Career shift

松下浩二 / Matushita Koji   元卓球選手|現在:

リーダーのありかたとは? 元卓球日本代表・Tリーグチェアマン・松下浩二(前編)

Profile

 

松下浩二(まつした・こうじ)
1967年8月28日生まれ(51歳)、愛知県出身。愛知県桜丘高等学校―明治大学卒業後、90年協和発酵、93年日産自動車、95年グランプリ、97年ミキハウスを経て、05年から再びグランプリ所属。93年日本人初のプロ卓球選手となる。スウェーデン、ドイツ、フランスの欧州3大リーグを経験後、02年中国リーグに初参戦した。4大会連続五輪日本代表(1992年~2004年)。07年、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程取得。ヤマト卓球株式会社代表取締役社長(2009年~2017年)。株式会社VICTAS取締役会長(2017年~2018年6月)。現在、一般社団法人Tリーグチェアマン。

小松:
今回は日本人初のプロ卓球選手・松下浩二さんにお話を伺います。松下さんはバルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネと4度のオリンピックに出場。国内だけではなく、スウェーデン、ドイツ、フランスの欧州3大リーグと中国リーグでも活躍した「日本史上最強のカットマン」として知られています。

東:
現役時代の2001年に卓球選手のマネジメント会社“チームマツシタ”を立ち上げ、2009年の現役引退後には国内有数の卓球メーカー“VICTAS”の代表に就任(ノジマTリーグ専務理事就任に伴い退任)。現在は2018年に開幕し、話題を集めている“Tリーグ”の初代チェアマンとして、卓球をさらにメジャーな競技にすべく日々様々な活動をなさっています。

小松:
現在の松下さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、Tリーグのチェアマンが「B」、チームマツシタの代表は「C」、解説者などのメディア出演は「D」とそれぞれの領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
競技の指導現場ではなく、リーグ運営や選手マネジメントの分野で手腕を発揮なさっていますね。

 卓球プロリーグを目指して

小松:
2018年に将来の完全プロ化を視野に入れた卓球の新リーグ「Tリーグ」が開幕し、世間の注目を集めています。現在の状況はチェアマンから見ていかがですか?

松下:
まだ始まったばかりですから何とも言えない部分も多いですが、まずはスタート出来てよかったなという感じです。

東:
両国国技館で開催された女子の開幕戦を観戦に伺いましたが、会場内外で多くの工夫がなされていて、観客に楽しんでもらいたいという意識が感じられました。様々な演出によって試合が華やかになり、メディアへの露出が増すことで選手たちのモチベーションも上がっているのではないでしょうか?

松下:
そうですね。選手はもちろん運営に関わるスタッフも新たなリーグを盛り上げるために一丸となって頑張ってくれていますね。

東:
リーグを盛り上げるといえば、卓球選手は若手からベテランまでインタビュアーに対するコメントが非常に上手いイメージがありますが、何故なのでしょうか?

松下:
ナショナルトレーニングセンターやJOCエリートアカデミーでメディア対応のトレーニングプログラムを受講していることが影響していると思いますが、本当に良くやってくれています。

小松:
メディア対応のトレーニングプログラムについては他競技の選手も受講なさっていると思うのですが、卓球選手は当たり障りのない内容を話すばかりではなく、時にアドリブで面白いコメントをするなど際立った“コメント力”をお持ちだと思います。

東:
選手一人ひとりから“Tリーグ”と“卓球”を盛り上げていこう!という熱い気持ちをひしひしと感じますよね。

小松:
松下さんはご自身が現役の頃に求めていた「世界のトッププレーヤーが集い、国内800万人とも言われる卓球愛好者の皆様にワクワクしていただけるような場」を体現するためにこのリーグを立ち上げたそうですが、いつ頃からこのような構想をお持ちだったのでしょうか?

東:
僕が松下さんに初めてお会いした2009年には、すでにプロリーグの構想をお持ちになり、具体的な行動を始めていらっしゃいましたから、かなりの時間と労力をかけておられますよね。

松下:
そうですね、私が現役の頃はいわゆる実業団リーグで、卓球一本でご飯を食べていこうと考えている選手はほとんどいませんでした。中学、高校と一生懸命卓球をやって、良い大学に進んで、良い会社に就職して、会社で働きながら卓球を続けて、現役を引退したらビジネスパーソンとして一生懸命働く、という人生プランしか描けていない選手が多かったと思います。

東:
競技をしながら仕事もしているので、選手を引退した後の雇用が保証されている“企業スポーツ”の典型的な例ですね。

小松:
そんな中、ゼロからリーグをつくり、初代チェアマンに就任なさったわけですが、ご苦労も多かったのではないでしょうか?

松下:
苦労ですか・・・今振り返ると本当に紆余曲折がありましたが、プロリーグをつくることは日本卓球界において絶対に必要なことだと昔も今も信じていますし、最初の立ち上げに関わるなんてなかなか出来ることではないですから、全てが良い経験です(笑)

東:
松下さんの苦労を人に見せないお人柄、本当に素敵です。

 肩書きなんて「役割」にすぎない

小松:
チェアマンの業務について、具体的にお教えいただけますか?

松下:
一言で言うと、何でも屋です。チケットの販売、試合や選手のプロモーション、参画するチームの経営基盤をつくるためのサポートに至るまで、様々な業務に携わっています。

東:
多岐に渡る業務内容ですが、世間の思う“チェアマンのお仕事”のイメージとは少々異なるように感じますね。

松下:
サッカーのJリーグやバスケットボールのBリーグのチェアマンのイメージとは違うかも知れません。組織をマネジメントしていくうえでは役割分担を明確にすることも大切ですが、Tリーグは立ち上がってからまだ2年も経っていない、会社に例えると「零細のベンチャー企業」です。スタッフも30名くらいですから、私を含めそれぞれが種々雑多な業務に取り組んでいます。ベンチャー企業はトップが必死で走り続けないと潰れてしまいますので(笑)

小松:
小さな組織の場合、確かにリーダーが現場で動くことも必要ですよね。でも、時としてそれがワンマン運営になってしまう可能性もあると思うのですが。

松下:
はい、そこは理解していますが、このぐらいの規模の組織であればリーダーがそういう動きをしなければ伸びていかない部分があります。200名から500名の組織になれば、自分だけでは対応出来なくなるので右腕左腕を置いて任せなければならなくなるのでしょうが、100名くらいまでなら目が届くので、組織がその位の規模になるまでは自分が先頭に立って動かなければと考えています。

東:
このような考えを持たれるのは、国内有数の卓球用品メーカーである株式会社VICTASで経営者を務められた経験があってこそなのでしょうね。

松下:
経営者としての経験は確かに大きいかも知れませんね。“チェアマン”は組織におけるトップというイメージをお持ちになられるかと思いますが、Tリーグではあくまで“役割の一つ”に過ぎません。目的を同じくする仲間が集まる中で、上も下もなく、それぞれの役割をしっかり全うしながらお互いに助け合いましょうという組織の中での役割の一つが“チェアマン”なのだと考えています。もちろん、リーダーに求められる外交的な活動や政治的な交渉、様々な会での挨拶回りなども大切な仕事ですが、泥臭い実務的な仕事もこなしていかなければ、現段階の組織は回らないと考えています。

小松:
組織のリーダーとして、卓球界の内外における政治的な交渉を進めていくうえでは、選手としての実績やご人脈が活きている部分もあるのではないでしょうか?

松下:
そうですね、選手時代の繋がりに助けられている部分は多いです。いつもお願いしてばかりで心苦しいのですが、有り難いことに色々な方にお話を聞いていただけています。

東:
松下さんだからこそ、という部分は様々な面で非常に多いでしょうね。Tリーグの設立は、選手としての実績や経営者としてのご経験に加え、大学院でスポーツマネジメントを専門的に学ばれた松下さんでなければ実現出来なかったと思います。例えば、世界的なプロ経営者が莫大な資金を投下して、いかに費用対効果を説いたとしても周囲が協力してくれるとは思えません。皆さん、松下さんが描いた「夢」や「ビジョン」に賛同して協力しているのだと思います。

松下:
確かに費用対効果のみで見られると厳しい部分がありますので、夢やビジョンについて語り、それに賛同していただき、実際に形にしていくことに私の責任があるのだと考えています。また、選手に対しては、元選手として実際にプレーしている選手たちの気持ちを理解出来る部分を活かしていきたいと考えています。

小松:
夢やビジョンを伝え、賛同と協力を得ていく中で、思うようにいかないこともあったと思うのですが。

松下:
もちろんたくさんありました。自分の考えがすんなり通ってくれれば、世の中の誰も悩まないですから(笑)

 日本卓球「冬」の時代

小松:
たとえばどんなご苦労があったのでしょう?

松下:
まず、Tリーグが設立された背景からお話すると、卓球がオリンピックの正式種目になったのは1988年のソウル大会からですが、2008年の北京大会までの20年間、日本は一つもメダルを獲得出来ていませんでした。1950〜60年代には荻村伊智朗さんや伊藤繁雄さんらが世界選手権を制するなど日本は世界有数の卓球強豪国だったのですが、1980年代に入り、徐々に他国に押され始めるとあっさり抜き去られ、2000年代に入ると世界ランキングで10位以下になってしまい、瞬く間に差を広げられました。

東:
原因は何だったのでしょうか?

松下:
日本の卓球が勝てなくなった一因に、プロリーグの不在が挙げられます。きっかけは卓球がオリンピックの正式種目に採用されたことですが、各国はオリンピックで良い成績を上げるために、選手、コーチがフルタイムで練習出来る環境を整えていきました。

小松:
選手、コーチがフルタイムで練習に集中出来る環境とは、プロリーグとプロ選手が存在する環境ということですね。

松下:
はい、ご存知ではない方も多いかも知れませんが、世界中に卓球のプロリーグが存在していて、ドイツには世界最高峰との呼び声高い“ブンデスリーガ”があり、スウェーデンやロシアにもそれぞれプロリーグがあります。極め付きは2000年に中国で始まった“超級リーグ”で、年収「億超え」のスター選手が何人も在籍し、凄まじい盛り上がりを見せています。

東:
夢のある世界ですよね。日本人選手でも福原愛選手や水谷隼選手が海外のプロリーグで活躍していましたね。

松下:
北京オリンピックでは、福原愛選手を中心とした女子団体と水谷隼選手を中心とした男子団体がともに大会前の世界選手権でメダルを獲得しており、大きな期待がかかっていたのですが、男子はドイツに準決勝でやぶれ、女子は3位決定戦で韓国にやぶれてしまい、日本の卓球界にこのままではいけないという危機感が生まれました。

小松:
男子準決勝のドイツ戦、大接戦だったのを覚えています。

松下:
そうですね、あと1ゲーム取れれば銀メダルだったのですが・・・。
日本卓球界全てが悔しい思いを味わった北京大会の後、日本卓球協会の理事会で当時の大林剛郎会長から「今後オリンピックでメダルを獲るためには、日本にもプロリーグが必要なのではないか?」というお話が出て、プロジェクトチームが結成されることになりました。それが“日本卓球リーグ発展プロジェクトチーム”で、私もそのメンバーの一員として活動することになったのが始まりです。

東:
プロジェクトチームはその後“プロリーグ設立検討委員会”、“プロリーグ設立検討準備室”へと発展していきました。サッカーのJリーグ設立と同様のステップを踏まれていったのですね。

松下:
はい。ただ、プロジェクトチームの結成当初は、卓球業界の中だけで話し合いが進んでいたためなかなか前に進むことが出来ず、目立った成果を出すことが出来ないまま、あっという間に三年が過ぎてしまいました。その後、外部の方々にもメンバーに入っていただき、様々なアドバイスをもらいながら進めることになったのですが、それでも順風満帆とはいかず、とにかく時間がかかりました。

小松:
あっという間の三年間。いったい何に最も時間がかかったのでしょうか?

松下:
日本卓球実業団リーグとの調整ですね。こちらは三年どころか五年の時間がかかりました。

東:
五年ですか・・・大変な労力でしたよね。

松下:
新たなことを始めるにはそれだけの時間がかかるものだと今なら言えますが、当時は本当に大変でした。日本人選手がだんだん強くなってきていたので、「プロリーグなんてつくらなくても、今のままでいいのでは?」という声もありましたし。

小松:
選手が強くなってきたのは、海外のプロリーグに挑戦し、活躍していたからこそだと思うのですが。

松下:
おっしゃるとおりです。当時、福原愛選手や水谷隼選手は世界と伍して戦うことが出来ていましたが、その強さは“属人的”なもので、日本卓球界の環境によるものではありません。たまたま幼い頃から卓球ができる環境が用意され、両親や専属コーチのバックアップ体制があったから世界で戦える選手になれただけなんです。

東:
日本卓球界の強化システムが生み出した選手たちではないので、再現性に乏しいですよね。

松下:
1977年に開幕した実業団リーグの選手たちは企業内の“ビジネスパーソン”で、卓球以外にも日中にはやらなければならない仕事があります。必然的に他国と比べても練習時間が少なくなってしまいますし、チームの予算や存続も企業の業績に大きく左右されてしまいます。かつて58あった実業団チームも2017年時点では26にまで減少していました。継続性のあるプロ卓球リーグをつくることは、選手の強化はもちろん、引退後のコーチや後進の育成などのキャリアパスの整備にもつながり、卓球における“生態系”をつくることで卓球業界全体を活性化させ、競技全体の勝利、普及、資金のレベルを向上させるうえで必要不可欠だと思います。

小松:
1993年に開幕したサッカーのJリーグと同じですね。実業団レベルだったサッカーをプロ化することで海外から有名選手を招聘し、観客を入れてスター選手を生む。そのスター選手に憧れた子どもたちがこぞってサッカーを始め、いつしかW杯に出場するのが当然というまでに日本のサッカーは強くなり、多くの人と大きなお金が動く産業になりました。

松下:
逆を言えば、それが出来なければ日本の卓球の強さは一部選手に依存する一時的なものになりかねない。つまり、1980年代以降の冬の時代を繰り返す可能性があるんです。
ただ、こうした考えをただ押し付けていても物事は進みません。日本実業団リーグや日本卓球協会の理事の皆様、卓球ファンや卓球の愛好家の皆様にご理解いただくために、プロリーグが単に競技力を高めるための手段ではないこと、卓球というスポーツを通じて社会に貢献すること、若い選手を育成すること、子どもたちに夢や希望を与えることなどの目的があるということを何度も繰り返し、粘り強く丁寧に説明し続けてきました。

小松:
とても根気の必要なお仕事でしたね・・・

松下:
幾度となく話し合いの機会を設け、説明を重ねた結果、2016年12月に開催された日本卓球協会の理事会で、ついに新リーグの設立が承認されました。

東:
北京オリンピック後に最初にプロリーグの話が出てから、およそ八年の月日を経てやっと承認までたどり着いたわけですね・・・。
僕はハンドボールのプロリーグが必要だと考え、実業団リーグである日本ハンドボールリーグ機構にマーケティング部を新設することを提言し、初代部長として活動した結果、自らの力不足に気づき、ハンドボールから離れた経験があります。自分では出来ることは全てやりきったと思っていたのですが、松下さんほどの実績や経験が無いにも関わらず、周囲に対して丁寧に説明を重ね、理解してもらうための努力をしていたのかといえば全く不足していました。今、振り返ると本当に恥ずかしく思いますし、諦めずに夢を実現なさっている松下さんを心から尊敬します。

松下:
いえいえ、私もTリーグもまだまだ道半ばですし、東さんは若いですからこれからですよ。

東:
ありがとうございます!もっと精進致します。

小松:
日本を代表する卓球選手から、完全プロ化を目指す新リーグのチェアマンとして日々忙しくご活躍なさっている松下さんですが、いったいどのように卓球に出会い、どんな選手生活を送ってこられたのでしょうか。
次回は松下さんのトップアスリートとしての側面について伺っていきたいと思います。

松下:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回の『「本当にやりたいこと」を意識して生きる」』(中編)は、4月24日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。