Career shift

大林素子 / Oobayashi Motoko   元バレーボール日本代表|現在:

チャンスは待たずに自らつくる 元バレーボール日本代表・大林素子(後編)

Profile

 

1967年6月15日生まれ。東京都小平市出身の元バレーボール選手。現役時代は182㎝の長身を活かして、日本代表のエースアタッカーとして1988年ソウル大会、1992年バルセロナ大会、1996年アトランタ大会と三大会連続でオリンピックに出場。1995年からは日本人初のプロ選手としてイタリア・セリエAでもプレーした。1997年に引退後は、スポーツキャスターとしてバレーボール中継の解説を担当するほか、タレントや女優等マルチに活躍。
東京都小平市立第二中学校 → 八王子実践高等学校 → 日立 → アンコーナ(イタリア・セリエA) → 東洋紡オーキス日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、日本オリンピック委員会・環境アンバサダー、福島県・しゃくなげ大使、環境省チャレンジ25キャンペーン応援団、日本バレーボール協会広報委員、観光庁「スポーツ観光マイスター」

小松:
元バレーボール日本代表・大林素子さんへのインタビューもいよいよ今回が後編となります。

東:
前回は、バレーボールとの出会いから高校時代のご活躍、日本代表として出場したソウル、バルセロナの二度のオリンピックの後、プロ契約をめぐって日立を解雇されたところまでお話を聞かせていただきました。

小松:
最終回となる今回は、日立を解雇された後、当時の世界最高峰リーグであるイタリア・セリエAへ挑戦なさったところからお話を伺ってまいりたいと思います。

 キング・カズの言葉に後押しされた

東:
日立を解雇された後は、どのような生活をなさっていたのでしょうか?

大林:
しばらくは部屋で泣いてばかりいました。どうしてこんな目に遭わなければいけないのか、とにかく悔しくて悲しくて。でも、一週間が経つ頃には、そろそろトレーニングをしなければマズいと感じて、同じく解雇された吉原知子選手と一緒にランニングを始めました。

小松:
どん底の精神状態の中で、トレーニングを始められた理由は何なのでしょう?

大林:
あの頃は練習を休むということが無かったので、こんなに長い期間休んだことがなくて不安になったんです。とにかくトレーニングをしなければとランニングから始めました。メディアに追いかけられたりもしましたが、母校の八王子実践高校や、筑波大学でもトレーニングをさせていただいて。そうこうしている間に、イタリアのプロリーグ・セリエAでプレー出来るというお話をいただいて、吉原選手と二人で“アンコーナ”というチームと契約することになりました。

東:
どうして、セリエAだったのでしょうか?

大林:
私が1988年に初めて出場したソウルオリンピックでは三位決定戦で中国にやぶれてしまい四位。バレーボール女子日本代表の歴史で初めてメダルを逃してしまい、その後の四年間、がむしゃらに頑張って挑んだバルセロナオリンピックではさらに順位を下げて五位でした。どうすればメダルを取れるのかと悩んだ末に、オリンピックメダリストたちがこぞってセリエAに所属していることに思い至ったんです。日本代表を強くするには、まずは自分が強くならなければいけない。強くなるには、世界で一番強い選手が集まる場所に行くべきだと考えたんです。

東:
日本人初の挑戦でしたが、不安はありませんでしたか?

大林:
もちろん不安はありましたが、移籍をするか迷っていた時に、当時イタリアでプレーしていたサッカーの三浦知良選手からお電話をいただいて。

小松:
セリエAのジェノアCFCでプレーなさっていた頃ですね。元々親交がおありだったのですか?

大林:
はい、以前から仲良くさせていただいていたのですが、私が日本でバッシングされていることを気遣って、わざわざイタリアから国際電話をくださって。

東:
素敵ですね。どんなお話をなさったのでしょうか?

大林:
「最初に行くのは大変だし、叩かれるかも知れないけれど、結果を出せば全てが変わるから。来た方がいいよ!」と言ってくださって。実際に道なき道を切り拓いてきた三浦さんの言葉には凄く重みがあって、その言葉に押されて「よし、行ってみよう!」という気持ちになれたんです。

小松:
当時はインターネットも普及していませんでしたし、今と比べると海外への挑戦はとてもハードルが高かったですが、三浦選手の言葉で、ハードルをとび越えることが出来たのですね。

大林:
そうですね。もし、日立でプロ選手になれていたら、一生海外には挑戦出来なかったかも知れませんし、今の日本バレーの歴史も変わっていたかも知れませんね。

東:
不思議な巡り合わせですよね。

 待っていても来ないなら、自分で動く

小松:
その後、大林さんはイタリアで五ヶ月間に渡ってプレーした後、帰国。Vリーグの東洋紡オーキスとプロ契約を締結し、日本代表としては三度目の挑戦となるアトランタオリンピックに出場後、1997年の3月に二十九歳で現役生活にピリオドを打たれました。引退を決意なさった理由をお教えいただけますか?

大林:
多くのアスリートと同様、私は現役時代にオリンピックを中心に人生を設計していたんですね。つまり、四年のスパンで物事を考えていたんですが、1996年に私が出場した最後のオリンピックであるアトランタ大会に出場した後、以前から痛めていた膝の調子がどうしても良くならず。競技が出来ないような状態ではなかったのですが、2000年のシドニーオリンピックを考えると、今以上のプレーが出来るようにはならないなと感じて、引退することにしました。

東:
なるほど。四年後のオリンピックに向けて、自らの力が向上することはないと感じたことで、競技を離れる決断をなさったと。引退後のお仕事については考えていらしたのでしょうか?

大林:
先程もお伝えしたとおり、私は幼い頃から歌手になるのが夢でしたので、引退した後は舞台の上でお芝居をしたり歌ったりして、自らを表現するお仕事がしたいと考えていました。ただ、バレーボール選手が引退後にいきなり「お芝居をやりたいです!」と言っても、どこの誰も相手にはしてくれないことは理解していました。ですので、まずは、友人のアスリートが所属していた大手芸能事務所のスポーツ文化部にお世話になってお仕事をさせていただくことにしたんです。

小松:
ご自身が本当にやりたいお仕事ではなく、世間に求められるお仕事から始めようと考えられたわけですね。お仕事のほうは順調だったのでしょうか?

大林:
ありがたいことにバラエティ番組やスポーツキャスター、バレーボール教室の講師などたくさんのお仕事をいただいて、目まぐるしいくらいに忙しい日々を送らせていただきました。
ただ、本当にやりたいと考えていたお芝居のお仕事は全然いただけなかったですけど(笑)

東:
悩ましいですよね。大林さんは、周りから見るとバラエティ番組でトークをなさったり、スポーツに関わるお仕事をなさっている時がとても輝いていて“天職”に見えるのに、本人がやりたいことはお芝居なわけですから。

小松:
渇望感がありますよね。

大林:
もちろん、やりたいことを実現するために自分でも行動しました。例えば、自らつんく♂さんにお願いして、歌をつくっていただいたり。

東:
当時、人気のあった身長の低いアイドルを集めたユニット“ミニモニ。”に対して、身長175cm以上の女性でユニットをつくろうとメンバーを募集したところ、大林さん以外集まらなかったというつんく♂さんプロデュースの伝説のアイドル“デカモニ。”ですね!

小松:
ご自身で行動なさって、歌手になるという夢を叶えられたのだから素晴らしいです!

大林:
ありがとうございます。ただ、当時はスポーツ選手のくせにチャラチャラするな!というご意見をいただいたり、所属事務所の方針とは違っていたりで、色々と大変な思いもしました。

東:
歌やお芝居が、大林さんが幼い頃からやりたかった夢のお仕事なのだと理解していただけていればまた別の反応があったのかも知れませんが、日本においてはどうしてもトップアスリートは競技ひとすじに道を極めてきた人間で、引退後にもそうであってほしいという世間からの願望があるように感じます。また、アスリート自身もそのイメージに縛られて、自らの仕事や活動の幅を狭くしている部分があるのではないでしょうか。

小松:
このインタビュー企画では、大林さんを始めとするアスリートが、競技を終えた後にも様々な分野で活躍していることをお伝えして、世間やアスリート自身の“仕事”に対するイメージを前向きに変革していきたいと考えていますが、大林さんのキャリアは素晴らしい“ロールモデル”になると思います。

東:
オリンピックに三度出場しているとか、春高バレーのアイドルだったという部分を見るのではなく、現役時代とは全く異なるキャリアを築いていく中で、どのような考えで、どんな行動をなさってきたのかについて注目してほしいですね。

 超一流との出会い

小松:
前編で、二十九歳で引退してから三十九歳までの十年間は“大林素子本人役”やバレーボールを題材にしたドラマや映画への出演が主で、本格的なお芝居の仕事のオファーはいただけなかったと伺いましたが、三十九歳の時に舞台俳優に挑戦なさいましたよね。

大林:
はい。三十九歳の時に自ら出演させてほしいというオファーを出して、舞台俳優としてデビューしました。

東:
最初はどちらにオファーを出されたのでしょうか?

大林:
エアースタジオという劇団です。妹が劇団員と同級生で、観客として舞台に行った際に打ち上げに参加させていただいて。その時に勇気を振り絞って「私、お芝居やりたいんです!」とお伝えしたらみなさんとても驚いて。

小松:
それは驚きますよね。

大林:
では、次の公演に出ます?と、翌年にデビューさせていただいて以来、十三年間ずっと出演させていただいています。

東:
僕も何度か拝見していますが、お世辞抜きで驚くくらい演技が上手で引き込まれます。

大林:
いえいえ、まだまだなんですが、エアースタジオ以外にも、いくつかの劇団で年に二〜三本ほど出演させていただいています。待っていてもオファーが来ないので(笑)、自ら売り込みに行っているんですよ。

小松:
小さな舞台ですと、予算の関係もあって、大林さんにはなかなかオファー出来ないですよね・・・

大林:
蜷川幸雄さんにも手紙を書いて、お会いさせていただいたんです。

東:
中学時代の日立バレーボール部の山田重雄監督と同様に“世界のニナガワ”さんにもお手紙を書かれたのですね!

大林:
はい、私の所属事務所が制作している蜷川さんの舞台に伺い、初めてお会いした時に「大林くん、どうして舞台をやりたいの?」と聞かれて、自分の思いを伝えたところ、二年後に蜷川さんの演出なさっている舞台に出演させていただくことが出来たんです。

小松:
凄いですね!どんな舞台のどんな役だったのでしょうか?

大林:
最初は野村萬斎さん主演の「ファウストの悲劇」です。蜷川さんの舞台では三役、四役をやらせていただくのですが、その時も王妃の役など色々やらせていただきましたし、「盲導犬」では、以前に桃井かおりさんが演じられた役をやらせていただきました。残念ながら、この作品が蜷川さんの舞台への最後の出演になってしまいましたけれど。

東:
蜷川さんの指導は相当厳しかったのではないですか?

大林:
はい、本当に大変でしたが、蜷川組で演技をさせていただけたのは、大きな財産です。蜷川さんがお亡くなりになる前にNHKの番組に出演されていて、サプライズで私にコメントをくださったんです。「大林くんが本当に芝居をやりたいなんて、最初は思わなくてね。でもどうも本気だというので、大林くんには普通の役者は無理なので、普通じゃないんだったら日本一グロテスクな女優になればいいんだよね」という内容のことを言ってくださったんです。あの言葉は本当に嬉しかったです。いまだに蜷川さんがおっしゃってくれた“グロテスクな女優”を模索しているところです。

小松:
まさに人間そのものを露わにして演じるポジションですよね。素晴らしいですよね。

大林:
すごく難しいのは分かっているんです。私はおそらく一生女優ではなく、元アスリートやスポーツキャスターの大林素子として見られるのだと思うのですが、いつか、自分も世間も納得する演技をして、女優として認められたいと思っています。

東:
蜷川さんに、ジャンルはともあれ「日本一の女優になれ!」と言われたのはもの凄いことですよね。これまでにも自分は背が高いから、女優は無理だなと諦めてしまった人はたくさんいたのではないかと思うのですが、大林さんはそれを叶えているのが素晴らしいです。

大林:
いや、まだまだです。いまだに関係者の方々には「大林さんがやりたいのはわかりますけれど、身長が高いからねえ」と言われてしまうので。それを覆すには、実力をつけ、実績をつくるしかないんです。

東:
今、その実績を積み重ねているところですよね。

小松:
ただ、これはメディアの問題でもあるのですが、女優としての大林さんのキャリアにはもっとスポットライトが当たるべきだと思います。一流のアスリートから本格的な芝居の世界に入ってご活躍なさっている人は本当に稀有な存在ですから。

大林:
私がつんく♂さんプロデュースでCDを出させていただいたり、蜷川幸雄さんが演出した舞台に立たせていただいて感じたのは、何事も待っているだけではチャンスは来ないということです。もちろん待っていてもチャンスに恵まれる人はいますし、お仕事は需要と供給のバランスで回ります。でも、私にとっての歌やお芝居など、まだ、世間には求められてはいないかも知れないけれど、自らの生涯をかけてでもやりたい仕事があった時には、それは待っていても来ないことが多いので、その時にどう行動するかが、人生においてとても大切なのではないかと思います。

 頂点を目指さずに生きる

東:
大林さんは、現役時代はもちろんセカンドキャリアでも、自らの夢に向かって失敗を恐れずに新たな挑戦を続けていらっしゃいますが、アスリートの中にはなかなか新たな挑戦を出来ない人もいらっしゃいます。何かアドバイスをお願いできますか?

大林:
そうですね、私は必ずしも挑戦し続けなければいけないわけでもないと思います。私の場合はやりたいことがあったので挑戦しましたが、誰もがずっと新たなことに挑戦し続ける必要があるかというと、そこは人それぞれの価値観であり、自由ですからね。競技を引退して、普通に結婚をして、出産してという人生もありますから。現役時代にスポーツに打ち込んで、その後燃え尽きて、燃え尽きてしまった後で「また別のものに打ち込まないといけないのだけれど、何をすればいいんだろう?」という状態になっている人ってたくさんいると思うんです。踏み出したいなら踏み出せばいいし、行けないなら行けないで、別に死ぬ訳ではないですから。でも、アスリート時代、そこに全てを賭けて生きてきたわけですから、同じレベルでというのはなかなか難しいのかも知れませんね。私は元々あったのですが(笑)

東:
これまでに様々なアスリートからお話を伺ってきて感じたのが、オリンピアンやパラリンピアンを始めとするトップアスリートは、当然のように日本一や世界一を目指していて、それを達成出来なかった時には、後悔したり反省したりします。「二位じゃダメなんです」と。でも、他の仕事に置き換えてみると、全然日本一にならなくても食べていけるんですよね。バレーボールで日本で1000番目の実力の選手がバレーボールのみで食べていくことは難しいかも知れませんが、営業や経理やプログラマーで日本で1000番目の実力があれば十分に食べていけますし。トップでなければいけないわけではないというマインドを持つことも大切な気がしますね。

大林:
一番を獲ったことのある人が「普通に生きる」ことを考えるのは、難しいのかも知れません。

小松:
常に誰かと競争して生きていかなくてもいいわけですからね。常に誰かと競争して生きていかなくてもいいわけですからね。

東:
そんな風に考えることで楽になることで、逆に今まで培ってきたものを生かして、自分ならではのポジションを築くことが出来るかも知れませんしね。
さて、それでは改めて現在の大林さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、スポーツキャスターやタレント活動、女優業などが「C」の領域、バレーボール中継の解説者などが「D」の領域、日本バレーボール協会などスポーツに関わる団体でのお仕事が「B」の領域と、現場での指導以外の三つの領域でご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
今後、女優としてはもちろん、2020年の東京オリパラでも競技の枠を超えて、スポーツ全体を盛り上げるご活躍を期待しております。

東:
ここで最後のお願いです。バレーボールという競技の名前を使わないで、大林さんの自己紹介をしていただけますか?

大林:
大きくて、いたって普通の精神を持っているおばさんです。

東:
そういう人になりたいと?(笑)

大林:
いえ、“女優”と呼ばれるようにいつかなりたいと、日々思っています。

小松:
いつか必ずそんな日が来ると信じています。
本日はありがとうございました。

大林:
ありがとうございました。
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。