Career shift

大山峻護 / Ooyama Syungo   元総合格闘家|現在:

全てを力に 元総合格闘家・大山峻護(後編)

Profile

 

1974年4月11日生まれ。栃木県那須塩原市出身の元総合格闘家。五歳から柔道を始め、中学二年時に名門・講道学舎へ入門。シドニーオリンピック金メダリストの瀧本誠は同期生。国際武道大学を卒業後、京葉ガスにて実業団選手として活動。第28回全日本実業柔道個人選手権大会・男子81kg級で優勝するなど活躍しながら総合格闘技にも挑戦。2000年 第7回全日本アマチュア修斗選手権ライトヘビー級で優勝し、プロ総合格闘家に転向。デビュー戦となった2001年2月にアメリカで開催された「King of the Cage」ではマイク・ボークに1Rわずか17秒でKO勝利。その後、PRIDEやK-1、HERO’Sなどに参戦し、最強一族と呼ばれたグレイシー一族からの二度の勝利をはじめMartial Combatライトヘビー級王座、ROAD FC初代ミドル級チャンピオンに輝くなど活躍。2014年に現役引退。現在は、エーワールド株式会社の代表取締役として、心と身体の健康やチームビルディングのための格闘技とフィットネスを融合したプログラム「ファイトネス」を様々な企業や学校で開催。格闘家のセカンドキャリアのロールモデルとなっている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。元総合格闘家・大山峻護さんへのインタビューもいよいよ後編となりました。

小松:
前回の中編では、自分よりはるかに大きく強い相手にも臆することなく自分らしい戦いを貫き、“プロ”としての仕事を全うなさってきた大山さんの格闘技人生についてお話を伺ってまいりましたが、最終回となる今回は、大山さんが引退を決意なさったきっかけから聞かせていただきます。

 “もういいだろう”という声が聞こえた

小松:
2001年にデビューして、2014年に引退なさるまでの十四年間、プロ格闘家として活動なさってきたわけですが、いつ頃から引退を考えていらしたのでしょうか?

大山:
引退の直前まで全く考えていませんでした。僕が引退を決めたのは2014年8月に開催されたパンクラスでの一慶選手との試合後なのですが、その試合の前までは一試合でも長く現役を続けたいと考えていました。

小松:
なぜ、一慶選手との試合後に引退を決められたのでしょうか?

大山:
心身ともに限界だったんだと思います。これまではどんなにひどい負け方をしても「次こそは!」という気持ちが湧いてきていたのですが、初めてそれが無くなってしまって。自分の身体に「もういいだろう?」と言われた気がしたんです。

小松:
身体の声ですか・・・

大山:
これまで蓄積してきたダメージで、身体が壊れかけていることに気づいたんです。少し打撃を食らっただけで簡単に倒れるようになってしまって。以前とは明らかに倒れ方が違ってきていて、これ以上続けたら完全に壊れてしまうだろうなと思い、試合に負けた日、妻に「これで終わりにしようと思う」と伝えました。妻も以前から僕の身体を心配していたので「そうだね」と受け入れてくれて。

東:
格闘家の奥様は、愛する夫が毎回生きるか死ぬかの戦いをするわけですから、生きた心地がしないですよね。特に大山さんのファイトスタイルはまさに命を削っているわけですから。

大山:
それで、SNSで引退を表明したんです。ただ、表明した後に、これで正しかったのか分からなくなってしまって。ファンはどんな逆境からも立ち上がる大山峻護を応援してきてくれたのに、本当にこれで終わってしまっていいのかと。

小松:
ずっと“大山さんらしさ”を大切に選手生活を送ってこられたわけですものね。

大山:
これまで応援してくれていた仲間からの「最後の試合だと分かっていたのなら見に行きたかった」という声もあったので、お世話になった方々に最後の姿を見届けていただくためにも、もう一試合だけ戦おうと思って、引退試合をさせていただくことにしたんです。

 真っ向勝負の大団円

東:
僕は、引退試合をすることには反対だったんです。

小松:
どうしてですか?

東:
大山さんが壊れてしまうと思ったからです。引退試合がセレモニーを兼ねたエキシビションのような試合であればいいですが、大山さんが選んだ対戦相手は桜木裕司選手という極真空手出身で、肘打ちや頭突きが認められた素手で戦う格闘技“パンクラチオン”の世界大会でも三位に入賞した経験のある最高に危険なファイターだったので。大げさではなく、命を失ったり、後遺症が残るような取り返しのつかない結果になりかねないと思って、心配で仕方が無かったんです。

大山:
最後は“真っ向勝負”をしたかったんです。それが僕の格闘技人生のテーマでしたから。
後先を考えずに思いっきり殴り合って、いつどちらが倒れるか分からないような試合をして終わりたい。
桜木選手とならそんな試合が出来ると思って、対戦をお願いしました。

小松:
東さんは大山さんがご自身で引退を決意なさる前にも、身体を心配して引退を勧めようと考えていたそうですね。

東:
僕は格闘技が大好きで、大山さん以外の試合もたくさん観戦してきました。その中で、壊れてしまったファイターも見てきましたが、大山さんの倒れ方はご自身が自覚なさる随分前から壊れかけのファイターの倒れ方でしたから。何度か「もう引退したほうがいいです」とお伝えしようとしたのですが、結局言えなくて。

小松:
どうして、言えなかったのでしょうか?

東:
僕はファイターではありませんから。リングの上でやるかやられるかの命のやり取りをしたことがない人間が言えることではないと思ったんです。他にも大山さんのルックスと身体能力を活かして、プロレスラーに転向したほうが長く現役を続けられるのではないかと思い、僕が運営委員を務めている日本スポーツ産業学会のセミナーにご登壇いただいた新日本プロレスの木谷高明社長(当時)をご紹介しようともしましたが、いつも優しい大山さんに「会う理由が分からない」と珍しく強く断られて。怒らせてしまったなと反省したりしていました。

大山:
プロレスは命がけのエンターテイメントですし、プロレス少年だった昔から、今でもプロレスラーを心からリスペクトしています。でも、現役の頃は総合格闘家として結果を残すことしか考えていなかったので、「何でそんなこと言うんだよ」と思っていましたね。

小松:
「うるさい!」 みたいな(笑)

大山:
そうです(笑)

東:
迎えた引退試合の日。会場のディファ有明には、当時の最多入場者記録となる2,014名が集まりましたが、大山さんの応援団だけで約400名がいらっしゃいました。

小松:
400名とは凄いですね!東さんも会場に行かれたのですか?

東:
もちろん僕もリングサイドで応援していました。試合はまさに大山さんが望んだ通りのいつどちらが倒れるか分からない、お互いの魂をぶつけ合うような真っ向勝負の殴り合いで、桜木選手がKOで勝利しました。

大山:
気持ちよくぶっ倒されましたね(笑)

東:
試合後も色々と思うことはあったんです。KOされているのにすぐに立って、挨拶をさせたら危ないだろう。担架ですぐに病院に運ばないと、とか。でも、大山さんと僕では人間のスケールが違うんですよね。結局、自分らしさを貫いた試合をした上で、引退の挨拶をした後、大山さんは応援に駆けつけた方々を全員リングに上げて、みんな笑顔で記念撮影をして、大団円を迎えたんです。凄いな、敵わないなと思いましたね。

小松:
最後まで大山さんらしさを貫かれた格闘技人生だったのですね。

東:
後日開催された引退記念パーティーに桜木裕司選手が現れたのには度肝を抜かれましたけれどね。そこで、これまで大山さんを応援してくれていた方々に「僕は引退しましたけれど、これからは桜木選手を応援してください!」と。あれだけ殴り合って最後にKOされた選手とこんな風に付き合えるなんて・・・やっぱりファイターの気持ちは僕には分かりません(笑)

小松:
大山さんのお人柄、とても素敵ですね。

 ご縁をつなぐ

小松:
前編で、最後の試合を終えてから、この先、何をして生きていけばいいのか分からず目の前が真っ暗になってしまって、色々な方々に連絡をしたところから「ファイトネス」を事業にしていくアイデアが生まれたことを伺いましたが、どのように事業を広げていかれたのでしょうか?

大山:
「ファイトネス」は、格闘技とフィットネスを融合させた運動プログラムを従業員のメンタルヘルスに活用していただくというこれまでに無かったサービスなので、自ら熱意を伝えないと絶対に上手くいかないと思って、名刺交換したことがある方とアポイントをとって営業に伺いました。当時は資料のつくり方も分からず、格闘技雑誌に掲載された現役時代の記事のコピーを持参して「こういう者です。絶対に皆様を元気にしますから!」 と。とにかく必死でしたね。

東:
営業活動は順調に進みましたか?

大山:
最初は苦労しましたよね。なかなか上手くいかない中で、現役時代に多くの方々に「何か困ったことがあったら声をかけてね」と言ってもらっていたので、仕事をもらえるかも知れないと少し期待をしていた部分もあったのですが、引退後に離れていってしまう人も多くて、「人ってシビアだな」と感じさせられました。

小松:
格闘技選手としては応援するけれど、ビジネスは別だと。

大山:
そうですね。今考えれば当然の話ではありますが、当時は寂しく感じましたよね。
おかげで甘えていた自分に気づくとともに「絶対に現役時代より輝いてやる!」と発奮することが出来ました。

東:
ずっと大山さんを応援し続けている人もたくさんいらっしゃいましたよね。

大山:
現役時代からずっと変わらぬ距離でい続けてくれる仲間たちには本当に感謝しています。また、引退してすぐの頃に東さんが「現役時代には大山さんの周りにたくさん人がいて、僕に出来ることは何もありませんでしたが、引退後は僕が大山さんの力になります!」と言って、色々な人を紹介してくれたのも嬉しかったですね。

小松:
すごい愛情ですね。

東:
結局、大してお役に立てなかったのですが・・・

大山:
いやいや、あの言葉には救われました。
その後、「ファイトネス」は最初に友人の会社で試しにやらせていただいた後、三社目に三越伊勢丹ホールディングス(以下、三越伊勢丹)の研修に組み込んでもらえることになって。

小松:
いきなりそんな大手企業に導入されたのですね!どういった経緯だったのでしょうか?

大山:
僕は現役時代から人を繋ぐのが大好きで、ご縁つなぎの食事会などを良く開催していたのですが、その関係でたまたま三越伊勢丹の労働組合の方と名刺交換する機会に恵まれて。「ファイトネス」を広げていくために、どうしても三越伊勢丹と仕事をしたいと必死でプレゼンをして、東京の研修に組み込んでもらえることになったんです。

東:
現役の頃から格闘技界以外の幅広いジャンルでご活躍の方々と接してきたことが活きたということですよね。三越伊勢丹での研修、反応はいかがでしたか?

大山:
嬉しいことに「社員のこんな笑顔を見たのは初めてだ!」と非常に高い評価をいただいて、全国の労働組合に展開していただけることになりました。三越伊勢丹で実施しているという実績はとても大きくて、ここからどんどん「ファイトネス」は広がって、これまでの三年半で百社以上に導入していただいています。

小松:
厚生労働省の指導もあり、メンタルヘルスケアに予算を割く企業や団体は今後もどんどん増えていくでしょうから、時代にもマッチしたとても素晴らしいビジネスだと思います。

 解き放たれた“呪縛”

東:
ファイトネスを始め、パーソナルトレーナーに講演、ご縁つなぎの会と毎日本当にお忙しい日々を過ごしている大山さんですが、現役時代と今ではどちらのほうが充実していますか?

大山:
今です!毎日楽しくてしょうがないです。

小松:
即答ですね(笑)

大山:
はい(笑)現役時代も、もちろん充実していましたが、色々な葛藤を抱えていました。
他のファイターと自分を比べて嫉妬したり、自己否定したり、ずっともがいていました。
仲間が試合をしていても、心から応援出来ないんです。勝ったらどうしようと。仲間だろうと他の選手の活躍なんて絶対に認められない。口では「おめでとう」と言っても、本心では全然祝っていない。そんな自分が嫌いでした。引退して、呪縛が解けたんです。

東:
語弊があるかも知れませんが、大山さん、本来は格闘技に向いていないんだと思います。

大山:
ええー、そうですかね(笑)

東:
今のほうが、人を笑顔にするお仕事をなさっていて本当に生き生きとしていますし、殴るとか蹴るとか関節を折るとか、本当は好きじゃないですよね?

大山:
確かに、強いヒーローになりたかっただけで、人を殴るのが好きなわけじゃないかも(笑)

小松:
向いていないなんてことはないです!(笑)向いていなければ、ここまでの活躍は出来ないと思いますし。ただ、ファイターなら感じて当然の他の選手への嫉妬に対して葛藤してしまう繊細な感性や、それらの感情を言語化出来る知性が、大山さんを苦しめていたのだと思います。

大山:
あの頃、悩んでいたことを最近やっと素直に話せるようになりましたよね。

東:
今が充実なさっているからこそ、過去のことを素直に話すことが出来るのでしょうね。
それでは、今後の目標を教えていただけますか?

大山:
一つは僕抜きでも「ファイトネス」が広がっていくような仕組みづくりを実現すること、もう一つはアスリートのセカンドキャリアの道を開拓したいと思っています。僕もそうでしたが、多くのアスリートは引退後に突然「社会で泳ぎなさい」と言われても、泳げないんですよね。トップアスリートになればなるほど競技のことしか知りませんから。

東:
そこで悩んでいるアスリートは本当に多いですよね。

大山:
いきなり「泳ぎなさい」と言われても難しいので、企業を紹介しても辞めてしまう人が多い。ワンクッションおいて、時間を取って、教育しなければ、社会の波に溺れてしまうんです。僕自身は引退後にとにかく動きながら、少しずつマインドを変えていって、アスリートとしての経験を武器にすることが出来たのですが、せっかく積み重ねてきた経験を活かせないアスリートも多いんです。

小松:
アスリートならではの並外れたメンタリティの強さや、向上心を活かせないままでいるわけですね。

大山:
再生すると言ったらおこがましいかも知れませんが、マインドをリセットして、新たな世界にマッチ出来れば、アスリートの持つポテンシャルは凄まじいと思うんです。現在、その仕組みをつくるための基本的な教育の部分をご担当いただける方へのお声がけも始めています。また、僕はファイトネスを広げていく過程で様々な企業との繋がりもあるので、マインドがリセットされたアスリート人材を企業に繋げていく事業も今年からスタートしたいと考えています。

東:
多くのアスリートのキャリアを救うとともに、労働人口の減少という社会課題の解決にも貢献出来るとても素晴らしい事業だと思います。
それでは、ここで改めて現在の大山さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめますと、パーソナルトレーナーのお仕事が「A」の領域、経営者や講演の講師が「C」の領域と主に二つの領域でご活躍なさっているということですね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
今後、ますます広がるであろう「ファイトネス」はもちろん、現在構想なさっているアスリートのキャリア支援事業を始め、ファイターやアスリートのセカンドキャリアのロールモデルとして、様々なジャンルでご活躍なさるのが楽しみです。

東:
それでは、最後のお願いです。
格闘技という言葉を使わずに、自己紹介をしてもらえますか?

大山:
“喜びを力に変える人”ですかね。みんなに喜んでもらえる仕事をしたい。それが全てです。

東:
現役の頃、大山さんと対峙していた人は、大山さんを倒そうと恐ろしい顔をしていましたが、今、大山さんと対峙している人は、大山さんに喜ばせてもらって素敵な笑顔をしています。
やっぱり、大山さんは格闘技には向いていなかったんだと思いますよ(笑)

大山:
最後もそれですか(笑)

小松:
本当ですね(笑)

東:
本日はお忙しいところ貴重なお時間をありがとうございました。

大山:
こちらこそありがとうございました。
定期的に女性限定の「ウーマンファイトネス」も開催しているので、小松さんも是非遊びにいらしてくださいね。

小松:
ありがとうございます!伺いますね。
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。