Career shift

永田克彦 / Nagata Katsuhiko   元レスリング選手|現在:

子どもたちにレスリングの楽しさを伝えたい 元レスリング日本代表・シドニーオリンピック銀メダリスト 永田克彦(前編)

Profile

 

永田克彦(ながた・かつひこ)
1973年生まれ。千葉県東金市出身。格闘スポーツジム・レッスルウィン代表。日本ウェルネススポーツ大学レスリング部監督。成東高校入学後にレスリングを始め、日本体育大学へ進学後徐々に頭角を表す。2000年シドニー五輪では銀メダルを獲得し、日本レスリング界12大会連続メダル獲得の伝統をつなぐ。2004年アテネ五輪出場後、プロ総合格闘家として活動。2015年には10年振りにレスリング復帰し、全日本選手権で歴代最年長優勝を果たす。現在はジム運営・レスリング指導の傍ら、講演・イベント活動も積極的に行っている。

 日本レスリングの次世代を育成

小松:
今回は、レスリング日本代表として2000年シドニー、2004年アテネと2大会連続でオリンピックで活躍なさった永田克彦さんにお話を伺います。永田さんは全日本レスリング選手権大会で6連覇を達成、シドニー五輪では銀メダルを獲得という素晴らしい成績を残されました。

東:
その後、2015年に行われた全日本レスリング選手権大会では、歴代最年長となる42歳での優勝記録もお持ちです。現在は、格闘スポーツジム「レッスルウィン」の主宰や、日本ウェルネススポーツ大学のレスリング部監督を兼務なさっています。

小松:
アテネオリンピックの後には、総合格闘技にも挑戦。レスリングの日本代表選手を引退した後も、まさに自らの道を切り拓かれていますね。

東:
現在の永田さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、「レッスルウィン」での活動のみでも指導者は「A」、スクール運営は「B」、経営者は「C」とそれぞれの領域で、その他の講演やタレント活動については「D」の領域と、レスリングや格闘技の技術と経験を活かしたお仕事を軸に全ての領域でご活躍なさっていることが分かります。

小松:
日本ウェルネススポーツ大学の監督も「A」の領域に入りますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
かつては日本のお家芸とも言われた男子レスリングですが、近年のオリンピックでの成績は世界最強とも言われる女子と比較するとやや低迷している感はぬぐえず、次世代を担う人材の育成が急務となっています。

東:
元オリンピック銀メダリストとしての経験はもちろん、レスリング以外の世界での様々な知見を活かした永田さんの取り組みは、日本の男子レスリング復興のためにも大きな意味を持つと思います。

 レスリングのすそ野を広げたい

小松:
まずは現在経営されている格闘スポーツジム『レッスルウィン』についてお話を伺います。名前の由来をお教えいただけますか?

永田:
「レッスル」はレスリングの動詞(Wrestle)、「ウィン」は勝利(Win)でその2つを組み合わせた造語です。ふと閃いてつけたのですが、レスリングや格闘技を通じて「人生に勝つ」、「己に克つ」という意味も込められています。

東:
克彦というお名前の「かつ」にもかかっていますよね。

永田:
そうなんです(笑)

小松:
永田さんはレスリングをもっと日常的なスポーツとして普及させ、子どもたちにレスリングを通じて格闘技の楽しさを知ってもらいたいという目標を掲げていらっしゃいますが、こちらのジムではどのような活動をなさっているのでしょうか?

永田:
僕のジムでは、レスリングや格闘技を勝敗を争う競技としてのみ捉えるのではなく、一般の人にはより楽しく手軽に体験してもらい、心身ともに健全な状態をつくるためのプログラムを、子どもたちには心と身体を鍛えるスポーツとして取り組んでもらうためのプログラムを用意しています。

小松:
なるほど。単にレスリングの強い選手を育てるためだけのジムではないということですね。

永田:
もちろん、本格的にレスリングに取り組んで、全国大会やオリンピックを目指す選手が増えることは嬉しいですが、、選手の強化や競技人口の増加だけではなく多くの方にレスリングに触れていただくことや地域の青少年育成にも貢献できたらと考えています。

東:
大人はもちろん現代の子どもたちにはなかなか取っ組み合いをする機会がありませんし、レスリングであれば打撃もないですから格闘技の中でも怪我が少なく、女性や子どもでも恐怖心を持たずに安心安全に楽しめると思います。

永田:
もともと人間には戦う本能がありますが、レスリングは相手を傷つけることを目的とせずに戦うスポーツなので安全ですし、取っ組み合うことで相手の痛みを知ることも出来ます。もちろん試合に出場するようになれば、スポーツの醍醐味である勝利の喜びや負けの悔しさを体験出来ますし、勝利するための努力も必要になりますから精神的にも肉体的にも鍛えられます。

小松:
また、自らの肉体を深く知ることが出来ますよね。人間の肉体がどのような鍛え方をすれば、どう変化していくのか。その可能性を知ることが出来るスポーツだと思います。

永田:
ありがとうございます。日本代表としてオリンピックで金メダルを獲得し、子どもたちから憧れられるようなトップ選手を育てていくことはもちろん大切ですが、今は可能な限り講演やイベント活動も行って、東さんや小松さんにおっしゃっていただいたようなレスリングという競技そのものの魅力を多くの方々に伝えることでレスリングの価値を高めていくことにもやりがいを感じるようになっております。

東:
頂点をより高くするためにも、すそ野を広げることが大切だということですよね。

 リスクを負うことで夢を叶える

小松:
こちらのジムは始めてからどのくらいになるのでしょう?

永田:
この4月(2019年)で丸9年になります。

東:
現役を続けながらジムの経営もなさっていたんですね。

永田:
そうですね。レスリング選手だった頃から将来は自分の道場を持ちたいと考えていたのですが、総合格闘技に転向したことでより現実的な目標となり、実現出来たと思います。

東:
永田さんがレスリングから総合格闘技に挑戦なさった2005年頃はPRIDEやK-1など格闘技ブームの真っ只中。地上波のゴールデンタイムや大晦日に生中継されるのが当然の時代で、多くのお金や優秀な人材が格闘技界に集まっていましたよね。もし、永田さんがレスリング選手のみのキャリアを過ごしていれば、いかにオリンピックの銀メダリストとはいえ、このような素晴らしいジムを経営することは経済的に難しかったかも知れませんね。

永田:
確かにそうかも知れません。私が転向した頃には格闘技ブームの終わりの始まりといった感じではありましたが、それでも現在と比較すると盛り上がっていましたね。

東:
永田さんも2年連続で大晦日のビッグイベントへ出場し、ともに勝利を収めるなど大活躍なさっていました。
(2005年12月31日、総合格闘家デビュー戦となった“K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!”でレミギウス・モリカビュチスに判定勝利。2006年12月31日、2年連続参戦となった“K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!”で勝村周一朗にTKO勝利)いち格闘技ファンとしては、あの頃の熱をもう一度日本で味わいたいと切に願います。

小松:
警視庁勤務のオリンピックメダリストという安定した立場を捨てて、プロ格闘家として生きていくという大きなリスクを負った挑戦によって、夢を現実のものとされたのですね。
ところで、こちらのジムではどのようなカテゴリー分けがされているのでしょうか?

永田:
大人は一般格闘技クラスというカテゴリーで、初心者でも基本から教わって楽しく格闘技を体験できるクラスになっています。あとは女性向けのフィットネスクラスですね。フィットネスクラスはレスリングではなく、キックボクシングや有酸素系のエクササイズが中心になります。

東:
女性はレスリングなどの取っ組み合いよりサンドバッグを叩いたり蹴るほうを好みますよね。

永田:
そうですね(笑)。グローブをはめるだけでとても喜んでもらえます。
あとはキッズレスリングクラスがありますので、一般向け格闘技、女性向けフィットネス、キッズ向けレスリングと大きく3つのクラスに分けて運営しています。

東:
まさに大人から子どもまで幅広い年代の方々が性別問わずに格闘技を楽しんでいらっしゃるんですね。

 ジム経営を成り立たせるためには

小松:
プロ格闘家や、オリンピックを目指している選手も所属なさっているのでしょうか?

永田:
うちのジムはプロやオリンピックを目指す人というよりも一般の人向けで、意識的に敷居を下げています。大人に関しては、選手育成というほど本格的なものではありませんが、あくまで趣味としてアマチュア大会に出場するような方はいらっしゃいます。

東:
格闘技のジムを経営していくうえで、本格的にプロを目指すような人だけを集めていては儲からないし、経営的に苦しくなることが多いと言われていますよね。

永田:
そうですね、強い選手を育成するためだけのジムをビジネスとして成立させるのは至難の業だと思います。

東:
一般にプロを目指している方は格闘技を生活の中心に考えていて、トレーニングの合間にアルバイトをしているなど、経済的には余裕がない場合が多いですから、必然的に高額の会費を集めることは難しくなります。反対に、健康のために趣味で格闘技に取り組もうという方々は、経済的にも時間的にも余裕のある場合が多いので、高額だとしても会費に見合った価値を示せば顧客になってもらえます。そう考えると“強くなりたい人”と“楽しみたい人”、どちらを顧客にするためのプログラムを用意すべきかと考えれば、“楽しみたい人”向けになりますよね。

小松:
また、プロを目指す人はひと握りの人に限られますものね。マーケットの広さを考えても正しい経営判断だと思います。

永田:
まさにおっしゃる通りです。

小松:
何名で運営なさっているのでしょうか?

永田:
僕の他に社員が1名と、定期的に来てくれているインストラクター4名の合計6名です。

小松:
みなさんレスリング経験者なのでしょうか?

永田:
レスリングを含む様々な格闘技の経験者ですね。
キックボクシングや総合格闘技、寝技関節技の専門家など様々な分野のコーチが在籍しているので、希望に応じて指導を受けることが可能です。

小松:
凄いですね!何でも体験出来る(笑)。

東:
しかも、オリンピックメダリストであり、総合格闘家としての実績もある永田さんにご指導いただけるわけですから、説得力がありますよね。

小松:
こちらのジムを始める際に会社を設立して、経営者になられたわけですよね。

永田:
そんな大それたものではないんですけど(笑)。

小松:
永田さんはレスリング選手、総合格闘家、そして現在は経営者と非常にドラマティックな人生を送られてきたわけですが、オリンピック出場はレスリングを始めた頃からの目標だったのでしょうか?

永田:
ドラマティックかどうかは分かりませんが(笑)、レスリング選手としては大きな壁にぶち当たるところから始まっていますね。本格的に競技を始めたのも高校からですし。

東:
高校から競技を始めるというのはオリンピアンとしては珍しいケースかも知れませんね。

永田:
そうですね。

小松:
永田さんのキャリアを語る上で、ご家族の存在を無視するわけにはいきません。次回は“野球”と“レスリング”、異なる分野でご活躍なさっていたご家族の影響からレスリングを始め、トップ選手に成長していくまでのお話を伺っていきたいと思います。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。