Career shift

成田童夢 / Narita Doumu   元スノーボードハーフパイプ選手|現在:

オリンピックは手段だった 元スノーボードハーフパイプ日本代表・成田童夢(中編)

Profile

 

成田童夢(なりた・どうむ)
元スノーボード選手、サブカルチャータレント。
大阪市住之江区出身。血液型AB型。2006年トリノオリンピック・スノーボードハーフパイプ日本代表。アニメ、漫画、ゲーム、アイドル等の情報発信やMC、オタ芸師を主な活動範囲としている。また、舞台やショートムービーの俳優業も務め、マルチタレントとしても手広く活動中。父はスノーボードコーチの成田隆史、妹は元スノーボード選手の今井メロ、弟はフリースタイルスキー選手・パラアスリート、平昌パラリンピック金メダリストの成田緑夢(ぐりむ)。

 大きな転換期となったトリノ五輪

東:
成田さんがオリンピックをめざすきっかけとなったことってあるんですか?

成田:
実は中学3年の時に、父親に言われたことがきっかけなんです。

小松:
何と言われたのでしょう?

成田:
「スノーボードを続けるか進学するか。どちらかを選べ」と。私が出した答えはどちらでもなかったんです。「じゃあ何がしたいんだ?」って問われた時に「声優になりたい」って答えました。

東:
反応はどうでした?

成田:
「なんやそれ?」と言われました(笑)父親は声優のことをわかっていなかったので、説明をしたら、ある種のタレントのようなものだと理解してくれたんです。そしてちょっと考えて、父親は「わかった、お前がやりたいことをやらせてやる。ただし1つ条件がある。進学せずにスノーボードをやれ。それでオリンピックに出たら、好きなことをやらせてやる。」と言われたんです。

東:
あ、なるほど。将来声優になると決めているのであれば、学校に通うことは必須ではないですし、知名度を上げることのほうが重要だと。声優はタレントだから知名度が大事。成田さんはスノーボードがうまいのだから、オリンピックに行くことで有名になって、知名度を上げろと。

成田:
多分そういうことを父親は考えていたんだと思います。

東:
15歳でその選択って、すごいですね。それは成田さんご自身は理解したんですか?

成田:
いや、わからなかったです。すごく厳格な父親でしたから、基本的に口答えできないんで。確か15歳の10月ぐらいに言われたんですよ。今シーズン中にプロの資格を取れと。それがクリアできなかったら、定時制でもなんでもいいから高校に行ってスノーボードは辞める。これが一つのハードルでした。それで私は運良くプロになれたんです。

小松:
プロの試験というのはどういうものですか?

成田:
プロが出場している大会で上位の成績を残す、という単純明快なものです。細かくいうと色々あるんですが、まず選ばれてプロレースというものに出場します。このプロレースというのは当時人気があって、200人ぐらいが参加していたんです。その中にアマチュアが30人ぐらいいて、プロに混じって上位12名の中に入るとすぐにプロになれるのですが、その選考でギリギリ12番目になってプロになれました。

小松:
200人の中の12人に。それも15歳で。すごいですね。

成田:
そして次のハードルが、オリンピックへの出場資格を得るためにナショナルチームに入るという関門でした。

小松:
そこから4年後に2006年のトリノオリンピックがありました。

成田:
ですが、私は19歳の3月に前十字靭帯の断裂という大怪我をしました。それで入院中に北島康介さんやイアン・ソープさんの自伝、あと色々な指導者の指導法みたいな本を読んでました。その時に父親のコーチングに初めて疑問を持ったんです。父親の指導法はやりすぎだって(笑)私がこういう大怪我をしたのも、一気にバツンと断裂したわけではなく、蓄積した疲労が原因だったので、休ませることが必要だったんです。そして、そういう考えを持ったまま、退院して実家に戻りました

東:
どうでした?

成田:
帰るなり父親に「トランポリンを飛べ」って言われました(笑)
私は「それは無理だ、今は休ませないと」って言ったんです。そうしたら、「何言ってんだ。病院で散々休んだだろ」って言うんですよ。その時は日本代表にも選考されていなかったしオリンピックも直前に控えていたので、今後のために今は練習を休ませてほしいと伝えましたが・・・。

小松:
お父さんは、理解してくれました?

成田:
いえ、理解してくれませんでした。だから私は家を出ることにしました。

小松:
お母さんはその時、何か言いましたか。

成田:
母親はスポーツに関することには何も口出しをしません。生活の中でケアはしてくれていましたけど。他のことでも、父親には誰も口出しできなかったんです。

 オリンピックを目指すのに、家がない

東:
家を出て、どこに住んでいたんですか?

成田:
家を出てとりあえず都内に来たわけですが、はじめの一週間は行くあてもなく漫画喫茶で寝泊まりしていました。ボードケースを持ちながらの移動で大変だったのですが、東京でたまたま知り合った方がマンションオーナーでして「来年建て直そうと思ってる物件があるから、取り壊すまでそこに住みなよ」と言ってくれたのです。

小松:
オリンピックを控えているのに、家がないなんて。壮絶ですね。

成田:
はい、住居はこれでなんとか確保できました。そして生活費は当時のスポンサーとやりとりして、出してもらっていました。

東:
どちらのメーカーにスポンサードしてもらっていたんですか?

成田:
キスマークさんです。社会人経験がないから、とりあえず暮らしていけるだけのお金をスポンサードしてほしいって言ったら「頑張れよ!」と、全面的にバックアップしてくださいました。これでついに親から独立したんです。

東:
なるほど。キスマークさん、当時はかなり露出していましたよね。練習はどうしていたんですか?

成田:
これがまた運命的な話があるんです。何も考えずにスノーボードだけを持って東京に出てきて、これからどうしようかなって悩んでいました。

東:
随分な無茶をしますね(笑)。

成田:
完全に家出です。それで東京のおばさんのように慕っていた方とご飯を食べていた時に「トレーニング場所はどうするの?」って聞かれたんですが、こっちは住むところもないのにそんなことまで考えられなくて「今はいいです。そこまで考えられません」って答えたんです。

東:
たしかにそうですよね。

成田:
ある日、そのおばさんが食事に連れてってくれたんですが、その席で私のキーパーソンになる三浦恵美里さんという女性と出会ったんです。三浦さんが私に向かって、「昔から弟がお世話になっています」って言うので、弟って誰だろう?って・・・

小松:
誰だったのですか?

成田:
リレハンメルオリンピックでモーグルスキー日本代表の三浦豪太さんだったんです。私はもともとモーグルスキー出身だったのですが、その時一緒に滑っていたんですよ。

小松:
三浦豪太さん、現在はオリンピックのモーグルの解説で有名ですね。それに、お父さんの三浦雄一郎さんとともにエベレスト登山をはじめ、アルピニストとしても活躍されています。

成田:
それで「代々木にうちのトレーニング施設があるから使いなさい」って言ってくださったんです。

小松:
そこで再会できるなんて、奇跡の出会いですね。

成田:
はい、それで久しぶりに豪太さんにお会いして、いろいろと事情を話したら「トレーニングも見るよ」と、直接のコーチもしてくださって。

東:
なんとコーチまで見つかったという(笑)。

成田:
はい、これがトリノオリンピック前の話です。今でも豪太さんとは仲良くさせていただいています。

小松:
お父さんは成田さんのことを探さなかったのですか。

成田:
特に捜索願いも出されていなかったので別にいいかなと(笑)

小松:
「巨人の星」の星一徹みたいですね。

成田:
父親と離れた私は、豪太さんのもとでトレーニングを受けることになりました。豪太さんもトップアスリートですから、トレーニングだけでなく、怪我の対処方法も詳しくて。怪我をしている時の練習法も教えてくれたんです。

小松:
そんな状況の中でも、成田さんのオリンピックへの意思は変わらなかったんですか?

 オリンピックに出る目的が変わる

成田:
はい、変わりませんでした。昔は「声優になるためにオリンピックに出る」と考えていたんですが、その時はオリンピックに出ることが第一になっていました。スポンサーもついてくれていましたし、自分の声優になる夢とか、そんなことを言っている場合じゃなかったです。父親から離れるのが第一、スポンサーのためにオリンピックに出場するのが第二の目的でしたから。

東:
スポンサーの支援に報いるためにオリンピックに出るという意思がすごいですね。長い間トップクラスにいた成田さんは、どのようなトレーニングをしていましたか?

成田:
朝から晩まで練習していました。私は他の人より運動神経がない自覚を持っていましたから。いまだに球技苦手ですし(笑)

東:
球技が苦手だという人、スキーやスノーボードの選手に多いと聞きます。逆に球技系のアスリートはスノーボードなどが苦手な人も多いです。

成田:
球技って日本においてはある意味、学校教育の一環ですよね。実は学校の体育の授業って大嫌いだったんですよ。球技以外には体操ぐらいしかないし、跳び箱をやらされるのが本当に嫌でしたね。いわゆる学校の体育の競技が苦手でした。だから子どものころ、「なんであいつ運動オンチなのにスノーボードできるの? おかしくない?」って思われていました。しかも大会で学校にはあんまり来ないし、久しぶりに来たと思ったらトロフィーだけ持ってきて、学校の授業も全然出ていませんでしたし。

東:
それでも、周りの大人はそんな成田さんを持ち上げていたんでしょうね。有名だったから。周りには面白く思われていなかったかも知れないですね。

小松:
そしていよいよオリンピック出場を果たします。成田さんはプロとしてのトリノの舞台に立つという責任を果たした。でも、ご自身の満足いく結果とならずに・・・・・・。

成田:
はい、まったくダメでした。それで、2006年トリノオリンピック直後に開催されたワールドカップでまた怪我をするんです。肺挫傷という怪我で肺に骨が刺さってしまって。

小松:
トリノオリンピックの後、引退を思わなかったのですか?

成田:
それは全然なかったです。オリンピックでは結果を出せなかったから、もう一度行かなきゃって思っていました。スポンサーのためというのも、もちろんありましたけど。

 「オリンピック選手」としてしか見られない辛さ

東:
声優になるという目標はまだ持っていたんですか?

成田:
それが、この頃はなくなってましたね。それよりも「生活する、生きるためにどうする?」みたいなことを考えるのが優先でしたから。

小松:
そこまで追い詰められていた。2011年に現役引退を発表されますが、トリノから引退まではどのような生活を?

成田:
トリノの後、結構自暴自棄になっていましたね。引きこもりというか、そういう状態になって、外部との関係を一切シャットダウンしていました。豪太さんともお会いしていませんでした。

東:
本当に一人きりですか?

成田:
はい、本当に一人きりの状態でした。当時お付き合いしていた方がいたのですが、彼女は私のことを見ていたのではなく、オリンピック選手としての成田童夢を見ていたのが分かった時は本当に落ち込みましたね。

小松:
一番大切な人がそんなふうに離れていった。ショックだったでしょうね。

成田:
はい。それで引きこもって、廃人のように毎日パソコンでネットゲームをしていました。

小松:
それでもスノーボードを辞めなかった。

成田:
オリンピックの後、スポンサーはいなくなりました。でも別の支援してくださるという方が現れて。その方に「オリンピックに出てほしい」って言われたんですね。

東:
ああ、やっぱりそうなるんですね。

成田:
私の存在意義って「オリンピックに出ることだけなのかな?それ以外に価値はないのかな?」って思うようになったんです。とはいえ、それなりのお金をいただいた手前もあって「やれるだけやってみます、でもどうなるかはわかりません」とお伝えしてました。でも、当時は自分自身が本当に何をやりたいのかわからない状態ですから、当然練習にも本腰が入らず、時期が近くなるにつれ、とりあえずやるしかないと思って練習をしていました。
スノーボードをやりつつも他に何か打ち込めるものがないかなって考えたり、歌が好きなのでヒップホップを歌ってみたりもしました。中には一緒に歌をやろうって誘ってくれた人もいて。私はオリンピックの舞台で世界と戦ってきたので、やるならどうしても上を目指したくなってしまう性分なんです。だから、「どうせやるなら武道館ワンマンぐらい目指さないとダメでしょ?そういう気持ちでやらないと意味ないじゃん!」みたいに話していたら、疎遠になり、解散してしまいました。

東:
音楽の道も考えたんですね。

成田:
はい、私は今までの人生をスノーボードに捧げてきて、オリンピックという世界で一番大きな大会に向けて練習して出場しました。そこで勝てずにアーティストになるんだったら、例えば武道館公演というような大きな目標を掲げないとダメだよね、って考えてたんです。

 転機は弟の存在だった

東:
色々なアスリートの方と話をしていて感じるのは、目標を立ててそれを達成するという思いと頑張る力がとても強い方が多いということです。今の成田さんもそうですけど、スポーツのみならず、違うジャンルでも「頑張れる力」というのを活かして活躍されているという印象があります。

成田:
個人競技の選手だった人って、組織で働くことは難しいと思うんです。1番を目指そうとしちゃうので、周りが見えなくて周囲から反感を買うんですよね。ごめんなさい、脱線しました。スノーボードの話をしますね。
次のオリンピックに出場しようと練習をするため、スノーボードのレッスンを行いながら長野にあるスキー場のペンションに住み込みで居候させてもらっていた時、弟(成田緑夢さん)が会いに来て、久しぶりにスノーボードをやりたいって言い出したんです。

小松:
スノーボードのコーチも?

成田:
はい、当時からやっていました。それで突然会いに来た弟に、今まで何をやってたんだ?って聞いたら、ずっとトランポリンをやってた、って言うんです。しばらく一緒に滑っていると、弟が急に「ちょっと見てて!」っていいながらハーフパイプに入っていったんですよ。

東:
どうでした?

成田:
そこで当時、世界一のスノーボーダーであるショーン・ホワイトにしかできないと言われていた大技、ダブルマックツイストを弟が一発で決めたんですね。それを目の前で見せられて、「もう辞めよう」って思ったんです。弟にバトンを渡そうって。

小松:
その気持ちは弟さんには告げたのですか。

成田:
いや、すごい複雑な気持ちでしたよね。嬉しいけど悔しいし、たった一回であんなすごい大技を決めちゃうなんて、自分がスノーボードをやってきた意味あるのかなって。もう競技者は無理かなって思ってしまったんです。

東:
成田さんにスノーボードを諦めさせたのが弟さんというのがすごいですね。

小松:
次回は、板を脱ぎ、新しい世界へと踏み出す成田さんのお話を中心に聞かせてください。
(つづく)

次回の「自分にしかできないことをやる(後編)」は、3月1日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。