Career shift

高橋美帆 / Takahashi Miho   元バレーボール選手|現在:

コンプレックスを武器にして、新たな世界で戦う 元バレーボール選手・高橋美帆(前編)

Profile

 

高橋美帆(たかはし・みほ)
1988年11月29日生まれ。幼少期からスポーツを好み、母と姉の影響で中学校からバレーボールを始める。市立川越高校時代には春高・インターハイ・国体に出場。全国高校選抜チームの一員として出場した世界ジュニア女子バレーボール選手権では銅メダルを獲得。高校卒業後、V・プレミアリーグのパイオニアレッドウィングスに入団。四年間の現役生活を経て、引退。その後、グローバルな人間になりたいと思い、外国語専門学校にて語学を学ぶとともに国家資格を始め多くの資格を取得。卒業後はハワイ留学を経験し、大手セレクトショップに就職。バレーボールコーチとして活動する中、ミスコンへ挑戦。Miss Hope Japan 2016で準グランプリを獲得後、本格的にモデル活動をスタートする。Miss Model of the World 2018 では、Best International Friendship Award を受賞。現在はシェアオフィスのコミュニティマネージャー、ウォーキング講師として活動しながら、モデルとして海外挑戦、また海外移住の準備を進めている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は元バレーボール選手の高橋美帆さんにお話を伺います。

小松:
高橋さんは高校を卒業後、V・プレミアリーグのパイオニアレッドウィングスに入団。四年間の現役生活を終えた後は、専門学校で語学を中心に学び、ハワイへ短期留学。帰国後に大手セレクトショップ「ユナイテッド・アローズ」で働きながら、バレーボールの指導者としても活躍されました。現在は181cmの高身長を活かしてモデルとして活動しながら、ウォーキング講師として美しい歩き方、ポージングの指導もなさっています。

東:
現在の高橋さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめますと、モデルやウォーキング、ポージングの指導者ということで「C」の領域でご活躍なさっているということですね。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
現役時代とは全く異なるジャンルでのご活躍をなさっている高橋さんがどのようにキャリアをシフトなさってきたのか。お話を伺うのがとても楽しみです。

 バレーボール = 仕事

小松:
まずは現在のお仕事について伺ってまいります。様々なお仕事をなさっていると思うのですが、どのような割合で働いているのかお教えいただけますか?

高橋:
メインはシェアオフィスのコミュニティマネージャーのお仕事で、収入の70〜80パーセントを得ています。その他にインストラクターやモデルやタレント、講演などのお仕事を不定期にさせていただいています。

東:
現役時代、バレーボールの実業団選手の頃と比較して、収入はいかがですか?

高橋:
実業団選手時代のほうが収入はよかったです。トレーニングはもちろん衣食住に関しても何不自由無い環境が整備されていて、支出も少なかったですから、全く生活に関する心配をすることなく過ごしていました。

小松:
現役選手の頃は、会社における一般業務には従事なさっていたのでしょうか?

高橋:
いえ、バレーボールのみを業務とする契約社員でした。

東:
パイオニアという企業名を背負い、バレーボール選手としての活動をすることで、広報業務を担当するという位置づけで。

高橋:
そうですね。バレーボールをすることが仕事でした。

 最高の晴れ舞台でより輝くために

小松:
続いて、メインであるシェアオフィスのコミュニティマネージャーのお仕事の内容について聞かせていただけますか?

高橋:
10月に品川にオープンするシェアオフィスのコミュニティマネージャーで、イベントスペースを活用して、アスリートの皆様の活動PR、ファン獲得、イベント企画なども今後ご提案させていただきたいと考えております。

東:
アスリートのためのコミュニティスペースが出来るのですね!

小松:
品川という立地も素晴らしいですね。

高橋:
ありがとうございます。出張や試合などの多いアスリートにも利用しやすい場所だと思いますので、どんどん活用していただきたいです。こちらで管理職経験を積み、今後生涯設計として海外で活動できるよう、アンテナを張って行きます。またこちらの会社では、副業の了承を得てフレックス対応の勤務をしております。

東:
僕が開催しているアスリートと経営者の交流会などもお願いしたいです!

高橋:
嬉しいです!是非ご活用ください。

 マイナスからの挑戦

小松:
高橋さんは2016年に開催された「MIss Hope Japan 2016 」での準グランプリ獲得後、本格的にモデルとしての活動を始められたそうですが、こちらの大会に出場なさるきっかけは何だったのでしょうか?

高橋:
たまたま友人から紹介されたブライダルモデルの方に勧められたのがきっかけです。現役引退後、「ユナイテッド・アローズ」で販売員として働きながらバレーボールの指導者をしていたのですが、何かしっくり来ていなかった時に、友人と一緒にお茶をしている中で、ふと「ミスコンの参加者を募集しているけど、挑戦してみない?」と言われて。それまで自分がミスコンに出場するなんて考えたこともなかったのですが、その時に「やってみたい!」と思って。

東:
どんな出会いが人生におけるターニングポイントになるのか分からないものですよね・・・
実際にミスコンに挑戦するにあたって苦労なさったことがあればお教えいただけますか?

高橋:
最初は元バレーボール選手のイメージで損をすることもありましたね。モデルのレッスンではハイヒールを履いて四、五時間歩き続けるのですが、少し疲れた表情を見せただけで「何だ、意外と根性ないんだ」と言われてしまったり。他の女の子が同じ表情を見せたとしても「疲れているのに頑張っているね!」と言われるんですけどね(笑)

小松:
世間の持つトップアスリートへのイメージで、ハードルがかなり上がってしまいますよね。

東:
アスリートは、やたらと“根性がある”と思われがちですから(笑)

高橋:
もちろん私も根性では負けないと思ってはいましたが(笑)、モデルとして必要な筋肉がバレーボールに必要だった筋肉と全く違っていたことには苦しめられました。
本来、美しく歩くためには、内転筋(太ももの内側の筋肉)から腹筋に繋げるべきところをバレーボール時代の癖で大腿四頭筋や大腿二頭筋などの大きな筋群を使ってしまい、不必要に歩き方が大きくなってしまって。

小松:
そうなんですね!モデルとバレーボール選手では使う筋肉が違うだなんて、高橋さんが伝えなければ誰も知ることが出来ない貴重な情報です!

東:
長年に渡って身につけた身体の使い方ですから、矯正するのは大変だったでしょうね。
いっそゼロからつくりあげたほうが簡単ですよね。

高橋:
本当、ゼロからというより、マイナスからのスタートでした。

小松:
その後、様々な苦難を乗り越えて、見事に「MIss Hope Japan 2016」で準グランプリを獲得。これまでの常識が通用しない全く異なる世界へ挑戦して、見事に結果を残すことで自ら新たな道を切り拓かれたわけですものね。本当に素晴らしいです。

 人生初の・・・

小松:
モデルの世界にも激しい競争があると思いますが、そういった部分ではバレーボール選手として培ってきたメンタルの強さが活きたのではないですか?

高橋:
私も負けず嫌いという点では負けないと思っていたのですが、ミスコン世界大会の時は更に凄くて。生まれて初めて背伸びをしましたから(笑)

東:
面白いですね(笑)どんな状況だったのでしょうか?

高橋:
2018年に中国で開催された「Miss Model of the World 2018」という世界大会に日本代表として出場した際のお話なのですが、世界各国から集まった約60名全員で一斉に振付師から振り付けを教わる際にどんどん後ろに追いやられてしまって、背伸びをしないと全然見えなくなってしまったんです。

小松:
181cmの高橋さんが!

高橋:
モデルの世界でも180cm以上の方はさほど多くないのですが、この大会は特に厳格な身長制限があったこともあり、ライバル視されたのかも知れません。174cm未満の方は空港まで来ていても帰国させますというルールでしたから。

東:
なるほど。選考の中で高身長が有利に働くことが分かっていたので、潰しに来られたと。

高橋:
他の場面でもたびたび嫌な思いもしましたし、なかなか厳しい世界です。

小松:
モデルの世界では、アジア人がマイノリティとして差別を受けることもあると伺います。先日もYouTubeにアジア人が意地悪をされているシーンがアップされていましたが、英語が話せないというだけで不当な扱いを受けたりもするそうですね。

高橋:
あとは、事前に立ち位置を決められてしまいますよね。どれだけ動きが洗練されていたとしてもアジア人のモデルは目立たない場所で、たとえまともにウォーキングが出来ていなくてもアメリカやヨーロッパのステージ映えするモデルが目立つ場所になるんです。これは肌で感じました。もちろん悔しいですが、悔しさを感じつつも、それを踏まえた上でこの世界でどうやって戦っていくのかを考えていかなくてはいけないんです。

東:
実際に世界大会を経験したからこそ知ることが出来た現状もあるのですね。

小松:
高橋さんは高校生の頃にも全国高校選抜チームの一員として出場した世界大会で銅メダルを獲得なさっていますから、世界で戦うためのメンタリティをお持ちなのだと思います。

高橋:
元アスリートの経験と高身長は、私の最大の強みだと思いますので、それを活かしてモデルとしても世界で戦えるようになりたいと思っています。

東:
自らの“強み”を活かして、プロバレーボール選手からトップモデルへと鮮やかな転身を遂げた高橋さんですが、決して順風満帆なキャリアを歩んできたわけではありません。

小松:
次回は、高橋さんの現役引退後の様々な葛藤についてもお話を伺ってまいります。

高橋:
宜しくお願い致します。
(つづく)

次回「外の世界でも生きていけるように」(中編)は、7月17日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。