Career shift

松下浩二 / Matushita Koji   元卓球選手|現在:

お金ではなく、ともに夢を見る仲間を募る 元卓球日本代表・Tリーグチェアマン・松下浩二(後編)

Profile

 

松下浩二(まつした・こうじ)
1967年8月28日生まれ(51歳)、愛知県出身。愛知県桜丘高等学校―明治大学卒業後、90年協和発酵、93年日産自動車、95年グランプリ、97年ミキハウスを経て、05年から再びグランプリ所属。93年日本人初のプロ卓球選手となる。スウェーデン、ドイツ、フランスの欧州3大リーグを経験後、02年中国リーグに初参戦した。4大会連続五輪日本代表(1992年~2004年)。07年、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程取得。ヤマト卓球株式会社代表取締役社長(2009年~2017年)。株式会社VICTAS取締役会長(2017年~2018年6月)。現在、一般社団法人Tリーグチェアマン。

東:
元卓球日本代表選手で、現在Tリーグでチェアマンを務める松下浩二さんへのインタビューもいよいよ後編となりました。

小松:
日本卓球界史上初のプロ選手として世界の舞台でご活躍なさってきた松下さんですが、最終回となる今回は“トップアスリート”としての側面のみならず、“経営者”としての側面についてもお話を伺っていきたいと思います。

 道を切り拓き、後進のための環境を整える

小松:
1993年に協和醗酵工業から日産自動車へ移籍。プロ選手となった後、1995年にグランプリ、1997年にミキハウス、2005年に再びグランプリへ移籍というように複数の企業を渡り歩きながら海外のプロリーグに参戦。日本代表としては1992年バルセロナ、1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネと四大会連続でオリンピックへ出場と、輝かしい選手生活を送られてきた松下さんですが、引退を決断なさったのはいつ頃なのでしょうか?

松下:
アテネオリンピックに出場した後は、いつ引退してもいいと考えていました。ただ、当時は日本代表を引っ張っていけるような若い選手が育っておらず、日本代表チームの監督からも、もう少し協力してほしいと言われていたので、現役を続けていました。

東:
そんな中、2007年頃から明治大学の後輩でもある水谷隼選手が頭角を表してきましたね。

松下:
そうですね、水谷選手のような日本代表を背負って立てる選手が現れたことと、自分自身が北京オリンピックの代表に選ばれなかったことなどもあり、2009年1月に引退を発表しました。

小松:
水谷選手は若い頃から松下さんがマネジメントをなさっていましたね。

東:
2001年に松下さんが設立した卓球選手のマネジメントや卓球大会の運営を事業とする会社“チームマツシタ”の所属でしたよね。プロ選手として活動しながら、こちらの会社を立ち上げた目的は何だったのでしょうか?

松下:
自分自身が海外でプロ選手として活動していく中で苦労してきたことを後輩たちには経験させたくないというのが一番の目的です。当時は海外でプレーしなければ強くなれなかったのですが、様々な障害があって、なかなか挑戦するには難しい環境でした。私がマネジメントすることで少しでも障害を取り除き、海外に挑戦し、活躍する選手が増えれば日本のレベルも向上するだろうと。

小松:
実際に海外でプロ選手として活躍している松下さんであれば、選手目線でかゆいところに手が届くマネジメントが出来ますものね。

東:
松下さんが環境を整えた結果、海外に挑戦する選手が増え、現在の日本卓球の隆盛があるわけですよね。

松下:
それだけが要因ではありませんが、少しは貢献出来たかと思います。

 より多くの人に貢献出来る事業を

小松:
現役時代からプロ選手とチームマツシタの経営者の“デュアルキャリア”を実践していた松下さんですが、現役引退後には卓球用品総合メーカー“VICTAS”の代表取締役社長に就任なさいます。なぜここまで次々に新たな挑戦をすることが出来るのでしょう?

松下:
選手をマネジメントしていく事業が軌道に乗り始めた時に、ここまで来れば私以外でも進めていけると感じ、もっと大きな仕事をして社会に貢献したいという思いが強くなったんです。チームマツシタの事業では、自分や家族が何不自由なく食べていくことは出来ますが、それだけではつまらないなと。より多くの方々に対して貢献出来るような経済的な余裕と社会的ステータスを身につけるためにはどうすればいいか考えた結果、卓球用品メーカーだろうと。

東:
なるほど、もう少し詳しく聞かせてください。

松下:
私の強みは“卓球”にあるので、卓球を通じて最もお金を稼げるビジネスは何なのかを徹底的に考えました。選手でもコーチでもないし、卓球ショップも違う。マネジメント業でもないし・・・と、考えた結果、卓球用品メーカーが浮かんだんです。今思えば浅はかな考えだったかも知れませんが、卓球用品メーカーであれば、成功すれば何億円も稼げるイメージがありました。ただ、ゼロからメーカーを立ち上げるのには莫大な資金が必要になりますし、現実的ではないなと悩んでもいました。

小松:
確かに現実的ではありませんね。

松下:
そんな時、以前から親しくさせていただいていた大阪の卓球用品メーカー“VICTAS(当時はヤマト卓球)”の鈴木英幾社長に「私に会社を譲っていただけませんか?」と提案しました。

東:
ものすごいタイミングですね!
鈴木社長は何とおっしゃったのでしょう?

松下:
条件さえクリアしてくれたら、と。

小松:
いったいどのような条件だったのでしょうか?

松下:
簡単に言えば、会社が抱えていた負債や従業員を含めた全てを引き受けてくれれば事業を譲渡していただける、という条件でした。

東:
会社を買収するということなので、何億円もの資金が必要になるお話ですが・・・

松下:
もちろん、私個人ではそんなに多額の資金を用意出来ませんから、出資してくれる方を探す必要がありました。そこで、母校である明治大学卓球部の総監督で増毛製品やウィッグ、ヘアケア製品の製造販売大手“スヴェンソン”の兒玉圭司会長に相談したところ「それはいい話だな!」とおっしゃっていただいて。

東:
そんなに多額の資金がかかるお話をあっさりと・・・松下さんへの信頼あってこそですよね。

松下:
最初は引き受けてくれるはずがないだろうと思っていたので、驚きました。
兒玉圭司会長は大学時代の総監督であるとともに、ご子息で現在“VICTAS”の代表を務めている兒玉義則さんが同期だったこともあり、僕にとって“東京の親父”のような存在なので、断られるにしてもまずは最初にご相談しなければいけないと思い、ダメで元々という感じでお話させていただいたのですが。
VICTASは当時創業80年くらいで、「そんな老舗メーカーをもし無くしてしまえば、卓球業界全体にとってマイナスだろう」と言ってくださって。

小松:
きっと、大学時代から現役引退に至るまでの生き様をご覧になっていて、松下さんにならそれだけの資金を投じる価値があるとご判断なさったのでしょうね。

松下:
2009年の1月に引退し、9月頃に買収の話になり、それからあっという間に事が進み、12月には代表に就任していました。それから7年ほど経営を任せていただいて、振り返れば色々と大変なこともありましたが、売上を13億円から33億円に伸ばすことが出来ました。上場させたいという気持ちもありましたが、また次のことをやりたいなという気持ちのほうが強くなってきて。

 卓球で日本を変える

東:
それが“Tリーグ”ですね。

松下:
はい。私は2010年に発足した“日本卓球リーグ発展プロジェクトチーム”の段階から携わっていたのですが、卓球用品メーカーの代表という立場では利益相反になる部分があり、核心部分に関わることが出来なかったので、同級生で会長の息子でもある兒玉義則さんに次を託して代表を退任することにしました。

小松:
自らが伸ばしてきた売上33億円の企業の代表。しかも、今後伸びていくであろう卓球用品メーカーで上場も視野に入っていたにも関わらず、これからどうなるかも分からない卓球のプロリーグ立ち上げに関わることは非常にリスキーに感じますが。

松下:
そうですね。こういう言い方は語弊があるかも知れませんが、VICTASの代表をしていれば楽だったと思います。事業を通じて社会や卓球界に貢献出来ていましたし、経済的にも何の不満もありませんでした。でも、この国でもっと卓球を盛り上げたい、オリンピックで金メダルを獲ってほしい、それにはどうしても日本に世界のトップ選手が集うプロリーグが必要で、それをつくりたいという思いが強くて。
私が現役だった頃、日本での卓球選手のイメージは「根暗」で、何度も悔しい思いをしてきました。これからは卓球選手のイメージが「かっこいい」になるようなスポーツにしたいんです。そのためにもみんなが憧れるようなプロリーグをつくりたい。これまでの人生の中でもこのプロジェクトが最も大変ですが、必ず実現したいと思っています。

東:
僕たちが若い頃に比べて、卓球や卓球選手に対するイメージは本当に変わってきていますよね。私がよく利用している渋谷の“T4 TOKYO“という複合型卓球施設は、卓球をテーマにしたレストラン&バーや本格卓球スクール、グッズショップに加えてカジュアルに卓球を楽しめるスペースがあって、先日はアスリートを集めて卓球大会を開催したのですが、最高に盛り上がりました。

小松:
卓球は老若男女がお酒を飲みながらでも楽しめ、プロと未経験者が本気で対戦してもほとんど怪我をしないという安全性も備えていますので、”やるスポーツ“としても非常に大きな可能性があると思います。

東:
ビジネスパーソンはゴルフをコミュニケーションツールの一つとして活用していますが、今後は卓球もそうなっていくのではないかと感じています。短時間、省スペース、安価に身体を動かしながらコミュニケーションが取れますし、実際にベンチャー企業の経営者が集って卓球大会を開催することも良くあるのだと伺います。

小松:
小中学生の競技人口も増えているそうですね。

松下:
はい、年齢や性別、競技レベルを問わず卓球のチームが増え、裾野が広がってきているのはとてもありがたいことです。
“Tリーグ”の理念は「世界ナンバーワンのリーグを目指す」ですが、この「ナンバーワン」には色々な意味が含まれています。

小松:
実力が世界一、という意味だけではないのですね。

松下:
はい、実力はもちろん、「強い選手を育成できる仕組みが世界一」だったり、「会場のエンターテインメント性が世界一」など、様々な部分で「世界一の卓球リーグ」を目指しています。また、日本の社会をこのリーグを通じて明るく元気にしたいという思いも持っています。プロの試合を観戦していただくのはもちろんですが、それに加えてご自身で卓球をプレーしていただくことで、日本人の健康増進にも寄与していくという、新しい形のリーグを目指しています。ただ応援し、支えていただくのではなく、トップレベルの試合を観戦し、自分でも体験して、心身ともに健康になっていただけるようなリーグにしたいと考えています。

東:
卓球というスポーツを通じて、日本を幸せにすることが“Tリーグ”の目指すところなんですね。

 失敗を恐れず、やりたいことに挑戦する

小松:
松下さんは卓球を軸にして、自らのやりたいことをどんどん実現なさってきました。時には身の丈を超えた資金が必要なこともあったと思いますが、単にお金のために頭を下げるのではなく、「松下さんの夢に乗りたい!」と感じ、応援してくれる方々を募ってきたという印象がありますが、いかがでしょうか?

松下:
おっしゃるとおりです。お金はもちろん大切ですが、自らの信念を応援してくれる方々がいて、その事業で社会に貢献できるようになれば、後からついてくるものだと思っていますし、信念に共感していただけていないのにお金だけを出してもらっても、お互いにとってメリットが無いと考えています。

東:
お金にファースト・プライオリティーをおいていれば、VICTASの代表を退任して“Tリーグ”のチェアマンには就任しないですよね。

松下:
確かにそうかも知れません(笑)よく「日本で卓球のプロリーグをつくるなんてものすごい挑戦ですね。失敗したらどうするんですか?」と聞かれるのですが、私は全く失敗を恐れていないんです。日本は豊かな国ですから、一度や二度失敗しても死んでしまうことはありません。せいぜいこれまでに買えていたものが買えなくなったりするくらいで、収入に見合った生活レベルに落とせば十分暮らしていけるんです。ですから、自分のやりたいように挑戦すればいいと思います。もし、失敗したとしても一生懸命やっていれば絶対に自分が生きていったり、家族を食べさせていくことくらいは出来ますから。

東:
今の生活レベルから落ちたらどうしようと不安に考え、やりたいことに挑戦出来ない人も多いと思います。以前に松下さんと対談させていただいたことがあるのですが、前日に仕事でトラブルがあり、不安な気持ちを吐露した際に「大丈夫だよ、死にはしないから。何とかなるから終わったことは気にせずに前を向いてやるしかないよ」と言われて、とても救われました。

小松:
失敗を恐れずに挑戦を続けてきた松下さんの言葉だからこそ、胸に響いたのでしょうね。

 2020年・東京オリンピックでさらなる飛躍を

小松:
2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、水谷隼選手が男子シングルスで日本人初のメダルを獲得なさいましたが、どういうお気持ちでしたか?

松下:
それはもう嬉しかったですよね。あんなに天才的な選手がオリンピックでメダルを獲れないのはおかしいとずっと思っていましたから。

東:
そして来年、2020年は東京でオリンピックが開催されます。卓球は男女ともに多くのメダルが期待されていますし、世間に競技と選手をPR出来る千載一遇の機会になりますね。

松下:
そうですね。多くの選手に活躍してもらい、その盛り上がりを“Tリーグ”にもつなげていきたいですね。

小松:
改めて、現在の松下さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、Tリーグのチェアマンが「B」、チームマツシタの代表は「C」、解説者などのメディア出演は「D」とそれぞれの領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
これまでの選手としての経験や、マネジメント事業、用品メーカーの代表、トップリーグのチェアマンという経歴を活かして、将来はスポーツ庁の要職など、卓球という枠を超えてスポーツ全体を発展させるためのお仕事に就いていただきたいとも思いますね。

小松:
そして、日本全体を発展させるお仕事にも!

東:
それでは、最後に“卓球”という競技名を使わずに自己紹介をしていただけますか?

松下:
そうですね、いつも夢に向かって一生懸命やらせていただいている、社会に生かされた人間です。

東:
松下さんのお話を伺うと、いつも元気とやる気がみなぎります。
僕もハンドボールのプロリーグを立ち上げられるような人間になるために精進致します!

小松:
本日は大変お忙しいところ貴重なお時間をありがとうございました。

松下:
こちらこそありがとうございました。
(おわり)

次回は、ホッケー日本代表・小野真由美選手です。5月6日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。