Career shift

成田童夢 / Narita Doumu   元スノーボードハーフパイプ選手|現在:

自分にしかできないことをやる 元スノーボードハーフパイプ日本代表・成田童夢(後編)

Profile

 

成田童夢(なりた・どうむ)
元スノーボード選手、サブカルチャータレント。
大阪市住之江区出身。血液型AB型。2006年トリノオリンピック・スノーボードハーフパイプ日本代表。アニメ、漫画、ゲーム、アイドル等の情報発信やMC、オタ芸師を主な活動範囲としている。また、舞台やショートムービーの俳優業も務め、マルチタレントとしても手広く活動中。父はスノーボードコーチの成田隆史、妹は元スノーボード選手の今井メロ、弟はフリースタイルスキー選手・パラアスリート、平昌パラリンピック金メダリストの成田緑夢(ぐりむ)。

 心の怪我はなかなか治らない

小松:
怒濤のような人生を送られてきた中で、もうダメだと諦めたことはありましたか。

成田:
人間不信になった時には、立ち上がれませんでしたね。トリノオリンピック出場前は、すごくメディアの方が取り上げてくださったんですが、終わった瞬間、蜘蛛の子を散らすかのようにいなくなりました。正直「え、なんなの?この人たちは!?」って思いましたよ。それまで仲良くさせて頂いていた人もいたんですけど、オリンピックが終わるとそれまでの関係も変わりました。本当に多くの人がいなくなって、「人ってこういう行動を取るんだ」って感じました。それから人間不信になってしまったんですよ。

小松:
それは、人間の心理の向こう側を見てしまったということですね。

成田:
はい、メディアだけでなくて、スポンサーもです。

小松:
スポンサーのために目指した最高の舞台がオリンピック。そこでメダルが取れなかったら、スポンサーは離れてしまう。厳しい現実ですね。

成田:
はい、そうですね。でも、今だから言えますが、メダルを取らなくて良かったのかなという気持ちもあります。人の裏側ってこうなんだ、って知れたので。

小松:
スポーツの宿命的な部分でもあります。勝っている時や調子がいい時は注目され、周囲は絶賛する。けれど負ければメディアは離れ、人はその存在を忘れてしまう。

東:
しかも、いくら努力をしていても、新しいスターが生まれればメディアはそちらに目がいきますしね。

成田:
まあでも、メディアの人が離れていってしまうのも単に私が結果をだせなかっただけ、とも言えます。

小松:
普通の発想であれば、アスリートは自分の道を決めて、そこから自分の舞台を築いていきますが、成田さんは、スノーボードとはまったく次元の違う表現を探し続けながら生きていますよね。

成田:
日本って、特にアスリートの世界はそうだと思いますが、1つのスポーツをやっていたら、それだけに集中しろという風潮がありますよね。世界では冬にスノーボードをやっていても、夏はサーフィンに取り組んだりもしますし。でも日本では、野球選手がサッカーをすると、足を怪我したらどうするんだとか、一つの道を究めることこそが正しいとかそういう議論になりませんか?それってその人の可能性を狭め、成長を止めることにもなると思うんですよ。

小松:
成田さんは現役時代、怪我に悩まされましたが、怪我とはどう向き合っていましたか?

成田:
一度怪我をしたところは、そこをまた怪我しないようにしてました。でも怪我って治るんですけど、心の怪我はなかなか治らないんです。

東:
心の怪我って、時間が経てば経つほど深くなり、広がっていきますよね。

小松:
今、メンタルはどうですか。心の怪我の状況は?

成田:
傷つく時は傷つきますよ。まあ、昔より対応できるようになりました。何かあっても「そういうもんだ」って思えるようになりました。あと、一喜一憂しても時間はみんな平等に流れるんだって考えたら、楽になりました。

小松:
そうですか。良かった。

 有名になることは、ただの通過点だ

小松:
引退後、アーティスト活動をはじめますね。最初のきっかけはなんだったのですか?

成田:
秋葉原です。もうスノーボードは辞めようかな、スノーボード以外でどうやって生活していこうかなって考えていた頃に、秋葉原界隈の仕事も少しずつ入ってきたりしていて。でも具体的に何かをしたい、っていう感じではなくて、秋葉原が好きだからっていう気持ちだけでやってたんですけどね。

小松:
その頃はどんな仕事を?

成田:
アイドルイベントのMCです。今でもやっていますけど(笑)ちょうどその頃AKBグループとかが盛り上がっていて、知り合いに「アイドルのプロデュースすればいいじゃん」って言われたんです。それで私の引退記者会見の時に、今後はアイドルを育成する!って宣言をしました。でも、朝青龍関の引退会見の当日か次の日だったこともあり、あまりメディアでは取り上げられませんでした(笑)

東:
それはタイミングが悪かったですね(笑)ヒップホップグループ「きどいち!」のMC106という名前でも活動なさっていましたね。

小松:
そして本当にアイドルもデビューさせました。

成田:
はい、色々大変だったんですが、結成して3ヶ月で赤坂BLITZに立たせることができました。なかなか3ヶ月で赤坂BLITZで公演することは出来ないですよね。ただ、私はアイドルの子たちに「アイドルになることが終着点ではない、世間に広く名前を売るためにアイドルをやってるんだよ」ってことを伝えました。自分にとって、オリンピックが終着点でなくてスタートだったのと同じように。

小松:
それはお父さんから習ったことですね。

成田:
はい、そうなんですが、アイドルプロデュースをしている中で、私の意図していたものと夢半ばで現状満足している彼女たちの姿勢に方向性の違いを感じたんです。音楽をやるなら絶対に武道館を目指すって話じゃないですけど、私としては、頂点を目指さないのならやる意味ないじゃんって意気消沈してしまって。その時に、プロデューサーの立場では限界があるなら、自分自身がアーティストやタレントになって前に出よう、と。

東:
なるほど・・・

成田:
それで「アウト×デラックス」という番組に「オリンピックを踏み台にした男」という肩書きで出させていただいた時に、俺は声優になるためにオリンピックに出たんです、といい続けました。プロモーションですよね(笑)
その後、声優学校に通ったり、ご縁で声優の水島裕さんに教えていただいたり。

小松:
結婚もなさり、現在はカフェのプロデュースもされています。今のご自身の職業を説明するとしたら?

成田:
自由人ですね。何にも縛られたくないし、自分の好きなことを“推し事”として全力でやりたいんです。

 天狗になることの怖さ

小松:
現在、スノーボードには関わっていますか。

成田:
プライベートでは滑っていませんが、指導はしています。スノーボードは私よりも、妹の方が関わっていますね。去年も全日本選手権で優勝していますし。

小松:
妹の今井メロさん、弟の成田緑夢さんには会っていますか?

成田:
妹には月1ペースで、弟にも3ヶ月に1度ぐらいのペースで会っていますよ。

小松:
緑夢さんは2013年4月、トランポリンの練習中の事故によって左足の腓骨神経麻痺の重傷を負われます。リハビリを経てハーフパイプに復帰し、平昌からパラリンピックの選手へ転向しました。その時、相談は受けたのですか?

成田:
いえ、それはないです。彼は彼なりの道を進んでいますからね。

東:
平昌パラリンピックのスノーボード日本代表になり、スノーボードクロスで銅メダルを、スノーボードバンクドスラロームで金メダルを獲得しましたね。

成田:
今の彼に言いたいことがあるとすれば、有名になって天狗になってはいけない、ってことですかね。私がそうだったんですけど。

東:
天狗になるな、ですか?

成田:
アスリートって、努力して結果を出すことで、日本代表に選ばれたり、オリンピックに出場してメダルを取ったり世界大会で優勝したりしますよね。そうすると、自分が他の人とは違う存在なんだ、他の奴らと一緒にしてくれるな、みたいな気分になるんですよ。恥ずかしながら、私はオリンピックに出場した時そうでした。

小松:
天狗になるとは、具体的にどのようなことですか。

成田:
自分は特別な人間なんだ、って思うことですね。それが自分の原動力になっている部分もありますよ。俺に任せろ!俺にしかできないことをやる!と。

小松:
成田さん自身も、注目を集めて、最終的に世間から手のひらを返された時には、天狗になったことが原因だったと思いましたか。

成田:
そこは関係なくて、ただ結果を出せなかったからだと思いますよ。もし私が金メダルを獲っていたら、自分が天狗だったことには気づいていなかったと思います。そのままちやほやされていたでしょうし。

小松:
私はメダリストを大勢取材していますが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の如く、真摯で謙虚な方ばかりです。天狗になる人とそうでない人、分けるものはなんでしょう?

成田:
どれだけ場数を踏んでいるか、つまりキャリアの違いですかね?それと、全てのことに感謝しているかどうか、ではないでしょうか。成績を残したとしても、それは自分一人の実力ではなく、色んな場面でサポートしてくれる方たちあってのことなんですよね。それに気づけたとき、自然と感謝の気持ちが溢れてくのかなと。アスリートってつい「俺は才能があるからここまでこれたんだ、俺ってすげえ」という風に勘違いしてしまいがち。でもそれだけだと必ずどこかで痛い目に遭うんです。

小松:
成田さんの経験は、他のアスリートのお手本になる部分もありますね。

東:
スポーツマネジメントの観点でも示唆に富んだお話でしたし、様々な経験を掛け合わせることの大切さを知りました。これからどういう活動をされていくのか楽しみです。

 「今」にすべてを賭けたい

小松:
これからの人生、どういった展開を考えていますか。

成田:
その時の直感で面白いと思ったことをやっていきます。もちろんあらかじめ未来のビジョンを持つことも必要ですが、最近は、最後は笑って死ねればいいかなって思っています。だからと言って「それじゃあ、その最後を笑って死ぬには何をしようか」っていうのを考えているようじゃダメだと思うんですよね。
今ここにある全てに賭けて、自分の興味のあるものに全力で取り組むことが大切なんじゃないかなと。

小松:
今の成田さん、楽しそうですね。

成田:
そうですね。最近は、秋葉原カルチャーを前に出していこうというビジネスに力を入れています。引退してから秋葉原に住み始めて、もう6、7年になりますかね。そもそも秋葉原のカルチャーは、スノーボードを始める前から好きだったんですが、最初から今やっているような活動をしようとは思っていませんでしたね。単に私の心の支えだったんです。アニメとか漫画とかゲームのカルチャーが。

東:
秋葉原カルチャーをどのようなビジネスにしようと考えているんですか?

成田:
この秋葉原カルチャーを、日本にとどまらず、もっと世界に発信するべきだ。そのために私ができることは何だろうって考えたんです。
最初は漫画を描いたりしていたのですが画力が足りず、かといってミュージシャンになってアニメの主題歌でも歌うか、というのもハードルが高いですよね。色々なことを見て、勉強して、自分にしかできないことって何だろう?って考えた結果、幼少期よりやっていたスノーボード、つまりエクストリーム系のスポーツと秋葉原のアニメ文化を融合させて、その架け橋になることだと思って取り組んでいます。

小松:
秋葉原という街がターニングポイントになっている。

成田:
厳密に言うと、秋葉原に移ってきたこと、です。移り住んだ頃は、もっとこの文化を深く知りたいなっていうステージにいました。そして私が30歳になった時に会社を立ち上げて、その架け橋になるビジネスを始めました。その一つとして、日本痛板協会の名誉会長に就任しています。

東:
痛板(いたいた)協会! それはどういった協会なんですか?

成田:
アニメとか漫画のキャラクターをデコレートするのを「痛」っていうんですよね。車にデコレートしたら「痛車」とかですね。それと同様に、スノーボードにアニメや漫画のキャラクターをデコレートして「痛板」という文化があります。いわば「同好会」を拡散させた様なものになります。あと、小学生の間で流行っている腰を軸にして前に進んでいくスケートボードみたいな「キャスターボード」という遊具があるのですが、その競技化や拡散をしていく活動もしております。それらを通して、アスリートの経験を子どもたちにも体験してもらいたいなと考えています。

小松:
新元号を迎える年が、その活動の元年ってことですね。素晴らしいですね。

成田:
ありがとうございます。あと今日は面白いものを持ってきました。

東:
え、なんですか?

成田:
私は今までスノーボードをはじめとした、体を動かす競技ばかりやってきましたが、最近は頭を使ったり誰でも簡単に取り組めるような競技は何かないだろうか?と考えていた矢先、とある団体からオファーをいただいたんですよ。その団体の公式レーサーをしています。

小松:
なんでしょう、その団体とは。

東:
えーっと、なんだろう?
(成田さん、カバンから何かを取り出す)

お〜〜! ドローンですか!

成田:
そうなんですよ。この小型のドローンを使ってレースをするんですよ。
(機体の販売はしないとのことです)

東:
それはお手頃ですね。

成田:
このドローンのレースをまずは子どもたちに普及させたいのです。もちろん大人の方にもやってほしいのですが、ドローンってある程度操縦方法を覚えると、絶対子どもの方が上達が早いと思うんです。私は今、ドローンをスポーツ化しようとしている会社とタッグを組んでその普及活動をしています。

小松:
どういった経緯でこのお話になったんですか?

成田:
私は色々なガジェットが好きで、その事を耳にしてくれた方から直接「良かったらドローンを一緒に盛り上げてくれないか」というお誘いをいただきました。

小松:
最近注目されているeスポーツに近いですか。

成田:
ドローンを競技にするというのは、実際に存在するものを動かすという意味ではeスポーツより通常のスポーツに近いかもしれませんね。しかもeスポーツと同じように全国各地、世界中でネットを通じて対戦できるんです。

 原体験を大切にする

小松:
成田さんは、アニメや漫画などの秋葉原カルチャーが心の支えだと以前から話をしていましたが、それは現役時代からですか?

成田:
はい、もちろんです。スノーボード歴よりアニメ大好き歴の方が長いので(笑)

小松:
私の世代は手塚治虫という巨匠がいまして、皆、そこからアニメに触れるのですが、成田さんが最初に観たアニメはなんですか?

成田:
ドラえもんです。ドラえもん大好きで、本当にこの世にああいう存在がいると、3〜4歳の頃は思っていましたよ(笑)ドラえもんをはじめとするアニメや漫画から独創性や新しい考え、自分が何をすればいいのか?というのを学んでいきました。

東:
ドラえもんからはじまって、色々なアニメや漫画に触れたんですか?

成田:
それはありとあらゆるものです。「週刊少年ジャンプ」が好きだったので、「聖闘士星矢」とか「ドラゴンボール」とか、「幽☆遊☆白書」や「スラムダンク」などを読んでました。漫画って暇つぶしで読む人いるじゃないですか。でも私にとっての漫画は教科書みたいなもので、全てに色々な学びがあるように、何かしら得るものが有ったんです。

小松:
個人の原風景を創るアニメ体験って、多くの人にありますよね。そのアニメや漫画と親和性の高い秋葉原で、新しいビジネスを、というのが成田さんらしい斬新さです。

東:
本当に「これだ!」と思ったことを全力でやるのは、現役時代も今も変わってないですね。

成田:
「人に夢と感動を与える」というキーワードを、現役時代から持ち続けています。その軸だけはブレることのない様に、これからも色々なことに挑戦し続けていきたいです。

小松:
ここで改めて成田さんの現在の活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、夢組CEOやJIBA名誉会長、サブカルチャータレントとしての活動に加えて、ドローンレースの普及やカフェの経営者などスノーボードとは最も関連が少ない「C」の領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
自らのオリンピックアスリートという経歴に頼るのではなく、活かしながら新たなキャリアでご活躍なさっている姿は、多くのアスリートにとってヒントになるのではないでしょうか。

小松:
きっと三年後にお話を伺うと、また新たなチャレンジをなさっているのでしょうね。

東:
いや〜、楽しかったです! 本日はありがとうございました。

成田:
こちらこそ、ありがとうございました!
(おわり)

次回は、元バスケットボール日本代表・萩原美樹子さんです。3月4日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。