Career shift

高森勇旗 / Takamori Yuki   元プロ野球選手|現在:

異なるスキルをかけ合わせて、稀有な存在になる 元プロ野球選手・高森勇旗(前編)

Profile

 

高森勇旗(たかもり・ゆうき)
1988年5月18日生。富山県高岡市出身で、高校は岐阜県の中京高校に進む。2006年高校生ドラフト4位指名を受け横浜ベイスターズに入団(現横浜DeNAベイスターズ)。2008年にイースタンリーグ史上最年少サイクル安打達成(20歳3ヶ月)。2009年にイースタンリーグ最多安打、一軍にて初ヒットを記録。2012年に戦力外通告を受け引退。翌年より、データアナリスト、ライター、イベントディレクターを経て、現在は企業のエグゼクティブコーチングを行う株式会社HERO MAKERS.の代表取締役を務め、一部上場企業を含む30社以上の企業変革に関わる。2016年より、新幹線のグリーン車に備え付けられている雑誌wedgeにて2年半連載したシリーズは、2018年に書籍「俺たちの戦力外通告」となって販売されている。

東:
様々なアスリートの現役を終えた“その後の人生”に迫るインタビュー連載“表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜”。今回は、元プロ野球選手で現在は株式会社HERO MAKERS.の代表取締役を務める高森勇旗さんにお話を伺います。

小松:
高森さんは2006年に高校生ドラフト4巡目で指名を受け、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ入団。二年目にイースタン・リーグで史上最年少となるサイクルヒットを記録。三年目、イースタン・リーグで最多安打のタイトルを獲得するとともに横浜スタジアムでの中日ドラゴンズ戦で一軍初出場を果たし、10月4日の広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)でプロ初安打を記録されるなどのご活躍をなさいました。

東:
2012年に戦力外通告を受けた後は、データアナリストやライターを始め、様々なお仕事をご経験なさった後、コーチングを通して企業の成長をサポートする事業をスタート。現在は株式会社HERO MAKERS.の代表取締役として、業種業態の異なる十数社のクライアントをサポートするとともに、ライターとしても連載をお持ちになっています。

小松:
現在の高森さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、株式会社HERO MAKERS.の代表取締役が経営者で「C」の領域、ライターとしての執筆活動などが「D」の領域と、野球選手としてのスキルとは最も遠い領域でお仕事をなさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 ウジウジしないで、やればいいじゃん!

東:
僕が初めて高森さんとお会いしたのは、新卒で入社して十八年間勤務してきた会社を退職して、独立しようと考えていた時期でした。当時の僕は四十歳で専業主婦の妻と二人の子どもがいて、ローンで自宅を購入したばかり。正直、不安に思っていた部分もありましたが、とある会合でお会いした高森さんに何気なく相談した時に「やればいいじゃないですか!出来ますよ!」という言葉に背中を押してもらえて。その時のあまりに自信に満ち溢れているというか、身にまとっているオーラとエネルギーが凄まじくて「一体この人は何をしている人なんだろう?」と一気に惹きつけられてしまって。

高森:
そうでしたね。

小松:
高森さんの“自信”に満ち溢れた佇まいはどこから来ているのでしょうか?

高森:
私は私自身に“自信”があるように見えるかどうかに関心がないので分からないです。野球選手だった頃には考えていたかもしれないですが。

東:
現在の高森さんは、とても元プロ野球選手だったとは思えないような“一流の経営者”、“一流のビジネスパーソン”のオーラを身にまとっているように感じるのですが、お仕事の内容について聞かせていただけますか?

高森:
私の現在の仕事は“コーチング”で、企業やアスリートなどのクライアントに対して、言葉を変えることで行動変容を起こすことを提供しています。

東:
企業のみならず、アスリートもコーチングなさっているのですね。

高森:
はい。プロ野球選手、プロサッカー選手、大相撲の力士もサポートしています。

小松:
企業やトップアスリートに、言葉によって行動変容を起こすコーチングをなさることで、これまでには考えられなかったような圧倒的な成果を出すためのサポートをなさっているわけですね。

高森:
日々、クライアントが行動変容するような言葉を発していると、それが自らの脳にも刷り込まれていきますから、自分自身の行動も変容せざるを得ません。行動を変容するためには“自信”があるとか“不安”があるということにはあまり意味がないんです。結局、重要なのは“行動を起こすか起こさないか”で、“自信”よりも“行動を起こす意志”の有無が大切だと思っています。

東:
これだけ自信をもってセカンドキャリアを過ごしている元トップアスリートも珍しいと思うのですが、セカンドキャリアについて悩んでいたり、不安を抱えていたりするアスリートについてはどのように思われますか?

高森:
セカンドキャリアという領域にあまり興味がないですね。悩んでいるアスリートが多いと聞いても、私の周りにはほとんどいませんので、「そうなんですか?」という感覚です。

小松:
類は友を呼ぶといいますから、高森さんの周りには悩んでいるアスリートが近づいて来ないのかもしれませんね。

高森:
たまに相談に来る人もいますが、何かウジウジしているんですよね。何をウジウジしているのかなと。シンプルに「やりたいことをやればいいじゃん!」と思いますよね。

東:
ウジウジって(笑)

高森:
私に相談してくるのは元野球選手なので、みんな「俺、野球しか出来ないからさあ」と言うのですが、そんなわけないでしょうと。これまで野球しかやってこなかったからと言って、これから他のことが出来ないのかどうかはやってみなければわからないでしょう。

小松:
やってみる前から出来ないと決めつけてはいけないと。

高森:
私は、あれだけストレスフルな“プロ野球”という世界にいたのだから、社会に出れば楽勝なんじゃないかと思っていましたから。

東:
確かに、選ばれし精鋭同士が、一球一球に人生を懸けて戦うプロ野球の世界よりストレスフルな環境はなかなかないでしょうね

 異なるスキルをかけ合わせ、“オンリーワン”になる

小松:
現役を引退して、コーチングのお仕事に就くまでになさっていたお仕事についてもお聞かせいただけますか?

高森:
引退後に最初に就いた仕事はデータアナリストです。昔からパソコンが得意で、現役選手の頃からプログラミングが出来たので、引退後にデータ分析ソフトを野球用にカスタマイズしたものを作成して、それを野球チームに売り込んで、自ら分析とオペレーションを担当していました。

東:
プログラミングが出来るプロ野球選手だったのですね!コーディングなどはどちらで習ったのでしょうか?

高森:
ほぼ独学です。プログラミングはコードを書いたとおりにソフトが動くのが面白くて、現役時代も試合の分析結果からこんな情報が得られたら嬉しいなというものを選手目線で考えて、参考書を読みながらsketchbookでインターフェースを書いていました。

小松:
プログラミングの能力とプロ野球選手の経験を活かして、他にはいないデータアナリストになろうと考えられたわけですね。

高森:
そうですね。実際にソフトをつくってみたら出来たので、大手社会人野球チームへの導入が決まり、一年間はそちらのソフトを使用したデータ分析とオペレーションを担当していました。

東:
プロ野球選手とは全く違ったスキルが求められるお仕事に就いたわけですが、大変ではなかったですか?

高森:
最初のうちは一試合のデータを分析するのに五時間半かかっていたのですが、やればやるほど新たなコーディングを覚えられますし、情報を分析するスピードも速くなって、最終的には六倍速で映像を見ながら二十分で一試合分のデータを分析して、チームに提供出来るようになりました。

小松:
五時間半かかっていたものが、二十分で出来るようになったのですか!

高森:
そこまで来ると、チームにおける成果も目に見えて出るようになってきまして、それが評判を呼んで、社会人野球の日本代表チームにも帯同させていただけるようになりました。とにかく楽しくて一日中コーディングをしていましたね。

東:
選手目線をお持ちのデータアナリストは稀有な存在ですし、プロ野球選手としての知識や経験もあるわけですから、社会人野球チームでは特に重宝されたでしょうね。

小松:
全く異なるスキルを掛け合わせることによる“オンリーワン”の強みですね。

東:
異なるスキルといえば、高森さんはライターのお仕事もなさっていますが、どのようなきっかけで始められたのでしょうか?

高森:
私は現役時代から野球選手の形態模写が特技で、引退後に集英社から動画コンテンツとしてやりたいと言うオファーを受けまして。

小松:
面白いですね。Youtuberの先駆けですね。

高森:
意外と受けてはいたのですが、私はそんなにオチャラけることに興味がなくて。形態模写を動画コンテンツとするよりも、野球選手についての記事を書きたいと思って、同期で現在でも横浜DeNAベイスターズでプレーする梶谷隆幸選手について書いた原稿を見ていただいたところ、これはいい!と評価をしていただいて。公開された記事が100万近いPVを記録すると、徐々に好きな企画をやらせていただけるようになって、それを読んだ関係者が別の場所でも書いてほしいと連絡をくれて、ライターの仕事もジワジワと広がっていきました。

東:
他にもイベントディレクターや、大学講師のお仕事をされていたこともあったそうですね。

高森:
イベントディレクターの仕事は、事前に台本を製作して、本番ではディレクター兼MCとしてイベントの進行を担当していましたし、大学ではプログラミングのコーディングやアナリストの仕事内容などについて講義をさせていただきました。

小松:
本当に多才ですが、データアナリストから現在のコーチングのお仕事にシフトなさったのは何故なのでしょうか?

 極端にのめり込む

高森:
仕事があまりに楽しくて、体調を崩してしまってやめることにしたんです。

東:
仕事が楽しくて体調を崩すとは、一体どういうことでしょう?

高森:
データ分析にのめり込みすぎて、血を吐くまで仕事をしてしまって(笑)一日に二十二時間半働いていたにも関わらず、スティーブ・ジョブズの本に「キャベツとりんごしか食べない」と書いてあったのに影響されて、私もキャベツとりんごしか食べていなかったんです。

小松:
一日二十二時間半ですか!睡眠時間が一時間半で、その食事では・・・

高森:
そりゃあ血ぐらい吐きますよね(笑)それでも、当時読んでいたビートたけしさんの本に「好きなことで身体を壊すくらいにならないと一流じゃない」と書いてあったので「一流じゃん俺!」と思って喜んでいたのですが、最後は元々92kgだったのが、14kgも痩せてしまって、足がフラフラしてきてしまったので、さすがにこのままではまずいなと思ってやめることにしました。

東:
命に関わりますよね・・・
きっと、高森さんは中途半端には頑張れないんでしょうね。

高森:
データアナリストを辞めて、この先何をしていこうかと考えている時に「すごい会議」に出会ったんです。

小松:
現在、高森さんが代表取締役を務めておられる株式会社HERO MAKERS.がクライアントに提供している“会議を通じてブレイクスルーをサポートする”メソッドですね。

東:
次回は、この「すごい会議」がどのようなメソッドなのかということから、高森さんの野球人生についてもお話を伺ってまいりたいと思います。

小松:
宜しくお願い致します。

高森:
宜しくお願い致します。
(つづく)

次回「言葉と行動が変われば、成果が変わる」(中編)は、7月10日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。