Career shift

小野真由美 / Ono Mayumi   元ホッケー選手|現在:

悔いを残さない生き方を ホッケー日本代表・小野真由美(後編)

Profile

 

小野真由美(おの・まゆみ)
1984年8月14日生れ。富山県小矢部市出身。
小矢部市立大谷中学校→富山県立石動(いするぎ)高等学校→天理大学→コカ・コーラウエストロジスティック(株)→SOMPOケア(株)
2008年北京オリンピックと2016年リオデジャネイロオリンピックへ出場。
アジア大会には5大会出場し、2018年のアジア大会で初優勝に貢献。
10歳でホッケーを始め、小矢部市立大谷中学校では全国優勝。富山県立石動(いするぎ)高校在学時にもインターハイや国体などで活躍する。2006年、天理大学4年時に主将として日本リーグ優勝。2007年から2017年まで、コカ・コーラウエストレッドスパークス(現コカ・コーラレッドスパークス)に所属し、三度の日本リーグ優勝に貢献。2017年2月~7月、オーストラリアWesley South Perth Hockey Clubへ留学。現在はSOMPOケア株式会社の広報部に所属しながら、日本代表選手として活動するとともに慶応義塾大学女子ホッケー部のコーチを務めている。

東:
ホッケー日本代表・小野真由美さんへのインタビューも今回が最終回となります。

小松:
後編はリオデジャネイロオリンピックを終え、現役を引退するとともに所属企業を退職。2017年2月にオーストラリアの“Wesley South Perth Hockey Club”へ留学なさったところからお話を伺ってまいります。

 ともに成長出来る指導者に

東:
オーストラリアを留学先に選んだ理由は何だったのでしょう?

小野:
ホッケーの強豪国であったことはもちろん、試合中に英語が話せなくて後悔した経験があったので、英語圏でホッケーの指導法とともに英語を学びたいと思って選びました。

小松:
どのような経験をなさったのでしょうか?

小野:
ホッケーは足にボールが当たると反則なのですが、私がディフェンスをしている時に相手の足にボールが当たっているにも関わらず反則と判定されずにゴールを決められたことがありました。ビデオ判定をしてもらえばよかったのですが、英語が出来ないせいで上手く審判に伝えられず、結果、そのゴールのせいで負けてしまったことがあって。英語が出来ていれば・・・と後悔する気持ちがあったので、留学するなら英語圏と思っていました。

東:
国際試合では英語を使えるかどうかでコミュニケーションの質が変わってきますものね。

小野:
また、純粋にホッケーを楽しむ風土があることも魅力的でした。オーストラリアはホッケーがとても盛んな国で、ホッケーが人々の身近にあり、子どもからお年寄りまでプレーや試合観戦を楽しんでいますし、指導者が選手とフラットな関係でいることや、物事の伝え方に心を配り、選手とのコミュニケーションを大切にしているなど私の目指す姿にマッチしていたことも大きかったです。

小松:
最近ではずいぶん変わってきましたが、日本では指導者と選手が“上下の関係”にある“ティーチング”が主流でした。オーストラリアでは指導者と選手が“フラットな関係”にある“コーチング”が行われていたのですね。

東:
コーチ(coach)の語源は“馬車”で、“望む場所まで運ぶ”という意味があります。無理にやらせるのではなく、選手がなりたい状態になるための手助けをするような指導者になりたいと考えられていたのですね。

小野:
はい。また、オーストラリアではチーム数が多く、1つのチームがコートを使用出来る時間が短いため、一人ひとりの選手がオン・オフの切り替えが上手く、短時間で力を出し切ることに長けているとも感じました。

東:
海外の選手は“やらされている”という感覚の人が本当に少ないですが、これは仕事にも通じる部分があると思いますね。海外では“やりたくないことはやらない”方が多いイメージがあります。

小松:
オーストラリアでの留学を終えた後には、慶應義塾大学女子ホッケー部のコーチに就任。次のキャリアを展開なさいましたね。何故、このチームを選ばれたのでしょうか?

小野:
大学からホッケーを始めた初心者ばかりのチームだったからです。私も指導者として初心者でしたので、お互いゼロからスタート出来る立ち位置がいいと思い、オーストラリア留学の前に「帰国後に指導をさせていただけませんか」とお願いをしていて、機会をいただけることになりました。私とは別にOB・OGのヘッドコーチがいらっしゃいましたが、2017年に関しては全権を委任していただきました。

東:
初心者ばかりのチームでの指導はいかがでしたか?

小野:
すでに他の誰かに指導され、ある程度出来上がっている選手を指導した場合と比較して、私の指導で何がどう伸びたのかが分かりやすく、指導者として選手とともに成長出来たのではないかと思います。

小松:
こちらのお仕事では収入を得ていなかったそうですが、どのようにして生活なさっていたのでしょうか?

小野:
アルバイトです。慶應義塾大学でのトレーニングは午前中だったので、指導を終えた後はアルバイトへ向かうという生活を送っていました。

東:
オリンピックに二度出場した元日本代表選手が、アルバイトをしながら無給でコーチのお仕事をなさっていたわけですね・・・

小野:
はい、フリーターでした(笑)

小松:
このフリーターの期間があったからこそ、次のキャリアが拓かれたわけですよね。

 運命の出会いと再びの日本代表

東:
その後、小野さんはとあるイベントへの参加をきっかけに現役選手として復帰することになりますね。

小野:
はい、「SOMPOボールゲームフェスタ」という日本トップリーグ連携機構に所属するトップアスリートが、主に小学生を対象にボールゲームを通じて直接触れ合い、スポーツの楽しさ・魅力を再発見してもらうイベントに参加させていただいて。
通常であれば日本リーグ選手に声がかかるのですが、シーズン中で参加出来る選手がいなかったため、日本ホッケー協会から時間に余裕のある私にご連絡があり、参加することになりました。

東:
僕も何度か参加させていただいていますが、参加している子どもたち、保護者、アスリートなどイベントに関わるみんなが笑顔で楽しめる素晴らしいイベントですよね。

小松:
こちらのイベントはSOMPOホールディングスがトップスポンサーをなさっていて、この時に現在小野さんが所属なさっているSOMPOケアで当時代表取締役会長を務められていた奥村幹夫さん(2019年4月よりSOMPOホールディングスグループCSO取締役常務執行役員)に出会われたそうですが、どのようなきっかけだったのでしょうか?

小野:
イベントの前日に講師を務めるアスリートとともに奥村さんと食事をご一緒する機会があったんです。その時に「東京でホッケーを広めたい」という私の思いを伝えたところ、「SOMPOケアでは休日にスポーツを活用したイベントの開催が増えているし、同じSOMPOホールディングスグループの損害保険ジャパン日本興亜が日本ホッケー協会のトップパートナーを務めている縁もある。もし、よければうちで働きながらその思いを叶えればいい」と言っていただいて。

東:
その場でSOMPOケアに誘っていただいたわけですか・・・凄いご縁ですよね!

小野:
失礼ながら初めは社交辞令だと思っていたのですが、その後改めてご連絡をいただいて、正社員として入社することになりました。

小松:
たまたま時間に余裕のあるお仕事をなさっていて、たまたま日本リーグのシーズン中で現役選手が参加出来なかったため呼ばれたイベントで、たまたまいらした奥村さんと出会い、お話出来たからこそのご縁だったわけですが、全てが繋がっているように感じます。

東:
まさに運命の出会いですね。

小松:
その後、小野さんは現役選手として復帰なさるわけですが、どのような経緯があったのかお教えください。

小野:
2017年12月に開催される日本代表選手の選考会の申し込み用紙がホッケー協会から届いたのがきっかけです。なぜか私にもメールが届いて(笑)
リオが終わって、一度はホッケーから完全に離れようと思っていたのですが、オーストラリアでの留学や慶應義塾大学でのコーチ、アルバイトでお金を稼ぐ経験をしてみて、改めてもう一度挑戦したいという気持ちになりました。

東:
地元でのオリンピックに出場出来るチャンスが少しでもあるなら挑戦したいのがアスリートの性だとは思いますが、不安はありませんでしたか?

小野:
全く不安が無かったといえば嘘になります。2020年には36歳になりますし、仕事はもちろん、結婚や出産のこともありますから。悩みに悩んだ結果、一度きりの人生で悔いを残したくないと思い、奥村さんにご相談したところ「支援するので後悔のない生き方をしなさい」と言っていただけたので、日本代表の選考会へ挑戦することを決めました。

小松:
奥村さん、素敵な方ですね。選考会はいかがでしたか?

小野:
私よりずっと若い選手たちとの争いでしたし、色々な意味で注目も集まってはいましたが、私がやるべきなのは純粋にホッケーをプレーすることだと考えていたので、それほど気にせずに過ごす事が出来ました。不安だった体力面も意外と走れていたので、もちろん選ばれたいとは思っていましたが、それ以上に久々に高いレベルでホッケーをプレー出来たことが楽しすぎました(笑)

東:
結果は見事に合格。再び日本代表に選ばれると、2018年7月にはイングランドで開催されたワールドカップに出場し、13位。同年8月にインドネシアで開催されたアジア大会では、自身5回目の出場にして初めて念願の金メダルを獲得するなど大活躍なさっています。

小野:
大活躍だなんてとんでもないです。金メダルを獲得したアジア大会では、私はレギュラーとしてではなく若い選手を休ませるための役割を担っていました。一度引退する前の私であれば、どうしてもマイナスの感情がプレーや表情に出てしまい、チームが一つになるのを邪魔してしまったのではないかと思いますが、今は私にしか出来ない仕事があることに感謝するとともに誇りに思い、チームのために出来ることに全力で取り組もうと考えています。

小松:
初めて日本代表に選ばれた17歳の頃、ビデオ撮影ばかりで試合に出場出来ずに悔しい思いを噛み締めていた少女が、時を経て、様々な経験を重ねたことでこれだけ素晴らしい女性に成長なさったのですね。

東:
スポーツでも仕事でもずっと主役を張り続けることが出来る人間は稀だと思います。
大切なのは、主役であろうが脇役であろうが、それぞれの立場でどのようにチームや組織に貢献出来るのかを考え、実際に行動に移すことではないでしょうか。小野さんはホッケーを通じて、それが出来る人間性を培ってこられたのだと思います。

 背中を見せる

小松:
小野さんの現在の目標をお聞かせくださいますか?

小野:
高校生の頃から「こんな人になりたい」と憧れ続けてきた先輩がいて、今も追いかけています。

東:
高校時代からの憧れの先輩、いったいどなたでしょうか?

小野:
三浦恵子さんと、岩尾幸美さんです。現在、お二人ともに日本代表チームのコーチとして活動していらっしゃいますが、現役当時のお二人は素晴らしい技術とメンタルを兼ね備えていて、日の丸を背負うにふさわしい姿を背中で伝えてくれていました。今の私はまだ、若い選手たちに日本代表としての背中を見せられていないと思いますので、そんな背中を見せられるように一つひとつのプレーや行動を大切に過ごしていきたいです。

小松:
きっと、今の高校生たちもそんな風に小野さんの背中を見ていると思いますよ。

小野:
いやいや(笑)私なんてまだまだです。

東:
企業の広報のお仕事も担当しながら、年齢や所属チームが無いことを言い訳にせず、選手として東京オリンピックを目指して必死にトレーニングをしている姿や、オーストラリア留学の経験を活かしてコーチと英語でスムーズにコミュニケーションをとっている背中は憧れだと思います。

小野:
そんな言葉は一度も耳にしたことがないです(笑)

東:
直接本人には伝えないものですから(笑)

小松:
小野さんは、ホッケー界のみならず、アスリート全てのロールモデルになれると思います。一度引退したとしても、もう一度チャレンジ出来ることを証明なさっていますし、企業で働きながら競技を続ける新たな形の一つとして、アスリートにとっても、アスリートを雇用する企業にとっても、理想的なモデルケースになっていけるのではないでしょうか。

小野:
このような機会をいただいた奥村さんやサポートをしてくれる職場の仲間、応援してくれているお客様を始め多くの皆様のためにも、そうなっていけるように頑張ります。

小松:
大変なことも多いと思いますが、是非やり遂げていただきたいです!

東:
さて、それでは改めて現在の小野さんの活動を“その後のメダリスト100 キャリアシフト図”に当てはめてみると、現役選手としての活動とは別に、SOMPOケアでのお仕事が親会社以外勤務で「C」、慶應義塾大学女子ホッケー部のコーチが「B」の領域ということになります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
2020年の東京オリンピックの後には指導者はもちろん、ご結婚やご出産といったキャリアの選択肢も考えられますよね。

小野:
そうですね、以前は32歳で引退して、結婚したいなと考えていたんです。出産や子育てはある程度若いほうが良いのかなと思っていましたし。でも、現役復帰について悩み、やりたいことを紙に書きだして整理してみたら、子どもが欲しい、結婚もしたい、選手としてホッケーも広めたいとなった時に、結婚や出産はオリンピックの後でも可能だと気づいたのでまずは悔いの残らないようにホッケーを優先しようと決めました。他のことは相手がいないことには進まないですし(笑)

東:
相手はその気になればあっという間に見つかると思いますけどね(笑)
個人的には現役のアスリートが介護現場で勤務しながら競技を続けていくようなシステムを構築するようなお仕事にも是非取り組んでいただきたいと思います。

小松:
前編でお話したような、日本が抱える社会課題をアスリートとスポーツの力で解決するような仕組みをつくるお仕事ということですね。

東:
はい、小野さんならではのお仕事だと思いますので。
それでは、最後の質問になります。
ホッケーという競技名を使わずに、自己紹介をしていただけますか?

小野:
SOMPOケアで広報部の仕事をしている小野真由美です。

小松:
本日はお忙しいところ長時間に渡りありがとうございました。

小野:
ありがとうございました!
(おわり)

次回は、パラサイクリング・タンデムスプリント日本代表・アテネパラリンピック銀メダリスト 大木卓也さんです。5月13日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。