Career shift

岡田友梨 / Okada Yuri   元女子レスリング選手|現在:

体型で悩む全ての女性を笑顔にしたい 元女子レスリング日本代表・岡田友梨(旧姓甲斐)(後編)

Profile

 

岡田友梨(おかだ・ゆり)
1984年生まれ。滋賀県出身。元レスリング日本代表。人生の20年間を格闘技(柔道・レスリング)に没頭。鍛えた肉体を美しく見せる服をつくるために選手時代から素材や着こなしを研究し、引退後起業。筋肉のボリューム対策と着痩せに特化した女性用アパレルブランド「KINGLILY(キングリリー)」を取り扱うKINGLILY株式会社の代表兼デザイナー。企画からデザイン、訴求、販売までを自社で行う。着痩せテクを得意とし、専用インスタグラムはフォロワー7万人を突破。着痩せの情報交換と交流に特化したオンラインサロンは立ち上げから1年半、毎月約150名が所属し運営中。着痩せ監修の企業オファーも個人で受けている。座右の銘は「強く、美しく」「YES I CAN」。死ぬまでの目標は、アスリートのセカンドキャリアのロールモデルの一人になることと、自分の意思や価値観で自分の生きがいややりがいを決められる大人を一人でも多く増やすこと。

小松:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。元女子レスリング日本代表・岡田友梨(旧姓甲斐)さんへのインタビューもいよいよ後編、最終回となりました。

東:
前回の中編では、小原日登美選手という世界最強の存在と過ごした現役時代、レスリング選手としての岡田さんにフォーカスしてお話を伺ってまいりましたが、後編ではアスリートのセカンドキャリアや現在のお仕事について深掘りさせていただきたいと思います。

 レスリングを仕事にする

小松:
岡田さんは、至学館大学(旧・中京女子大学)をご卒業後、実業団選手としてレスリングを続けられましたが、どちらに所属なさっていたのでしょうか?

岡田:
アイシン・エィ・ダブリュという自動車のオートマチックトランスミッションやカーナビゲーションシステムの製造で世界トップシェアの会社のレスリング部に所属していました。

東:
アイシン・エィ・ダブリュはバスケットボールをはじめ様々なスポーツに力を入れていますよね。

岡田:
そうですね。私はアイシン・エィ・ダブリュレスリング部の一期生ですが、現在でも毎年一名ずつ採用してくださっています。

小松:
現役時代はどのようなスタイルでお仕事に取り組んでいらしたのですか?

岡田:
入社時に「レスリングだけではなく、お仕事もさせてください」とお願いして、週に三日は通常の業務に従事し、それ以外の時間は寝ても覚めてもレスリングという生活を送っていました。

東:
レスリングが大好きで、凄まじい練習量をおこなう岡田さんであれば、通常の業務はおこなわず、レスリングのみに集中するスタイルを選ぶようなイメージがあるのですが、意外ですね。

岡田:
いずれレスリングを辞める日が来ますから。その時に何も出来ない人間にはなりたくなかったので、仕事もしなければいけないと考えていました。

小松:
大学を卒業した頃にはすでにセカンドキャリアを意識なさっていたのですね。

東:
とはいえ、仕事と練習を両立するのは相当きつかったのではないですか?

岡田:
想像以上にきつかったです(笑)通常の全体練習もかなり厳しいのですが、私は全体練習以外にも筋力トレーニングなどの自主的な練習をしていましたから。本当に自分でも気持ち悪いぐらい練習していました(笑)そんな生活を送りながら、仕事もしなくてはいけないと思い、業務に向き合ってはいたのですが、やっぱり心から「仕事がしたい、学びたい」と思っているわけではなく、「そうしなくてはいけない気がする」という気持ちで仕事をしていたので頑張りきることが出来なくて。

東:
慣れない仕事に取り組みながら、他の選手以上に練習していたわけですから、無理もないですよね・・・

岡田:
レスリングのほうでも怪我が続いてしまったので、悩んだ結果、今はレスリングに集中することが大切だと思って、上司に直談判に行きまして「ごめんなさい、やっぱり仕事をせずにレスリングだけやらせてください」とお願いしたんです。

小松:
まずは仕事との両立に挑戦した後、難しければきっぱりと決断して、自らにとって今、最も大切にすべきものを見極めた上で最善の環境をつくるために交渉なさったわけですね。素晴らしい判断力と行動力です。

岡田:
結果、徐々に勤務時間を減らしていただき、最終的には月に一度挨拶にいく程度で、それ以外の時間はレスリングに集中していいと言っていただけまして。

東:
そこからはレスリングに集中する日々が始まったわけですね。

小松:
実業団選手としてはどのような目標をお持ちだったのでしょうか?

岡田:
もちろん、オリンピックを目指していました。実業団選手としてレスリングをするということは、会社の看板を掲げ、お給料をいただいて、仕事としてレスリングをやっているわけですから、それに見合った結果を出さなければいけません。

東:
見合った結果とは、実業団として日本一になることではなく、オリンピックでの活躍だったのですね。

岡田:
それまではただただレスリングが大好きで、試合や練習自体を楽しんでいたのですが、お金をもらうようになったことで、会社の期待に応えなければいけないという思いが芽生えてきて。
そこからはプレッシャーとの戦いが始まりました。「負けられない。負けたら辞めなければいけない」という思いが強くなって、結果を残さなければといけないというプレッシャーを自らにかけるようになり、試合をするのが怖くなりました。

小松:
会社からそんなにプレッシャーをかけられていたのでしょうか?

岡田:
いえ、私が勝手にプレッシャーに感じてしまっていただけなんです。アイシン・エィ・ダブリュは「夢を持っていることはいいことだ。挑戦している人を応援しよう」という企業文化のある会社で、とにかく素晴らしい環境で競技に取り組ませていただきました。だからこそ恩返しをしないといけないとプレッシャーに感じてしまっていたんです。

東:
岡田さんの意識が、いただいているフィーに対して最高のアウトプットを出さなければならないという本物の“プロフェッショナル”だったからこそのプレッシャーだったのだと思います。

小松:
最高のアウトプットにこだわることは、ビジネスにおいても大切ですよね。

 洋服を売りまくる

小松:
その後、岡田さんは全日本選手権での優勝や世界選手権での表彰台など数々の輝かしい実績を残された後、自らのオリンピックへの想いを小原選手に託して、現役を引退なさいました。

東:
引退後に、自分にしか出来ないことで多くの人に勇気を与えたいとの想いで、女子アスリートのためのファッションブランドを立ち上げるべく、ファッションデザインの専門学校に入学したものの、やりたいこととのギャップを感じて退学なさったところまでは前編でお話を伺いましたが、その後、どのような経緯で現在に至られたのでしょうか?

岡田:
専門学校を辞めてから、一旦ゼロに戻って「私は何がしたいんだろう?」と考えてみたのですが、やっぱり洋服をつくりたいとの思いは変わらなくて。ただ、デザイナーとしてはもちろん、アスリートとしても全く無名な私が「アスリートのための洋服をつくりました!」と言っても、誰も買ってはくれないだろうなと。

小松:
岡田さんが無名だなんて、とんでもないです。

岡田:
いえ、私のことなんて世間の人は誰も知らないです。オリンピアンであれば、ある程度の知名度があるかもしれませんが、レスリングで世界選手権三位の選手のことは世間では全然知られていないんです。

東:
悲しいですが、それが現実ですよね。僕もハンドボールの日本代表キャプテンだったといっても、街なかで気づかれたり声をかけられたりすることはほとんどありません。

岡田:
そんな私が洋服をデザインして、つくって、売らなくてはいけない。お客様にお金を出してでも「欲しい」と思ってもらわなければいけない。そうなるために、自分は何が出来るようにならなければいけないのだろう?と考えた時に、まずは世の中の“女子アスリート”ではなく“普通の女の子”たちに、私がコーディネートした洋服を「かわいい!」と思ってもらえるようになろうと思って。それで、洋服屋さんで販売員のアルバイトを始めることにしたんです。

小松:
思い立ったら即行動なさるところが素晴らしいですね。

岡田:
多くの洋服屋さんは、その人に似合っている洋服ではなく、店側が売りたいと思っている洋服や、在庫を持ちたくない流行りものの洋服を勧めますよね。本当は似合っていないと思っているのに「とっても良くお似合いです〜」とか言いながら(笑)

東:
確かにウソつけ!と思うような場合もありますね(笑)

岡田:
私はそういう売り方ではなく、体型に少々難がある人に徹底的に「こちらの方が絶対似合いますよ。こちらの方が絶対痩せて見えますよ」とお声がけをすることで、ものすごい数のお客様についていただくことが出来たんです。

小松:
すごいですね。なかなかそういう店員さんはいらっしゃらないです。

岡田:
私は十五歳で洋服が好きになったのですが、柔道で鍛え上げた筋肉モリモリの体型だったので、着たいと思うかわいい洋服が全然着られなくて、たまに着られたとしても全部太って見えてしまうことに長い間悩んできました。そのおかげで私には自分自身の身体で十年以上、どんな素材や形の洋服を選べば痩せて見えるのかを試行錯誤してきた経験と知識があるんです。販売員をやってみて、この感覚は私ならではの“大きな強み”になるのではないかなと思いました。

東:
なるほど、“かわいい洋服を着たいアスリート”はまだ潜在的なマーケットだったのかも知れませんが、“着痩せしたい女性”というマーケットはすでにあったわけですからね。

岡田:
そうなんです。着痩せ出来る洋服をご紹介することで「あなたから買いたい」というお客様がどんどん増えて、売上が上がることで上司にも評価していただき、私が働きたいと思った色々なブランドのお店で販売員の経験を積むことが出来ました。

小松:
自らの強みを存分に活かして、大活躍なさったわけですね。

 リスクを背負い、経営者になる

東:
販売員から経営者へは、どのようにシフトしていかれたのでしょうか?

岡田:
販売員のお仕事はトータルで三年間くらいやらせていただいて、自分の経験や知識で多くのお客様や上司、仲間たちにも喜んでもらえていたので、とても楽しかったのですが、自分のやりたいこととのギャップも感じていました。

小松:
どのような点にギャップを感じられていたのでしょうか?

岡田:
とても楽しいし、幸せな仕事だけれど、私じゃなくても出来るなと。どれだけ多く売り上げたとしても、客観的に見れば三十路の単なる洋服屋さんのアルバイトですから。やりたいことをやると偉そうなことを言って学校を辞めたくせに何も成し遂げていない上に、やりたいことをやるための道も拓けていない状況にモヤモヤしていました。どうしたらいいのかわからない中、facebookとブログで自分のつくりたい洋服のデザインをアップし続けていたら、ある日、とある企業で働いているパタンナー(ファッションデザイナーのイメージしたデザイン画を元に型紙(パターン)をつくることを専門とする人)の方から「僕の知識でよければお教えしますので、一度お会いしませんか?」と連絡が来て。

東:
SNSで自らのつくりたい洋服を発信していたら、興味を持ってくれる方が現れたと。その方とは実際にお会いしたのですか?

岡田:
はい、お会いして、とても丁寧に色々と教えていただきました。お話を伺ってみると、洋服をつくるにはデザインだけではなく色々な手順が必要だということが分かりました。そこから私のデザインを型に起こしてくれるパタンナーを探していたら「過去にバトミントンとキックボクシングをやっていたので、体型の問題で好きな洋服が着られない気持ち、すごくわかります」という元アスリートのパタンナーの方から連絡があって、その方と一緒にお仕事をすることになりました。

小松:
一気に人生が加速して、いよいよ事業が現実になりそうな流れですね。

岡田:
本格的に事業を進めていくにあたっては、私一人では出来ないことも多かったのですが、夫が仕事を辞めて本格的に参画してくれることになって、ここから二人三脚で歩みを進めていくことになったんです。

東:
旦那さんとしても勇気の必要な大きな決断だったでしょうね。

岡田:
どんなに苦しい時も「絶対に出来るよ!」と励まし、応援し続けてくれた夫には、本当に助けられてきました。

小松:
素敵な旦那様ですね。

岡田:
また、私の事業は洋服をデザインして、つくって、売ることなので、会社を設立するためにはまとまった資金が必要になります。当時の私はお金を集める方法なんて知りませんでしたから、色々な方にお話を聞いて、“創業融資”という制度を活用してお金を借りることにしました。

東:
創業融資、主に「日本政策金融公庫の融資制度」と「自治体の融資制度」を利用するようですが、かなり狭き門ですよね?

岡田:
そうなんです。しかも、私はこれまでに事業をしてきた実績もなく、事業計画書さえ書いたことがありませんでした。おまけに自己資金もゼロだったんです。自己資金の金額もどのぐらい本気なのかの評価に繋がると聞いたので、親や兄に自分がやりたいことを一生懸命説明して150万円を借りて、それを元手に必死で創業計画書を書いて、融資審査を受けたところ600万円を借りることが出来たんです。それで、親族から借りた150万円と創業融資の600万円を合わせた750万円で事業を始めることになりました。

小松:
多額の借金というリスクを背負って、いよいよ経営者になられたわけですね。まずは何をなさったのでしょう?

岡田:
どんな洋服をつくるのかというのは頭にあったので、その中から厳選して十種類をつくることに決めて、出来上がってくるまでの間に、知名度をあげるべくインスタグラムを始めました。
洋服の良し悪しは文章より写真の方が伝わりますし、「うちの洋服を着れば、こういった体型の方が、こんな風に見えますよ!」という他のブランドでは出せないインパクトのある写真を見せていこうと思って。そして、いよいよ洋服が完成したのですが、大きな問題が生まれてしまいまして。

東:
順調に進んでいたように思いますが、いったいどんな問題が生まれたのですか?

岡田:
国内で少数生産、ゼロからパターンを起こした結果、一着の価格が平均一万五千円とかなり高額になってしまって。

小松:
確かに誰もが気軽に買える価格ではないかも知れませんね。

東:
岡田さんのブランドのメインターゲットである“着痩せしたい女性”は、様々な要因で体型が崩れてしまった方々だと思いますが、その中でも子育て世代の女性は洋服にそんなにお金をかけられない場合も多いでしょうし、アスリートは洋服よりも自らの筋肉を鍛えるためにお金を遣いますものね。

岡田:
すでに価値を認識していただいているブランドでもないのにこれは高すぎる。どうしようと考えた結果、納得してもらえるように三つの付加価値を打ち出していくことにしました。一つはスタイルがよく見えること、二つ目に動きやすいこと、三つ目は一枚持っていれば何通りも着回せること。この三つの付加価値が伝わるように、インスタグラムでハッシュタグをつけて、私のデザインした洋服を着る前と着た後の写真をアップし続けたんです。それで、だんだん注目してもらえるようになって、「着痩せ出来るコーディネートを教えて欲しい」という連絡が来るようになったんです。

 マーケットを創り出す

小松:
着痩せ出来るコーディネートの指導は、お仕事としてなさっていたのでしょうか?

岡田:
はい、最初はそんなに高額ではありませんでしたが、お金を支払っていただいて、直接会いに行っていました。同じ洋服でも着こなし方で全然雰囲気が変わりますので、お客様の持っている洋服を見せていただいて、それを見ながらアドバイスをしたら、本業の洋服が完成する前に口コミで広がって仕事になり始めたんです。

東:
販売員をなさっていたご経験も活きていますよね。

岡田:
そうですね。並行してコストダウンにも取り組んで、少々高いけれどこのぐらいの値段だったら絶対に欲しい!と思ってもらえるものをつくるよう心がけました。この思いが広く伝わって、欲しいと思ってくれる人が増えれば、大量生産出来るようになって利益を生み出せるようになる。その時まで頑張ろうと思っていました。

東:
洋服を着るという行為には、体を布で隠すためや寒さを防ぐためなどの目的があるのだと思いますが、“自分を変える”ことも出来ますよね。KINGLILYブランドの洋服は単に商品としてではなく“着痩せ”という変身体験をお客様に提供出来るという思いですよね。

岡田:
はい、そういった思いと実際のビフォー・アフターの写真を世の中に発信し始めたら、少々高価でも、KINGLILYの洋服を買ってくださる方が世の中にたくさんいらしたんです。

小松:
とうとう潜在的だったマーケットを創り出したんですね。現在、年商はどの位なのでしょうか?

岡田:
2018年は売上が1000万円を超えました。今年は2000万円台に乗りそうです。

東:
順調に拡大なさっているのですね。最近では、モノを購入する際の決め手になるのは“機能よりもストーリー”と言われていますが、KINGLILYは経営者である岡田さんの生き様を含め、圧倒的に説得力のあるストーリーをお持ちですから、唯一無二のブランド価値ですよね。

岡田:
ありがとうございます。

 そのままでいいんだよ

小松:
自らが現役時代に悩んできた鍛え上げた肉体に似合う洋服がないという悩みを解決する洋服をつくるという夢を叶えられたわけですが、今後についてはどのようなビジョンをお持ちなのでしょうか?

岡田:
事業を始めてみて、私のお客様は鍛え上げた肉体を持つアスリートだけではなく、様々な理由でぽっちゃりしていたり、体型が崩れてしまった全ての女性なのだと気づきました。女性にとって体型はすごくナイーブな問題で、体型にコンプレックスがある人は、時として自分という人間を否定してしまいます。実際に痩せられるのなら誰でも痩せたいと思うのですが、なかなかそうもいかないですよね。でも、それが洋服を着ることで解決出来れば、たくさんの方々が笑顔になれると思うんです。今後は自社製品だけではなく、“着痩せ”のための様々な情報を提供し続けていくこともやっていきたいと考えています。

東:
全ての女性の体型の悩みを解決するお仕事をしていきたいということですね。

岡田:
そうですね。私は今、オンラインサロンを主宰していて、150名ぐらいのメンバーがいらっしゃるのですが、そこで“最強の着痩せ軍団”をつくりたいと思っているんです(笑)

小松:
最強の着痩せ軍団!どのようなお仕事をなさるのでしょうか?

岡田:
私は体型で悩んでいる世の中の全ての女性のお役に立ちたいと思っているのですが、私のブランドの洋服を着てもらうだけではなく、お客様がお持ちの洋服の中で着痩せが出来る着こなしをコーディネートすることもしていきたいと考えていて、私以外にもこのお仕事が出来る人を育てているんです。

東:
着痩せスタイリストや、着痩せコンサルタントのようなイメージでしょうか? 

岡田:
はい、オンラインサロンのメンバーはほとんどが主婦の方々なのですが、中には縫製の得意な方もいらっしゃいますので、着痩せに特化したリメイクが出来る方を育てていくのも楽しいかなと考えています。女性の体型をとことん美しく見せるために、本当の意味で「そのままでいいんだよ」と言ってあげられるチームをつくって、チームのメンバーを世に出していくのも現在の目標です。

小松:
幸せな女性が増える素晴らしい事業だと思います。

東:
さて、それでは改めて現在の岡田さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみますと、“KINGLILY”の経営者兼デザイナーである「C」の領域を中心に地域の小学生に向けたレスリングの体験教室の講師が「A」の領域、講演の講師が「D」の領域と、経営者を中心に活動なさっているということですね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
KINGLILYの洋服や理念は世界中の女性に受け入れられると思いますので、今後がますます楽しみですね。

東:
それでは、最後になりますが、レスリングという競技名を使わずに自己紹介をしていただけますか?

岡田:
人生のその時その瞬間の“自分の好き”に嘘をつかずとことん追求して、いつも今を一番楽しめる人間だと思います。

小松:
自分の好きに嘘をつかず、今を一番楽しむこと、とても素敵です!
これからも頑張ってください、応援しています。

東:
本日はありがとうございました。

岡田:
ありがとうございました。
(おわり)

次回は、元プロ野球選手・高森勇旗さんです。7月8日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。