Career shift

里谷多英 / Satoya Tae   元フリースタイル・スキーモーグル選手|現在:

win-winの関係を築く フリースタイル・スキーモーグル金メダリスト・里谷多英(前編)

Profile

 

里谷多英(さとや・たえ)
1976年北海道札幌市生まれ。小学校五年生の時に父親の勧めでモーグルを始め、小学校六年生時に初出場した全日本選手権で初優勝。1991年(中学二年生)から全日本選手権で六連覇を達成。1994年、自身初のオリンピックとなったリレハンメル大会で11位。続く1998年の長野大会で冬季オリンピックでは日本人女子として初めての金メダルを獲得。国民的スターとなる。2002年ソルトレイク大会では、冬季オリンピックでは史上初の日本人女子二つ目となる銅メダルを獲得。その後、2006年トリノ大会、2010年バンクーバー大会にも出場し、五大会連続でオリンピックに出場。2012−2013年シーズンのワールドカップ出場が叶わず、ソチオリンピックへの道が絶たれたことで2013年1月に現役引退を発表。同年2月23日、福島県猪苗代町のリステルパークで開催されたワールドカップで、引退セレモニーが行われた。現在は株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)総合事業局にてイベント事業に携わっている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は、元フリースタイル・スキーモーグル選手の里谷多英さんにお話を伺います。

小松:
里谷さんは1994年のリレハンメル大会でオリンピック初出場。1998年には長野オリンピックで冬季大会では日本人女子として初めての金メダルを獲得。日本中に感動を呼ぶとともに“モーグル”という競技を広く世間に認知させた立役者です。

東:
長野大会の四年後、2002年のソルトレイク大会でも銅メダルを獲得。1994年のリレハンメルから2010年のバンクーバー大会まで五大会連続でオリンピックに出場なさった競技の枠を超えた国民的スーパースターですが、今回は現役時代や競技のお話をメインにするのではなく、スキー靴を脱いだ後にフォーカスしてお話を伺ってまいりたいと思います。

 憧れた“普通の生活”

小松:
最近、自らが磨いてきたスキルがAIやロボットに代替されてしまい無価値化してしまう危機感や、終身雇用や年功序列という日本型雇用制度の崩壊という世の中の流れに直面して、セカンドキャリアやパラレルキャリアの構築について真剣に考えていかなければいけない時代が本格的に到来。アスリートのみならず一般のビジネスパーソンにもキャリアを形成していくうえでの悩みを抱えている方々が増えてきているように感じます。

東:
特にアスリートは、身体的な能力の低下などによる“引退”によって、セカンドキャリアのことを考えなくてはならない時期が比較的若い年齢で訪れます。このインタビューは、アスリートたちが人生を懸けて打ち込んできた競技を離れた後で、どのようにセカンドキャリアを過ごしているのかについてお話を伺い、“これから”、“今”、“その後”のアスリートやビジネスパーソンがキャリアを考えていくうえでのお役に立ちたいと考えて立ち上げた企画なんです。

里谷:
面白い企画ですね。

小松:
まずは現在の里谷さんのお仕事について聞かせていただけますか?

里谷:
現在はフジテレビの総合事業局イベント事業センター・販売企画部の一員として働いています。

東:
フジテレビには、現役時代から所属なさっていましたよね。

里谷:
はい。大学卒業後に新卒で入社して、現役を引退するまではフジテレビスキー部の所属選手として2013年まで活動していました。

小松:
なるほど。それでは、現在の里谷さんのお仕事を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、現役時代に所属していたフジテレビで勤務しているということで「B」の領域でご活躍なさっているということになりますね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
フジテレビに入社なさったきっかけは何だったのでしょうか?

里谷:
長野オリンピックで金メダルを獲った時にお声がけいただいたのがきっかけです。最初は競技を辞めて会社員として働きますと言っていたのですが、入社後にやっぱり選手を続けさせてくださいとお願いして、競技に専念させていただきました。

東:
最初は引退するつもりだったのですか!
全盛期だったと思いますが、どうしてなのでしょう?

里谷:
オリンピックで金メダルを獲得することが選手としての最大の目標だったので、それを達成したのだから選手は終わりにしようと思ったんです。

小松:
地元である日本の長野で開催されたオリンピックで冬季大会では日本女子史上初の金メダルを獲得したわけですから、ものすごい達成感だったとは思いますが・・・

里谷:
スキー以外の世界を見てみたい気持ちもありました。小さな頃からスキーひとすじの生活を送ってきて、アルバイトすらしたことがありませんでしたから。

東:
いわゆる“普通の生活”がしてみたくなったのですね。

里谷:
憧れがありましたよね、普通の大学生の生活に。長野オリンピックが終わった後に、友達とおしゃれをして色々な場所に出かけて。でも、実際にやってみると楽しいだけで、どんな遊びも二週間もすると飽きてしまうんですよね(笑)

小松:
短い期間の気分転換には良いかも知れませんが、ずっと遊んではいられないですものね。

里谷:
改めてスキーに集中してきた時間が、とても幸せだったことに気づきました。

 自分ならではの仕事

小松:
里谷さんがフジテレビに入社なさったのは、プロフェッショナルを含めオリンピアンが様々な選択肢を持つことが出来るようになった最初の時代でした。自らにスポンサーをつけて企業の冠を背負って競技をする選手がいる中で、引退して企業に就職するという道が新鮮に受け取られて、大きなニュースにもなりましたね。

東:
最初は一般社員として入社なさったわけですが、どういった経緯で競技に専念することになったのでしょうか?

里谷:
入社後に新入社員研修を受けていた時に、“仕事”とは“会社のため”に働くことだと気づいて、私はまだ“自分のため”にアスリートを続けたいと思ったんです。

小松:
もう少し詳しくお教えくださいますか?

里谷:
会社での仕事は、基本的には全て企業や組織の利益のためにおこなうわけですが、私はこれまで身体をつくるのも、技術を向上させるのも、全て自分の成績を良くするため。とにかく何をするのも“自分のため”という世界で育ってきたので、まだ“自分のため”にアスリートを続けたいと考えて、会社に気持ちを伝えたんです。

東:
“自分のため”というか、“自分にしか出来ないこと”を続けたいと思われたのでしょうね。
会社に気持ちをお伝えして、どうなったのでしょうか?

里谷:
一旦人事部の預かりとなった後、スキー部の所属として競技に専念出来る環境を整えていただきました。

小松:
会社の業務には一切携わらずに、スキーを業務としてオリンピックに向けて練習出来るようになったのですね。

里谷:
はい。人事部に席は用意されていましたが、ほとんど出社すること無くトレーニングに集中させていただきました。周りの方々も「今はスキーを頑張りなよ」と言ってくださって。
その後、引退するまでの十三年間、自らが納得するまで競技を続けることが出来たのも会社の皆様のご理解とサポートあってのことですので、本当に感謝しています。

東:
フジテレビの名前を背負って、四度のオリンピックや数々の国際大会に出場。ソルトレイクオリンピックでは銅メダルを獲得するなど、里谷さんにしか出来ない“仕事”をなさってきたわけですから、企業にとってもアスリートにとってもwin-winの関係でしたよね。

 きちんとした仕事で、しっかりとした信頼関係を築く

小松:
続いて、総合事業局イベント事業センター・販売企画部でのお仕事について伺ってまいります。現役生活を終え、人事部から現在の部署に移られて約七年になりますが、「これが私の仕事なのだ」と思えるようになったのはいつ頃からでしょうか?

里谷:
それが、今でも思えていないんです(笑)恥ずかしながら基本的に生活がだらけていまして、「仕事が一番!仕事に生きる!」という性分ではなくて。

東:
そうなんですか?!ものすごく仕事が出来そうな雰囲気がありますけれど。

里谷:
いえいえ。ただ、同僚には恵まれていて、上司も後輩も嫌だなと思う人が一人もいないんです。職場は人間関係が良いのが一番ですから、とても幸せに働かせていただいています。

小松:
現在の部署にはどのような経緯で配属されたのでしょうか?

里谷:
選手を引退した後に改めて新入社員と一緒に研修を受けて、様々な部署の局長からお話を伺った結果、最も現場感を感じたのとスキーやスポーツの世界にも関わりながらお仕事が出来るかなと思い、配属を希望しました。

東:
具体的にはどのようなお仕事を担当なさっているのですか?

里谷:
総合事業局イベント事業センターの中で、事業部が制作し、推進部がメディアに流したイベントの協賛を集めたり、チケットを販売するのが販売企画部の仕事です。例えば、“シルク・ドゥ・ソレイユ”であれば約100万枚のチケットのうち、半分以上は私の部署で販売しています。

小松:
イベントのスポンサーセールスやチケット販売をご担当なさっているのですね。

里谷:
他には、自らイベントの企画を提案して、それが通ればプロデューサーとしてイベント全体を担当しています。

東:
里谷さんの提案した企画が採用されたこともあるのですか?

里谷:
はい。近いところでは、6月にパシフィコ横浜で開催する「アンチエイジングフェアin 2019」は私が提案して、プロデューサーとして担当しています。 
※取材は2019年3月27日に実施

小松:
かなり大きなイベントもプロデュースなさっているのですね。

里谷:
ありがとうございます。例年、三十社ほどに出展していただいているのですが、現在はご出展やご協賛をいただくための企業へのご挨拶回りに毎日忙殺されているところです。

東:
大変お忙しいところ貴重なお時間をいただきありがとうございます。
しかし、かなり大きなイベントをプロデュースなさっているのですね。
スポンサーセールスやチケット販売をするにあたっては、現役時代の名前が有利に働いたりもするのでしょうか?

里谷:
昔の名前は確かに有利に働くのですが、あまりそれに頼りすぎてもダメなんです。正直、最初の頃は、担当者と一緒にお食事をさせていただく中で「協賛お願いします!」「いいよいいよ!」と、その場で決まってしまうこともありました。でも、そういう仕事のやり方をしていると続かないですよね。きちんと相手のメリットをつくらないと。

東:
分かります。僕もコンサルタントのお仕事をしている中で、サービス内容自体にではなく、僕の名前や僕との関係性に対価を支払ってもらっているのではないかと感じたことがありました。ただ、それは本質ではないですし、結局どちらも幸せにならないですよね。

里谷:
はい、本当に意味がないと思います。現役を引退して社会人になりたての頃は「金メダリストの里谷多英」ということですぐに仕事が決まったりしていて、「仕事って、こんなに楽なの?」と勘違いしていた時期もありました。でも、三年、四年と働いているうちに続かなくなるんですよね。きちんとした仕事をして、しっかりとした信頼関係を築いていかなければ。それに気づくまでは、何度も何度も落ち込んだり、辛い経験もたくさんしました。

小松:
そうしたご経験が現在のご活躍に繋がっているのですね。これからも現在のお仕事を続けようと考えられているのでしょうか?

里谷:
今後についてはまだ分からないですね。この事業部にも七年在籍していますので、そろそろ他の部署を経験してみるのもいいかなとも考えています。例えばBSで番組の企画に関わってみるのも面白そうですし。

東:
現役引退後にも新たな世界でご活躍なさっている里谷さん。次回は競技との出会いから引退に至るまでについてお話を伺ってまいりたいと思います。

小松:
宜しくお願い致します。

里谷:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回「“かわいくない”生き方」(中編)は、7月24日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。