Career shift

小野真由美 / Ono Mayumi   元ホッケー選手|現在:

アスリートの力を介護に活かす ホッケー日本代表・小野真由美(前編)

Profile

 

小野真由美(おの・まゆみ)
1984年8月14日生れ。富山県小矢部市出身。
小矢部市立大谷中学校→富山県立石動(いするぎ)高等学校→天理大学→コカ・コーラウエストロジスティック(株)→SOMPOケア(株)
2008年北京オリンピックと2016年リオデジャネイロオリンピックへ出場。
アジア大会には5大会出場し、2018年のアジア大会で初優勝に貢献。
10歳でホッケーを始め、小矢部市立大谷中学校では全国優勝。富山県立石動(いするぎ)高校在学時にもインターハイや国体などで活躍する。2006年、天理大学4年時に主将として日本リーグ優勝。2007年から2017年まで、コカ・コーラウエストレッドスパークス(現コカ・コーラレッドスパークス)に所属し、三度の日本リーグ優勝に貢献。2017年2月~7月、オーストラリアWesley South Perth Hockey Clubへ留学。現在はSOMPOケア株式会社の広報部に所属しながら、日本代表選手として活動するとともに慶応義塾大学女子ホッケー部のコーチを務めている。

東:
今回は、ホッケー女子日本代表として2008年の北京オリンピックと2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場なさった小野真由美さんにお話を伺います。

小松:
小野さんはリオデジャネイロ大会に出場した後、一度は選手を引退なさいましたが、2017年に再び現役に復帰。2018年8月にインドネシア・ジャカルタで開催された第18回アジア競技大会では自身5度目の出場にして初めて金メダルを獲得。現在、2020年の東京オリンピック出場を目指してトレーニングを重ねている女子ホッケー界のレジェンドです。

東:
現在はホッケー選手としての活動のみならず、SOMPOケアで広報部員として勤務する他、慶応義塾大学女子ホッケー部のコーチを務めるなど幅広いご活躍をなさっています。

小松:
現在の小野さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめると、現役選手としての活動とは別に、SOMPOケアでのお仕事が親会社以外勤務で「C」、慶應義塾大学女子ホッケー部のコーチが「B」の領域ということになりますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
今回は、オリンピックを目指す“トップアスリート”としての生活から、現在携わっておられるお仕事の内容、未来へ向けた想いに至るまで様々なお話を伺ってまいります。

 自らのバリューを“広報”に活かす

小松:
最初に、現在小野さんが勤務なさっている企業でのお仕事について伺ってまいります。
まずはSOMPOケアがどのような会社なのかご説明いただけますでしょうか?

小野:
SOMPOケアは損害保険を中心に扱うSOMPOホールディングスのグループ企業です。主な事業内容は有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・グループホームの運営、居宅サービスで、私は広報部に所属して社内報の作成や広告塔としての業務を担当しています。

東:
2018年7月にSOMPOケア(旧SOMPOケアメッセージ)、SOMPOケアネクスト、ジャパンケアサービス、プランニングケアの4社が合併して出来た在宅介護から施設介護までをワンストップでご相談出来る「介護の総合ブランド」と言える企業ですよね。

小松:
超高齢化を迎えている日本において今後ますます必要とされ、伸びていく企業ですね。
続いて、小野さんのお仕事の内容について、もう少し詳しくお聞かせてください。

小野:
社内報については記事を執筆するためにお客様への取材をしています。実際に施設を訪れて写真を撮影し、入所なさっている高齢者の方々から伺ったお話を元に文章を書いて記事にし、社内に広報しています。

東:
なるほど。“広告塔”としての業務はどのような内容なのでしょうか?

小野:
会社の運営する有料老人ホームで一日ホーム長を務めたり、メディアやご利用者様からの取材への対応などです。

小松:
オリンピアンであり、2020年の東京オリンピックを目指す現役のトップアスリートが介護施設を訪問したり、一日ホーム長を務めたりしていることはメディアバリューが大きく、会社の内外で企業や業界のイメージを向上させることに繋がりますね。

東:
自らの持つパーソナリティーで企業のイメージアップに貢献する。小野さんはアスリートを雇用する際に企業が求める“バリュー”をしっかりと提供なさっています。

 日本の課題に直面出来る仕事

小松:
小野さんは一度引退する2017年までは10年間に渡り、コカ・コーラウエストレッドスパークス(現コカ・コーラレッドスパークス)に所属し、介護とは異なる業務をなさっていたわけですが、現在のお仕事の印象はいかがでしょうか?

小野:
日本が直面している超高齢化という課題に直面出来る仕事だと感じています。
現在の仕事に就く前にも、国の大きな問題だと認識はしていましたが、実際に高齢者の方々と触れ合っていく中で自分自身の意識が変わったと感じます。

東:
例えばどういった部分でしょう?

小野:
そうですね、高齢者の方々の目線に立って様々なことを考えられるようになりましたし、困っていそうな方がいらしたら声をかけられるようにもなりました。仕事を進めていく中で高齢者の方々と触れ合い、不便なことを知ることが出来たので、以前は少し恥ずかしい気持ちもあってなかなか声をかけられないこともありましたが、現在は困っていそうな方がいらしたら自然にお声がけし、対応することが出来るようになりました。

小松:
これまでとは異なるお仕事をなさったことで視野が広がり、“気づき”が生まれ、行動することが出来るようになられたのですね。

東:
介護施設やサービスの充実を始め、高齢者にとって過ごしやすい環境を整備することは、現在の日本が抱える最も重要な社会課題の一つであることは間違いありません。もちろんビジネスとしても大きな注目を集めていますし、多くの企業やNPOが事業として展開しようとしていますが、なかなか上手くいかない面もあるようです。そんな状況の中、SOMPOホールディングスグループのような大企業だからこそ実現出来ることもあると思いますので、大変なことも多いとは思いますが、非常にやりがいのあるお仕事なのではないでしょうか?

小野:
そうですね、大きな企業だからこそ出来る部分も正直あると思います。SOMPOケアは関東と関西に研修施設を所有しており、そこで実習をしたり、必要な資格取得を支援してもらえる制度が充実していますし、今後は外部にも開放していくビジョンもあるようです。

小松:
充実した施設や研修制度を自社で独占するのではなく、外部にも開放することで介護やヘルスケアビジネスの市場全体を広げようとなさっているのですね。

小野:
はい、2019年2月には介護サービスの現場に“ICT”や“ロボット”、“センサー”などのテクノロジーを活用し、「人間」と「テクノロジー」の共生による新しい介護のあり方を創造するプロジェクト「Future Care Lab in Japan」を始動し、国内外の最新テクノロジーの実証などを行う研究所も開設しました。

東:
介護サービスの現場は、最もテクノロジーを活用出来る領域の一つですよね。様々な事務作業に“ICT”を活用し、力仕事は“ロボット”に、高齢者自身も気づけないような身体の変化の把握は“センサー”に任せて、人間にしか出来ないことを介護士が担うようになっていけば、より魅力的なビジネスになり、多くの人が集まるのではないでしょうか。

小松:
利用者ご自身が感じても、介護スタッフに伝えられないような生理現象とか体の変化をセンサーで示せるようにもなりますよね。そういうテクノロジーによって介護事業はどんどん変わっていくと思います。今は敬遠されがちかもしれませんが、もっと受け入れられるようになれば、介護の現場が大きく変わってきますね。

小野:
おっしゃるとおりで、介護の現場では人がコミュニケーションをしたほうがいい部分と、人とコミュニケーションするのが恥ずかしい部分とがあるので、うまく組み合わせて進めていくことが大切だと思います。

 応援者を増やす

東:
また、介護のお仕事では直接的な顧客である高齢者の方々はもちろん、ご家族の方々など幅広い世代の様々な立場の人々と接することによって人間の心理を洞察、理解することを求められますよね。

小野:
そうですね、常に何が望まれていて、何が助けになるのかを考え、相手を思いやらなければならない仕事だと思います。

東:
そういった部分も含めて、僕はアスリートが仕事を続けながら競技に取り組む“デュアルキャリア”を進めていく上で、介護に関わる仕事に大きな親和性を感じています。

小松:
チームメイトや対戦相手の心理を洞察、理解するスキルや経験を身につけられる仕事としての親和性ということですか?

東:
もちろんそれもありますが、現役のアスリートが介護現場で勤務し、高齢者やそのご家族の方々と接することで自らと競技を知ってもらい、ファンになってもらえれば、会場に足を運んだり、ファンクラブの会員になってもらえるのではないかと。介護施設の顧客である高齢者の方々は経済的に余裕のある方も多いですから、そのような方々に時間とお金を遣ってもらえるようになれば、競技の普及にもつながるのではないかなと思います。

小松:
アスリートの持つ強いフィジカルと高いコミュニケーション能力を活かしながら、競技の普及にも繋げられるわけですね。

東:
はい、応援して貰える人を増やすことが出来る仕事なので、様々なシナジーを生めるのではないでしょうか。

小野:
これまであまり考えたことがありませんでしたが、確かに親和性が高いかも知れませんね。

東:
いつも施設でお世話になっている方がオリンピックを目指して頑張っている現役のトップアスリートだったとしたら、僕なら絶対応援に行きますし、ファンクラブにも喜んで入会すると思います。

小松:
2020年、東京オリンピックの試合会場に小野さんを応援するために介護施設のお客様が多数駆けつけるのが楽しみですね!
また、今後、競技生活を続ける上で介護のお仕事をしながら“デュアルキャリア”を歩むことが多くの選手の選択肢に入るようなロールモデルにもなっていただきたいです。

東:
アスリートの強みを活かし、日本が抱える社会課題の解決に貢献するとともに、介護施設で働くことで競技の普及発展に貢献するモデルを確立出来ると素晴らしいですよね。

 崖をのぼる

小松:
現在はSOMPOケアでのお仕事をしながら現役選手として活動なさっている小野さんですが、リオデジャネイロオリンピック終了後には、一度選手生活にピリオドをうたれています。
引退してから現役復帰までは、どのくらいの期間があったのでしょう?

小野:
2016年12月に引退し、2017年の年末に復帰したので、約一年です。

東:
なるほど。一年間休んで、復帰して一年が経過したということですね。
※2019年2月13日に取材

小野:
そうですね。早い!(笑)

小松:
一度引退なさってから復帰するまでに最も苦労なさったことがあればお教えいただけますか?

小野:
あっという間に筋肉が落ちてしまったのには驚きました。一時は大分痩せてしまったのですが、復帰後に7kgの増量に成功しました(笑)

小松:
引退後に太るのではなく、筋肉が落ちることで痩せてしまったのですね!
いかに激しいフィジカルトレーニングに取り組まれていたのかが分かりますね・・・
東さんも引退なさってから痩せられましたか?

東:
僕は引退後に大学院に入学したのですが、痩せたというか、勉強のしすぎでやつれました(笑)筋肉はつけるのには多くの時間と努力を必要とするのに、落ちる時はあっという間なんですよね。

小松:
フィジカル面一つとってみても、トップアスリートの世界を一度離れて、再び戻ることは並大抵の覚悟で出来ることではありません。崖を登るような気持ちだったと思いますが。

小野:
正直なところ、現在も葛藤している状態です。環境も以前とは違いますから。

東:
現在は特定のチームに所属していないとのことですが、トレーニングはどのようになさっているのですか?

小野:
主に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで、フィジカル面を中心に取り組んでいます。

小松:
ホッケーのトレーニングは日本代表チームでしか出来ないのでしょうか?

小野:
はい。日本代表チームのアンソニー・ファリー監督からは、もっとホッケーの練習量を増やすようにと言われているのですが、なかなか難しいのが現状です。

東:
チームメイトとの年齢差も大きいと伺いましたが。

小野:
最年少の選手は18歳。私とは15歳離れているのでギャップはありますが、それも楽しむようにしています(笑)

小松:
SOMPOケアでのお仕事と現役ホッケー選手としての二足の草鞋で2020年東京オリンピックを目指している小野さん。次回はホッケーとの出会いから引退、復帰に至るまでのお話を伺ってまいります。

東:
楽しみです!
(つづく)

次回の「ホッケーだけではない自分になるために」(中編)は、5月8日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。