Career shift

大山峻護 / Ooyama Syungo   元総合格闘家|現在:

格闘技 フィットネスで健康なメンタルに 元総合格闘家・大山峻護(前編)

Profile

 

1974年4月11日生まれ。栃木県那須塩原市出身の元総合格闘家。五歳から柔道を始め、中学二年時に名門・講道学舎へ入門。シドニーオリンピック金メダリストの瀧本誠は同期生。国際武道大学を卒業後、京葉ガスにて実業団選手として活動。第28回全日本実業柔道個人選手権大会・男子81kg級で優勝するなど活躍しながら総合格闘技にも挑戦。2000年 第7回全日本アマチュア修斗選手権ライトヘビー級で優勝し、プロ総合格闘家に転向。デビュー戦となった2001年2月にアメリカで開催された「King of the Cage」ではマイク・ボークに1Rわずか17秒でKO勝利。その後、PRIDEやK-1、HERO’Sなどに参戦し、最強一族と呼ばれたグレイシー一族からの二度の勝利をはじめMartial Combatライトヘビー級王座、ROAD FC初代ミドル級チャンピオンに輝くなど活躍。2014年に現役引退。現在は、エーワールド株式会社の代表取締役として、心と身体の健康やチームビルディングのための格闘技とフィットネスを融合したプログラム「ファイトネス」を様々な企業や学校で開催。格闘家のセカンドキャリアのロールモデルとなっている。

小松:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は、総合格闘家としてPRIDEやK-1、HERO’Sなど数々のメジャーイベントでご活躍なさった大山峻護さんにお話を伺います。大山さんと東さんは旧知の仲だそうですね。

東:
旧知の仲と言いますか、大山さんは同じ大学の一つ年上の先輩で、格闘技ファンである私の憧れの選手でもありました。十年くらい前に、元陸上選手の為末大さんが主催なさっていたアスリートの交流会で初めてご挨拶させていただいてから、大変お世話になっています。

大山:
いえいえ。僕の方こそ東さんには色々と助けられています。

小松:
お二人の仲の良さ、とても伝わります(笑)

東:
本当にいつも可愛がっていただいていて、頭が上がらないんです。早速ですが、大山さんのキャリアを簡単にご説明させていただくと、五歳で柔道を始められ、弦巻中学から世田谷学園高校(弦巻中学&世田谷学園高校時代は講道学舎所属)、作新学院高校、国際武道大学と進み、社会人では実業団チームの京葉ガスに所属。1998年には全日本実業団柔道選手権の81㎏級で優勝するなど数々の大会で活躍なさいました。

小松:
社会人四年目の2000年。子供の頃から「平成の三四郎」の異名を持つバルセロナオリンピック柔道金メダリスト・古賀稔彦さんに憧れて柔道に取り組んでいた大山さんの前に、新たなヒーローが現れます。「IQレスラー」や「グレイシーハンター」と呼ばれ、日本における総合格闘技ブームを牽引した桜庭和志選手です。

東:
格闘技ファンの間では伝説となっている「PRIDE GRANDPRIX 2000決勝戦」での桜庭和志選手とホイス・グレイシー選手の試合を東京ドームで生観戦した大山さんは、全身が震えるほど心を奪われ、柔道の実業団選手という安定した立場を捨てて、総合格闘技に転向。全日本アマチュア修斗選手権大会ライトヘビー級優勝などの実績を重ねた後、2001年2月24日にアメリカで開催された「King of the Cage」でプロデビューし、Martial Combatライトヘビー級王座(2010年)や初代ROAD FCミドル級王座(2012年)を獲得するなど、2014年に引退するまでに総合格闘家として数々の輝かしい戦績を残されました。

小松:
現役引退後には、格闘技の基礎運動とフィットネスの要素を融合させた「ファイトネス」という独自のプログラムを開発。こちらのプログラムを事業とする会社を立ち上げ、経営者としての道を歩み始められました。

東:
現在、「ファイトネス」は、従業員のメンタルヘルスに大きな効果があるとの評判を呼び、超大手を始め様々な企業に研修として導入されており、大山さんの活動はセカンドキャリアで活躍するアスリートとして様々なメディアにも取り上げられています。その他にも経営者やトップアスリートを対象にパーソナルトレーナーを務められたり、講演のお仕事もなさっていますね。

小松:
それでは、現在の大山さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめますと、パーソナルトレーナーのお仕事が「A」の領域、経営者や講演の講師が「C」の領域と主に二つの領域でご活躍なさっているということですね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 引退後、目の前が真っ暗になった

東:
まずは現在のお仕事についてお聞かせくださいますか?

大山:
格闘技とフィットネスを融合したトレーニングプログラム「ファイトネス」を展開するエーワールド株式会社の代表取締役を中心に、パーソナルトレーナーや講演のお仕事もさせていただいています。

小松:
「ファイトネス」は、大山さんが考案した格闘技とフィットネスを融合させた新しいタイプのプログラムで、現在は様々な企業に研修として取り入れられているそうですが、どのような経緯で始められたのでしょうか?

大山:
2014年の12月に選手を引退した後、この先、何をして生きていけばいいのか分からず、目の前が真っ暗になってしまって。このままだとダメになってしまうと思ったので、携帯電話のアドレス帳の中から、アドバイスをいただけそうな方々に片っ端から連絡して、色々なお話を伺って回ったんです。

東:
立ち止まって悩むのではなく、とにかく行動なさったのですね。

大山:
時間だけはたっぷりとあったので。格闘技関係者、経営者、ビジネスパーソン、医療関係者、教育関係者など、様々な業種の様々な立場の方々からお話を伺っていく中で、精神的な問題を抱えているビジネスパーソンが増えていることと、厚生労働省が今後、企業に対して“ストレスチェック”を義務付けていくとの情報をいただいて。

小松:
“ストレスチェック”とは、2015年の12月に改正された「労働安全衛生法」で、労働者が五十名以上在籍する事業所で年に一度実施することを義務付けられた労働者のストレス状態を調べるための検査ですね。

大山:
はい。僕は、現役時代から週に一度、フィットネスジムの一角を間借りして、強くなるためではなく楽しむことを目的にした格闘技のスクールを十年間運営していまして。

東:
そちらのスクールが「ファイトネス」の原点ですよね。名前も同じでしたし。

大山:
そうですね。スクールを運営してきた中で、適度な運動をすることは心も身体も元気にすると肌で感じていたので、このプログラムを悩めるビジネスパーソンの精神的な問題解決に活用していただくことで、企業にお役に立てるのではないかと考えたんです。

小松:
様々な方々からお話を伺い、幅広い情報を集めた中から、ご自身の経験とスキルを社会問題の解決に活用してもらうことで、事業にしようと考えられたわけですね。

大山:
正直、最初はピンと来なかったんです。現役時代に運営していたスクールは参加者もそんなに多くなかったですし、ビジネスとして成功出来るかは未知数でした。ただ、引退後の暗闇の中でひとすじの光になったといいますか、まずはこれをとにかくやってみようと。

東:
引退後、初めて目標が出来たのですね。

大山:
やりたいことが見つかって、とても嬉しかったのを覚えています。

 クライアントの課題解決に貢献する格闘技プログラム

小松:
「ファイトネス」のプログラムについてもう少し詳しく教えていただけますか?

大山:
ひとことで言えば、老若男女がゲーム感覚で格闘技を楽しめるプログラムです。
タオルや風船やうちわを使って体を動かすことを楽しみながら、知らず知らずのうちに格闘技の基本動作が身につくようなメニューから始まって、最後には両手にグローブをつけてもらってミット打ちをしていただきます。

東:
僕も何度か参加させていただいたことがありますが、お世辞抜きで本当に楽しいです!
格闘技をツールに身体を動かしながら、初対面の人とでも楽しくコミュニケーションをとることが出来るプログラムになっていますよね。

大山:
皆さん最高の笑顔で気持ちよく汗を流していただいています。

小松:
とても楽しそうですね!
こちらのプログラムは現役時代に考案なさったのでしょうか?

大山:
いえ、現役時代に運営していた「ファイトネス」のプログラムからはかなり内容を変更しています。現在のプログラムでは、格闘技を楽しんでもらうだけではなく、もっとコミュニケーションをとってもらえるように、もっと前向きな気持になってもらえるようにと、試行錯誤を続けています。

東:
ただ単に「楽しかった」で終わるのではなく、企業研修として導入していただいたクライアントが期待する効果を出せるように工夫なさっているのですね。

大山:
おっしゃる通りで、「ファイトネス」を導入いただいたクライアントにご満足いただけるように、参加者の皆様の「ストレス解消」だけではなく、「チームビルディング」や「メンタルタフネス」の面でも成果を出せるよう意識しています。

小松:
素晴らしいですね。評判はいかがなのでしょうか?

大山:
おかげさまで「同じ職場で働く仲間と一緒に体を動かす機会を持てて、結束力が高まった」や「自分には無理だと思っていたことに挑戦するメンタルが鍛えられた」、「前向きな言葉を発することや正しい姿勢でいることの大切さに気づいた」などのありがたい評価をいただいています。

東:
「ファイトネス」のプログラムは会議室や倉庫の一角などの狭いスペースで、特に運動するための服装に着替えなくとも実施出来る点も素晴らしいですよね。

大山:
そうですね。気軽に楽しんでいただけるよう、柔軟に対応させていただいています。

 格闘家の第二の人生を輝かせたい

小松:
「ファイトネス」のもう一つの特徴として、大山さん以外にも現役の格闘家がインストラクターとして参加なさっている点があげられると思うのですが、こちらにはどのような意図がおありなのでしょうか?

大山:
若い世代の格闘家には、引退後に僕と同じような不安な思いをしてほしくなくて。「ファイトネス」の活動を通じて、自らの技術で人に喜んでもらう経験をして、現役時代から引退後のキャリアをイメージしておくことが出来れば、安心して競技に打ち込めるようになりますから。

東:
大山さんが切り拓いたマーケットを、格闘家のセカンドキャリアの選択肢の一つになさっているんですよね。

大山:
今後、引退していく格闘家たちが社会で活躍するための道をつくり、第二の人生を輝かせることが出来るように、もっと「ファイトネス」をビジネスとして確立させていきたいと考えています。

小松:
ご自身のみならず、全ての格闘家のセカンドキャリアを輝かせるために、現役選手のうちからともに活動し、背中を見せられているのですね。

東:
他にも経営者やトップアスリートを対象にしたパーソナルトレーナーや講演のお仕事もなさっていますよね。

大山:
そうですね。経営者の方々のモチベーションや自らを限界まで追い込む力はトップアスリートと通じる部分があるように感じます。

小松:
講演でも、大山さんの幾度も挫折を乗り越えてきた波乱万丈の人生は、世代を問わずに好評を得ているそうですね。

東:
大山さんの格闘家人生は本当にドラマチックですから・・・
今回は、「ファイトネス」を始め、パーソナルトレーナーや講演活動などセカンドキャリアを中心に伺ってまいりましたが、次回は大山さんの格闘家としてのキャリアについてのお話を伺ってまいりたいと思います。

小松:
楽しみです!
宜しくお願い致します。

大山:
こちらこそ宜しくお願いします。
(つづく)

次回、「真似の出来ない戦いを見せる」(中編)は、7月31日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。