしても、同じような気持ちを持てる人間でありたかったなとは思います。

小松:
中学生の頃に心に決めた「山下先生の背中を追い求めていく」ですね。

東:
山下先生を始め、日本中の方々が井上さんを山下先生の後継者だと感じていらっしゃると思います。
さて、今回は、井上さんの現役時代のお話を、お父様、佐藤宣践先生、山下泰裕先生という素晴らしい指導者の方々とのエピソードとともに伺ってまいりました。

小松:
次回、最終回となる後編では、現役を引退なさった後のお話から聞かせていただきたいと思います。

東:
宜しくお願い致します。

井上:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「“道”を求め続ける」(後編)は、8月30日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。