Career shift

里谷多英 / Satoya Tae   元フリースタイル・スキーモーグル選手|現在:

“かわいくない”生き方 フリースタイル・スキーモーグル金メダリスト・里谷多英(中編)

Profile

 

1976年北海道札幌市生まれ。小学校五年生の時に父親の勧めでモーグルを始め、小学校六年生時に初出場した全日本選手権で初優勝。1991年(中学二年生)から全日本選手権で六連覇を達成。1994年、自身初のオリンピックとなったリレハンメル大会で11位。続く1998年の長野大会で冬季オリンピックでは日本人女子として初めての金メダルを獲得。国民的スターとなる。2002年ソルトレイク大会では、冬季オリンピックでは史上初の日本人女子二つ目となる銅メダルを獲得。その後、2006年トリノ大会、2010年バンクーバー大会にも出場し、五大会連続でオリンピックに出場。2012−2013年シーズンのワールドカップ出場が叶わず、ソチオリンピックへの道が絶たれたことで2013年1月に現役引退を発表。同年2月23日、福島県猪苗代町のリステルパークで開催されたワールドカップで、引退セレモニーが行われた。現在は株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)総合事業局にてイベント事業に携わっている。

東:
元フリースタイル・スキーモーグル金メダリスト・里谷多英さんへのインタビュー、今回は中編になります。

小松:
前編では、現役を引退後、フジテレビの総合事業局イベント事業センター・販売企画部の一員として、イベントのスポンサーセールスからチケットの販売、イベント全体のプロデューサーをご担当なさっているお仕事のお話を中心に伺ってまいりましたが、今回は里谷さんとモーグルの出会いについてからお話を伺ってまいります。

 モーグルとの出会い

東:
里谷さんは小学校五年生の時にモーグルを始められ、小学六年生で初出場した全日本選手権で優勝するなど、幼い頃から第一人者としてご活躍なさってきましたが、競技を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

里谷:
幼少期からとにかくスキーが好きで、近所のスキー場にあるコブの多いコースを滑ることが得意だったことから、父親にモーグルの大会への出場を勧められたのがきっかけです。

小松:
それからモーグルひとすじで頑張ってこられたのですね。

里谷:
バスケットボールやアルペンスキーなど、他にも色々とやってみたいスポーツはあったのですが、父親からモーグルに集中しろと言われまして。中学校でバスケットボール部に入りたいと言っても、モーグルの練習時間が減るからダメだと。私の通っていた中学校にはスキー部が無かったので、クラブチームに入団して父と母に送り迎えをしてもらって練習に通っていました。

東:
お父様はスキーの選手だったのですか?

里谷:
いえ、父は全くやっていなかったのですが、私をオリンピックに出場させるのが夢だったみたいで、才能のありそうなモーグルに集中させたかったようです。

小松:
競技適性を見抜いたお父様の慧眼ですよね。里谷さんが中学二年生の1991年から全日本選手権で六連覇を達成するのと時を同じくしてモーグルがオリンピックの正式種目となり、1994年のリレハンメルオリンピックで夢が現実になったわけですものね。

東:
お父様、里谷さんがオリンピック選手になられた時には相当喜ばれたのではないですか?

里谷:
そうですね。とても喜んでくれました。ただ、父は長野オリンピックの前年、1997年の7月に亡くなってしまったので、私が金メダルを獲得した姿は見せられていないんです。

小松:
長野オリンピックの後に引退しようと思われたのも、お父様の死が影響なさっていたようですね。

里谷:
最初はショックが大きくて、長野オリンピックの前に引退することも考えましたが、応援してくれていた父親のためにも長野までは頑張って、それを一区切りにしようと考えていました。

 ボロボロになるまでやり切った現役生活

東:
長野大会の後、引退を宣言してフジテレビに一般社員として入社。のちに引退を撤回なさったお話は前編でも伺いましたが、1994年のリレハンメル大会から2010年のバンクーバー大会まで五大会連続でオリンピックに出場。1998年長野大会での金、2002年ソルトレイク大会での銅という二つのメダル獲得は、いずれも冬季大会において日本女子として史上初の快挙でした。とことんやり切った選手生活だったと思うのですが、引退を決めた理由は何だったのでしょうか?

里谷:
ひとことで言えば、年齢です。初めてオリンピックに出場したリレハンメルが17歳で11位。二度目の長野が21歳で金メダル。次のソルトレイクが25歳で銅メダル。29歳のトリノと33歳のバンクーバーでは結果を出すことが出来ませんでした。年齢による衰えは残酷なもので、年を重ねるごとに明らかにパフォーマンスが落ちていく自分を認めざるを得ない部分があって。もちろん、当時は年齢を言い訳にせず必死で頑張るのですが、出来ないものは出来なくて。若い頃は「強く願えば思いは叶う」と信じていたのですが、三十歳を超えたあたりから、人生には頑張っても出来ないことがあるのだと思い知らされました。最後の頃は負けるはずの無いような若い選手にも負けるようになってしまい、プライドも傷つけられて、引退する時には心身ともにボロボロの状態でした。

小松:
里谷さんは2012−2013年シーズンのワールドカップへの出場権を獲得出来ず、ソチオリンピック出場への道が絶たれたことで2013年の1月に現役引退を発表なさったわけですが、余力を残した上で惜しまれながら引退したわけではなく、まさに心身の限界までやり切っての引退だったのですね。

里谷:
そうですね。どれだけ自分が頑張っても、今後オリンピックで戦うレベルで競技を続けることは出来ないということをまざまざと思い知らされた上で引退しましたから。

東:
今回のインタビュー企画のタイトルは「表彰台の降り方」なのですが、里谷さんはまさに表彰台の頂点から降りてきた経験をお持ちですよね。

 海外選手のセカンドキャリア

小松:
里谷さんは、幼い頃から人生の大半をワールドカップやオリンピックの舞台で活躍するために競技に集中して過ごしてこられたわけですが、現役時代に引退後のキャリアについては考えていらっしゃったのでしょうか?

里谷:
私はあまり考えられていませんでしたが、海外の選手と話していると現役引退後のキャリアについての話題になることもあったので、日本のアスリートはそういった部分で遅れているなとは漠然と感じていました。

東:
海外の選手からどんな風にキャリアについてのお話を伺っていたのでしょうか?

里谷:
日本ではたとえ勉強が出来なくても、競技の成績が良ければスポーツ推薦で高校や大学に進学出来る場合がありますが、海外ではそうではない状況もあります。例えばアメリカの学生アスリートは、NCAA(全米大学体育協会)が定める成績評価値(GPA)が基準の成績より下回ってしまうと公式戦はおろか練習への参加すら出来ないため、競技と学業の両立が当然で、引退後にビジネスの世界で成功することも珍しくないそうなのですが、日本ではあまり聞かないですよね。

東:
おっしゃる通りで、日本の場合、学生から社会人に至るまで、学業や仕事などの他の活動を差し置いてでも競技に集中させるという風潮があるように感じます。果たしてそれでいいのかと。先程、里谷さんがお話しなさっていた通り、どれだけ努力を重ねたとしても、アスリートは年齢による衰えから決して逃れることは出来ません。いずれ必ず訪れる“引退”の時のために競技以外のスキルを身につけておくことが、その後の人生のためにとても重要なのではないでしょうか。

里谷:
私の場合、これまでにアルバイトすら経験したことのない三十六歳の元アスリートがいきなりテレビ局のお仕事をすることになるわけですから、受け入れる組織側からしても大変だったと思いますね。

小松:
確かに・・・しかも、里谷さんは単なる元アスリートではなく、国民的なスター選手ですから、企業としても然るべき扱いをしなければならないでしょうからね。

里谷:
そんな事はありませんが、今にして思えば、若い頃から競技以外に引退後に役に立つもので興味が持てるものを見つけて勉強しておけば、もう少しスムーズに引退後の生活にシフト出来たでしょうから、そういった部分について教えてくれる人がいたらありがたかったですね。

東:
もしかすると、アドバイスをしてくれた方もいらしたのかも知れませんが、競技に打ち込んでいるアスリートの場合、耳には入っても、心まではなかなか届かないんですよね。

小松:
里谷さんの類まれなる才能を持ってして、モーグルのみに人生を懸けてきたからこそ、一番輝くメダルを手にすることが出来たという側面もあるでしょうから、一概には言えない難しい部分もありますよね。

東:
確かに、スポーツには文武両道では決して届かない領域も存在するように感じます。野球以外のことを考えていたら、きっとイチロー選手は生まれなかったでしょうし。

 稼ぐことは“悪”なのか?

小松:
話は少し変わりますが、欧米ではスポーツがビジネスとして成立していますし、アスリートがプロフェッショナルとして認められていますが、日本ではまだまだアマチュアリズムが求められる部分が大きく、スポーツでお金を稼いだり、競技以外の面で目立つことがはばかられる空気があるように感じます。

東:
最近では随分変わってきましたが、“清貧こそ正しい”のような風潮はありますよね。

小松:
特に女性アスリートには世間の目が厳しいように感じるのですが、若い頃にメディアに対して様々な主張をなさってきた里谷さんとしてはどのようなお考えをお持ちなのでしょうか?

里谷:
日本では、アスリートに限らず、女性は“かわいい”キャラクターを求められますよね。
私は“かわいくない”キャラクターだったので、今考えるとやり直したいです(笑)

東:
日本の社会は女性に対して、いつまでも少女のようなか弱い存在でいることを求めがちですよね。
自立していて、自らの意見をはっきりと言う“強い女性”は“かわいくない”と。

小松:
ある種異常な事態だとさえ思います。外国の女性アスリートは自己主張も強いですし、インタビューで答えたくない質問に対してはっきりノーと言ったとしても、日本のように叩かれることはありません。

里谷:
日本ではメディアに対して強く主張したとして、それが正論だったとしても、嫌われてしまえばマイナスにしかなりませんから。当時は週刊誌に事実と異なる記事を書かれれば、いちいち反論するとともに「メダルを獲って、書いた記者を見返してやる!」なんて考えてもいましたが、そういった気持ちは競技を続けていく上で決してプラスには働かないんですよね。今ならどんな発言をすれば嫌われるのかわかるのですが、当時は全くわかりませんでしたから。現在の選手たちのインタビューでの受け答えを見ていると、なんて優秀なのだろうと感心します。

東:
現在、各競技の日本代表クラスの選手は、競技団体などによってメディア対応のための専門的なトレーニングを受けているそうですよ。

里谷:
そうなんですか。メディアに嫌われて得をすることは一切ありませんから、素晴らしい取り組みだと思います。家族にも迷惑がかかりますし。何事も本音で話してしまうのは私の性分なので致し方ない部分もありますが、わざわざ自分から生きづらくする必要はなかったなと反省しています。みんなに好かれるまではいかないにせよ、普通に応援していただける環境で競技をしたかったですし、嫌われたいとは思っていませんでしたから。振り返るともう少し上手に対応出来たのになと思っています。

小松:
一人の力ではとても敵わないですからね。

里谷:
一気に叩きますから。例えば、最近でもとある選手が化粧をしたり、愛車が高級車ということでメディアに叩かれていたことがありましたが、意味が分からないですよね。

東:
確かに!
年相応にメイクをしたり、自らが稼いだお金で好きな車を購入することの何が悪いのか・・・

里谷:
私も長野オリンピックで金メダルを獲得した後に、以前から好きだった外国車を購入しようと思ったのですが、母に止められました。父親が亡くなったばかりでもありましたし、金メダルを獲得した後、すぐに購入したら「世間体」がよくないと。その時はあまり理解出来なかったのですが、その選手の件があった時にはいまだに日本ではこんなことがあるのかと怖くなりました。

東:
女性という側面もありますが、アスリートは余計なことを考えずに競技だけに集中していればいいという世間のイメージが表れている一例なのかも知れません。

小松:
今回は競技を始めたきっかけから引退の理由、セカンドキャリアやメディアに対するお考えについてお話を伺ってまいりました。

東:
次回は、引退後についてのお話をもう少し深く聞かせていただきます。

里谷:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回「勇気をもって、居心地の良い場所を離れる」(後編)は、7月26日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。