Career shift

中村多聞 / Nakamura Tamon   元プロアメリカンフットボール選手|現在:

コーチとして、経営者として 元プロアメリカンフットボール選手・中村多聞(前編)

Profile

 

中村多聞(なかむら・たもん)
元プロアメリカンフットボール選手。幼少期からNFLプレーヤーになることを夢見てアメリカンフットボールを始め、紆余曲折を経て、大学時代にスカウトされた三武ペガサス球団に入団し、東日本社会人2部リーグでプレーする。1993年にジュニアパールボウル敢闘賞を受賞。その後、サンスターファイニーズに移籍。1997年、NFLヨーロッパのトライアウトに合格。日本人初のRBとしてドイツのライン・ファイヤーに所属し、1998年シーズンにNFLヨーロッパ優勝を経験。同年NFLグリーンベイ・パッカーズのキャンプに召集される。帰国後は、Xリーグのアサヒ飲料チャレンジャーズでプレー。エースRBとして2000年、2001年のリーグ連覇に貢献し、2000年の西日本春季社会人選手権(グリーンボウル)、米国遠征のピッグスキンインターナショナル、社会人選手権(ジャパンXボウル)、日本選手権(ライスボウル)ではいずれも最優秀選手に選出される。河川敷、大学3部リーグからNFLまで、全てのレベルでプレーした日本でただ一人の選手。現在はハンバーガー店経営とプロコーチが生業。大学生の娘を2人持つ父親。趣味はクラフトビールイッキ呑みとMotoGP(ロードレース世界選手権)観戦。将来の夢はお金持ちになって10キロ痩せて携帯電話を解約して連続した休暇を取って旅行して毎日遊ぶことを考えてレストランで値段を見ずに注文できて電車に乗らなくて良い人間になること。子供の頃の夢はNFLのスター選手になること。と思い出しただけで腹が立つとのこと。

東:
今回は元プロアメリカンフットボール選手の中村多聞さんにお話を伺います。中村さんは1997年に日本人ランニングバックとして初めてNFLヨーロッパのトライアウトに合格。ドイツのライン・ファイヤーに所属し、1998年にはNFLヨーロッパで優勝を経験なさいました。

小松:
同じ年のシーズン終了後にはNFLのグリーンベイ・パッカーズのキャンプに召集され、帰国後は日本の社会人アメリカンフットボールリーグ「Xリーグ」のアサヒ飲料チャレンジャーズでプレーし、2000年&2001年のリーグ連覇に大きく貢献。
社会人選手権(ジャパンXボウル)、日本選手権(ライスボウル)ではいずれも最優秀選手に選出されたまさに日本を代表するアメフト界のスーパースターです。

東:
河川敷からNFLまであらゆるレベルでアメフトを経験された日本で唯一無二の選手でもありますね。

小松:
現在の中村さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、早稲田大学やノジマ相模原ライズ等のコーチが「A」の領域、西麻布の飲食店「ゴリゴリバーガー TAPROOM」の経営が「C」の領域、共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン「週刊TURNOVER」でのライターとしてのお仕事が「D」の領域と複数の領域でお仕事をなさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 考えるより動け!を若い人に伝えたい

小松:
中村さんは、日本のアメフト黎明期を支えてこられた重要人物の一人だと思うのですが、旧知の間柄である東さんから見て、中村さんのどういった部分を最も魅力的に感じていらっしゃいますか?

東:
そうですね、数え上げればきりがありませんが、「河川敷からNFLまでを経験してきた」という中村さんの経歴が最も魅力的だと思います。僕も弱小チームからハンドボールを始めたので、レベルは中村さんにはとても及びませんがシンパシーを感じますね。それと、人間としての強さがかっこいいと思います。「ゴチャゴチャ細かいこといわんで、とりあえず動いたらええやん!」とバシッと言い切れる強さが本当に男前なんですよね。

中村:
ありがとうございます(笑)

東:
悩んでいる時間なんて無駄。そんな時間があったらとりあえず行動してみる。それで出来なかったら諦めればいいというシンプルな哲学にも惹かれます。

小松:
確かに中村さんのプロフィールを拝見すると、様々な経験をされていますが、もしダメだったら別の選択肢をすぐに選んでいらっしゃいますね。それが中村さんにとって人生の時間を無駄にしない方法だったのかもしれませんね。

東:
いちいち折れたり塞ぎ込んだりしないんですよね。そこが僕は素敵だと思います。

小松:
現在は複数のアメフトチームのコーチを務めていらっしゃるんですよね。

中村:
はい、早稲田大学とXリーグのノジマ相模原ライズ、その他不定期にクリニックを開催して所属チームに関係なく若い選手たちを指導しています。トップリーグは2019年から8チームになるのですが、ノジマ相模原ライズはその中に入っているので強豪チームではありますね。

小松:
チームでは戦術をご指導されているのでしょうか?

中村:
いえ、戦術ではなくランニングバックのポジションに特化した個人向けのテクニカルコーチを担当しています。私は全体を見るのはあまり得意ではないんです。相手の戦術を読み取って作戦を考えたり、それをチーム全体に伝えて練習や試合に活かすことよりも、どちらかといえばチームのコーチが決めた作戦を試合の時に確実に遂行できる選手を作る方が得意です。

東:
コーチはボランティアなのですか?

中村:
いえ、決して多くはないですが、一応ギャラをいただいています。日本一を目指しているチームはモチベーションが高く理解も早いですし、指導しがいがありますので、いつも楽しくやらせてもらっていますね。

 本気の奴には本気でぶつかる

小松:
指導する上でのポイントは何でしょうか?

中村:
私は「心から上達したい」と本気で願っている選手にしか指導しません。そのため、本人が本気で上達したいのかを試す期間を結構長く設けています。しばらく付き合ってみて、「本気で上手くなりたいと思うなら俺もそのつもりでいくけれど、そうじゃなければ俺もそれぐらいの力具合でいくからな」と伝えて、互いに納得した選手だけに指導しています。

東:
相手の本気度を確かめているんですね。

中村:
その通りです。選手が頑張れない時に「頑張れ」なんて言っても意味がないし、やる気を出させるのは自分の仕事ではありません。本当に日本一上手い選手になって試合で大活躍したいなら、そのマインドを築く部分は人に頼るなというのが私の考えです。

小松:
ということは、中村さんの指導はスキルに特化されているんですね。

中村:
そうですね。私は現役を退いてから10年ぐらいコーチの仕事は一切やらずに飲食業だけやっていたんですね。専門誌にコラムを書いたりはしていましたが、定期的にチームや選手を見るような指導はしていませんでした。

東:
それはなぜですか?

中村:
コーチをして欲しいという依頼は以前からあったのですが、まあ一言で言うと安売りしたくなかったんですよ(笑)私しか持っていない知識や技術というのがたくさんあるのはわかっていたので。安く売るくらいなら面倒くさいしやりたくないなと思っていたんです。周りには「俺が指導するなら1200万円が最低ライン、そっから入札や」と言っていまして(笑)それ以上払えないのなら、今はやる気がないと伝えていたんです。こちらも貴重な知識と技術を教えるので、対価はきちんと払って欲しいと思っていましたから。

小松:
確かにそうですよね。中村さんだからこそ知っている知識や技術がありますから、そこに然るべき対価を求めるのは当然です。

中村:
でも、ある時に酒巻清治さんというハンドボールの指導者(元ハンドボール男子日本代表監督)とお会いして、「なんや君、アメフト界で何もしてないのか、それはあかんど! 君みたいな経験をしてきた奴が後輩を指導せんでどないするねん!やんなさい!」との指導を受けまして。
そう言われると私も「そうですか、はい!わかりました!やります!」っていうタイプなんで(笑)

東:
意外と素直なんですね(笑)

小松:
現在はどのぐらいのペースでご指導なさっているんですか?

中村:
早稲田は毎日、相模原ライズは土日です。

東:
ということは、休みなしで毎日ご指導なさっているんですか?

中村:
休み無しというか、アメフトを指導するのは仕事と思ってないんです。ライフワークのようなものなので。

 自分がいいと思ったものしか信じない

東:
中村さんはコーチ以外にも飲食業をなさっていますよね。

中村:
昔所属していた実業団チームのクラブハウスの横にあった空き地で手弁当で作ったバー「タモンズバー1号店」から始めて、何店舗か経営しています。

東:
タモンズバー1号店のお話は面白いですよね(笑)あとで詳しく聞かせてください。

小松:
現在は六本木に飲食店を出されていますよね。

中村:
はい、2016年7月にオープンした「ゴリゴリバーガー TAPROOM」というハンバーガーとクラフトビールを中心としたお店です。自慢の「ゴリゴリバーガー」は野菜が一切入ってません。分厚い肉が3枚挟まった「ゴリゴリバーガー3×3」が人気です。

東:
ハンバーガーづくりの修行などはなさったんですか?

中村:
いや、全くしてないです(笑)細かくノウハウを学んで「どうやったら儲かるのか?」「どうしたら人気が出るか?」なんて考えちゃダメなんですよ。自分が「これは大好きや!」と心から思えるものを提供する。肉だけのハンバーガーなんてハンバーガーじゃない!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも私は素人なので、既成概念をぶち壊すつもりでやっています。“自分が食べて美味しいものをつくる”、これに徹底的にこだわりました。

東:
お店にはよく顔を出されるのですか?

中村:
現在はお店に立って実際に接客するというよりは裏方の仕事を担当したり、お店で開催されるミーティングや友人との飲み会に出席している感じです。スタッフのみんなが本当に一生懸命やってくれているので、感謝しています。

小松:
もともと飲食業に興味があったのですか?

中村:
プロ選手としてアメリカやヨーロッパでプレーしていた時から将来は飲食業をやりたいなと思っていたので、日本と海外を行き来しながら現役中に友人と一緒にお店を作ったんです。最初は1998年頃に大阪で開いたスポーツバーでした。当時はスポーツの映像を流しながら酒を飲むというスタイルのお店は日本にほとんどなく、“スポーツバー”という概念そのものが珍しかったと思います。

小松:
確かに昔はなかったですね。

中村:
その後、2007年に現役を引退するのですが、そのタイミングで東京・六本木にも鉄板焼きのお店を出しました。そのお店を運営しながら思いついたのが、今のハンバーガー店です。大阪店で試行錯誤し、お客さんの反応がよかったレシピを主軸として、鉄板焼き店を改造してハンバーガー店にしたんです。

東:
なるほど。コーチ業に飲食店経営。多方面で活躍される中村さんですが、次回はアメフトとの出会いのお話から聞かせてください。
(つづく)

次回の「自分の弱さを知り、鍛える。その繰り返ししかない。」(中編)は、5月29日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。