Career shift

三阪洋行 / Misaka Hiroyuki   元車いすラグビー選手|現在:

現実を受け入れ、“ネガティブ”を“ポジティブ”に変える 元車いすラグビー日本代表・三阪洋行(前編)

Profile

 

三阪洋行(みさか・ひろゆき)
1981年大阪府出身。高校生の時にラグビー練習中の事故で頸髄を損傷し、車椅子生活となる。入院中に車いすラグビーと出会い、 わずか四年後には最年少で日本代表に選出された。2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンと 三大会連続でパラリンピックへ出場。ロンドン大会では当時の日本最高位である4位入賞を果たす。 引退後は日本代表のアシスタントコーチを務め、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは日本初となる銅メダル獲得、2018年にオーストラリアで開催された世界選手権での初優勝に貢献。自身の経験を生かし、障害者への認識・理解を促進する活動にも取り組んでいる。著書に「壁を越える~車いすのラガーマンパラリンピックへの挑戦~」(山川出版社)

小松:
今回は車いすラグビーの三阪洋行さんにお話を伺います。三阪さんは現在バークレイズ証券に勤務しながら、ご自身の経験を活かして障害者への認識、理解を促進する活動に取り組んでらっしゃいます。

東:
高校三年生の時にラグビーの練習で頸髄を損傷する事故に遭われ、車椅子生活を余儀なくされましたが、入院中に車いすラグビーと出会い、わずか四年後には最年少で日本代表に選ばれ、2004年のアテネ大会、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会と3大会連続でパラリンピックに出場なさいました。

小松:
ロンドン大会では4位入賞。現役引退後は日本代表のアシスタントコーチを務め、2016年のリオデジャネイロ大会で日本史上初の銅メダルを獲得、2018年にオーストラリアで開催された世界選手権での初優勝にも貢献なさっている車いすラグビー界のスーパースターです。

東:
現在の三阪さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、バークレイズ証券でのお仕事が「C」、日本代表チームのアシスタントコーチが「A」、日本ラグビー協会の安全対策委員会などのお仕事が「B」の領域ということになりますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
山川出版社より「壁を越える~車いすのラガーマンパラリンピックへの挑戦~」という自著も出版なさっていますね。

 アフター2020にパラスポーツの“熱”をいかに保つか

小松:
現在、三阪さんは証券会社に勤務しながら障害者への認識・理解を促進する活動に取り組んでいらっしゃいますが、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて競技や選手に大きな注目が集まる中、毎回問題になるのは大会の「その後」です。
三阪さんは東京オリパラ後について、どのようなお考えをお持ちなのでしょうか?

三阪:
現在、東京オリパラに向けて、かつてないほどにパラスポーツが注目され、熱く盛り上がっていますが、この熱は2020年に最高値に達した後、徐々に下がっていくことが考えられます。このまま最高値に留めておくことは難しいと思いますが、冷え切った状態にしてしまわないことが大切だと思っています。

東:
2013年に東京オリパラの開催が決定してから、パラスポーツやパラアスリートへは“人”、“モノ”、“お金”が潤沢に集まり、飛躍的に認知度が高まりましたが、2020年以降にもこの状況が続くとは考えにくいですものね。

三阪:
そうですね。また、多くの方々が「パラスポーツ=パラリンピック」というイメージをお持ちになっている点についても懸念しています。

小松:
どういった面で懸念なさっているのでしょう?

三阪:
パラスポーツは元々ルードヴィッヒ・グッドマン博士がイギリスにおいて戦争で負傷した兵士たちの社会復帰のために始めたもので、決してパラリンピックありきのスポーツではありません。パラリンピックでのパラアスリートの活躍はもちろん素晴らしいことですが、本当に大切なのは獲得したメダルの数ではなく、パラスポーツが勝利や競技力の向上のみを目指すものではなく、障害を持つ人たちの楽しみや生きがいのための“コミュニケーションツール”としての価値があることを広く知ってもらうことだと考えています。

東:
パラスポーツのみならず、スポーツには勝ち負けを競うだけではない価値がありますよね。僕も年齢や性別、障害の有無や運動神経の良し悪しに関わらず誰もが楽しめる“ゆるスポーツ”を普及する世界ゆるスポーツ協会の理事として活動していますが、“コミュニケーションツール”としてのスポーツのポテンシャルは無限だと感じています。

三阪:
パラスポーツを通じて、健常者が“車椅子”や“見えない状況”を体験することで、健常者と障害者の相互理解が進み、よりお互いを思いやることの出来る社会の構築に貢献することこそが2020年のレガシーだと思いますので、そこを意識した上でパラスポーツの普及に力を入れていきたいと考えています。

小松:
とても素晴らしいお考えだと思います。

 当事者同士のネットワークで“希望”を伝える

東:
パラスポーツを通じた障害者への認識・理解を促進する活動の他にもラグビーで障害を負った方々のネットワーク構築にもご尽力なさっているそうですね。

三阪:
私自身もそうなのですが、ラグビーは競技中の事故で障害を負うことがありますので、日本ラグビー協会の安全対策委員会では主に怪我の予防についての議論されているのですが、個人的に負傷者のケアをするためのネットワークを構築する仕事をしています。

小松:
現時点では個人的な活動なのですね。もう少し詳しくお聞かせ願えますか?

三阪:
ラグビーは激しいぶつかり合いのあるコンタクトスポーツであるため競技中の事故が多く、半年に一度は頸髄損傷の報告を受けます。特に高校生の事故が多いのですが、今後の人生を車椅子で生活しなければならないとなった時、私自身もそうだったように将来に不安を持ち、深く悩むんですね。そんな選手たちに同じ障害を負った仲間のネットワークをつくって様々な情報を共有することでサポートするための活動に取り組んでいます。

東:
例えばどのような活動でしょうか?

三阪:
医療機関や同じ障害を負った選手やご家族にご協力いただき、心身のケアをおこなっています。例えば、安全対策委員会に障害を負ってしまった高校生の情報が入ったとしたら、近くの医療機関や車いすラグビー選手に協力を依頼して、その子とコミュニケーションをとってもらったり、同じく障害を負った子供をもつご家族を紹介することで今後の生活について具体的なイメージをしてもらうなどです。私の母親にも同じ障害を負った子の家族に話してもらっていますが、同じ状況でなければ絶対に分かり合えない部分がありますので、非常に感謝していただいています。

小松:
いくら親身になって寄り添おうと思っても、当事者同士でなければ決して伝えられないことがあるでしょうから、大変貴重な出会いを提供なさっているのですね。

東:
心身ともに様々な現実を受け止め、実際に乗り越えてこられた選手やご家族の姿に希望をもらい、救われる方も多いでしょうね。

三阪:
怪我をしてしまった選手や家族が今後の人生に絶望してしまうのではなく、例えば車いすラグビーの存在を伝えることで、選手としてパラリンピックを目指すという目標を持てたり、同じ障害を持ち、同じ悩みを抱えながらも楽しそうに生活している人がいることを伝え、本人とご家族に将来に希望を持ってもらえるように活動しています。

小松:
ご自身の経験を記した著書「壁を越える」を出版なさったのもそのような目的があったのでしょうか?

三阪:
そうですね。あとは日本ラグビー協会の一員として、また、ラグビーを愛する一人の人間としての責任感もあります。先程もお伝えしたとおりラグビーでは毎年必ず頸髄を損傷し、障害を負ってしまった事故の報告を受けます。でも、私の知る限りでは事故に遭い、障害を負ってしまったことでラグビーを嫌いになってしまったという選手に出会ったことがないんです。みんな、車椅子になってもコーチとして関わっていたり、車いすラグビーをプレーしたり、試合を観戦したりしています。ラグビーはそれだけの魅力がある競技なのだと思います。もちろん怪我をしないように色々な工夫をすることも大切だと思いますが、どうしても防ぎきれない事故がある中で、起こってしまった事故から何を見つめ直して、どのように人生を歩んでいくのか?という道筋を示すことも、同じようにラグビーを愛し、事故によって障害を負い、それを乗り越えてきた経験のある私ならではの使命だと思っています。

東:
まさに三阪さんだからこそ出来るお仕事ですね。

三阪:
まだまだ手探りの部分もありますが、障害を負った選手や家族の方々に色々な選択肢があることを伝え、前を向くためのお手伝いをしたいと思っています。

小松:
障害を負った選手やご家族に対して、現実と向き合い、受け入れて前に進むための手助けをなさっているのですね。

三阪:
障害をもっていたとしても、世界にはたくさんの面白いことがあると伝えたいんです。

 自らの存在で“障害者”のイメージを変える

東:
三阪さんは高校時代に頸髄を損傷し、車椅子生活を余儀なくされた後、車いすラグビーと出会い、海外留学などを経て、日本代表選手としてパラリンピックで活躍なさったという経験を多くの子供たちに伝えるために講演活動にも力を入れてらっしゃるそうですが、最も伝えたいテーマをお教えいただけますか?

三阪:
私と触れ合うことで障害や、障害者のイメージを変えることですね。講演の冒頭で子どもたちに「障害者とは?」と質問すると、「身体に不自由があって大変」とか、「みんなと同じことが出来なくて可哀想」という答えが返ってきます。そこで、私は「一時間後にはその考えが変わります」と伝えています。

小松:
一時間の中でどのようなお話をなさるのですか?

三阪:
成功体験だけではなく、それ以上に経験してきた失敗とそれをいかに乗り越えてきたのかについて話すようにしています。また、実際に車いすラグビー用の車椅子を用意して、先生に体験してもらいます。私が激しく先生にぶつかる姿を見て、子どもたちは驚きながら目を輝かせます。その時に“かわいそう”から“すごい!”に私のイメージが変わるんです。

東:
三阪さんにぶつかられる先生はかわいそうですね(笑)

三阪:
それはそうかも知れません(笑)
ただ、テレビなどの画面を通じてではなく、目の前で実際にその激しさを体感してもらうことに意味があると思っています。また、単純に夢を持つことの素晴らしさだけを伝えるのではなく、私の経験してきた挫折や失敗なども包み隠さず伝えることで、より“リアル”な体験をしてもらいたいと考えています。

小松:
より“リアル”な体験、ですか?

三阪:
はい。多くの子供たちがそれぞれに“夢”を持っていると思います。例えば、野球が大好きで将来プロ野球選手になりたいという夢を持っていたとしても、みんながみんな夢を叶えられるわけではありませんよね。多くの子どもたちがどこかで夢を諦めてしまうことになると思うのですが、その時にプロ野球選手ではなくとも、大好きな野球に関わるために何が出来るのかを考えられるようなきっかけになれればと思っています。

東:
もし、夢が叶わなかったとしても、それは決して意味のないことではないということを伝えられているわけですね。

三阪:
私の場合はラグビーが大好きで、ラグビー選手になりたいという夢がありながらも、事故によって障害を負ってしまい、ラグビー選手にはなれなかったのですが、車いすラグビー選手としてパラリンピックに出場することが出来ました。もし、私が障害を負うこと無くラグビーを続けていたとして、世界大会に出場するような選手になれたかは分かりませんよね。

小松:
確かに、視点を変えれば、障害を負ったからこそ世界大会に出場するような経験が出来たとも言えますね。

東:
人生には様々な出来事があり、努力したからと言って、何もかもが思い通りになるわけではありませんが、どんなにネガティブな出来事だとしても、自らの行動次第でポジティブな出来事に変えることが出来るということですよね。

三阪:
私自身も最初からこのような考えを持てていたわけではありませんが、だからこそ多くの方々に、起きてしまったネガティブな出来事を嘆き、悔やむのではなく、現実を受け入れた上でどうしたらポジティブに転換出来るのか考え、前向きに行動することの大切さを伝えていきたいと考えています。

小松:
実際に障害を乗り越えてこられた三阪さんの言葉には大きな説得力があります。

 ビジネスパーソンと、コーチとして

東:
続いて、バークレイズ証券でのお仕事について伺います。
現在のお仕事に就かれたのはいつですか?

三阪:
ロンドンパラリンピック直前の2011年に入社しました。

小松:
どのような業務を担当なさっているのでしょうか?

三阪:
週に二回出勤して、経理業務を担当しています。

東:
出勤は週二回なのですね。

三阪:
はい。現役時代はアスリートとして、現在は日本代表チームのアシスタントコーチとしての活動をご理解いただき、支援していただいています。

小松:
将来は日本代表チームのヘッドコーチを目指されているのでしょうか?

三阪:
もちろん将来的にヘッドコーチになりたいとは思いますが、まずはケビン・オアーヘッドコーチのもとでアシスタントコーチとしての仕事を全うしたいと思っています。

東:
ケビンヘッドコーチの三阪さんに対する信頼はとても厚く、「右腕」と紹介されているそうですね。

三阪:
とてもありがたいことです。

小松:
車いすラグビー日本代表チームはリオデジャネイロ大会では見事に銅メダルを獲得。地元開催となる東京大会ではそれ以上の活躍を期待されると思いますが。

三阪:
そうですね。東京大会ではチーム一丸となって金メダルを獲得して、歴史を変えたいと考えています。

東:
証券会社で勤務しながら、車いすラグビー日本代表チームのアシスタントコーチや日本ラグビー協会の安全対策委員会、子どもたちへの講演活動など幅広くご活躍なさっている三阪さん。次回は幼少期のお話からラグビーとの出会い、障害を負った事故などについて伺ってまいります。

小松:
宜しくお願い致します。

三阪:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回の「夢や希望が人を強くし、人生を豊かにする」(中編)は、5月22日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。