Career shift

井上康生 / Inoue Kousei   柔道金メダリスト|現在:

“道”を求め続ける シドニーオリンピック・柔道金メダリスト・井上康生(後編)

Profile

 

1978年5月15日宮崎県延岡市出身。五歳から警察官で柔道五段の父の指導を受け、小学生時代に全国少年柔道大会で二連覇。中学でも全国大会やジュニアの国際大会で優勝する。東海大相模高へ進学後は、1995年のインターハイで個人優勝。1996年、主将として臨んだ全国高校選手権では個人、団体ともに優勝。全日本選手権関東地区予選で優勝し、高校生としては山下泰裕以来二十一年ぶりに全日本選手権に出場。全日本ジュニア柔道選手権95kg超級で優勝する。1997年、東海大学に進学。全日本学生体重別選手権、オーストラリア国際、正力杯、講道館100kg級優勝。1998年、国際学生柔道100kg超級優勝。全日本選手権準優勝。全日本学生体重別選手権100kg級二連覇。バンコク・アジア大会金メダル。1999年、世界選手権で金メダルを獲得。2000年フランス国際100kg級でオール一本勝ちで金メダル獲得。全日本選抜体重別選手権100kg級で優勝、全日本選手権で準優勝。自身初出場となったシドニーオリンピックではオール一本勝ちで金メダルを獲得。大会開会式では旗手を務めた。2001年、綜合警備保障に入社。全日本選抜体重別選手権で二連覇。全日本選手権では四連覇を目指す篠原信一を下し初優勝。世界選手権二連覇。2004年、日本代表選手団の主将としてアテネオリンピックに出場し、準々決勝で敗退。2008年、全日本選手権で敗退し、三大会連続の出場を目指した北京オリンピックへの出場が叶わず引退。引退後に指導者の道を歩み始め、二年間のスコットランド留学を経験した後、2011年3月に綜合警備保障を退職。4月より東海大学柔道部副監督を務め、2012年より柔道男子日本代表に就任。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、二つの金メダルを含む七階級全てでメダルを獲得するという快挙を成し遂げた。

東:
元シドニーオリンピック柔道金メダリスト・井上康生さんへのインタビューもいよいよ後編になります。

小松:
前回は井上さんのお父様から佐藤宣践先生、山下泰裕先生という素晴らしい指導者の方々とのエピソードとともに現役時代について伺ってまいりましたが、最終回となる今回は、現役を引退なさった後のお話から聞かせていただきます。

 海外で気づいた“ちっぽけな自分”

東:
井上さんは現役引退を表明した後、指導者の道を志して海外へ留学なさいましたが、どのような経緯だったのでしょうか?

井上:
2008年の5月に現役を引退して、その年の12月から日本オリンピック委員会(以下、JOC)のスポーツ指導者海外研修員として、スコットランド・エディンバラに二年間留学して、欧州における柔道事情や指導法について研究するとともに、英語研修を経験させていただきました。

小松:
引退なさって、休む間も無く留学なさったのですね。
スコットランドでの二年間には、多くのことを経験し、学ばれたと思うのですが、何か一つ挙げるとすれば何でしょう?

井上:
一つ挙げるとすれば、「自分のちっぽけさ」に気づかされました。

東:
ちっぽけさ、ですか?

井上:
はい、自分がいかに無学で小さな人間なのか思い知らされました。英語は話せないし、世界のことはおろか、日本のことすらも知らない。柔道の指導に関しても、日本であれば、私が「内股はこうやるんですよ」と子どもたちに教えれば、素直に「はい!」といってみんな言われたとおりにやるのですが、外国の子どもたちは、「なんでそんな風にやらなきゃいけないの?」と言って、より詳しい説明を求めてくるんです(笑)

小松:
欧州の子どもたちは小さな頃からしっかりと自分の意見を持っていますから。明確な理由を伝えて動機づけをしなければ動かないですし、言われたことに納得が出来なければやらないと。

井上:
そうなんです。あの経験から「目線を下げて、フラットな立場で指導する大切さ」を学びました。ただ、自分が納得するまではやらないので“やらされている”子どもがいなくて、やり始めると飲み込みは非常に早いですよね。

東:
選手を指導する際のスタンスが、海外と日本では違いますよね。もちろん一概には言えませんが、上から目線で自らの経験を元に“教える”日本の指導と、フラットな立場でやる気を“引き出す”海外の指導といったイメージがまだあります。多くの日本の指導者は“ティーチャー”で、海外の指導者は“コーチ”のような。

井上:
日本の指導者もどんどん変わってきているとは思います。私自身も二年の留学期間を通じて、自分自身をもう一度冷静に見つめ直すことが出来ましたし、語学も柔道も指導法も世界の情勢も、もっと勉強しなければいけないと改めて感じさせられました。

 人生の金メダリストを育てる

小松:
2011年の1月に二年間のスコットランド留学を終えて帰国なさった後、3月に綜合警備保障を退職し、4月から東海大学で体育学部の専任講師を務めながら柔道部男子副監督に就任なさいましたが、海外留学で学んだことはどのように活かされたのでしょうか?

井上:
多種多様なバックボーンや人間性を持った学生や選手たちに対するアプローチですね。講義や体験学習、部活動の際に、どんどん意見を言わせてコミュニケーションをとることで、じっくりと人間観察をして、一人ひとりに対してどういったコンタクトを取ればいいのかを考えて接するようにしています。時には遠回しに伝えなくてはいけないこともあって面倒な場合もありますが、絶対に端折ってはいけないと思っています。

東:
なるほど。全員に対して画一的なアプローチをするのではなく、それぞれに合った方法でコンタクトしているのですね。

井上:
はい、とても大変なのですが、面白いですよ。じっくり見ていると「この選手はこういう場面ではこんな行動をとるのか」とか「こんな思考の持ち主なんだ」と気づけますし、文字一つとっても性格やその日の気分が表れるものなので。

小松:
道場で柔道をしている時以外の人間性もしっかりと観察なさっているのですね。

井上:
東海大学の副監督としては、強い選手を育て、チームとして日本一になるという目標は当然ながらあるのですが、もう一つ、私は学生や選手たちが社会で生きていく中で、山下先生がいつもおっしゃっている“人生の金メダリスト”になってほしいと考えています。

東:
柔道の金メダリストだけではなく、人生の金メダリストを育てていきたいと。

井上:
柔道で一番強い選手になって金メダルを獲ることだけを目指していれば、まだ楽な部分があるかもしれません。柔道で強くなるために、柔道“だけ”を教えていればいいのだと割り切ればいいわけですから。しかし、私は柔道部の副監督であると同時に、大学の教員でもありますから、世界一の柔道家を目指しながら、「強くて、人間的にも素晴らしい」“人生の金メダル”を貰えるような人間になってほしいですし、そんな人間を育てられるように自分自身も磨いていかなければいけないと考えています。

小松:
ただ強いだけではなく、人間性に優れた選手を育てていくために、自分自身も常に成長出来るように日々磨いていく。素晴らしいお考えだと思います。

井上:
人間性を育てるという部分では、私が現役の頃はどちらかといえば厳しく縛られた環境の中で様々なことを制限されることで磨かれた部分もあったのですが、現在は、ある意味自由すぎる環境の中で人間性を磨いていくためにどのような手を打っていけばよいのかということが大きな課題となっていて、苦労もしています。

 理屈ではない世界を体験させる

東:
現在、井上さんは東海大学柔道部の副監督と日本代表の監督を兼任なさっていますが、東海大学の学生と日本代表では目指すところも違いますし、選手に対する指導も異なるものになると思うのですが?

井上:
おっしゃる通りです。日本代表ではもちろん世界一を目指しているわけですが、世界的な基準では、正直“人間力”はあまり重視されていません。

小松:
日本代表は、人間力を身につけるための場所ではなく、世界一を目指す国内最高峰の選手たちが互いに切磋琢磨するための場所ですものね。

東:
また、これは語弊がある言い方になってしまうかもしれませんが、柔道で世界のトップレベルになるためには“クレイジー”な部分がないと到達出来ない世界があるように思うんです。井上さんも現役の時には恐らく“クレイジー”な部分をお持ちだったのではないと思うのですが。

井上:
私はともかく、突き抜けている人が多かったですね(笑)

東:
そういった突き抜けている人が、突き抜けた練習をしなければ、決して壊せない壁があるように感じるのですが。

井上:
最近では“インティグリティー”と言われ、道徳や倫理観が重んじられるようにはなりましたが、私が現役の頃は今に比べると緩くて、やんちゃな選手も多かったです。現在はSNSなどの影響もあり、過度に縛られてしまう部分もありますが、若い選手たちに品行方正を求めすぎるのも少し違うのかなとは思いますよね。やんちゃをしろとは言いませんが、ある程度の枠を設けてあげて、その中では自由にしていいけれど、一線を超えたらダメだと。超えたらどうなるかわかっているよね?と伝えるようにしています。

小松:
若くて元気な選手たちを小さな檻に閉じ込めてしまうのではなく、ある程度自由の効く牧場で放牧するようなイメージでしょうか?

井上:
そのくらいの感覚で接してあげないと、爆発してしまっても大変ですから。

東:
理論や科学的な手法だけでは辿り着けない世界があるからこそ、自衛隊でのパラシュート訓練や相撲部屋への出稽古を日本代表の練習に取り入れたりなさっているのでしょうか?

井上:
世の中の流れとして、科学的かつ効率的に物事を進めていくことが大切だとする風潮がありますが、実際、世の中には理屈が通らないことや汚いこと、理不尽なことがあります。どうすればそれらに耐えうる力を選手が身につけられるのかを考えながら試行錯誤しています。
もちろん怪我などに結びついてしまっては本末転倒ですので安全を第一に考えていますが、例えばあえて真冬のマイナス三十度のモンゴルの山奥に選手を送り込んだり、事前に一切伝えずに自衛隊のトレーニングに参加させたり、時には陶芸にチャレンジしてもらうとか、そういったある意味理不尽で、柔道の“枠”を超えた多様な経験を通じて、自らの壁をやぶり、どんな環境でもたくましく生き抜いていけるタフで人間的に幅の広い選手を育てていきたいと考えています。

小松:
年長には絶対服従のような過剰な上下関係や体罰などではない理不尽でタフな経験をさせるためのプログラムを実施なさっているのですね。

井上:
実績を残した組織というのは「昔はこうだった」と、どうしても過去の栄光や成功体験に囚われてしまい、なかなか新たな壁を乗り越えられなかったり、時代にそぐわなくなってしまうことがあります。
これまでの先人や先輩方が作り上げてきた伝統はもちろん大切ですが、それだけに固執してしまえば、世界の流れについていけなくなってしまいます。この先も日本柔道が発展し、世界の舞台で活躍していくためには、これまでの伝統と日本らしさを大切にしながらも、新たな情報を幅広く集めて、柔軟な発想で取捨選択していくことが求められます。そのために、我々指導者がやるべきことは、学ぶことをやめないことであり、自分たちの経験値だけで物事を判断しないことです。

東:
学ぶことをやめたら教えることをやめなければいけないということですね。井上監督の下、たくましく成長した日本代表選手が2020年に大活躍するのが楽しみです!

 スポーツとアスリートの価値を高める

小松:
続いて、今後の目標を教えていただけますか?

井上:
2020年までは、柔道男子日本代表チームの監督として、皆様の期待に応えられるような結果を残すことはもちろん、柔道界全体として成功を収めるために全力を尽くします。そして、柔道のみならず日本スポーツ界にとって本当に大切なのは2020年以降だと思います。スポーツを通じていかに社会に貢献出来るかを考えて行動し、スポーツとアスリートの価値を高め、社会の役に立ち、広く求められるような活動をしていきたいと思っています。

東:
素晴らしいですね。井上さんには“柔道”ではなく“生き様”を指導しているイメージがあります。柔道を指導しながらも、柔道という競技を強くするためだけではなく、柔道を通じて人生でとても大切なことを選手たちに伝えられているような。

小松:
きっと、井上さんが、佐藤宣践先生、山下泰裕先生から同じような指導を受けてこられたからなのでしょうね。つまり、人を育てる目的というのは目先の競技成績の向上などではなく、十年後、二十年後にどんな人間になってほしいのかという大きなビジョンを描くことが大切なのだと。
きっといつか、井上さんの教え子の中から日本柔道を背負う存在が現れて、歴史が紡がれていくのだと思います。

東:
さて、ここで改めて現在の井上さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめますと、東海大学の体育学部准教授と柔道部副監督、柔道部男子日本代表監督、日本オリンピック委員会(以下、JOC)の専任コーチのお仕事が「A」の領域、講演の講師などのお仕事が「C」の領域と主に二つの領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
2020年の東京オリンピックはもちろん、それ以降のますますのご活躍が楽しみです。

東:
それでは、最後に柔道という競技名を使わずに、自己紹介をしてください。
井上康生さんはどんな人物でしょうか?

井上:
そうですね、自分で言うのは少々恥ずかしいのですが“求道者”ですかね。

小松:
求道者とは、真理や真実を求めて深く探求し、その途上で失敗や挫折があっても、諦めることなく自分自身の未熟さを自覚しつつ、向上を目指して精進を続ける人のことですから、まさに井上さんのことですね。

東:
これからも柔の道だけではなく、様々な道を追求なさっていくのでしょうね。
求道者、ぴったりだと思います!

井上:
その言葉は嫌いではないです。
自分で言うのは恥ずかしいですけど(笑)

小松:
本日はお忙しいところ誠にありがとうございました。

井上:
ありがとうございました。
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。