Career shift

高森勇旗 / Takamori Yuki   元プロ野球選手|現在:

自分が今、何を得ているのかを考える 元プロ野球選手・高森勇旗(後編)

Profile

 

高森勇旗(たかもり・ゆうき)
1988年5月18日生。富山県高岡市出身で、高校は岐阜県の中京高校に進む。2006年高校生ドラフト4位指名を受け横浜ベイスターズに入団(現横浜DeNAベイスターズ)。2008年にイースタンリーグ史上最年少サイクル安打達成(20歳3ヶ月)。2009年にイースタンリーグ最多安打、一軍にて初ヒットを記録。2012年に戦力外通告を受け引退。翌年より、データアナリスト、ライター、イベントディレクターを経て、現在は企業のエグゼクティブコーチングを行う株式会社HERO MAKERS.の代表取締役を務め、一部上場企業を含む30社以上の企業変革に関わる。2016年より、新幹線のグリーン車に備え付けられている雑誌wedgeにて2年半連載したシリーズは、2018年に書籍「俺たちの戦力外通告」となって販売されている。

東:
元プロ野球選手で現在は株式会社HERO MAKERS.の代表取締役を務める高森勇旗さんへのインタビューもいよいよ今回が後編となります。

小松:
前回は「すごい会議」のメソッドからプロ野球選手になるまでの高森さんの野球人生についてのお話を伺いましたが、最終回となる今回は、日本スポーツ界の頂点とも言えるプロ野球の世界でのご経験が現在のお仕事にどのように活きているのか聞かせていただきたいと思います。

 プロ野球選手というキャリアの持つ説得力

東:
2006年に横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団なさってから、2012年に戦力外通告を受けて現役を引退なさるまでの六年間、プロ野球選手として経験してきたことで現在のお仕事に最も活きていると感じているものは何でしょうか?

高森:
非常に希少なキャリアを築けたと思っています。よく言われる話ではありますが、プロ野球選手になることが出来る人は東京大学に入学出来る人よりも少ないですし、五万人の大観衆の中で歓声を受ける喜びや、ミスに対してため息をつかれるストレスは普通の生活を送っていては決して味わえないですから。どんなにタフな状況だとしても、“あれに比べたら”と思えるだけの胆力を身につけることが出来ましたし、コーチングをしていく上で、プロ野球選手というキャリアはクライアントに対して大きな説得力を持つと感じています。

小松:
元プロ野球選手というキャリアには、恵まれた才能はもちろん、それだけの努力を積み重ねてきた人間なのだろうという信頼感がありますよね。また、希少なキャリアという意味では、東京大学卒のコンサルタントやビジネスコーチは決して珍しくはありませんが、元プロ野球選手というキャリアを持つビジネスコーチは唯一無二とも言える存在なのではないでしょうか?

高森:
六年間のプロ野球選手生活で磨かれた“勝負する”という感覚は、経営者をコーチングする場でも役に立っていますね。

東:
経験してきた“真剣勝負”の場数が違うと。

高森:
実際に経営者に提案をする時や、幹部の方を動かす際に「お前に経営の何がわかるんだ」と詰め寄られたとしても、「何もわかりません。ただ、成果を出すためには行動が必要なことはわかります」と堂々と言えるんです。五万人の前で究極のプレッシャーを感じながらプレーすることに比べたら楽勝だなと思いますし。

東:
底辺の広さ、頂点の高さ、マーケットの大きさなどを考えれば、ハンドボールとプロ野球では比較対象にすらならないほどの違いがありますので、並べて語るのも非常におこがましいのですが、僕もプロフェッショナル人材のシェアリングサービスを展開する株式会社サーキュレーションでコンサルタントを務めていた際には、元ハンドボール日本代表キャプテンというキャリアが大きな武器になりました。自己紹介をした時に必ず興味を持ってもらえますし、“あれに比べたら”という経験をもっていることは、クライアントと対峙する時の強みになりますよね。

小松:
高森さんも東さんも、元トップアスリートにも関わらず、競技の世界を飛び出して、全く異なるビジネスの世界でご活躍なさっているという点では、同じように希少なキャリアを歩んでおられる方だと思います。

 成功者の共通点

東:
希少なキャリアを築けたということ以外に役立っていることはありますか?

高森:
私はプロ野球の世界で、大きく分けて二つのことを学びました。一つは成功者の共通点、もう一つは組織論です。この二つの学びは、人生において大きな財産となりました。

小松:
成功者の共通点とは、一体何なのでしょう?

高森:
“成功者”の定義を長く活躍している選手だとして、その選手たちの共通点は、単に野球の技術が優れているだけではなく、“人としてしっかりしている”ことなんです。

東:
人としてしっかりしていること、具体的に教えていただけますか?

高森:
挨拶が出来ること。約束を守れること。義理を果たせること。この三つが基本です。

小松:
挨拶、約束、義理、ですか。

高森:
“挨拶が出来ること”とは、「おはようございます!」とか、「こんばんは!」が言えるという意味ではなく、御礼と謝罪が出来るということです。誰かに何かをしてもらったら、当然と思うのではなく、きちんと御礼が出来ること。失敗や失礼をしてしまった時には、ごまかさずにきちんと謝ることが出来ること。“約束を守ること”は、時間に遅れないことや、嘘をつかないこと。信頼を裏切らないことです。そして、“義理を果たせること”とは、常に感謝の心を持ち、受けた恩を忘れずに返すことです。長くプロ野球の世界で活躍出来ている人は、みんなこの三つがしっかりと出来ているんです。

東:
なるほど。スポーツの世界はもちろん、ビジネスの世界というか、全ての人間が生きていく上でとても大切なことですね。

高森:
プロの世界とは言え、人間には好き嫌いがありますので、同じ一軍の選手だとしても、人としてしっかりしている選手が二軍に降格してきた際には、周りが「早く復帰させてあげたい」と協力的になりますが、人間性に問題がある選手の場合には「こいつを昇格させるよりも、頑張っている若手を昇格させよう」という力学が働くんです。それも無意識的に。これは、すごいことだなと思って。

小松:
好き嫌いというか、応援される選手とされない選手の違いを生むのが、挨拶、義理、約束の三つだということですね。

高森:
プロの世界なので、当然野球が上手い人はたくさんいて、ほとんどの場合は紙一重の実力差なのですが、この三つが出来ているかどうかで、成功出来るかどうかの違いが生み出されていることに気づいた時に、これは他のどの業界でも同じなのではないかと思ったんです。結局、人生で成功するための条件とは、野球が上手いとか、仕事が出来るとかいう“スキル”ではなく、“人間性”なのではないかと。

東:
成功するためには、スキルの有無や巧拙は重要条件ではあるけれども必要条件ではなく、人間性こそが必要条件なのだということでしょうか?

高森:
必要条件というよりは十分条件に近いイメージですかね。私はプロ野球の世界を観察してきたことで、この本質を理解していたので、現役を引退して、違うフィールドで戦うことになったとしても、この三つをやっていけば成功出来るだろうという自信があったんです。

 “最底辺”の“落ちこぼれ”の経験

小松:
もう一つの学びである“組織論”についてもお聞かせいただけますか?

高森:
私が入団した当時の横浜ベイスターズはとても弱くて、在籍した六年間のうち、五年間が最下位で、四回監督が交代しました。私はそのチームの二軍選手だったので、十二球団で最も弱い組織を経験するという大変貴重な学びを得ることが出来たんです。

東:
チームが弱いという現実の捉え方が非常にポジティブですね(笑)僕も実業団チームの大崎電気に入団した当初は、二部リーグとの入れ替え戦に出るような弱小チームの補欠選手だったので、弱小チームと強豪チームの組織というか、文化の違いを経験出来たことは、人生における大きな強みになっています。

高森:
当時の私はプロ野球選手として最底辺、超落ちこぼれの存在だったわけですが、私の人生においては最底辺の存在になるなんてことは最初で最後だろうと思ったんです。最底辺に位置している人間のメンタリティなんて、究極の経験なわけですから、しっかりと覚えておこうと思っていました。

小松:
そこまで客観的に考えられていたのですね。

高森:
そこで私が気づいたのは、“落ちこぼれ”とは、本人のパフォーマンスの良し悪しの問題ではなく、組織のストレスが原因で、周囲がつくりあげる存在だということです。もちろん、全てを引き起こすのは本人の責任、という前提があってのことですが。

東:
どういう意味でしょうか?

高森:
組織が求める結果が出ないストレスを一人に集中させることで他の人を上げるために“落ちこぼれ”という存在をつくりあげるわけです。

小松:
いわゆる“スケープゴート”ですね。

高森:
ですから、“落ちこぼれ”も、組織において意外に重要な役割なのだと思いました。この弱い組織のストレスを、自分が全て引き受けているのだと考えれば、とても重要な立場だなと。

東:
とはいえ“いじめ”を受けているようなものですから、かなり辛いですよね?

高森:
はい。今振り返ると、その頃は“うつ”のような状態だったのでしょうね。ある日、手相を見てもらったのですが、「あなた、身内が今年亡くなった?」と尋ねられて、「いえ、誰も」と答えたところ「自分を殺そうとしたのね」と真顔で言われて。自殺しようと思ったことはないのですが、その人によれば四度くらい死にかけているらしいです(笑)
確かに辛かったですが、今になってその体験がとても活きています。

小松:
筆舌に尽くし難いような過酷な体験をなさってこられたのですね・・・
現在、どのようにその体験を活かされているのでしょうか?

高森:
「すごい会議」におけるマネジメントコーチの仕事を進める上では、経営者を始め主に企業のトップチームと会話をすることになりますが、実際に企業を支え、動かしているのは現場で働いている方々です。クライアントを変え、圧倒的な成果を出すためには、トップが変わり、リーダーが変わり、現場の一人ひとりが変わる必要がありますから、組織におけるストレスがかかる方々の立場や気持ちを実体験として知ることが出来たことで、他のコーチやコンサルタントにはない強みを得ることが出来ましたよね。

東:
スポーツでも仕事でも、出来ない人の気持ちは出来る人にはなかなか理解出来ないですからね。様々な立場の方々の気持ちに寄り添えるようになったという意味では、素晴らしい経験だったのでしょうね。

高森:
どんなに過酷な状況の中でも「今、自分は何を得ているのか」と視点をもって考えるのが大切なのだと思います。

小松:
お話を伺っていると、高森さんにとってのプロ野球の世界は、選手として華やかに活躍した晴れ舞台ではなく、過酷なストレスをご経験なさった辛く苦しい場所だったようにも感じるのですが、戦力外通告を受けた際にはどのようなお気持ちだったのでしょうか?

高森:
良いタイミングでクビになれたと思いました。私はプロ野球の世界に入った時からプロ野球選手は一生の職業ではないと考えていましたし、将来的には必ず何かを成し遂げる人間になると決めていましたから。

東:
プロ野球の世界はあくまで人生における“通過点”だと考えられていたわけですね。

高森:
五万人の前でおこなわれる真剣で斬り合うような一対一の勝負のひりつく感じと、無言で交わされる魂のやり取りは絶対に他の場所では出来ない経験でした。本当に生きるか死ぬかでやっていましたから。あの尋常ではないストレスの中に六年間身を置けたという何にも代えがたい経験を得たことで、私の人生にとってのプロ野球は十分なんです。

 引退後の二年間のために

小松:
話は少し変わりますが、引退後に困ったことがあれば教えていただけますか?

高森:
最初は人との信頼関係の築き方がわからなくて困りました。名刺交換やアポイントを取る方法を知らないですから、誤解されてしまうことも多かったですね。

東:
プロ野球選手やトップアスリートの方々は名刺をお持ちでないことが多いように感じますね。お持ちだとしても、連絡先が記載されていない場合もありますし。

高森:
私も現役選手の頃には名刺を渡されても「ありがとうございます!私名刺ないんですよ。すいませーん!」みたいな感じでした(笑)その後のご挨拶や約束の仕方も知らないので生意気に感じた方もいらしたと思います。でも、自分としては何が生意気なのかもわからないんですよね。

小松:
周りに指導やアドバイスをしてくれる先輩などはいらっしゃらなかったのでしょうか?

高森:
いませんでしたね。

東:
ある種一般社会とは隔絶している特殊な世界ですものね・・・
逆に、引退後にこれのおかげで助かったというものがあればお教えいただけますか?

高森:
まとまったお金、蓄えですよね。現役選手にも必ず伝えるようにしているのですが、引退後に二年間は何もしなくても生活していけるだけの準備をしておくことが大切なんです。

小松:
なるほど。なぜ、二年間なのでしょう?

高森:
私が思うに、セカンドキャリアで失敗する原因は初動なんです。お金が無ければ、生活していくために働かなければならないですよね。でも、最初は何が自分に向いているかなんてわからないんです。それでも、とにかくお金を稼がなければいけないので、何でもいいからと目の前の仕事に挑戦してみるのですが、なかなかうまくいかずにどんどん自信を無くしていってしまい、働くのが嫌になってしまう。これがセカンドキャリア失敗のモデルケースです。でも、とりあえず働かなくとも暮らしていけるお金があれば、余裕をもってキャリアをシフトしていけるんです。

東:
なるほど。生活費を稼ぐためにとりあえずやりたくなかったり向いていない仕事に就くのではなく、一旦落ち着いて新たなキャリアに踏み出すための準備が出来る期間を設けることが大切だと。

高森:
生活費のためにあせってよく分からない仕事で働き始めるのではなく、様々な勉強をしたり、色々な人と出会うことでプロ野球以外の世界を知り、その中からゆっくりと自分のやりたい仕事、自分に合った仕事を見つけるための期間をつくるためにも、お金を蓄えておくことはとても重要なんです。私は七百万円を貯めていましたので、引退後に何もしなくとも三百五十万円の生活を二年間出来る状態でした。一年では短いかも知れませんが、二年もあればきっと何か見つかりますし、やりたいことさえ見つかれば、元プロ野球選手やトップアスリートはどんな世界でも絶対に活躍出来ると思いますよ。

 媒介し、ブレイクスルーを起こす

小松:
さて、それではここで改めて現在の高森さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみますと、株式会社HERO MAKERS.の代表取締役が経営者で「C」の領域、ライターとしての執筆活動などが「D」の領域と、野球選手としてのスキルとは最も遠い領域でお仕事をなさっていることが分かります。

東:
また、今回は文字数の都合でご紹介出来ませんでしたが、今後は幅広い知見と力強いリーダーシップを活かして、野球におけるアジアマーケットの開拓や、アスリートのセカンドキャリアをサポートするためのプラットフォームづくりの分野でのご活躍も楽しみです。

小松:
弁舌さわやかでルックスも素敵なので、今後ますますメディアでのご活躍も増えるのではないでしょうか。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
さて、それでは最後のお願いになりますが、野球という競技名を使わずに自己紹介をしていただけますか?

高森:
私は“媒介者”です。人や企業を、最適な人や場所や仕事に的確な判断でマッチング出来る人間で、その企業や人の良さを誰よりも説得力のある言葉で説明出来ますので、媒介力に自信があります。

小松:
様々な人や企業が高森さんを媒介とすることによって、圧倒的な成果を出すわけですものね。

東:
僕も今日は大きなブレイクスルーを起こしてもらえました。

高森:
私のブレイクスルーはずっとお会いしたかった小松成美さんにお会い出来たことです。
いつも楽しみに著書を読ませていただいていましたので、本当にお会いしたかったんです。

小松:
ありがとうございます!こちらこそ光栄です。

東:
このインタビュー企画は、毎回凄まじいエネルギー交換がおこなわれますが、今回は特にすごかったです(笑)ありがとうございました!

高森:
ありがとうございました!
(おわり)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。