Career shift

大林素子 / Oobayashi Motoko   元バレーボール日本代表|現在:

小さな行動が大きく人生を変える 元バレーボール日本代表・大林素子(中編)

Profile

 

1967年6月15日生まれ。東京都小平市出身の元バレーボール選手。現役時代は182㎝の長身を活かして、日本代表のエースアタッカーとして1988年ソウル大会、1992年バルセロナ大会、1996年アトランタ大会と三大会連続でオリンピックに出場。1995年からは日本人初のプロ選手としてイタリア・セリエAでもプレーした。1997年に引退後は、スポーツキャスターとしてバレーボール中継の解説を担当するほか、タレントや女優等マルチに活躍。
東京都小平市立第二中学校 → 八王子実践高等学校 → 日立 → アンコーナ(イタリア・セリエA) → 東洋紡オーキス日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、日本オリンピック委員会・環境アンバサダー、福島県・しゃくなげ大使、環境省チャレンジ25キャンペーン応援団、日本バレーボール協会広報委員、観光庁「スポーツ観光マイスター」

東:
元バレーボール日本代表・大林素子さんへのインタビュー、今回は中編になります。

小松:
前編では、バレーボール選手を引退なさった後のお話を中心に伺ってまいりましたが、今回はバレーボールを始めたきっかけから日本代表選手としてのご活躍など現役時代のお話についてお聞かせいただきたいと思います。

 人生を変えたファンレター

東:
大林さんがバレーボールを知ったのは小学四年生の頃、テレビで再放送されていたバレーボールのアニメ「アタックNo.1」を見たのが最初だったそうですね。

大林:
はい。私は幼い頃から身体が大きくて、それが原因でいじめに遭っていました。周りから“ジャイアント素子”とか“デカバヤシ”と言われて、自殺を考えるくらい悩んでいました。

小松:
酷いですね・・・

東:
周りは気軽にからかっているつもりでも、言われたほうは深く傷つきますよね・・・

大林:
そんな時に、「アタックNo.1」を見て、これまでコンプレックスに感じていた背の高さが武器になるスポーツがあるのだと嬉しくなって、中学になったらバレーボール部に入ろうと決意したのがきっかけなんです。

小松:
中学校に入学して、いよいよバレーボールを始められたわけですが、いかがでしたか?

大林:
それが最初の頃は全然楽しくなくて(笑)中学に入学した時点で170cmあって、身体は大きかったのですが、全然体力がなかったので練習についていけなくて。サボってばかりでしたし、もちろん試合でも活躍出来ませんでした。

東:
中学生の女子で170cmあれば、体力が無くてもある程度は活躍出来そうですが。

大林:
私、実は運動が苦手なんです(笑)中学での体育の成績は“3”でしたから。

小松:
まさか!とても意外です。

東:
そんな大林さんが本気でバレーボールに取り組むようになった出来事が、中学二年生の頃にあったそうですね。

大林:
中学二年生の時にバレーボールの雑誌を読んでいたら、日本代表チームの中心メンバーが所属していた日立バレー部の練習場が地元の小平市にあると書かれていて。私は当時、日立でプレーしていた江上由美(現・丸山)さんのファンだったので、サインが欲しくてお手紙を書いたんです。そして、二歳上の中田久美さんのことも知り、いつかそこでプレーしたいと憧れの場になりました。

小松:
中田久美さん、現バレーボール女子日本代表監督で、史上最年少の十五歳(中学三年生)で日本代表に選ばれたレジェンドですね!

大林:
はい。ただ、ものすごく人気があったので、普通に書いてもサインはおろか本人に読んでもらえるかも分からないので、色々と考えて、江上さんではなく監督の山田重雄さん(※注1)宛にお手紙を出したんです。
※注1:バレーボール女子日本代表監督として1968年メキシコオリンピックで銀メダル、1976年モントリオールオリンピックで金メダルを獲得。1974年世界選手権と1977年ワールドカップでも日本代表を金メダルに導き、世界初の三冠を達成した名監督。2006年バレーボール殿堂入り。

東:
どうして山田監督に?

大林:
選手より監督のほうが手紙をもらう数は少ないでしょうし、監督には申し訳ないのですが、読んでもらえる確率が高くなると思って(笑)また、監督から頼んでもらえば選手もサインを書いてくれるんじゃないかなと考えたんです。

小松:
なるほど、賢いですね(笑)どんな内容のお手紙を書かれたのでしょうか?

大林:
「小平市立第二中学校二年の大林素子といいます。176cmで左利きでバレーボールをしています。将来は全国大会に出場して、オリンピック選手になりたいです。どうすればなれるか教えてください!」と書いて、最後に「P.S. 選手のサインをください」と入れたんです。

東:
凄い!!!どうすれば自分に興味を持ってもらえるのかを徹底して考えたうえで、本来の目的である選手のサインはあくまでついでのように思わせている完璧な内容です!恐ろしい中学生ですね(笑)

大林:
手紙には自宅の住所と電話番号を書いていたのですが、後日、山田監督から直々に電話がかかってきて「そんなに背が高くてバレーボールをやっているのなら、一度練習を見学に来なさい」と言ってくださって。

小松:
運命の歯車が大きく動き始めましたね。

大林:
バレーボール部全員で見学に行ったのですが、江上由美さんを始め森田貴美枝さん、三屋裕子さん、中田久美さんなど1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得することになる錚々たるメンバーが揃う中、私は練習にも参加させていただけることになって。

東:
単なる身長の大きな中学生が、一通の手紙を送ったことによって世界でも最高のレベルの選手たちと一緒に練習出来ることになったのですね。

大林:
山田監督の指示で、ロサンゼルスオリンピック銅メダルメンバーの小高笑子さんのポジションに入れていただいて、中田久美さんのトスでスパイクを打たせてもらえたのですが、空振りしてしまい、睨まれて怖かったことを覚えています(笑)

小松:
その状況では、緊張しますよね(笑)

大林:
確かに緊張もしましたが、私と二歳しか違わない中田さんのプレーには大きな衝撃を受けました。こんなにもレベルが違うのかと。練習が終わった後は、皆さんにとても優しくしていただいて、サインをしていただいたり、一緒に写真も撮影してもらいました。お手紙を書いてよかったなと満足していたところで、山田監督からかけられた言葉が私の人生を変えました。

東:
どんな言葉をかけられたのでしょうか?

大林:
「君の練習を見ていたけれど、正直、このままではオリンピックには出られない。本気で行きたいのであれば、明日からウチの練習に参加しなさい。そうすれば、次のオリンピックには出られるかもしれないよ」と言われたんです。それからは、毎日学校の部活が終わってから日立の練習に通わせていただくことになったんです。

小松:
人生が変わりましたね。

 春高バレーのアイドルに

東:
中学校の部活動と日立での練習を両立する日々はかなりキツかったのではないですか?

大林:
死ぬほどキツかったですが、頑張りましたね。あれだけ練習が嫌いでサボってばかりいた私が、一日たりとも休みませんでしたから。絶対に上手くなってオリンピックに出るんだ!という気持ちで一切妥協しませんでした。

小松:
日本一の選手たちに囲まれている環境が、大林さんを変えたのですね。

大林:
もし、バレーボールを辞めてしまったら、またいじめられてしまうかも知れないとも考えていました。結果を出さなければ、居場所がなくなってしまうという思いが強かったんです。幼い頃にいじめられた経験は未だに忘れられなくて、それが、私が努力することが出来る理由なのだと思います。

東:
いじめていた側はすっかり忘れてしまっているのでしょうが、いじめられていた側の心の傷は一生癒えない場合がありますから、一つひとつの言葉や行動に思いやりを込めないといけませんね。

小松:
その後、大林さんは中学を卒業し、名門・八王子実践高校に進学。当時、フジテレビがゴールデンタイムで中継していた“春の高校バレー(※注2)”など数々の大会で活躍して、アイドル的な人気を獲得なさいます。
※注2:全国高等学校バレーボール選抜優勝大会。1970年から2010年までの四十一年間開催された高校バレーボールの大会で、夏のインターハイ、秋の国体と並ぶ高校バレー界三大タイトルの一つ。2011年から全日本バレーボール高等学校選手権大会に名称変更されている。

大林:
八王子実践高校は、私が入学した年には全国大会で三冠を獲るような強豪校でしたが、私が中心選手として戦った春の高校バレーでは二位と三位でしたし、インターハイも優勝と三位、三年生時の優勝は国体の一度だけですので、負けの多い高校生活でした。長身のサウスポーで、名門校の選手だったので、実力以上に注目をしてもらえたのだと思います。

東:
全ての全国大会で三位以上の成績だなんて、とんでもなく凄いと思いますが。

小松:
野球で言えば、大林さんと同級生の“KKコンビ(桑田真澄さん&清原和博さん)”のいたPL学園高校のようなイメージですよね。

大林:
当時の菊間監督の口癖は「二位もビリも一緒だ」で、優勝以外には価値がないという考えでしたから。優勝以外の表彰状やメダルはどこにあるのかも分からないくらいで。

東:
頂点のみを目指している人にしか理解出来ない価値観があるのでしょうね。

小松:
高校バレー界のスター選手になった大林さんは、高校三年生時に日本代表に初選出。1985年に開催されたワールドカップで国際大会デビューを果たし、翌1986年には日立に入団。日本リーグでも活躍し、1988年に開催されたソウル大会で初めてオリンピックに出場なさいます。

東:
しかし、中学生の頃から憧れて、ついに辿り着いた夢の舞台で、大林さんは厳しい試練を味わうことになります。

 試練の日々

小松:
大林さんが初めて出場なさったソウル大会。バレーボール女子日本代表は初出場で金メダルを獲得した1964年の東京オリンピック以来、初めてメダルを獲得することが出来ませんでした。
当時は、現在とは比較できないほどバレーボール、特に女子日本代表の人気が高かったですが、負けた時のバッシングは凄まじいものがありましたね。

大林:
大げさではなく二度と日本に帰れないと思いました。“東洋の魔女”以来、バレーボール女子日本代表チームは常に金メダルを期待される存在でしたから、私たちの代で初めてメダルを持って帰れなくなってしまって、ファンの皆様はもちろん、協会や会社の方々、日本代表の先輩方に合わせる顔もありませんでしたし。

東:
四年後、1992年のバルセロナオリンピックではさらに順位を下げて五位。
1994年にはプロ契約をめぐる問題で、日立を解雇されるなど試練の日々が続きましたよね。

小松:
1994年の7月に、日立バレー部に所属する他の八選手と共にプロ契約を求めて会社に辞表を提出。上層部との話し合いを経て一旦は撤回したものの、11月のVリーグ発足翌日に吉原知子さんとともに日立を解雇された件ですね。宜しければ、経緯をお聞かせいただけますか?

大林:
1992年のバルセロナオリンピックでの五位という結果と、1993年に開幕したJリーグの盛り上がりを受けて、これからは日本のバレーボールも実業団ではなくプロ選手が集まるプロチームになっていかなくては世界で戦っていけないと考えた日立の選手が私を含めて九人いて。当時の私たちは社員として身分が保証されていましたから、もっと厳しい環境に身をおきたいという思いがあって、会社に辞表を提出して、プロ選手として契約してもらえるようにお願いしたんです。

東:
当時は国際的な競技力、国内での人気ともにサッカーよりもバレーボールのほうが上に位置していましたが、このままでは今後衰退してしまうという危機感をお持ちだったのですね。

大林:
おっしゃる通りです。ただ、会社としては企業スポーツですから、急に九人が同時に辞められるのは困る。今シーズンの終了後にプロ契約を考えるから一シーズン待ってほしいと言われたので辞表を撤回したんです。そのシーズンは“日本リーグ”から“Vリーグ”に変わる年で、11月29日に発足記念パーティーが開催されて、私はそこで挨拶もさせていただいていたのですが、翌日に私と吉原知子選手だけが呼び出されて、いきなり即日解雇処分を言い渡されたんです。

小松:
他の選手はお咎めなしで、二人だけだったのですね・・・

東:
見せしめのような意図もあったのかも知れませんね。抵抗はしなかったのでしょうか?

大林:
いきなりのことで、しばらくは状況が理解出来ませんでしたよね。一方的に書面を渡されて、午後三時以降は体育館への立ち入りを禁止すると言われて。吉原選手は寮に住んでいたのですが、その日のうちに荷物をまとめて出ていくようにと命じられました。「シーズン終了後にプロ契約を考えると言ってくれていたじゃないですか」と訴えても、「そんなこと言いましたかね」と、とぼけられてしまって。これまで、何から何まで会社任せでバレーボールのみに集中する生活をしてきたので、大事な約束事は書面に残しておかなければならないだなんてことは知る由もなく・・・言った言わないの口約束など通じない“社会の恐ろしさ”というものをまざまざと思い知らされました。

小松:
当時は多くのメディアがこの問題を取り上げましたが、大林さんたち選手の言い分は全く聞き入れられませんでした。言葉に出来ないくらい辛い思いをなさっていたのでしょうね・・・

大林:
権力のある人こそが正しいのような世界を初めて知り、メディアに叩かれまくって、悪者にされてしまって、世間全体が敵になりましたから。本当に理不尽だと思いましたし、あの時に感じた悔しさや辛さは一生忘れられません。ただ、今では当時に比べれば、ちょっとした仕事のトラブルなんて大したことないと思えるようにはなりました。最低最悪の経験をしているので、この先何があっても耐えられる自信はあります(笑)

東:
たくましいですけれど、少し、切ない強さですよね。

小松:
日立を解雇された大林さんは、吉原選手とともに海外でのプレーに活路を見い出します。
次回、最終回となる後編では、当時の世界最高峰リーグであるイタリア・セリエAでの活躍を経て、選手生活を終えた後のお話を伺ってまいりたいと思います。

東:
宜しくお願い致します。

大林:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「チャンスは待たずに自らつくる」(後編)は、8月23日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。