Career shift

大木卓也 / Ooki Takuya   元パラサイクリング・タンデムスプリント選手|現在:

報われなかった努力と新たな出会い 元自転車タンデムスプリント日本代表 アテネパラリンピック銀メダリスト 大木卓也 (中編)

Profile

 

大木卓也(おおき・たくや)
1980年茨城県笠間市生まれ。自転車競技の名門校である茨城県立取手第一高等学校にて競技を始める。2004年アテネパラリンピック・パラサイクリング男子タンデムスプリント銀メダリスト。※健常者パイロットとして出場。日本では二人目のパラリンピック健常者メダリスト
2009年競輪学校卒業間際の練習中に落車し、脳に腫瘍が見つかり選手生命を絶たれる。2019年3月に骨盤にフォーカスしたインソールを企画開発販売する会社「IRERUDAKE株式会社」を立ち上げた。

東:
元パラサイクリング・タンデムスプリント日本代表・大木卓也さんへのインタビュー、中編となる今回は、大木さんと自転車競技の出会いから競輪選手への挑戦、パラサイクリングに関わるようになったきっかけなどについて伺ってまいります。

 自転車大好き少年の日々が始まる

小松:
まずは大木さんが自転車競技を始められたきっかけを教えていただけますか?

大木:
小学四年生の頃にマウンテンバイクがブームになって、僕も買ってもらったのが始まりです。ある日、ふと思い立って、自宅から片道50キロある東海村まで三時間かけて行ったのですが、それを祖母が褒めてくれたのが嬉しくて。

東:
マウンテンバイクやBMX、流行りましたよね!
しかし、小学四年生で50キロ先まで自転車に乗って行くとは・・・

大木:
あの辺りは地形がフラットなので、それくらいの距離は自転車で行く方も珍しくはないんです。自転車専用のコースもたくさんありますし。

小松:
それにしても凄い体力だと思います。

大木:
今にして思えば向いていたのかも知れません。また、祖母に褒められたのが嬉しかったこともあって、自転車が大好きになりました。

東:
ちょっとした成功体験や誰かに褒められたことがきっかけで何かを好きになる気持ち、とても良く分かります!

大木:
それで、中学二年生の冬にロードレーサーを今までに貯めたお金で買って、競技として本格的に自転車に取り組むようになりました。

小松:
その後、大木さんは自転車競技を続けられる環境を求め、茨城県立取手第一高等学校(以下取手一高)に進学なさいますね。

 自転車競技の名門高校に入学

大木:
茨城県の高校で自転車競技部があるのは取手一高だけだったのですが、全国大会で優勝もしている強豪だったので、ここしかない!と思って決めました。

東:
それだけの強豪校であれば、トレーニングはかなり厳しかったのではないでしょうか?

大木:
もちろん厳しかったです。耐えきれずにやめてしまう人も多くて、入部当初10人いた部員が、最後は3人になっていました。

小松:
大木さんのご自宅から取手一高までは電車で一時間半程度。日々の通学は大変だったのではないですか?

大木:
毎朝四時過ぎに自宅を出て、夜十時に帰宅する日々でしたが、今にして思えばそれに付き合ってくれていた両親が一番大変だったと思います。毎日お弁当をつくって、僕を起こして車で駅まで送迎してくれていましたから。

東:
僕も当時は気づきませんでしたが、高校時代を始め学生の頃には本当に両親に支えられました。感謝あるのみですよね。二年生の時には自転車で通学なさっていたそうですが。

大木:
高校一年生の時に落車して鎖骨と首の骨を怪我してしまってから、一時目指していたものが無くなってしまってふらふらしていたら大会に出させてもらえなくなってしまって。このままではいけないと思い、通学の時間も練習にあてようと自転車で通い始めました。

小松:
電車で一時間半かかる距離を自転車で・・・
それとは別にトレーニングもなさるわけですから、凄まじい練習量ですね。

大木:
効果はてきめんで、いつのまにか強くなっていました(笑)

小松:
取手一高にはアテネオリンピック自転車競技で銀メダルを獲得なさった長塚智広さんなど卒業後に競輪の道に進まれた先輩がいらっしゃいましたが、どのような進路を考えていらしたのでしょうか?

大木:
僕としては競輪選手になりたい気持ちと大学に進学したい気持ちの間で揺れ動いていたのですが、いくつかいただいていた大学からのお誘いをうちの母が全て断ってしまって(笑)。

 競輪選手を目指したものの、その道は険しかった

小松:
お母様はなぜそのようなことを?

大木:
わかりません(笑)でも、うちの母は僕に競輪選手になってほしいという思いが強かったようです。

東:
珍しいですよね。大体ご両親が「とりあえず大学には行きなさい」で、子どもが「プロに挑戦したい」というパターンが多いように思いますが。

大木:
それで、卒業後には大学に進むのではなく、競輪選手になるために競輪学校への入学試験に挑戦したのですが、五年連続で合格することが出来ずに挫折しました。

小松:
競輪学校に入学するにはタイムトライアルに合格することが必要だと伺いましたが、内容をお教えいただけますか?

大木:
一年に一度、200mと1000mのタイムトライアルを実施するのですが、200mはクリア出来るのですが、どうしても1000mが苦手で。練習では合格タイムを出せるのですが、本番では毎回コンマ5秒くらいの差で不合格になってしまって・・・
競輪学校へ入学出来るのは二十三歳までというルールがあって、高校を卒業してから五年目の試験で不合格になったことで、年齢制限に引っかかってしまうので諦めざるを得なくなってしまいました。

東:
1000m走ってコンマ5秒、本当にわずかな距離ですよね。

大木:
10mあるかないかです。

小松:
年に一度の入学試験以外にはどのような生活を送っていらしたのでしょうか?

大木:
競輪場などでアルバイトをしながらトレーニングをしていましたが、ほとんど収入は無く、家族にも随分迷惑をかけてしまいました。

東:
競輪学校の入学試験を受験するための年齢制限が設けられていることは、僕は素晴らしいと思います。五年間挑戦してもダメなら諦めなければならない制度があることで、次に進めますから。プロの世界は努力したからといって、必ず報われるわけではないですし、才能がなければ生きていけない世界です。残酷なようですが。どうしても諦めきれずに頑張っている人に諦めざるを得ない状況をつくってあげることも、人生の限られた時間を大切にするためには必要なのではないかと思います。

大木:
そうですね。あるスポーツ強豪校では、二年生の時点で今後試合に出場出来ないであろう選手の引退試合を実施するそうです。
初めに聞いた時には残酷だなと感じたのですが、淡い期待を持たせ続けることなく、試合に出場するのは無理だということをはっきりと伝えて、それでもここで競技を続けるかどうかを選ぶ機会を与えているそうです。

小松:
試合に出られなくとも続けるかどうかの選択肢を与えていると。

大木:
はい、ですからその学校の応援席にいるのは、次は自分が試合に出場しようと思って応援している下級生か、試合には出場出来ないと分かっていても自分自身の意志でチームに残り、誇りを持って応援している上級生なので、燻っている生徒が一人もいないと聞きました。

小松:
ともすれば非情とも捉えられかねないですが、これこそが本当の優しさなのかも知れませんね。

大木:
生徒もご家族も納得なさっているようです。

東:
僕は以前は「諦めなければ夢は叶う」と言って来たのですが、最近では言わないようにしています。「諦めてしまうまで夢は終わらない」や「夢は叶わないかもしれないけど、努力を続けていれば近づくことは出来る」とは言いますが。
競輪の場合は二十三歳という年齢制限がありますが、サッカーや野球では地域リーグや独立リーグなどの下部組織で、プロとは名ばかりの苦しい生活を送りながらもプレーを続けることが出来る状況があります。アスリート自身が自らのキャリアを設計していかなければ、競技中心の生活を送り続けたうえで、引退後の人生で困ってしまう事例が増えてしまうのではないかと心配な部分もあります。

小松:
学生であれば“卒業”という節目がありますが、社会人になると自ら決断し、節目をつくらなければなりませんものね。

 パラサイクリングとの出会い

東:
年齢制限によって競輪選手になる夢を断念した大木さんですが、とある方からのお声がけでパラサイクリングへのお誘いを受けることになりましたね。

大木:
2003年の11月に五回目の試験に失敗した後、12月に高校卒業後から所属していたクラブチームの監督からパラサイクリング・タンデムスプリントのパイロットとして、葭原(よしはら)滋男選手とアテネパラリンピックを目指してみないかと誘われて。
※パラサイクリングは障がい者の自転車競技。障害の種類によって大きく4つに競技クラスが分類されており、タンデムスプリントは視覚障害を持つ選手のクラスで、二人乗り用の自転車の前に健常者(パイロット)、後ろに視覚障害者(ストーカー)が乗っておこなうトラック競技

小松:
葭原選手はシドニーパラリンピックの同競技で金メダルを獲得なさった名選手ですね。
パラサイクリングやタンデムスプリント競技のことはご存知だったのでしょうか?

大木:
はい。前回のシドニーパラリンピックでの葭原選手の活躍も知っていたので、二つ返事で引き受けることにしました。元々は競輪選手になれなくなってしまったので普通に就職しなければいけないと考えていたのですが、バイトを二つ掛け持ちしながら一年間パラサイクリングに取り組むことにしました。

東:
競輪選手になれなかったことで、パラサイクリングに出会えた大木さん。
次回は健常者として出場し、銀メダルを獲得なさったアテネパラリンピックについてのお話から伺っていきたいと思います。

小松:
宜しくお願い致します。

大木:
宜しくお願い致します。
(つづく)

次回の「主役を目指さないアスリート」(後編)は、5月17日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。