Career shift

大林素子 / Oobayashi Motoko   元バレーボール日本代表|現在:

昔の名前が邪魔をする 元バレーボール日本代表・大林素子(前編)

Profile

 

1967年6月15日生まれ。東京都小平市出身の元バレーボール選手。現役時代は182㎝の長身を活かして、日本代表のエースアタッカーとして1988年ソウル大会、1992年バルセロナ大会、1996年アトランタ大会と三大会連続でオリンピックに出場。1995年からは日本人初のプロ選手としてイタリア・セリエAでもプレーした。1997年に引退後は、スポーツキャスターとしてバレーボール中継の解説を担当するほか、タレントや女優等マルチに活躍。
東京都小平市立第二中学校 → 八王子実践高等学校 → 日立 → アンコーナ(イタリア・セリエA) → 東洋紡オーキス日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、日本オリンピック委員会・環境アンバサダー、福島県・しゃくなげ大使、環境省チャレンジ25キャンペーン応援団、日本バレーボール協会広報委員、観光庁「スポーツ観光マイスター」

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は、元バレーボール日本代表・大林素子さんにお話を伺います。

小松:
大林さんは、名門・八王子実践高校在学中に日本代表に初選出。1985年に開催されたワールドカップで国際大会デビューを果たすと、182cmの長身とサウスポーを活かした攻撃で日本のエースアタッカーとして活躍。1988年のソウル大会、1992年のバルセロナ大会、1996年のアトランタ大会と三大会連続でオリンピックに出場なさいました。

東:
1995年には日本人初のプロ選手として、イタリア・セリエAでもプレー。センター、セッター、レフトの後ろをコートの右端から左端まで走り抜けて打つブロード攻撃は“モトコスペシャル”と呼ばれ、多くのファンに愛されていました。

小松:
1997年に引退されてからは、スポーツキャスターやタレント活動、女優業、バレーボール中継の解説者、日本バレーボール協会の広報委員や日本財団HEROsアンバサダーなど幅広い分野でご活躍されています。

東:
現在の大林さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、スポーツキャスターやタレント活動、女優業などが「C」の領域、バレーボール中継の解説者などが「D」の領域、日本バレーボール協会などスポーツに関わる団体でのお仕事が「B」の領域と、現場での指導以外の三つの領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 元々の夢に挑戦する

小松:
大林さんは、元トップアスリートとは思えないほど“スポーツ”以外の領域でマルチにご活躍なさっていますが、どのような経緯で現在のキャリアを築かれたのでしょうか?

大林:
確かにアスリートのセカンドキャリアとしては少々変わっているかも知れませんが、バレーボール選手以外の元々持っていた夢に、引退してから挑戦しているんです。

東:
どんな夢でしょう?

大林:
舞台の上でお芝居をしたり歌ったりして、自らを表現することです。
幼い頃から歌手になるのが夢で、宝塚歌劇団などのミュージカルや音楽番組を見ながら家の中で歌や踊りを真似ていたので。

小松:
バレーボール選手として素晴らしいキャリアを築いた後に、改めて昔からの夢を叶えるための挑戦をなさっているなんて、素敵ですね。

大林:
ありがとうございます。ただ、現役時代の名前やイメージに足を引っ張られる部分もあるお仕事なので、なかなか難しい部分もあるのですが。

東:
なるほど。競技で実績を残していればいるほど、あくまで“元アスリート”が演技をしているという風に見られてしまって、純粋な演技力や歌唱力などで判断されるのは難しい部分もあるのでしょうね。

小松:
日本において、アスリートは道を極めると言いますか、“競技ひとすじ”のストイックなイメージが求められている面もありますから。

大林:
私の他にもアスリートで引退後に「女優になりたい」「歌手になりたい」と考えている人はいらっしゃるとは思うのですが、現役中はもちろん、引退後にもなかなかそれを言えないですし、言ったとしても理解されないですよね。

東:
現役中であれば、「余計なことを考えてないで競技に集中しろ!」、引退後には「今さら遅い!」とか「畑違いだから無理!」などと言われてしまいそうです。

大林:
身近な人では、アテネオリンピック競泳銀メダリストの田島寧子さんも引退後に昔からの夢だった女優を目指していましたが、オリンピアン・メダリストのイメージが大き過ぎたのでしょうか?違う夢を見るのを周りが何となくイメージしにくいのか受け入れてもらえないように感じていました。

小松:
女優は様々な役を演じるお仕事ですから、その人のパーソナリティがあまりに前面に出過ぎると、物語そのものに入り込みづらくなってしまいますものね。

東:
役柄ではなく、“オリンピックメダリストの◯◯が演技をしている”という目で見られてしまうと辛いですよね。俳優を本業となさっている方でも、一度ハマり役が出来てしまうとそのイメージの払拭に苦労なさる場合があると言いますし、良くも悪くも“自分”役しか出来ない方もいらっしゃるそうですから。

大林:
おっしゃる通りで、アスリートとしての名前や実績が大きければ大きいほど、お芝居の邪魔をしてしまう部分があるんです。どうしても“元選手”として見られてしまいますよね。

東:
アスリートの場合は、同じく他のジャンルからお芝居に挑戦なさっているミュージシャンや芸人の方などともまた違ったイメージを持たれているように思います。「余計なことをせずにスポーツに関わることだけやっておけばいいのに」的な。

大林:
ただ、元競泳オリンピアンの肩書をおもちのミュージカル俳優・藤本隆宏さんのようなケースもありますから。彼はソウルとバルセロナの二度オリンピックに出場したトップアスリートですが、現役を引退後に劇団四季に入って、現在ではミュージカルを中心にテレビドラマなどでも幅広く活躍しています。

小松:
2012年に放送されたNHKの大河ドラマ「平清盛」にもご出演なさっていましたね。

大林:
彼の場合は、元オリンピアンだという事実を出さないようにしてきたのか、戦略は分かりませんが、本当に私が一番目指す場所にいらっしゃる方で、今では色々な話をする仲間でもあります。

東:
本業が“元オリンピアン”ではなく、世間では“俳優”と思われているということですね。

大林:
もちろん、彼と同じにはなれないことは分かっていますし、私は私なりにこれまでに誰も歩いて来たことのない新しい道をつくってきていると思ってはいますが、やはり憧れますよね。

小松:
大林さんに憧れている方々もたくさんいらっしゃると思いますし、今、切り拓かれている道も素晴らしいと思います。

東:
パイオニアであり、オンリーワンの存在ですよね。

大林:
前例がない分、叩かれることも多いですけれどね。

小松:
先駆者であり、開拓者だからこその苦しみなのでしょうね。

 誰よりも頑張る

小松:
女優としての活動について、もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

大林:
これまでに三十作品以上に出演させていただいていますが、二十九歳で引退して、三十九歳までの十年間は“大林素子本人役”やバレーボールを題材にしたドラマや映画が主でした。本当は本格的なお芝居や歌に対する思いが強かったのですが、なかなかオファーをいただくことが出来ず、女優としてのお仕事よりスポーツキャスターやバラエティ番組への出演が多かったです。

東:
自分がやりたい仕事と、周りが求める仕事とのギャップに苦しむ日々だったのですね。

大林:
そうですね。ただ、色々なお仕事をやらせていただく中で得られた“気づき”も多くて。例えば、F1を中心としたモータースポーツのキャスターのお仕事を十五年ほどやらせていただいた経験は、仕事において大切にすべきことを気づかせてくれました。

小松:
大林さんが、モータースポーツのお仕事に関わってきた中で気づいた“仕事において大切にすべきこと”とは何なのでしょうか?

大林:
取材と勉強を誰よりも頑張るということです。モータースポーツはかなり専門的な知識が求められるある意味特殊な世界なので、キャスターを務めることになった時に、メディアや番記者、スタッフの方々にご挨拶をしても最初の頃は無視されたりしていました。私に聞こえるように「バレーの人に何がわかる?」と言われたこともありますし。

東:
閉鎖的な部分があったのですね・・・

小松:
私がサッカーを取材し始めた頃にも同じような経験をしたことがあります。
「素人の女に何がわかる」と。

大林:
今ならどの業界にもありがちな洗礼だと分かりますが、当時は悔しくて。どうすれば中に入っていけるのだろうと思って、とにかく行動しました。

東:
具体的にどのような行動をなさったのでしょうか?

大林:
まずはモータースポーツ業界のことを知らなければならないと思い、自分の仕事に関わる全ての方からお話を伺うことにしました。サーキットに年間六十〜七十日くらい足を運んで、ピットレポーターの先輩のご自宅に訪問させていただいたり、工場へ出かけてメカニックやエンジニアの方々からお話を聞いたり。そんなことを二年、三年と続けていくうちに、周りが色々と教えてくれるようになっていったんです。知らないのは当たり前。だから教えて下さいと素直に言えるのを強みにして、キャスターとしての意地で頑張りました。

小松:
大林さんが本気でモータースポーツの仕事に取り組んでいることが伝わったのですね。

大林:
今振り返ると、いきなり優しく受け入れてもらえなくてよかったと思います。上辺だけの知識を元に、適当にその場を盛り上げるような仕事をしていたら、現在の私はありませんから。
あまりにのめり込み過ぎて、カーレースの国内A級ライセンス“MFJ PITCREW LICENCE”を取得したり、2001年には女性のみのレーシングチーム「大林アタッカーズ」を結成して、監督として鈴鹿1000km(1966年から2017年まで鈴鹿サーキットで開催された自動車の耐久レース)に参戦したりもしました(笑)

東:
もの凄いのめり込み方ですね(笑)

小松:
本気になられた時のエネルギーが凄まじいです。

大林:
当時はプライベートでも年に四十日〜五十日ぐらいはサーキットに通っていましたし、命がけでモータースポーツのお仕事に取り組んでいました。ただ、心の中では「いつになったらドラマや歌のお仕事をさせてもらえるんだろう」とも思っていました。たまにマネージャーに確認しても「オファーはありません」としか言われなくて(笑)本当にやりたいお仕事が出来ていない現実を忘れられるようにモータースポーツのお仕事に没頭していた面もあると思います。

東:
大林さんは、ご自身のネームバリューを活かして、何の苦労もなくたくさんのお仕事に恵まれて、とても軽やかにセカンドキャリアを歩まれているイメージがありましたが、そんな思いで過ごしていらしたのですね・・・

大林:
ミーハーに見られてしまいがちなんですよね(笑)TVの現場では役割があるのであえてそう演じてコメントをしたり、ボケたりもしていますが・・・本当の私ではなかったりしますからね。

小松:
いえいえ。F1を始めとするモータースポーツはもちろん、お笑いについてもとても勉強なさっていることが伝わります。

大林:
そうおっしゃっていただけると、とても嬉しいです。モータースポーツやお笑いの解説や審査員をさせていただく際には、ジャンル自体については当然ですが、そこで活躍している人たちの人間性や歴史を徹底的に調べるようにしています。

東:
どうして人間性や歴史を調べるのでしょうか?

大林:
レーサーや芸人の方々の魅力を最大限に伝えるためです。同じパフォーマンスでも、その人たちのことを何も知らずに見るのと、どんな家族構成で、どんな人生を歩んで来て、どんなことを考えて取り組んでいるのかを知った上で見るのでは、全く見え方が違ってきます。バレーボールで解説者を務める時でも同じなのですが、徹底して“人”にフォーカスし、様々な情報を伝えることで、より一つひとつのプレーに感情移入してもらえるように心がけています。私自身が取材される時に「身長何cmですか?」から質問されるのと、「先日の試合のあの表情はなぜ?」と聞かれるのとでは、別に差別しているわけではありませんが、対応が変わってきますからね。やはり、その人となりを知り、リスペクトを持った上でインタビューに臨みたいというのが私のポリシーです。

小松:
素晴らしいですね。大林さんのお仕事に対する矜持を感じます。

大林:
ありがとうございます。ただ、自分に厳しくするのは構わないのですが、周囲に対しても厳しい要求をしてしまう部分があって、悩んでもいます。
ここまで押し付けてはいけないとは思いながらも、日々葛藤していますね。

東:
若い頃から世界の頂点を目指して努力を積み重ねてきた大林さんと同じレベルの努力が出来る人は稀だと思いますので・・・
ただ、それを周りに要求してしまう自分を客観的に見て、悩まれているところが大林さんの優しさですよね。

小松:
今回は、バレーボール選手を引退なさった後のお話を中心に伺ってまいりましたが、次回はバレーボールを始めたきっかけから日本代表選手としてのご活躍など現役時代のお話についてお聞かせいただきたいと思います。

大林:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「小さな行動が大きく人生を変える」(中編)は、8月21日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。