Career shift

岡本依子 / Okamoto Yoriko   元テコンドー選手|現在:

一番大切にするものを決める シドニーオリンピック・テコンドー銅メダリスト 岡本依子(前編)

Profile

 

岡本依子(おかもと・よりこ)
1971年大阪府門真市生まれ。テコンドー元日本代表。シドニー、アテネ、北京と三大会連続でオリンピックに出場。2000年シドニーオリンピック銅メダリスト。世界テコンドー連盟公認四段。日本テコンドー界のパイオニア的存在であり、1993年テコンドー全日本選手権での初出場・初優勝以来、2009年の引退まで国内大会では無敗。現在は全日本テコンドー協会副会長を務めながら大阪で“ドリームテコンドースクール”の代表とNPO法人アスリートヘルスマネージメントの理事長を務めるなど様々な活動に従事。2006年キリスト教(プロテスタント)に入信し、現在、牧師としても活動している。

東:
今回はシドニーオリンピック・テコンドー女子67kg級銅メダリストの岡本依子さんにお話を伺います。岡本さんは日本テコンドー界のパイオニアですから、“テコンドー”といえば岡本さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

小松:
1993年に初出場したテコンドー全日本選手権で初優勝を飾って以来、2009年に現役を引退なさるまで国内大会では負け知らずという驚異的な強さを誇った、記憶にも記録にも残る名選手です。

東:
現役を引退なさってからは、全日本テコンドー協会副会長としてテコンドーの普及活動を行う他、“ドリームテコンドースクール”の代表とNPO法人アスリートヘルスマネージメントの理事長を務めておられるなど様々な活動に取り組まれていますが、特徴的なのはキリスト教の牧師として大阪ヴィジョン教会の牧会や海外宣教をしているところです。

小松:
現在の岡本さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみますと、全日本テコンドー協会副会長のお仕事が「B」の領域、自らが代表を務めるドリームテコンドースクールの運営やNPO法人アスリートヘルスマネージメントの理事長のお仕事が「C」の領域、キリスト教の牧師としてのお仕事は分類が難しいのですが、一旦「D」の領域とさせていただきます。本当に様々な領域で幅広くお仕事をなさっていることが分かりますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 “福音”を広めたい

東:
テコンドーはいつからオリンピックの正式競技になったのですか?

岡本:
2000年のシドニーオリンピックからです。1988年のソウル大会と1992年のバルセロナ大会で公開競技として実施され、シドニー大会から「テコンドー」、「トランポリン」、「トライアスロン」の「3T」と呼ばれる競技が加わりました。

小松:
現在、全日本テコンドー協会の副会長を始め幅広くご活躍なさっている岡本さんですが、最初は現在のお仕事について具体的なお話を伺っていきたいと思います。

東:
まずは岡本さんの現在の収入のポートフォリオについてお教えいただけますか?

岡本:
大阪で“ドリームテコンドースクール”というテコンドーの教室での指導と、講演やスポーツ教室が主な収入源です。

小松:
ドリームテコンドースクールではどのようなお仕事をなさっているのでしょうか?

岡本:
大阪市北区にあるビルの3階でテコンドースクールの運営と指導をしています。

東:
実際に岡本さんの指導を受けることが出来るのでしょうか?

岡本:
はい、私は主にパーソナルトレーニングや指導者講習などの担当で、その他のレッスンは別の指導者にお願いしていますが。

小松:
そちらの事業でご自身が十分に生活していけるだけの収入を得られているのでしょうか?

岡本:
トントンくらいです。

東:
全日本テコンドー協会でのお仕事からはどのくらいの収入を得られているのですか?

岡本:
全日本テコンドー協会については交通費をいただく程度です。

小松:
岡本さんは2006年に韓国で洗礼を受け、プロテスタントのクリスチャンになられて、現在は牧師としての活動をなさっていますが、そちらのお仕事については?

岡本:
牧会のお仕事は今のところ無給でおこなっています。

東:
それでは、現在のメインの収入は大阪のビルを賃貸して実施なさっているビジネスと個人的な講演やスポーツ教室の講師で得られて、その他にボランティアで競技団体の運営と牧師としてのお仕事をなさっているという状況なのですね。

岡本:
そうですね。ただ、現在最も自分の時間を使っているのは、牧師としての教会の運営や海外宣教活動になります。

小松:
なるほど・・・岡本さんのようなキャリアをお持ちであれば、マネジメント事務所に所属して、メディア出演や講演活動で生活することも出来たと思うのですが、なぜ、信仰を生活の中心に置くという人生を選択なさったのでしょうか?

岡本:
まあ、そうですね、お金よりも趣味に生きてるというのでしょうか(笑)
単に一番やりたいことをやろうと決めた結果なんです。

東:
現在、最もやりたいことが信仰生活だと。

岡本:
そうですね。イエス・キリストの福音をお伝えする活動をしたいと考えています。

東:
福音、良い知らせのことでしょうか?

岡本:
キリスト教における“福音”とは、イエス・キリストが自分のために十字架にかかってくださったことを、信じた人は救われることです。

 スポーツでイノベーションを起こす

東:
次に、アスリートヘルスマネージメントの活動についてお教えいただけますでしょうか?

岡本:
アスリートヘルスマネージメントは、セミナーやライフスキル合宿、学校訪問を通じた人材育成や、生活の中にスポーツを取り入れるライフスタイルの構築サポート、スポーツコンテンツによる地域活性化を目的としているNPO法人で、私は代表理事を務めさせていただいています。

小松:
こちらのNPO法人では東さんも理事を務めていらっしゃるのですね?

東:
はい。まだまだお役に立ててはいないのですが。

岡本:
いえいえ、東さんには大阪大学で実施していた「超域イノベーション博士課程プログラム」にもご協力いただきましたし、助けられていますよ。

小松:
そうなんですね。「超域イノベーション博士課程プログラム」についてもう少し詳しくお教えいただけますか?

岡本:
「超域イノベーション博士課程プログラム」は、大阪大学大学院の博士号を目指す学生の中から専門分野に関係なくグローバルに活躍したいと願う二十名程度を選抜し、五年間にわたり特別なカリキュラムを学ぶプログラムでした。元々は博士号取得を目指す優秀な人材に、既存の枠組みを超え、社会にイノベーションを起こす次世代のリーダーとなってもらえるようなプログラムをつくるよう、文部科学省が全国各地の大学に公募したのが始まりです。公募の結果、京都大学、慶應義塾大学、大阪大学の三校が選ばれて、私は大阪大学の特任講師として2012年から五年間に渡って講義を担当させていただきました。

東:
普段、机の上で研究に没頭することの多い学生にトップアスリートとともに様々なスポーツを通じた体験をしてもらうことで限界を超える経験や広い視野を持ってもらえるようなプログラムですよね。

岡本:
日本の大学院の博士課程で学ぶ学生は、大学教授や博士を目指し、研究の道に進むことが多いですが、海外では博士課程を終えたあと、得られた知識や研究成果を活かしてビジネスの世界でも活躍する人がたくさんいらっしゃいます。そのような背景を受け、文部科学省がよりオールラウンドな人材を育成し、次世代を牽引していけるリーダーを輩出するために生まれたプログラムなんですよ。

小松:
スポーツを通じて様々な体験をさせることで、既存の枠組みでは得難い経験をさせているんですね。東さんはどのようなプログラムをご担当なさったのでしょうか?

東:
年齢や性別、障害の有無や運動神経の良し悪しに関係なく楽しめる“ゆるスポーツ”の“ハンドソープボール”を体験してもらいました。そこにいる誰もが生まれて初めてプレーするスポーツで、どうすれば上手く出来るのか仲間たちとコミュニケーションを取ってもらいながら、“勝ったら嬉しい。負けても楽しい”という新たなスポーツの価値観を実際に感じてもらうことで学生たちの持つスポーツのイメージに対してイノベーションを起こしたいと考えまして。

小松:
それは楽しそうですね!

岡本:
ハンドソープボール体験は最高に盛り上がりましたね(笑)

 「お金」よりも「やりたいこと」

小松:
岡本さんは現役を引退なさってから、すぐに現在のような働き方にシフトなさったのでしょうか?

岡本:
いえ、引退直後は、現役の時にスポンサーしていただいた映像制作会社に就職して、テコンドーを使ったエクササイズ「ネリチャギビューティー」という作品の制作に関わったり、作品を活用したイベントへ出演したりしていましたが、1年くらいで退職しました。 

東:
ネリチャギビューティー、知っています!テコンドーとエクササイズを組み合わせた面白い取り組みですよね。なぜ、そちらの会社を退職なさったのでしょうか?

岡本:
「ネリチャギビューティー」をつくることは楽しかったのですが、その他の仕事に興味が持つことが出来ませんでしたので、お互いのためにも辞めさせていただきました。

小松:
仕事の内容と自らのやりたいことにミスマッチがあったわけですね。

岡本:
自分の意見をおさえて、周りに合わせなければいけないことをつまらなく感じてしまって。選手時代は私自身がどうしてもやりたいことである“勝利”を何としてでも実現しようと努力を積み重ねてきたのですが、私自身が興味を持てないと感じた仕事では努力する覚悟が出来なかったんです。

東:
アスリートがセカンドキャリアで味わいがちなギャップですよね。多くのアスリートは競技を通じて努力する習慣を身につけていると思うのですが、“競技”では努力出来ても、“仕事”では努力出来ないケースもまま見られるような気がします。そんな場合には、現在の仕事が自分に合わないと感じながらも生活費を稼ぐために働き続けなければならなくなってしまうことも考えられますし、自己肯定感の低い日々を送ってしまうことになりかねないですが、岡本さんはいかがだったのでしょうか?

岡本:
確かに、生活していくためには最低限の“お金”が必要ですし、お金を稼ぐために仕事をしなければならないという考えも理解は出来るのですが、私はお金を稼ぐよりもやりたいことを優先させることに決めたんです。

小松:
お金のためには働かないと決められたのですね。

岡本:
はい。私はお金を稼ぐためにテコンドーで活躍したかったわけではなく、ただただ大好きなテコンドーで勝利したくて、自らの人生をとことん捧げてきました。自分が勝ちたいからそのための努力をする。そこにはテコンドーで稼ごうとか儲けようという発想が全くなく、何の対価も求めていないので“趣味”なんですよね。

東:
僕は岡本さんとは違って結構ビジネスライクといいますか、どうやったらハンドボールでお金を稼げるかをずっと考え、行動してきましたので、とても新鮮です。

岡本:
東さんの場合は単純に“お金ファースト”というわけではなく、やりたいことがあって、それを実現するためにはお金が必要だから稼がなければならないという考えですから、お金持ちになりたいからお金を稼ぎたい人たちとは違うと思いますけれどね。

東:
ありがとうございます。僕の夢はこれまでお世話になってきたハンドボールという競技を日本においてビジネスとして成立させ、人気のあるスポーツにすることで、そのための方策を考えていくと最終的にぶつかるのが“お金がない”という壁だったんです。

小松:
日本代表チームを強化するにも、競技の普及のためのプロモーションをするにもお金がかかりますものね。

東:
そこで、国内のトップリーグである日本ハンドボールリーグのマーケティング部を立ち上げ、初代部長として色々と活動していたのですが、スポーツのような費用対効果の算出しにくい事業にはなかなかお金を出してもらえずに本当に苦労しました。ただ、これは僕の実力が不足していただけで、マーケティングに長けた人材を雇用出来ればまた違ったのでしょうが、優秀な人材を雇用するにもお金がかかりますから。もちろん、お金をかけずに出来ることも多々ありますが、根本的な部分ではお金を集められなければ“ハンドボールをビジネスとして成立させる”という夢を叶えることは出来ないと思っています。

岡本:
私はお金と夢が叶うのは関係ないと思いますが、お金が必要になる夢もありますね。

東:
あまり頑なな考えにはならないようにとは思っているのですが・・・

岡本:
いや、東さんは偉いですよ。凄く行動力があるし、頼りにしています。

東:
もっとお役に立てるように頑張ります(笑)

小松:
さて、笑顔が素敵でとても格闘技のオリンピックメダリストとは思えない柔らかな雰囲気をお持ちの岡本さんですが、現役時代には所属していた道場を破門になり、練習場所の確保にも苦労なさるなど様々な困難を乗り越えてこられました。
次回は岡本さんとテコンドーとの出会いから現役時代のお話について伺ってまいります。

岡本:
宜しくお願いします。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。