Career shift

永島英明 / Nagashima Hideaki   元ハンドボール日本代表キャプテン|現在:

仲間が集まる“場”をつくる 元ハンドボール日本代表キャプテン・永島英明(前編)

Profile

 

1977年大阪府生まれ。此花学院高校(現・大阪偕星学園高校)でハンドボールに出会い、三年時には全国大会でベスト8に進出するなど活躍。大阪体育大学では二年&四年生時に全日本学生選手権で優勝。日本ハンドボールリーグの三陽商会に入団後、チームの休部に伴いプロ契約選手として大崎電気オーソルに移籍。攻守の要としてチームに大きく貢献。日本代表としても三度のオリンピック予選、二度の世界選手権を始め数々の国際試合で活躍。2008年北京オリンピック世界最終予選に向けてはキャプテンとしてチームをまとめた。2013年に現役を引退後、2014年に株式会社HIHを設立。西麻布の飲食店などでの三年間の修業の後、2019年1月に東京の三軒茶屋に「広島焼き とこしえ」をオープン。広島県内および東京都内で数ある広島風お好み焼きを食べ歩き、日夜研究した自慢の逸品を振る舞っている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は2008年に開催された北京オリンピック予選を日本代表のキャプテンとして戦った元ハンドボール選手の永島英明さんにお話を伺います。

小松:
永島さんは此花学院高校(現・大阪偕星学園高校)卒業後、大阪体育大学に進まれ、二年生と四年生の時に全日本学生選手権で優勝。その後、日本ハンドボールリーグの三陽商会でご活躍されていましたが、2001年に三陽商会のハンドボール部が廃部したことに伴い、大崎電気オーソルに移籍。プロ選手としての契約を結ばれました。十三年間在籍した大崎電気オーソルでは鍛え上げたフィジカルを活かした攻守を武器に、東さんや宮﨑大輔選手らとともに日本ハンドボールリーグ、全日本総合選手権大会、全日本実業団選手権、国体などで優勝を果たしたほか、日本代表としても二度の世界選手権を始め各種国際大会を経験なさってきた日本ハンドボール界のレジェンドです。

東:
2013年に現役を引退後、2014年に主にスポーツ用品を取り扱う株式会社HIHを設立。2019年1月には東京の三軒茶屋に「広島焼き とこしえ」という飲食店をオープンするなど、現在は経営者・実業家として活躍しながら、日本サッカー協会が推進する「JFAこころのプロジェクト」の夢先生を始め全国各地の小中学校などへの講演活動にも取り組まれています。

小松:
永島さんの現在の活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめますと、株式会社HIHの代表取締役と「広島焼き とこしえ」のオーナー兼店長という「C」の領域と、講演の講師などの「D」の領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 シンプルに“好きな場所”で“好きなこと”を

小松:
永島さんと東さんとは大崎電気オーソル、日本代表でともに戦ってきた仲間ですよね。

東:
はい。仲間でありながら、“ポスト”というポジションを争うライバルでもありました。2001年から2009年まで九年間同じチームでプレーしてきましたが、年齢は僕のほうが一つ上にも関わらず、どちらが先輩なのか分からないような関係です(笑)

永島:
いやいや(笑)

小松:
仲良しなんですね(笑)続いて、永島さんの現在のお仕事についてお話を伺ってまいります。現役を引退後、指導者などのハンドボールに関わるお仕事ではなく、経営者・実業家としての道を選ばれ、最近では「広島焼き とこしえ」という飲食店を三軒茶屋に開店(2019年1月開店。取材は2019年3月2日に実施)なさったわけですが、「とこしえ」というお名前の由来は何なのでしょうか?

永島:
「とこしえ」は、「永久(とこしえ)」。永島の「永」からです。

東:
お店を開店なさった三軒茶屋という場所には何かご縁がおありだったのでしょうか?

永島:
単純に好きなんですよね、三軒茶屋が。以前から飲み歩いていて、いい町だなと感じていたので、自分の店を出すならここだなと考えていました。

小松:
「広島焼き とこしえ」は、駅から少し離れた場所にありますが、広島焼きを始めとするお好み焼き系のお店は駅前や周辺にも結構あるように感じました。ライバルが多いのではないですか?

永島:
三軒茶屋には広島焼きのお店がうちを入れて四軒、お好み焼き屋だと八軒あります。

東:
めちゃめちゃ多いじゃないですか!飲食店の中でもライバルが多いお好み焼き屋を選ばれたのには、何か特別な理由があったのでしょうか?

永島:
昔からお好み焼きが好きだったので、大好きなお好み焼きを食べながら、美味しいお酒を飲んで、仲間と楽しくハンドボールが見られる店があったらええやん!という至ってシンプルな発想です。

小松:
なるほど。広島焼きやお好み焼きのお店はたくさんありますが、ハンドボールと一緒に楽しめるお店は“オンリーワン”ですものね。

 “つかみ”が大切

東:
ハンドボールに関わる仕事には携わっていますか?

永島:
オファーがあれば、試合の解説やハンドボール教室の講師をするぐらいですね。

小松:
講演活動もなさっていますよね。とても好評を得ていると伺いました。

永島:
2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控えている中で、登壇させていただく機会も増えてきていますね。

小松:
講演ではどのような内容をお話しになるのでしょうか?

永島:
ひとことで言えば“夢”についてです。“夢を持つことの大切さ”をテーマに、ハンドボール選手として経験してきたこと、感じたこと、いまも意識していることなどについてお話しをさせていただいています。

東:
現役中は、あまり積極的に表に出て活動するタイプではなかったですよね。コート以外では目立ちたがらないというか。

永島:
確かに現役時代は講演などを進んでやるタイプではなかったですね。オファーがあっても断ったりしていましたし。

小松:
講演をなさる際に、何か意識なさっていることはありますか?

永島:
“つかみ”ですね。野球やサッカーであればクラスの中に何人か経験者がいますが、ハンドボール経験者はほとんどの場合“ゼロ”で、ハンドボールという競技自体すら知らない場合が多くて。まさにアウェーなんですね。

東:
ハンドボールをプレーしている子どもたちに向けてハンドボールを指導するのではなく、“ムラ”を出て、ハンドボールを知らない一般の子どもたちを対象に講演をした際に、改めてハンドボールや自分自身の知名度の低さと競技人口の少なさという“現実”を感じさせられますし、自分自身が子どもたちに何を伝えられるのかという本質的な価値に向き合うことになりますよね。

永島:
最初は苦労しましたが、アウェーの中で子どもたちの気持ちをグッとつかむためにしてきた勉強や工夫が今でも役に立っています。

東:
以前は自らが“ハンドボール日本代表のキャプテン”だったということもほとんど言わなかったように思うのですが、現在では積極的にPRしているように感じます。何か心境の変化があったのでしょうか?

永島:
それも“つかみ”の一つになると気づいたからです。うちの店は全面ガラス張りですが、通りから店内でハンドボールの映像が流れているのを見えるようにするためです。例えば、潜在的にハンドボールに興味がある方がいて、ふと通りがかった時にハンドボールの映像が流れているお店があって、気になってのぞいてみると元ハンドボール日本代表キャプテンの店長がいて、選手のユニフォームが飾ってあったり、壁にたくさんのサインが書かれていたら興味を持ってもらえますよね。全てが“つかみ”のためなんです。

小松:
確かにお店の前を通りがかるだけで気になりますよね。

東:
今、お話いただいた“つかみ”は、何も知らずにお店を通りがかった方々に向けたものだと思うのですが、ハンドボール界に向けた“つかみ”としては、柳川正典さんをパートナーとして招き入れたことも大きいのではないでしょうか?

永島:
そうですね。

小松:
柳川正典さん、どういった方なのでしょう?

東:
柳川さんは“ハンドボーラーの聖地”と呼ばれていた居酒屋の店長をなさっていた方です。ご自身は全くハンドボールには関わりのない人生を送ってこられていたのですが、息子さんがハンドボール部で、自らが勤務している居酒屋にハンドボール女子日本代表の選手が来店したことをきっかけに交流を深めて、お店に日本代表選手のサイン入りユニフォームを飾ったり、ハンドボールの専門誌を並べることで、全国各地のハンドボールファンがこぞって訪れる“聖地”になったんです。

小松:
ハンドボーラーの聖地!

東:
それまではハンドボール選手のユニフォームや専門誌が飾ってあるお店なんて聞いたことも無かったので、最初は単に珍しいということもありましたが、柳川さんがお店を訪れたハンドボール経験者や関係者を撮影して、写真をリアルタイムにどんどんFacebookにアップしたことで全国各地のハンドボーラーの同窓会や交流の場となっていって。柳川さんのお店に行けば、世間ではなかなか出会えないハンドボールが大好きな仲間たちや、場合によっては現役選手にも会えるし、お店を訪れて柳川さんのFacebookに写真を掲載してもらうことがある種のステータスになるという唯一無二の“コミュニティ”になったんです。

小松:
柳川さんは全国のハンドボールファンのハブになられている方なのですね。それで、お店をやるならその方をパートナーにと。

永島:
単なる飲食店ではなく、仲間が集まるコミュニティをつくりたいと考えていたので、どうしても柳川さんと一緒にやりたくてお誘いしました。“場所”と“資金”と“人”の三つが揃わなければ“店”は出来ないのですが、これまではお金はあったけれど、人も場所も見つからなかったんです。逆に人はいるけどお金がないというときもありましたし。でも、今回、柳川さんという素晴らしいパートナーがいて、お金も積み重ねてきたものがあって、やりたいなと思える場所にも恵まれたので、とてもいいタイミングでした。

東:
場所を決めるにあたっても簡単ではなかったそうですが。

永島:
たまたま見つけた場所だったのですが、ここだ!というインスピレーションを感じて。ただ、問い合わせてみると、居抜き物件だったので譲渡額もかなり高額、競合も大手を含めて六社あるということだったんです。

小松:
普通に考えるとかなり難しい条件ですが、どのように交渉なさったのでしょうか?

永島:
交渉というか、提示されたそのままの金額を即現金で持っていったんです。

小松:
他が検討している間に即決して、現金で支払ったんですね!
凄い交渉力ですね。

永島:
交渉力というか“覚悟”ですよね。
確かに高額ではあるけれども、どうしてもこの場所でやりたかったですし、ここでやれば絶対流行る。店を流行らせれば一瞬でペイ出来ると信じていました。

東:
頭では考えられても、相当な“覚悟”がなければ、なかなか実行出来ることではありませんよね。

 地元のお客様に愛される店になるために

小松:
その後、2019年の1月にお店をオープンなさって、現在ではなかなか予約もとれないくらいの人気店になっていらっしゃいますね。

永島:
ありがたいことに三軒茶屋周辺のお客様を始め、ハンドボールはもちろん異なる競技のアスリートや、引退後に知り合った経営者の方々など様々なジャンルのお客様にいらしていただいています。

東:
アスリートが現役引退後に飲食店を経営する際に、友人や知人の来客のみをあてにしてしまった結果、失敗してしまうという事例も伺うのですが、「広島焼き とこしえ」がこれだけ幅広い層のお客様に来店いただけている要因は何なのでしょうか?

永島:
おっしゃるとおりで、知り合いだけに集客を頼るお店になるのが怖かったので、友人知人のみのプレオープン期間を一ヶ月設けたんです。最初に身内や仲間が来てくれるのは分かっていたので、地元のたまたま通りがかったお客様に、新しい店が出来たけれど満員で入れないという状況を「プレオープン」ということで納得してもらうとともに、興味を持ってもらえるようにしました。

小松:
なるほど。単に満員で入れないのではなく、プレオープンだからということであれば不満も出ませんし、実際にオープンしたら行ってみたいと思いますものね。

永島:
地元の三軒茶屋のお客様に愛され、いらしていただけるような店でなければ、長い目で見て上手くはいかないと思っていたので、そこはかなり気を遣いました。最初は身内に届きすぎないようにSNSでの告知も控えていましたし。

東:
SNSでの告知についても緻密に計算されていたんですね。

永島:
最初はSNSよりも、地元である三軒茶屋の方々の口コミを大切にしておいて、グランドオープンの際にSNSで一斉に公開しました。そこで、僕個人のつながり、柳川さんのつながり、ハンドボールファン、地元三軒茶屋の方々という幅広いチャネルのお客様へリーチすることが出来たことが現在につながっていると思います。

小松:
現在はSNSでご紹介してもよろしいのでしょうか?

永島:
是非!どんどんやっていただきたいです(笑)

東:
今後、このインタビュー記事をきっかけにお店を訪れる方がいらしたら、僕も嬉しいです。
さて、今回は「広島焼き とこしえ」を中心に、現在のお仕事について伺ってまいりましたが、次回はハンドボール選手であり、トップアスリートとしての永島さんについてもお話を聞かせていただこうと思います。

小松:
楽しみです!宜しくお願い致します。

永島:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「ただ、オリンピックの舞台を目指して」(中編)は、9月4日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。