Career shift

岡本依子 / Okamoto Yoriko   元テコンドー選手|現在:

I can do it! 私には出来る! シドニーオリンピック・テコンドー銅メダリスト 岡本依子(中編)

Profile

 

岡本依子(おかもと・よりこ)
1971年大阪府門真市生まれ。テコンドー元日本代表。シドニー、アテネ、北京と三大会連続でオリンピックに出場。2000年シドニーオリンピック銅メダリスト。世界テコンドー連盟公認四段。日本テコンドー界のパイオニア的存在であり、1993年テコンドー全日本選手権での初出場・初優勝以来、2009年の引退まで国内大会では無敗。現在は全日本テコンドー協会副会長を務めながら大阪で“ドリームテコンドースクール”の代表とNPO法人アスリートヘルスマネージメントの理事長を務めるなど様々な活動に従事。2006年キリスト教(プロテスタント)に入信し、現在、牧師としても活動している。

東:
テコンドー・シドニーオリンピック銅メダリストの岡本依子さんへのインタビュー、中編となる今回は現役時代のお話を中心に伺ってまいります。

小松:
様々な困難と直面し、決して順風満帆とはいえない選手生活を送られてきたと思うのですが、まずはテコンドーを始めたきっかけについてお聞かせいただけますでしょうか?

 テコンドーとの出会い

岡本:
早稲田大学の三年生の頃、交換留学生としてアメリカのオレゴン州に行ったのですが、その時に初めてテコンドーに出会いました。

東:
テコンドーに出会ったのはアメリカだったのですね!始めたきっかけは何だったのでしょう?

岡本:
私は中学、高校と空手をやっていたのですが、空手とはまた違った多彩で華麗な蹴り技の数々をとても魅力的に感じたんですね。

小松:
テコンドーは“足のボクシング”と呼ばれるほど足技が豊富で、K-1ファイターのアンディ・フグ選手が使用したことでも有名な“踵落とし(ネリチャギ)”や様々な回し蹴りが特徴的な競技ですよね。

岡本:
はい、日本では踵落とし(ネリチャギ)が最も有名だったので、私が制作に関わったテコンドーを使用したエクササイズの映像作品も“ネリチャギビューティー”という名前にしたんです。

東:
岡本さんは空手の経験者だったわけですが、初めてテコンドーをやってみてどのような印象を持たれたのでしょうか?

岡本:
とにかく楽しかったですね。最初は学校内のクラブに所属して稽古していたのですが、そのうちに強い相手がいなかったので物足りなくなってしまって(笑)

小松:
岡本さんは高校時代に空手の名門・正道会館で稽古なさっていたわけですから、生半可な実力の選手では相手になりませんよね。

岡本:
それで、よりしっかりとした指導を受けられる場所を求めて街で一番大きな道場に行ってみたところ、その道場では、キョルギ(組手)で強くなるだけでなく、武道としてのテコンドーを学べました。上級・中級・初心者クラスで全般的にテコンドーを学ぶだけでなく、護身術、武器、型、キョルギ、女子などに特化したクラスもあり、楽しく学ぶことが出来たんです。

東:
現在では日本でも格闘技☓エクササイズといった道場やジムが増えてきましたが、1990年代の日本で“道場”といえば、強くなることを目的とした神聖な場所というイメージがありましたよね。

岡本:
そうですね。その道場は小さな子供同士の試合の審判をおじいちゃんやおばあちゃんがやっていたり、老若男女が様々な立場で楽しそうに関わっていました。会員が700名くらいいて、みんながテコンドーや道場に所属していること自体を楽しんでいて、週末にはホームパーティーに招かれたり、シアトルまでの遠征にみんなで車に相乗りして行ったり、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

小松:
700名とはすごいですね。

岡本:
元々、私がアメリカに留学した理由は「自分の夢を見つけること」でした。一年の留学期間中に自分が本当にやりたいことを見つけようと考えていたのですが、この時に「こんな道場を作りたい」という夢が出来たんです。

東:
なるほど、だから岡本さんの道場は“ドリームテコンドースクール”という名前なんですね!

岡本:
まだまだ理想には遠いですが、そうですね(笑)また、その道場にはスローガンがあったのですが、そのスローガンが私の座右の銘になりました。

小松:
何というスローガンだったのでしょう?

岡本:
“I can do it!”です。この言葉が、その後の私の人生を支えてくれました。“I can do it” と言う人が出来るのだと思います。「出来ない」という人は出来ないけれど、「出来る」という人には出来るのです。

東:
“私には出来る!”、素敵な言葉ですね。

岡本:
この“I can do it”や、“you can do it”という言葉は当時二十一歳の私の心に強く響きました。この言葉を言って一生懸命練習すれば、これから始めても世界一になれると思って。私は「自分にどんな才能があるかわからないから夢が持てない」という状態から、何を何歳からやっても、「I can do it」と言えば出来るんだと思えた時、とても嬉しくなって、このような誰でも何歳でも夢を持てる道場を作りたいと思いました。
そして、それを教えるなら、自分がそう言うだけではなく、出来ていたほうが説得力があると思って、まずは「世界チャンピオンになろう」と思いました。そこで「テコンドー世界一」になるという夢が出来たんです。

 言葉が人生を変える

小松:
アメリカで夢を見つけた岡本さんは、貴重な経験とともに日本に帰国なさるわけですが、その後のお話を聞かせていただけますか?

岡本:
帰国した後は、まずは世界一を目指して、神奈川県にあるテコンドー道場の内弟子として寮生活を送っていました。ところが、その道場の先生が団体間の対立の影響で、全日本選手権をはじめとする日本テコンドー連盟が主催する大会に自ら道場の門下生を出場させないという決定をしまして。

東:
ということは、全日本選手権にも、日本代表にも、世界一にもチャレンジ出来なくなってしまいますよね。納得は出来たのでしょうか?

岡本:
一度は私も道場の方針に従うつもりでいました。でも、私が一生懸命練習に打ち込んでいるのは日本代表になって世界一になりたいから、“I can do it”を実現したいからなんですよね。色々と悩みに悩んだ末に、一度きりの人生ですから自分の気持ちに正直になって後悔しないようにしようと思い、全日本選手権に出場することにしました。

小松:
所属する道場の決定に反して大会への出場を決めたわけですね。先生の反応はいかがだったのでしょうか?

岡本:
お叱りの手紙をいただき、道場を破門になりました。破門されてしまうと練習する場所がないので、実家のある大阪に戻って別の道場に通っていたのですが、その道場も全日本選手権には出場しない方針となったので、近所の公園で一人で練習をしていました。

東:
公園で毎日、たった一人で練習をしていたのですか?

岡本:
はい、練習相手もいませんでしたから、アルバイトの合間に公園で一人きりでステップや蹴り技の練習をする日々が約一年続きました。

小松:
一年間も一人きりで・・・
それはとても辛かったでしょうね・・・

岡本:
あの一年間は、これまでの人生で最も苦しくて辛い日々でした。もちろんお金もありませんでしたが、本当に辛かったのは、どれだけ練習しても周りの誰からも認められないように感じたことです。私がどれだけ練習して、どれだけ良い成績を残したとしても、誰にも喜んでもらえないんじゃないかと思うと、虚しい気持ちになってしまって・・・

東:
練習環境はもちろん、誰にも応援されていないと思いこんでいたわけですから、本当に孤独ですよね・・・

岡本:
そんな時に、ある先輩が「自分で口にしたことが実現するんやで」と言ってくれたんですね。当時の私は孤独な環境もあり、ほとんど前向きな発言が出来ていなかったのですが、言葉には力があるんです。“言霊”と言ったりしますよね。先輩に「口にしたことが実現する」と言われてから、ポジティブな言葉しか口に出すのをやめようと思った瞬間に、これまでの自分がいかにネガティブな発言しかしていなかったのかに気づいて、驚きました。

小松:
先輩のおかげで自らを見つめ直すことが出来たのですね。

岡本:
それからは前向きなことだけを考えて、口にして、行動することを心がけるようにしました。『オリンピックで金メダルを取る』『本を出版する』『先生が喜んでくれる』『周りのみんなが喜んでくれる』と、常にポジティブな言葉ばかりを使うようにしたら気持ちの切り替えが出来て、どんな状況にも落ち込まずに頑張れるようになったんです。

東:
環境を変えることは難しくても、気の持ちようや自らの行動は自分次第でいくらでも変えられますものね。具体的にはどのような行動をなさったのでしょうか?

岡本:
とても前向きになって、アルバイトでお金を貯めて練習環境の整っているテコンドーの本場・韓国に渡って世界トップレベルの選手と対戦するようにしました。

小松:
出来ないことを嘆くのではなく、目標のために何が出来るかを考えて、実際に行動なさったのですね。

岡本:
本当に辛く苦しい一年でしたが、あの時期を乗り越えられたことが、私の人生においてかけがえのない経験と大きな自信になっています。

東:
競技団体の軋轢や対立の影響で孤独な環境に追い込まれながらも、決して折れることなく練習を積み重ねた岡本さんは、数々の国際大会で活躍。テコンドーが正式種目となった2000年シドニーオリンピックへの出場権を獲得なさいます。

小松:
人生最大の苦境を前向きな言葉と行動で乗り切り、夢の舞台へのチケットを手に入れた岡本さん。次回はシドニーオリンピックでのご活躍についてからお話を伺ってまいります。

東:
宜しくお願いします!

岡本:
宜しくお願いします。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。