Career shift

永田克彦 / Nagata Katsuhiko   元レスリング選手|現在:

無限の可能性を信じ、自分を磨く 元レスリング日本代表・シドニーオリンピック銀メダリスト 永田克彦(後編)

Profile

 

永田克彦(ながた・かつひこ)
1973年生まれ。千葉県東金市出身。格闘スポーツジム・レッスルウィン代表。日本ウェルネススポーツ大学レスリング部監督。成東高校入学後にレスリングを始め、日本体育大学へ進学後徐々に頭角を表す。2000年シドニー五輪では銀メダルを獲得し、日本レスリング界12大会連続メダル獲得の伝統をつなぐ。2004年アテネ五輪出場後、プロ総合格闘家として活動。2015年には10年振りにレスリング復帰し、全日本選手権で歴代最年長優勝を果たす。現在はジム運営・レスリング指導の傍ら、講演・イベント活動も積極的に行っている。

東:
レスリング元日本代表・永田克彦さんへのインタビューもいよいよ後編となりました。
今回はレスリングから総合格闘技というアスリートとしてのキャリアシフトと、アスリートから経営者というさらなるキャリアシフトについてお話を伺います。

小松:
前回は高校から始めたレスリングで納得のいく成績を残せなかった悔しさを晴らすため、日本一の環境である日本体育大学へ挑戦し、苦難と苦悩と試行錯誤の末に全日本学生選手権で優勝。自らの理想を追求するため、トレーニングの自由度が高い警視庁を進路に選び、全日本選手権を制した後に、シドニーオリンピックへの出場権を獲得したところまでを伺いました。

東:
人生の全てを懸けて出場権を獲得し、いよいよ迎えた夢の舞台・オリンピック。永田さんはいかに戦い、その後のキャリアシフトにつなげていったのでしょうか?

 男子レスリングの歴史をつないだ銀メダル

小松:
2000年のシドニーオリンピックに臨むにあたって、日本の男子レスリング界にはある危機感があったそうですが。

永田:
はい、男子レスリング日本代表は1952年のヘルシンキ大会から前回1996年のアトランタ大会まで11大会連続でメダルを獲得していたのですが、その記録がシドニーオリンピックで途切れてしまうのではないかという危機感がありました。

東:
この頃の日本男子レスリングは日本のお家芸と呼ばれ、メダル獲得が当然だった時代と比較すると有力選手が少なく、低迷期だったと言えるかも知れません。

永田:
そうですね、1992年のバルセロナ、1996年のアトランタ大会も銅メダルが一人ずつでギリギリ継続している状況でしたから、流石に今回は厳しいのではないかというのが事前の評価でした。

小松:
自らの結果のみならず、偉大な先輩方が築き上げてきた記録も継続しなければならないという大きなプレッシャーを受けながらの大会でしたが、永田さんは見事に銀メダルを獲得なさいましたね。

東:
結局、永田さんの獲得した銀メダルが、シドニーオリンピック・レスリング男子日本代表が獲得した唯一のメダルとなりました。

小松:
まさに歴史をつないだ大変価値のある銀メダルだったと思いますが、大会の前と後では何が変わりましたか?

永田:
そうですね、知名度が増したことによって、人生の選択肢が増えましたよね。それまではメダル候補でもなかったので、せいぜい“プロレスラー・永田裕志の弟”くらいの扱いだったのが、様々なメディアに出演し、多くの方々に顔と名前を知っていただき、色々な人に出会えたことでレスリング以外の世界が大きく広がりました。

小松:
金メダルを獲得出来なかったという悔しさはあったのでしょうか?

永田:
全くなかったですね(笑)。本当に期待されていなかったので。

東:
シドニーオリンピックの前は“人気プロレスラー・永田裕志の弟”として扱われていたのが、銀メダル獲得後には“オリンピック銀メダリスト・永田克彦の兄は人気プロレスラー”に変化していったのが興味深かったのをおぼえています。

 オリンピックへ、再びの挑戦

小松:
夢の舞台を終えた後、再び4年後のアテネ大会へ向けてトレーニングを開始するわけですが、どのようなモチベーションを持って臨まれたのでしょうか?

永田:
もう一度あの舞台に上がって、オリンピックならではの興奮や感動を味わいたい、同じ景色をもう一度見たいというのが一番のモチベーションでしたね。

東:
そのためならまた四年間、どんな困難があろうとも挑戦しようと思えるだけの価値がオリンピックにはあるのでしょうね。
僕は一度もオリンピックに出場したことがありませんので想像することしか出来ませんが、とても羨ましく感じます。

小松:
その後、見事に予選を突破し、二大会連続でオリンピックに出場を決めたわけですが、再びの舞台はいかがだったでしょうか?

永田:
そうですね、初めてと二回目ではやはり気持ちの面で違いがあったように感じます。前回の経験が悪い方向に出てしまったというか、シドニーの時のような勢いをつけられず、納得のいく結果を出せませんでしたね。

東:
69キロ級から74キロ級への階級変更もあり、コンディショニングに苦労なさった面もあったようですが。

永田:
元々身長に対して体重が重たい方だったので、増量には無理があったのかも知れません。結局メダルには届かなかったのですが、メダルの有無で大会後の扱いがどれほど変わるのかというのをまざまざと味わいましたね。

東:
メダリストとそれ以外の選手では、メディアの扱いも明暗がくっきり別れますよね。

永田:
シドニーで日本が獲得したメダルは18個、アテネでは37個に増えたので、獲得メダルが少ない時のメダリストと獲得メダルが多かった時の敗者というまさに“天国と地獄”の違いを閉会式や帰国後の空港などで実感しました。

小松:
私はシドニー、アテネともに現地へ取材に伺っていましたが、特にアテネの熱は凄まじかったですね。ありとあらゆる競技で次々にメダルをとる選手が現れて。永田さんのように二大会連続でのメダルを期待されていた選手は本当に大変なプレッシャーだったと思います。でも、アスリートとしてあれだけ極端な“天国と地獄”を経験なさったことは現在にも活きているのではないでしょうか?

永田:
そうですね。今にして思えば、負けることも時には必要ですし、負けた後にどう切り替えて、そこから這い上がっていくために挑戦を続けることこそが重要なのだと言えますね。

東:
勝利も敗北も全ての経験を自身の糧になさっていますよね。

 勝ち負けが全てではない世界へ

小松:
二度目のオリンピックを終えた2005年にプロ格闘家に転向なさいましたが、理由をお教えいただけますか?

永田:
アテネオリンピック終了後に大幅にルールが変更になったこともあり、今後について考えていた時に、当時盛り上がっていたプロ格闘技からお誘いを受け、これまでレスリングで培ってきたものを活かして新たな挑戦がしたいと思って転向を決めました。

東:
当時の日本は空前の格闘技ブームで、バルセロナオリンピック金メダリストの吉田秀彦選手など柔道を中心にオリンピック選手が続々とプロ格闘家に転向していましたが、柔道やレスリングと総合格闘技は似ているようで全く異なる競技です。特に大きな違いとして“打撃”の存在が挙げられると思うのですが、恐怖心はなかったのでしょうか?

永田:
もちろん恐怖心が無かったわけではありませんが、それを承知で飛び込んだので。2005年大晦日のデビュー戦では試合直前に「真剣勝負の殴り合いがいよいよ始まるんだな」と冷静に思っていたのをおぼえています。

小松:
迎えたデビュー戦では強豪を相手に見事勝利を飾られたわけですが、オリンピックと大晦日のビッグイベントという異なる大舞台を経験なさって、何か違いは感じられましたか?

永田:
どちらも多くの観客が集まる華やかな舞台ではありますが、“プロ”の舞台では勝利するだけではなく“面白い試合”をしなければならないことが最も大きな違いだと思います。

小松:
面白い試合、ですか?

東:
オリンピックにおけるメダリストとそれ以外の扱いの違いでも分かるように、アマチュアスポーツでは勝利こそが唯一無二の価値とされてしまいがちですが、プロはどれだけお客様を楽しませるかが最も大切になります。当時の日本の格闘技ブームは、世界最強と言われていたグレイシー柔術の選手を次々にやぶった桜庭和志選手を筆頭に強くて面白い試合をする選手が牽引し、大きなマーケットをつくり上げていました。そこには勝敗を超越した価値観があり、勝利のみを目指し、リスクを犯さずに堅実な試合運びで勝ち続ける選手よりも、面白い試合をして負ける選手のほうがファンの支持を集め、より多くのギャランティーを得ることが出来るという世界が存在していましたよね。

永田:
おっしゃるとおりです。僕も最初は面白い試合をしなければならないということに戸惑い、なかなか対応出来なかったですが、キャリアの終盤になってようやく腹落ちしました。

東:
誤解を恐れずに言いますと、当時のレスリングや柔道はオリンピックでの勝利・メダルのみが世間の関心を集め、全日本選手権などの主催大会は主に内輪にしか届いておらず、競技団体にも選手にもマーケットからお金が集まりませんでした。ですので、トップ選手がどんどんプロ格闘技に転向していったのだと思うんです。

小松:
トップアスリートが、自らが鍛え、磨き上げてきたスキルをより多くの方々に見てもらい、価値を高められる舞台へ向かったということでしょうか。

東:
僕はそういうイメージがありますね。そして、このプロの舞台をご経験なさったからこそ、永田さんは「レッスルウィン」を“レスリングや格闘技の強い選手を育成するためのジム”ではなく、“レスリングをもっと日常的なスポーツとして普及させ、子どもたちにレスリングを通じて格闘技の楽しさを知ってもらうためのジム”として経営なさっているのではないかと思います。

永田:
そうですね。プロの舞台を経験していなければ「レッスルウィン」のコンセプトは無かったですし、経営者になろうとも考えなかったかも知れません。

小松:
永田さんの現在のキャリアは、オリンピック二大会連続出場の銀メダリストという立場を守るのではなく、勇気をもって新たな世界で挑戦をなさったことで形成されたのだと改めて感じました。2015年のレスリング復帰と歴代最年長・42歳での全日本レスリング選手権優勝という金字塔もプロ格闘家としてのご経験を活かされてのことなのでしょうね。

永田:
そうですね。打撃ありの試合を経験したことで胆力がつきましたし、余裕をもって試合が出来るようになったのも大きかったと思います。レスリングの試合では、死ぬことはないなと(笑)

東:
様々な経験を経た上で、年齢というネガティブな条件を乗り越えて結果を出した永田さんに勇気をもらった方はとても多いと思います。

小松:
永田さんの生き様は、限りない人間の可能性やチャレンジすることの尊さを伝え、多くの方々に感動を与えていらっしゃいます。

 磨き続けなければ錆びる

永田:
シドニーオリンピックで銀メダルをとった時、恩師である元日体大レスリング部監督の藤本英男先生に「金は放っておいても錆びつかないけれど、銀はすぐに錆びてしまうから一生磨き続けなければいけないよ」と言われて。それが心に残って、一生頑張ろうと。

東:
愛情あふれる素晴らしいお言葉ですね・・・

小松:
永田さんは、これからも変わらずに己を磨き続けていく人生を送っていかれるのでしょうね。

永田:
はい。自分を磨くために挑戦を続けていく背中を見せることで、人間の持つ無限の可能性を子どもたちを始め様々な方々に伝えていきたいですね。

小松:
今後の永田さんのご活躍がますます楽しみです。さて、ここで改めて現在の永田さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、「レッスルウィン」での指導者と日本ウェルネススポーツ大学の監督は「A」、ジム運営は「B」、経営者は「C」とそれぞれの領域で、その他の講演やタレント活動については「D」の領域と、レスリングや格闘技の技術と経験を活かしたお仕事を軸に全ての領域でご活躍なさっていますが、今後はそれぞれの分野で更に活躍の場が広がっていきそうですね。

東:
永田さんの人生の物語を書籍や映画にして、もっと多くの方々に知ってもらいたいですね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
それでは、最後の質問になります。
永田さんがレスリングや格闘技という言葉を使わずに自己紹介をするとしたらどのようになさいますか?

永田:
そうですね・・・
僕の座右の銘は「飽くなき挑戦」なのですが、「可能性は無限大」ということを伝える人、ですかね。

東:
自らの行動で伝えてきた人ですね。

小松:
そして今も伝え、これからも伝え続けていく人です。

永田:
今回、改めて人生を振り返ってみて、両親、兄貴、家族、恩師には改めて感謝、感謝です。

東:
僕はお忙しいところ長時間に渡りインタビューにご協力いただいた永田さんに感謝、感謝です!

小松:
本日は誠にありがとうございました。

永田:
こちらこそありがとうございました。
(おわり)

次回は、元バトミントン日本代表・池田信太郎さんです。4月15日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。