Career shift

永島英明 / Nagashima Hideaki   元ハンドボール日本代表キャプテン|現在:

“ワクワク”と“違和感”を大切に生きる 元ハンドボール日本代表キャプテン・永島英明(後編)

Profile

 

1977年大阪府生まれ。此花学院高校(現・大阪偕星学園高校)でハンドボールに出会い、三年時には全国大会でベスト8に進出するなど活躍。大阪体育大学では二年&四年生時に全日本学生選手権で優勝。日本ハンドボールリーグの三陽商会に入団後、チームの休部に伴いプロ契約選手として大崎電気オーソルに移籍。攻守の要としてチームに大きく貢献。日本代表としても三度のオリンピック予選、二度の世界選手権を始め数々の国際試合で活躍。2008年北京オリンピック世界最終予選に向けてはキャプテンとしてチームをまとめた。2013年に現役を引退後、2014年に株式会社HIHを設立。西麻布の飲食店などでの三年間の修業の後、2019年1月に東京の三軒茶屋に「広島焼き とこしえ」をオープン。広島県内および東京都内で数ある広島風お好み焼きを食べ歩き、日夜研究した自慢の逸品を振る舞っている。

小松:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。元ハンドボール日本代表キャプテン・永島英明さんへのインタビューも今回が後編となります。

東:
最終回となる今回は、現役引退後に永島さんがとった意外な行動から、「広島焼き とこしえ」のオーナー兼店長になるまでのお話を伺ってまいります。

 新たなスタートのために

小松:
アテネ、北京、ロンドンと三大会連続でオリンピックへの出場が叶わず、現役引退を決意なさったわけですが、セカンドキャリアに向けた準備などはなさっていたのでしょうか?

永島:
全くですね。シーズン最後の試合であるプレーオフの一ヶ月前に、今シーズン限りでの引退をGMに伝えたくらいで、他の選手には何も伝えていませんでしたし。

東:
周りからすると、突然の引退という印象が強かったですね。

永島:
タイミングですよね。ただ、今思えば、次の人生のスタートを切るためにも、自ら引退を決断出来たことはとても良かったと思っています。

小松:
競技を生業とするプロ選手が、チームから戦力外通告を受けるのではなく、自らの意志で引退を決断出来たことは幸せなことですよね。

永島:
本当、恵まれていますよね。

 “ゼロ”の自分で勝負する

東:
僕を含めた周囲は、引退後は指導者としてチームに残るのだろうと考えていたのですが、チームに残ることはおろか、指導者の道にも進まなかったですよね。

永島:
指導者としての自分をイメージ出来なかったというか、ワクワクしなかったんです。

小松:
ワクワクしなかった?

永島:
少し分かりづらいかもしれませんが、現役時代からハンドボールやチームという誰かがつくった枠組みの中で評価されている状況を息苦しく感じるようになってきていて。ずっと自分の中に“違和感”があったんです。

東:
ハンドボールの成績やチームの結果のみで、自分という人間を判断・評価されていることに対して違和感を感じていたということですか?

永島:
ずっと感じていたんです、何か違うなと。引退した後に、指導者になってハンドボール界に残れば安定した立場と収入を得られるかも知れないけれど、全然ワクワクしないし、指導者をやっている自分を想像しても違和感しかなかったんです。

小松:
それで、ハンドボールとは異なるチャレンジをなさったわけですね。

東:
現役引退後、半年間に渡って東南アジアを旅行というか、放浪していたそうですが、それはワクワクするためだったのですか?

永島:
そうですね。十五歳で始めて三十六歳で引退するまで二十一年間を費やしてきたハンドボールを終えて、これからはもっと色々な経験をして、様々な力をつけていきたいと考えた時に、まずは度胸をつけようと。英語も出来ない人間が東南アジアを一人で回るとどうなるんだろう? と考えただけでワクワクして(笑)

小松:
素晴らしいベンチャーマインドですね。どちらに滞在なさったのですか?

永島:
フィリピンとインドネシアとインドです。バックパッカーだったので、現地で購入したハンモックで寝て、財布や携帯電話を盗まれてしまったり、日本では決して出来ない色々な経験をさせてもらいました。

東:
かなり危険な経験ですね・・・

永島:
誰も自分やハンドボールという競技すらも知らない場所で、言葉も通じない中、幼い頃からドラッグに侵されているストリートチルドレンの現実を目の当たりにしたり、ものすごい桁数の貨幣の下三桁の金額で日々生活している方々と触れ合うことで、自分の鼻がへし折られるというか、改めて、世界の広さと己の未熟さに気がついて。改めて、これまでのキャリアに囚われることなく、一人の永島英明という人間として“ゼロ”から新たなスタートを切る決意が出来た時間でしたね。

 三十六歳・元日本代表キャプテンのアルバイト

小松:
東南アジアから戻られた永島さんは飲食店でアルバイトを始められますが、これには何か理由がおありだったのでしょうか?

永島:
将来、飲食店を立ち上げたいという思いがあったので、実現するためには現場を経験しておくことが絶対に必要だと考えてです。

東:
とはいえ、葛藤もあったでしょう?

永島:
無いと言えば嘘になります。アルバイトですから、かなり年下の店長からトイレ掃除や皿洗いを「やっといてー!」と頼まれるんです。最初は「日本代表キャプテンの永島英明が何でこんなことを・・・」と、思いながら働いていました。

小松:
それは無理からぬことですよね。頭ではわかっていても・・・

永島:
ただ、初めは見栄やプライドが邪魔をしていたのですが、当然ですが、飲食店においてはトイレ掃除も皿洗いもとても重要な仕事で、そこに気づけた時に、一つひとつの仕事がとても面白くなったんです。最初は店長に言われたからトイレやお皿をきれいにしていたのが、お客様がつかう場面をイメージして、お客様に喜んでもらえるようにきれいにするようになると楽しく働けるようになりました。そうなると、フロアなどでのお客様への「ありがとうございました!」も、口先だけではなく、心からの言葉になるんです。この経験は現在にも活きていますし、あのタイミングでアルバイトをしておいて本当によかったなと思います。

東:
飲食店のアルバイトが、言われたことを言われたままやる“作業”から、なぜやるのかを自ら考え心をこめておこなう“仕事”に変わったのですね。

 ワインディングロードの先に

東:
引退後、「広島焼き とこしえ」を開店するまでの五年間には、飲食店でのアルバイトのみならず、様々な事業にチャレンジしてこられたと思うのですが、そちらのお話についても聞かせていただけますか?

永島:
色々と試行錯誤をしてきましたね。生活のためにもお金を稼がなくてはいけないですし、営業について勉強したいという気持ちもありましたから。

小松:
2014年に設立なさった株式会社HIHで、様々な事業をなさっていますよね。

永島:
そうですね。現在はオリンピックの公式サプライヤーでもあるドイツ製の「バウアーファインド」という歴史のあるサポーターの国内代理店が主な事業になります。

東:
永島さんが現役時代に愛用していたサポーターですよね。実際に使用していたトップアスリートが販売していると信頼感が違うと思いますが、事業は順調なのでしょうか?

永島:
ハンドボールでいえば、現在、日本ハンドボールリーグに所属している男女合わせて18チーム中、15、6チームの選手にバウアーファインドのサポーターを使用していただいていますし、バスケットボールなど僕が直接関わりのなかった競技でも使ってもらえるようになってきました。サッカーチームにはまだあまり受け入れられていないですが、バドミントンやアメリカンフットボール、スキーなどにも地道にですが着実に浸透しつつありますね。

小松:
どんどん広がっているのですね!

東:
“肉”をメインに据えた高級飲食店を共同経営なさっていたこともありましたよね。

永島:
はい。色々とありましたが、そこでの様々な経験が現在につながっていると思います。

小松:
様々な試行錯誤、紆余曲折を経たうえで辿り着いたのが「広島焼き とこしえ」なのですね。

永島:
結局、様々な経験をして、色々と考えて、実際に行動してみた結果、“お好み焼き食べてお酒飲んでハンドボールが観られるめっちゃ楽しい店”をやりたい!という結論が出たんです。お好み焼きなら自分で焼けば料理人はいらないし、何から何まで全部自分の思い通りにやれます。僕は、誰かにおんぶに抱っこではない形で“仲間が集まるコミュニティをつくる”という夢を叶えたかったんです。

東:
それが、永島さんにとって“違和感のない”生き方だったんですね。

 自分に正直に生きる

小松:
お話を伺っていると、永島さんは“違和感”があるかどうかをとても大切にして物事を判断なさっているように感じますが。

永島:
確かにその通りです。経営についてもそうですが、それぞれの分野にプロがいらして、色々と教えていただくこともあるのですが、どんなに凄い方からのアドバイスでも、自分に違和感があれば取り入れないようにしています。人間関係でも同じですね。違和感のある人とは付き合わないようにしています。

東:
そこまで自分の感性にこだわる理由は何なのでしょうか?

永島:
自分に正直でいたいんです。自分の感性で選択したことなら、失敗しても自己責任ですから。お店に関しても、レイアウトからお酒の銘柄、お好み焼きの材料まで全部自分一人で決めました。色々な方々から色々なアドバイスをいただきましたが、「ああそうですか」といって、ほとんど取り入れていません(笑)でも、結局はそれがめちゃくちゃ売れるんです。自分自身の感性で自信を持って選んだものが。他人から「これは絶対売れるから売ったほうがいいよ」と言われたものなんて売れないんです。だって、自分が売れると思ってないんですから(笑)だから、僕はあんまり人の話を聞かないんです(笑)

小松:
自分が本当に好きなものを、自信をもって売る。ビジネスにおいて最も大切なことですね。

 後輩たちへのメッセージ

東:
今の永島さんはすごく輝いていますね。悩み、もがいている時期もあったような気がするから、余計に眩しく見えます。

永島:
悩みますよ、誰でも。すんなりとはいかないです。借金もすごかったですし、全てが上手くはいかないですけど・・・それでも、前に進むしかないですから。

小松:
いつでも順風満帆とはいかないですものね。

東:
ハンドボールの世界では、永島さんをプロ契約選手の第一世代とすると、これから第二世代、第三世代の選手たちが引退し、セカンドキャリアを迎えていくことになります。彼らもきっと苦労すると思うのですが、何かアドバイスをするとしたら?

永島:
あまり安全なゾーンを選ばないことですね。一度きりの人生ですから、自分のワクワク感を大切にしたほうがいいと思うんです。僕はワクワクするかどうかを大切にしていて、経営者になったらどうなるかと考えたら、ワクワクしたんです。ところが安全なゾーンばかり選んでいるとワクワクしない。

小松:
確かに最近では若い世代に安全志向が高まっているようにも思えます。

永島:
教員免許を持っているから教員になればいいとか、単に安定を求めるような生き方はやめたほうがいいんじゃないかなと。アスリートがただ自分は選手として活躍したからコーチにでもなろうという選択ならやめたほうがいい。コーチになりたい!監督になりたい!と思って頑張っているのなら良いですが、「指導者にならなれるから」とか「ハンドボールに関わる仕事でしか食べていけないから」で、キャリアを選ぶのはお勧めしません。だって、ワクワクしないでしょう?

東:
ビジネスパーソンでも“やらなければいけないこと”よりも“やりたいこと”をやっている時のほうが輝いていますものね。自分に正直に、違和感がないように、一度しかない人生をワクワクして過ごせるような仕事をしなければもったいないですよね。

小松:
さて、ここで改めて永島さんの現在の活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、株式会社HIHの代表取締役と「広島焼き とこしえ」のオーナー兼店長という「C」の領域と、講演の講師などの「D」の領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
今後も多店舗展開やアスリート雇用の拡大、東南アジアへの進出などますますのご活躍が期待されますね。

小松:
東南アジアの方々は粉物が大好きですから、きっと大成功なさると思います。

東:
それでは、最後にハンドボールという競技名を使わずに自己紹介をしてください。
永島英明はどんな人ですか?

永島:
何だろう・・・大阪出身の広島焼きの店の大将、ですかね。

東:
おお、大阪の人にも広島の人にも叱られそうな自己紹介(笑)

小松:
本日はありがとうございました。改めてお店に伺いますね。

永島:
お待ちしております(笑)
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。