Career shift

髙山樹里 / Takayama Juri   元ソフトボール選手|現在:

あの景色を、後輩たちにも  ソフトボール・髙山樹里(前編)

Profile

 

髙山 樹里(たかやま・じゅり)
小学校 1 年からソフトボールを始める。名門・埼玉栄高校 3 年時には国体で優勝、その後、日本体育大学-豊田自動織機と進み、ともにエースとしてチームの勝利に貢献。また、数々の国際大会に出場し、アトランタ、シドニー(銀メダル)、アテネ(銅メダル)と 3 大会連続の五輪出場も果たしている。得意のライズボールを武器に上げた五輪通算 8 勝は、現在でも五輪最多勝記録となっている。 2009 年 7 月ボブスレー競技(女子 2 人乗り)でバンクーバーオリンピック出場を目指すことを発表。その後スケルトンに転向し冬季オリンピック出場を目指した。
現在は各地でソフトボール教室を行ないながら NPO 法人ソフトボール・ドリーム理事、日本車椅子ソフトボール協会会長などの役職を兼務している。 2017 年愛知県で車椅子ソフトボールチームを設立し、自身は監督を務める。

 女性パラリンピアンの地位向上のために

小松:
今回のインタビューは、2000 年のシドニーオリンピックで銀メダル、2004 年のアテネオリンピックで銅メダルを獲得した、女子ソフトボール日本代表のエース、髙山樹里さんです。

東:
僕は髙山さんとは既知の仲でして。本当に髙山さんは、さっぱりとした性格で、いい意味で、アスリートというよりは、僕にとって肝っ玉姉さんみたいな存在です。姉御肌なんですよ。

小松:
現在の髙山さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、東海UNITED DRAGONS(車椅子ソフトボールチーム)の顧問は「A」、日本車椅子ソフトボール協会会長やトータル・オリンピック・レディス会の会長などのお仕事が「B」、タレントとしての活動が「C」、解説者などのメディア出演は「D」と様々な領域で幅広くご活躍なさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
現役時代も、ユニフォームをお脱ぎになってからも、本当に精力的に活躍されています。

髙山:
いえいえ、そんなことないですよ。でも確かに色々なことをやっていますよね。色々なことやっていて、たまに自分が何をしているか、わからなくなる時があります(笑)。

小松:
今はどのような活動を? 講演会などですか?

髙山:
私、喋るのが苦手なので、講演会はやっていないんですよ。たまに子供たちにソフトボールを教える依頼を頂いたり、JOC(日本オリンピック委員会)のイベントに参加したりしています。それと、車椅子ソフトボールの指導をしたり、TOL (トータル・オリンピック・レディス会)から頂くお仕事で日々忙しくしています。

東:
少々失礼なことをお聞きしますが、そのような髙山さんの活動はビジネスでやられているんでしょうか?

髙山:
いや、ほとんどボランティアなんですよ。車椅子ソフトボールにしてもそうです。本当にありがたい話なのですが、私が働いていた会社がスポンサーをしてくださっています。生活ができるくらいのお給料はその会社からいただいています。ソフトボールのアドバイザーという形で契約させていただいています。本当にありがたいです。

小松:
でもそれは、髙山さんが長きにわたり、ソフトボール業界に多大なる貢献をされてきたからですよね。

髙山:
いやいや、そんなことはないですよ。周囲の方に助けて頂いているだけです。

東:
改めて、TOL のことについてお聞かせください。TOL の会長になられたのは 2017年より少し前ですよね。柔道の杉本美香さんとか、仲の良い方と一緒に……。

髙山:
はい、TOL はオリンピックに出場した、女性選手の集まりです。多くの女性オリンピアンの先輩たちが尽力してくだって、今では大きな団体になっています。初代会長は小野清子、2 代目木原光知子、3 代目橋本聖子、4 代目村山よしみ、とそうそうたる先輩方を中心に、女性スポーツ向上・社会教育の振興を目的に日々活動しています。そして 2018 年 10 月から 5 代目としてこの伝統ある TOL 会の会長として全力を尽くしたいと思っています。

東:
TOL では、どういうお仕事をされているんですか?

髙山:
オリンピアンの OG の方々から会費をいただいて、1 年に一回会報誌を作成したり、スポンサーを見つけイベントを企画・運営したりしています。
決して儲けはないですが、とにかく女性のオリンピアンたちは、こんな風に頑張 っていますよ、ということをもっと世間に伝えたいんです。オリンピアンで主婦になった方とかもいらっしゃるので、こういう会報誌を読んで「私も頑張ろう」 って思ってくだされば嬉しいですし。

小松:
具体的にはどういった活動ですか。

髙山:
今まで約 1,000 名のオリンピアンの女性が参加してくれています。スポーツ文化の向上とか、体育の社会における振興を目的に活動しています。
具体的には年に 1 度の「TOL フォーラム」を開催したり、「TOL だより」を刊行したり、あとは、オリンピックの年に選定する「TOL オリンピアン賞」の授賞式をやったりしています。

小松:
女性アスリートたちのパワーは絶大ですね。全国でスポーツ文化を広めるため、実技の講習イベントやセミナー、メディアにも積極的に出られています。

高山:
はい、TOL はとても素敵で面白い団体なんですよ。1952 年のヘルシンキ五輪に出場された先輩たちから現在のオリンピアンまで幅広い年代で活動しています。その中で数年前に TOL たより(会報誌)でヘルシンキ特集をしました。私も文章起こししたのですが、その中の話で、川で練習をしている時にメダカを飲んだらもっと速く泳げるんじゃないかと思って、メダカを飲んだエピソードとか(笑)。今では想像できない事がたくさんあって
とても面白かったです。残念ですが、半分くらいの方はお亡くなりになられていますが、こういう話などはとても貴重なものだと思います。

東:
それは面白いですね(笑)。

小松:
話は変わりますが、高山さんは今でもユニフォームを着てマウンドに立つことがありますか。

高山:
ソフトボールで世界に挑戦することはなくなりましたね。ただ、車椅子ソフトボールを通して競技には関わっています。

 ソフトボールとの出会いと決意

小松:
車椅子ソフトボールですか。その競技との出会いは?

髙山:
あれはたしか 2010 年だったと思います。北海道にある北翔大学でボブスレーの練習していた時、車椅子ソフトボールに出会たんですよ。「へえ、こういうスポ ーツがあるんだな」って最初は思っていました。それで北翔大学の先生と交流をしていくうちに、「ソフトボールなら、わたしでできるならお手伝いしますよ」とお伝えしたのがきっかけで、あっという間に活動に参加し、2017 年には自分のチームも作るようになりました。

東:
今はその車椅子ソフトボールを、パラリンピックの競技にする運動をされているとか?

髙山:
はい、その通りです。たくさん困難はありますが、ある程度形になってきているので、うまくいけばいいと思っています。私をサポートしてくださっている豊田自動織機も応援してくれています。
車椅子ソフトボールに出会ったきっかけって、私の人生の扉がもう一度開いたような感じです。私がオリンピックで経験したあの世界って、障がいを持っている方でも見える世界だって思っているんです。

小松:
自らが若かりし頃、技術を磨いて勝つためソフトボールに向き合っていた日々と似た感覚で、車椅子ソフトボールに向き合っているんですね。

髙山:
はい、そうですね。とても大変ですけど。私は、東海 UNITED DRAGONS というチ ームを持たせていただいて、そのチームを作り上げて、選手たちがパラリンピックにいけたらいいなって思っています。そのためには、上手に世界とコラボレーションして、パラリンピックに参加できるようにするのが私の使命かなと思っています。

東:
みんなの力を合わせれば、可能だと思います。TOL のメンバーも後押ししてくれると思います。

髙山:
2024 年のパラリンピックには絶対行きたいんで! 選手たちにもあの世界を見せたいですし、周りでサポートしてくださっている方々のためにも。

 支えてくれる人たちのため

小松:
髙山さんを支え、スポンサードしてくださっている会社について教えてください。

髙山:
豊田自動織機という会社です。日体大を卒業後の 1999 年に入ってから今まで、約 20 年近くお世話になっています。
私はソフトボール選手を辞めて、ウィンタースポーツやったり好き勝手やっていたんですが、どんな時も会社は暖かく私のことをサポートして下さって。

東:
なぜ豊田自動織機の社長さんは、そこまで髙山さんに好きにやらせてくださるんですかね?

髙山:
社長にも本当にお世話になっているんですが、今の会長にもお世話になっているんです。なぜでしょうね? わからないんです(笑)。本当に優しい会社で、その会長がいるから私は今生活ができているようなもんですよ。
競技を辞めてから、OL として仕事をしていた頃があったのですが、OL 業務をやりつつ、今まで通り、ソフトボール講習や TOL や車椅子ソフトなどのことをこなしていったら倒れそうになったんです。このままでは本当に倒れる!!と思い、「会社辞める」って上司に言ったら、すぐ今の会長の秘書から電話がかかってきて、なんで辞めるんだ!って言われて。思い切って私のやりたいことを話したんです。パラリンピックのこととかですね。

東:
会長のお名前はなんておっしゃるんですか?

髙山:
豊田鐵郎様ですよ(笑)。社長は大西朗さんです。、大西社長も「お前すごくいい活動してるな! 面白いじゃないか!」って言ってくださるんですけどね。

東:
活動も素晴らしいんですが、みなさん髙山さんを応援してくれているんですね。多分髙山さんが車椅子ソフトボールではなくて、違う競技のチームを作っても応援してくれるんだと思いますよ。
それにしても、厳しい練習をくぐり抜けてきた髙山さんの口から、会社員の仕事が辛かったというのを聞くのがちょっと意外でした。

髙山:
とにかく、椅子にずっと座っているのが辛かったのかもしれませんね。OL 頑張ろうと思ってたんですけど、無理でした(笑)。半年で倒れちゃったんです。ソフトボールを辞めて、ボブスレーの後に出会ったスケルトン(※ソリ競技の一種)も辞めて、1 年社会人として頑張ろうって思って、その年の 4 月から正社員で働き出したんですが・・・・仕事と両立がとても大変でした。
私が所属していたのは、広報部だったんですが、本当に忙しくて、広報部の業務と今まで継続してやっていた講習会や TOL・車椅子ソフトの活動を行っていたら倒れてしまって、それから辞めました。

東:
デスクワークで OL やるよりも、髙山さんにはもっと他の使命がある、ということを暗示していたのかもしれませんよ。

小松:
次回は、ソフトボールの後、ウインタースポーツへ転向されたお話なども聞かせてください。

(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。