Career shift

高橋美帆 / Takahashi Miho   元バレーボール選手|現在:

高身長女子が胸を張って生きていけるように 元バレーボール選手・高橋美帆(後編)

Profile

 

高橋美帆(たかはし・みほ)
1988年11月29日生まれ。幼少期からスポーツを好み、母と姉の影響で中学校からバレーボールを始める。市立川越高校時代には春高・インターハイ・国体に出場。全国高校選抜チームの一員として出場した世界ジュニア女子バレーボール選手権では銅メダルを獲得。高校卒業後、V・プレミアリーグのパイオニアレッドウィングスに入団。四年間の現役生活を経て、引退。その後、グローバルな人間になりたいと思い、外国語専門学校にて語学を学ぶとともに国家資格を始め多くの資格を取得。卒業後はハワイ留学を経験し、大手セレクトショップに就職。バレーボールコーチとして活動する中、ミスコンへ挑戦。Miss Hope Japan 2016で準グランプリを獲得後、本格的にモデル活動をスタートする。Miss Model of the World 2018 では、Best International Friendship Award を受賞。現在はシェアオフィスのコミュニティマネージャー、ウォーキング講師として活動しながら、モデルとして海外挑戦、また海外移住の準備を進めている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。元バレーボール選手・高橋美帆さんへのインタビューもいよいよ後編となりました。

小松:
前回の中編では、オーカバレーボールクラブ&スクールでのプライベートレッスンと西町インターナショナルスクールでのコーチという元プロバレーボール選手というパーソナリティーを活かしながら、ご自身が興味をお持ちの外国語に関わるお仕事に巡り合ったところまでお話を伺いました。

東:
最終回となる今回は、プライベートレッスンのコーチをしていて感じた戸惑いについてのお話から聞かせていただきます。

 勝利を求めないバレーボール

東:
オーカバレーボールクラブ&スクールでは、主に出張レッスンサービスのプライベートコーチ、マンツーマンでのバレーボールの家庭教師のようなお仕事をなさっていたそうですが、並行しておこなっていた母校である市立川越高校での外部コーチとは、同じバレーボールでも全く指導内容が違ったそうですね。

高橋:
市立川越高校では、高校生に対してトップレベルの技術やトレーニング方法、メンタルの鍛え方などを厳しく伝えることで選手を上達させ、チームを勝利に導くためのサポートをするのが私の仕事でした。こちらは今まで私が過ごしてきた世界と同じ価値観でしたから全く違和感は無かったのですが、オーカバレーボールクラブ&スクールは個人を上手にしたり、チームを強くすることを目的とした「バレーボール教室」とは異なる発想から生まれたサービスで、「個人のスキルに合わせた指導を行う、定期的に通うことができるバレーボールの学校」をコンセプトに、「スポーツを通して、交流を通して、心身ともに健康になり、生き生きと笑顔が増えるような社会作りに寄与すること」を目的に展開しているので、「上手くする」や「強くする」ではなく、「より楽しく」を目的にバレーボールをするという価値観に、初めは大いに戸惑いました。

小松:
ある種のカルチャーショックを受けられたわけですね。

高橋:
勝利を目的とするのではなく、楽しくバレーボールをしましょう!という世界に初めて触れたので、最初は「こんなのは私が経験してきた世界とは違う!」と認められない部分もありました。
どうせやるなら勝ちを目指そうよ!何でもっと本気でやらないの?!みたいな。

東:
トップアスリートが陥りやすい考えですよね。でも、自分たちがいた世界は競技におけるピラミッドの頂点ですから、実はそちらの考えのほうがマイノリティなんですよね。
僕はスポーツの楽しさの本質は、“勝利”よりも“上達”にあると考えていて、相手に勝利することではなく、出来なかったことが出来るようになることや、より上手に出来るようになることにこそ価値があるのではないかなと思うんです。

小松:
トップアスリートが全てを懸けて勝利を目指す姿は多くの人々を惹きつけますが、努力すれば誰もが到達出来るというわけではないですから、ある意味非常識な世界なのでしょうね。

高橋:
おっしゃる通りで、バレーボール競技の愛好者全体を考えた時にニーズが多いのは、勝利するために必死に頑張るための厳しいコーチングではなく、バレーボールをより楽しむために上達出来るようなコーチングなんですよね。
バレーボールの世界の中でも、私が過ごしてきたのとは全く違う世界があることを知れたのはとても大きな収穫でした。

東:
トップアスリートの方々は上達するためのメソッドをご存知ですから、そちらを楽しくプレー出来るようになるためのプログラムにカスタマイズすることが出来れば、より多くのニーズに応えられるようになり、新たなマーケットが生まれるかも知れませんね。

 高身長女子を応援したい

小松:
現在は、ウォーキングやポージングなどのインストラクターや、シェアオフィスでのコミュニティマネージャー、モデルなどのお仕事をなさっている高橋さんですが、高身長女子のコミュニティも主催なさっているそうですね。

高橋:
そうなんです。私自身はアスリートやモデルという身長の高さを活かせるお仕事に巡り合うことが出来ましたが、世の中には身長が高いことにコンプレックスを感じて、背中を丸めて歩いている女性もたくさんいらっしゃいますので、その人たちが堂々と胸を張って歩いて、輝けるような環境をつくっていきたいと考えています。

小松:
背が高いことにコンプレックスを抱いている女性、確かにいらっしゃいますね。

高橋:
先日調査したところ日本人女性の0.1%が175cm以上で、数字にすると六万五千人くらいの仲間がいますので、もっと応援していきたいのですが、まだまだ発信力が不足しているのが現状です。

東:
思っていた以上に多いですね。具体的にはどのように応援していきたいと考えていらっしゃるのでしょうか?

高橋:
高身長を活かすためには、バレーボールやバスケットボールなどのスポーツだけではなく、モデルの世界でも有利に働くので、ミスコンをもっと活用してほしいということを伝えたり、高身長女子に向けた商品の開発を考えておりますので、それらの活動をマスメディアなどを通じてより多くの方々に発信していきたいと考えています。

小松:
高身長女子に向けた商品には、どのようなものがあるのでしょうか?

高橋:
一つはストッキングです。

小松:
なるほど、足が長くてフィットするものが見つからないのですね。

高橋:
ここで止まっちゃうんです(腿の真ん中あたりを手で示しながら)。

東:
羨ましいですが、スタイルが良いというのも大変なんですね・・・
これまではどうなさっていたのですか?

高橋:
主に海外の商品を購入して使用していました。イタリア製でとても高価なのですが、ストッキングなので、一、二回身につけただけでやぶれてしまうこともあって。

小松:
日本の商品は履けないのでしょうか?

高橋:
日本のブランドからも大きなサイズは販売されてはいるのですが、デザイン、履き心地ともに満足のいくものではありませんので、自分でつくってしまおうと思いまして。日本人の0.1%である六万五千人というマーケットは決して大きくはないかも知れませんが、ストッキングは継続的な需要がある商品ですので、十分ビジネスになるのではないかと考えています。

東:
消耗品で必需品が最も継続的な売上を計算出来ますものね。

小松:
現在は0.1%でも今後は高身長の女性はより増えていくでしょうし、マーケットは日本だけに留まらないわけですものね。

高橋:
そうなんです。この五十年間で日本人女性の平均身長は7cm伸びていますから。
現在一緒に開発してくださる企業様を探していて、まずはベージュや黒などのスタンダードな色から販売したいと考えています。他にも、私がブランドモデルを務めます高身長専門ブランド“ATEYAKA(アテヤカ)” HP:http://ateyakatall.jpも広めていきたいと考えています。ブランド名は「艶(あでやか)」から来ていて、高身長でも着られる洋服はモノトーンが多いのですが、“ATEYAKA”は鮮やかな色を展開していて、プロデューサーの思いが詰まったとても素敵なデザインばかりです。

東:
なるほど。最近では、ファッションデザイナーのハヤカワ五味(ごみ)さんが立ち上げた胸が小さな女性向けの下着ブランド“feast(フィースト)”や、以前にこの企画でお話を伺った元レスリング日本代表の岡田友梨さんが立ち上げた着痩せしたい女性向けのアパレルブランド“KINGLILY(キングリリー)”など、潜在的に困っている誰かのための商品がどんどんマーケットを広げているので、高身長女子向けのストッキングや洋服もきっとビジネスとして成功出来るのではないかと思います。

高橋:
岡田友梨さん、元トップアスリートにもそんな方がいらっしゃるのですね!

小松:
とても素敵な方ですので、是非ご紹介させてください。

東:
さて、それではここで改めて現在の高橋さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみます。ウォーキングやポージングのインストラクター、シェアオフィスのコミュニティマネージャーとモデルやタレントのお仕事をなさっているということで「C」の領域でご活躍ですが、今後は高身長女子向けの商品開発などにもご活躍の幅を広げられそうですね。

小松:
モデルとしても本格的に海外でのご活躍を期待しています。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
今後は、どのような活動をしていきたいとお考えなのでしょうか?

 自らの経験を伝えたい

高橋:
いつか、本を出版したいと考えています。良くも悪くも身長が高いことで人とは頭一つ分違った生活をして来ましたから、プロバレーボール選手やモデルとしての視点から考えたことを伝えたいです。

小松:
素敵です!是非、高橋さんの想いを本にしてください。宜しければお手伝いします。

高橋:
有難うございます!!小松さんからそのようなお言葉をいただけてとても嬉しいです!勇気をいただきました!
例えば、バレーボールの世界では、多くの選手が高卒でトップリーグに入りますから、選手を辞めて社会に出る時に学歴が壁になって選択肢が狭くなってしまいがちなんです。引退後に大学を目指す人もいれば、そのままアルバイトをする人もいますし、私には何も出来ないからと逃げ道を探すように結婚を選択するという声も聞きます。どんな選択をするにして大切なことは、本当にやりたいことをやることだと思うんです。

東:
◯◯でもやるか、とか、☓☓しか出来ないから、ではない選択をするということですね。

高橋:
はい。本当にやりたいことが結婚やアルバイトであればいいですが、自らの可能性を諦めてしまうような選択をすべきではないと思うんです。私自身は諦めずに粘り強くやってきたので、そういう経験を記した本を出せれば少しはお役に立てるかと。アスリート以外の方にもセカンドキャリアに悩んでいる方の可能性が広がるような本を。

小松:
この企画のメインテーマはまさにそこなんです。現役のアスリートたちにこそ、現役のうちから引退した後にも多様な生き方があることを知ってもらい、準備を始めてほしいという東さんの想いからこの企画がスタートしましたから。

高橋:
今回、この企画をお聞きした時は本当にありがたいと思いました。私以外にもセカンドキャリアに困っているアスリートがいることはわかっていましたが、なかなか発信は出来ていませんでしたから。この問題に本気で取り組むこの企画には本当に勇気づけられました。

東:
そういっていただけると嬉しいです。僕自身も決して発信力があるわけではありませんが、今回、小松成美さんという素晴らしい方にご協力をいただくという幸運に恵まれたので、しっかりと価値のあるものにしていきたいと考えています。
さて、それでは、最後のお願いになりますが、バレーボールという競技名を使わないで自己紹介をしていただけますか。高橋美帆さんはどんな人でしょう?

高橋:
私は“人と違う”ことをコンプレックスやマイナスに考えずに自らの“武器”にして、スポーツやモデルのお仕事を通じて自らを育ててきた人間です。これからも自分の武器や仲間を増やして、多くの人たちの役に立つことで社会にインパクトを与えられる存在になれるように頑張ります。

小松:
身長も夢も大きな高橋さん、これからも応援させてくださいね。

東:
本日は素敵なお話をありがとうございました。

高橋:
こちらこそ、私の想い、メッセージを発信出来る機会をいただき本当にありがとうございました。
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。