Career shift

三阪洋行 / Misaka Hiroyuki   元車いすラグビー選手|現在:

夢や希望が人を強くし、人生を豊かにする 元車いすラグビー日本代表・三阪洋行(中編)

Profile

 

三阪洋行(みさか・ひろゆき)
1981年大阪府出身。高校生の時にラグビー練習中の事故で頸髄を損傷し、車椅子生活となる。入院中に車いすラグビーと出会い、 わずか四年後には最年少で日本代表に選出された。2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンと 三大会連続でパラリンピックへ出場。ロンドン大会では当時の日本最高位である4位入賞を果たす。 引退後は日本代表のアシスタントコーチを務め、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは日本初となる銅メダル獲得、2018年にオーストラリアで開催された世界選手権での初優勝に貢献。自身の経験を生かし、障害者への認識・理解を促進する活動にも取り組んでいる。著書に「壁を越える~車いすのラガーマンパラリンピックへの挑戦~」(山川出版社)

東:
元車いすラグビー日本代表選手で、現在は日本代表チームのアシスタントコーチを務めている三阪洋行さんへのインタビュー、中編の今回は幼少時代のお話からラグビーとの出会い、障害を負った事故などついて伺ってまいります。

 ラグビーとの出会い、そして運命の日

小松:
まずは三阪さんの幼少時代のお話からお聞かせください。どんなお子さんだったのでしょう?

三阪:
私の生まれ育った東大阪市はとてもラグビーが盛んな地域で、実家から歩いて五分の場所に高校ラグビーの聖地である花園ラグビー場があり、お正月には歓声が聞こえてくるほどの環境で、今でも毎年帰省の際には必ず高校ラグビーを観にいっていますね。

東:
なるほど。ラグビーが生活の一部に溶け込んでいる地域で育ったわけですね。それで自然にラグビーを始められたのですか?

三阪:
いえ、ラグビーを始めたのは中学に入ってからで、小学生の頃はソフトボールやサッカー、バスケをやっていました。末っ子の甘えん坊、絵に描いたような肥満児で(笑)、冬でも半袖・半ズボンで過ごしているのにいつも汗だくの子供でしたが、とにかく身体を動かすのが大好きでした。

小松:
元気いっぱいの小学生だったのですね(笑)

三阪:
はい(笑)中学でも最初からラグビーを始めようと思ったわけではなく、当時は漫画「スラムダンク」が流行っていたこともあり、バスケ部にするかラグビー部にするか迷っていたのですが、ある日ラグビー部の先輩たちに周りを囲まれて、無理やりに近い形で入部させられて(笑)

東:
情熱的な勧誘を受けたのですね(笑)

三阪:
情熱的・・・そうですね(笑)

小松:
そこから三阪さんのラグビー人生が始まったと。

三阪:
最初は太っていたのでプロップ、そのうち身長が伸びてくるとロックになり、最後はナンバーエイトのポジションでプレーしていました。練習は厳しかったですが、とても充実した日々でした。

東:
その後、花園出場経験もある布施工業高校へ進学。毎日泥まみれになってラグビーボールを追いかける青春の日々を過ごしていたある日、不慮の事故が三阪さんを襲いましたね。

三阪:
はい。高校三年生のある日、練習中にこぼれ球に飛び込んでボールを抱えこんだんです。ラグビーでは通常そこから“ラック”というボールを奪い合う状況になるのですが、その時は、一瞬、ボールに誰も集まって来ないなと思ったので、立ち上がろうとしたタイミングで一気に大勢がなだれ込んできて・・・。“バチン!”という大きな音がしたと思った瞬間に仰向けに倒れてしまい、手足が痺れて首から下が全然動かなくなりました。スパイクを脱がされ、水をかけられているうちに腹筋が麻痺してきて、肺呼吸しか出来なくて息苦しくなったのを覚えています。その後、救急車で運ばれて、目覚めた時には集中治療室でした。

小松:
ふと気を抜いた瞬間だったのですね・・・悔やんでも悔やみきれませんね。

三阪:
高校生活最後の県予選へ向け、強化合宿をしていた時期でした。ラグビーで全国大会に出場するために進学する高校を選び、それでも一、二年生の時には花園には出場出来なかったので、これが最後のチャンスだと思って日々の練習に必死で取り組んでいました。
チーム練習がない日にはそれぞれが個人で自主練をして、チーム一丸となって本気で花園を目指していた中での事故だったので、確かに悔やんでも悔やみきれないのですが、いずれは完治して、大学や社会人では活躍出来ると信じていました。

東:
ところが、診察の結果は“頸髄損傷”。医師から二度と歩くことが出来ないと告げられたわけですが・・・

三阪:
最初は信じられませんでした。下半身が全く動かないながらも、「頑張れば元に戻る!」と思っていましたから。ひと言でいえば“絶望”ですよね。これまで身近に障害者がいなかったので、当時は障害者に対して“大変な人”、“かわいそうな人”というイメージを持っていたのですが、自分がその“大変な人”、“かわいそうな人”になってしまったと思ってしまって・・・

小松:
現在、講演活動などで三阪さんが変えようと思っている障害者に対する“ネガティブ”なイメージをご自身がお持ちだったのですね。

 「頑張れ」という言葉を「無責任」に感じていた日々

東:
現在の三阪さんの言葉はとてもポジティブなものが多いですが、今後は車椅子で生活していかなければいけないと分かった時にも、前向きに過ごせていたのでしょうか?

三阪:
いや、ネガティブでしたよ。八ヶ月ぐらい入院生活を続けていたのですが、これまでの人生で最もネガティブな日々でした。たまに取材などで「入院中の写真をお借り出来ますか?」と依頼されることがあるのですが、一枚も残っていないんです。私も家族もこの時間を残したくなくて一枚も撮影しなかったのだと思います。

小松:
周囲の方々の反応はいかがだったのでしょうか?

三阪:
チームメイトや友人がお見舞いに来てくれていたのですが、心苦しくて。私が怪我をして入院していてもみんなは変わらずに生活しているという現実が受け入れられなかったんです。次第に面会を減らし、最後は面会謝絶にして、家族としか会わないようにしました。

東:
家族以外には会いたくなくなってしまったのですか?

三阪:
みんな帰り際に「頑張れ」って言うんですよね。それを聞いて「何を頑張ればいいんだろう?」って。喉が渇いても一人で水を飲むのも難しい。寝返りすら自分の意思で出来なくて、ずっと天井を見続けている生活が続いているのに。その時に「頑張れ」という言葉は時と場合によっては無責任にも受け取れる難しい言葉だなと感じました。誰かの背中を押すことの出来る強い言葉でもあるけれど、その人を締め付けて苦しめる言葉にもなるのだと。「どうして自分だけがこんな目に遭わなければいけないんだ」という思いが募り、入院中に二度自殺を試みました。

小松:
二度も自ら命を断とうとなさったのですか・・・

三阪:
最初は人工呼吸器を外したのですが、警報器が鳴ってしまいすぐにバレてしまって失敗。二度目はリハビリ中に車椅子で崖から飛び降りようと思ったのですが、ふと我に返って思いとどまりました。

東:
思いとどまれた理由は何だったのでしょう?

三阪:
社会復帰に向けてリハビリをしている中で、どれだけ頑張って取り組んでも元の自分には戻れないことに気づいて、車椅子で生活出来るようになったとしても、今後の人生に楽しいことが待っているとは思えなくなりました。生きていく意味を見失ってしまい、ある日、ふらふらと崖へ向かったのですが、結局飛び降りることが出来なくて。
そこで、自分は“死”ではなく“生きる”という道を選んだのだから、現在の状況を受け入れていかなければと初めて思えたんです。

小松:
事故によって障害を負ったことは自らが選んだ道ではありませんが、事故を乗り越えて障害とともに生きるという道は自ら選ばれたということですよね。

三阪:
おっしゃるとおりです。

 目標を持つと、人は圧倒的に強くなる

小松:
障害を乗り越えて“生きる”ことを選んだ三阪さんは、その後“車いすラグビー”と出会いますね。出会ったきっかけと最初の印象についてお教えいただけますか?

三阪:
リハビリを指導してくださっていた作業療法士の鶴田先生に私がラグビーの練習中に怪我をしたことや今でもラグビーが好きだということを話していたら、車椅子に乗ってプレーする“車いすラグビー”という競技があることを教えてくれて、翌日試合のビデオを持ってきてくれることになったのですが、その日は怪我をしてから初めてわくわくして眠れませんでした。

東:
久しぶりに未来を楽しみに出来たのですね。

三阪:
どんな風に車椅子でラグビーをやるんだろう?いったいどうやってボールを追いかけるんだろう?と考えているだけで興奮してしまい、映像を見るのが楽しみで仕方ありませんでした。怪我をしてから初めて“やりたい!”と思えることに出会えるかもと。

小松:
リハビリは“やらなければいけないこと”、車いすラグビーは“やってみたいこと”ですものね。実際に映像をご覧になってみて、いかがでしたか?

三阪:
私がプレーしてきたラグビーとはルールが少々違っていましたが、車椅子同士がいきなり激しくぶつかるなど「え?こんなことをやっていいんですか?」という驚きがありました。
すぐに「これ、やってみたいです!」と伝えたところ、大阪でもチームが出来るみたいだから、トレーニングを見に行ってみようと誘っていただいて。

東:
鶴田先生、三阪さんの肉体的な面だけではなく、精神的な面でのリハビリとして、今後生きていくための希望を与えようと色々調べてくださっていたのですね(涙)

三阪:
本当に感謝してもしきれません。実際のトレーニングを見て、早く退院して車いすラグビーをプレーしたいという思いが強くなって、真剣にリハビリに取り組むようになり、どんどん出来ることが増えていきました。車いすラグビーとの出会いがなければ、ネガティブな感情のままに入院生活を終えていたのではないかと思います。

小松:
夢や目標、やりたいことを見つけることが人生を豊かにすることに繋がるのでしょうね。

三阪:
身体が不自由になってから出来ないことばかりを数えていた自分にやりたいことが見つかって本当に嬉しかったのを覚えています。また、面白いことに一つやりたいことが見つかると、様々なことに対して前向きになれるんですよね。一つが車の運転で、退院してから最初に挑戦したのが車の運転免許を取得することでした。

東:
人生は気の持ちようで本当に変わるものですね。

三阪:
夢や目標こそが、自分を最も強くしてくれるのだと思います。

 自分を変えられるのは、結局自分しかいない

小松:
車いすラグビーへの熱い思いをエネルギーに退院なさった三阪さんでしたが、決して順風満帆な生活を送られていたわけではないそうですね。

三阪:
そうなんです。退院直後は極力何でも自分で出来るようにならなければと様々なことに挑戦していたのですが、事あるごとに家族から「無理しなくていいから。私たちがやってあげるから」とサポートされているうちについつい甘えてしまう癖がついてしまって。高校を卒業してからしばらくは“ニート”として生活していました。

東:
せっかく前向きに努力していたところを・・・
ニートの頃にはどのような生活を送っていたのでしょう?

三阪:
自宅でネットサーフィンばかりして、特に何もせずに終わる毎日が一年くらい続きました。さすがにこのままではいけないな、この生活を変えなければいけないなと考えていた時に、車いすラグビー選手として海外に留学しないかというお話をいただきまして。

 誰も助けてくれない状況で、自分一人で何が出来るのか?

東:
それでニュージーランドに留学することになったのですね。

小松:
ニュージーランドといえば、世界最強のオールブラックスを擁するラグビー大国ですね。

三阪:
はい。現在、日本車いすラグビー連盟で会長をなさっている塩沢康雄さんからアドバイスをいただいて、三週間後にはニュージーランドに飛んでいました。

東:
たった三週間ですか?!

三阪:
そうですね。六月にお話をいただいて、七月にはニュージーランドで暮らしていました。

小松:
そのスピード感の理由は何だったのでしょうか?

三阪:
時間をかけて色々と情報を入れてしまうと挑戦しなくなってしまうと直感的に思ったんです。当時の私は甘えられる環境には甘えて、出来ないことは誰かに頼ってしまっていました。きっと詳しく調べれば調べるほどうまくいかない理由が見つかって不安になってしまい、挑戦出来なくなってしまうだろうと。ここで変わることが出来なければ、一生変われないと思って、「ラグビーが強い」「羊が人の三倍いる」という情報のみの状態で留学を決めました(笑)

東:
随分と無茶をしましたね・・・
ご家族にはご理解いただけたのでしょうか?

三阪:
最初は当然猛反対です。特に母親が「普通のことも出来ないのに外国で一人で暮らすなんて出来るわけがない。言葉だって通じないのに」と。

東:
正直、僕もお母様のおっしゃるとおりだと思ってしまいますが、どのように説得なさったのでしょうか?

三阪:
もう、無理やりですよね。申し訳ないですが、親の迷惑や気持ちは全く考えずに「とにかく行く!」の一点張りでした。もちろん不安はありました。身体は不自由だし、英語も話せない。どこに住んで、どんな練習をするのかも決まっていない。でも、そんな不安よりも「変わりたい。変わるためには誰も助けてくれない場所に行かなければ」との思いが強かったんです。もし、失敗して命を失ったとしても、周囲に甘えた今の自分のままで生きていくよりはずっといいと。

小松:
まさに命をかけられたのですね。

三阪:
結果、ノートパソコンとデジタルカメラで定期的に近況報告をするという約束を守るならという条件でOKしてもらい、ニュージランドへ留学しました。

東:
三阪さんはもちろんご家族にとっても、ものすごいチャレンジですね・・・

三阪:
今、同じことをしろと言われたら絶対に無理です(笑)
ホームステイ先も語学学校も決まっていませんでしたし、チーム練習に参加させてもらえるのかすらわからない状況で、ホテルを一週間だけ予約して行きました。

小松:
今回は、スポーツや身体を動かすことが大好きだった三阪少年が、ラグビーのトレーニング中の事故で車椅子生活になり、周囲に甘えてしまっている自分を変えるために家族の猛反対を押し切り、命をかけてニュージーランドへ留学をしたところまでお話を伺いました。

東:
次回、最終回となる後編では、ニュージーランドでの生活と日本代表として出場したパラリンピックなどについてお話を伺ってまいります。

三阪:
宜しくお願い致します。
(つづく)

次回の「足跡のない場所に踏み出し、道を切り拓く」(後編)は、5月24日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。