Career shift

田中琴乃 / Tanaka Kotono   元新体操選手|現在:

私らしく生きる 元新体操団体日本代表キャプテン・田中琴乃(中編)

Profile

 

田中琴乃(たなか・ことの)
1991年大分県生まれ。五歳のときに両親の勧めで新体操を始める。小学六年生で大分県大会優勝、九州小学生大会で三位に入り、本格的に新体操に取り組む。2006年、中学三年生でブルガリア・バルナ国際でジュニア個人総合二位、全日本ジュニア選手権個人総合・団体優勝という成績を残し、新体操ナショナル選抜団体チーム(フェアリー ジャパンPOLA)に加入。十五歳から親元を離れ、フェアリー ジャパンPOLA の一員として東京で食事は自炊、一日約八時間を週六回と練習漬けの共同生活を送った。2008年北京大会でオリンピック初出場。総合十位。2009年世界選手権終了後、ロンドンオリンピックを目指し、一新されたチームのキャプテンに任命され、二大会連続での出場・六位入賞に貢献。2013年4月に開催されたユニバーシアード予選大会での四位入賞を最後に現役を引退。その後、株式会社ポーラに入社。社業と並行し、フェアリー ジャパン POLA美容コーチとしても活躍し、現役選手のサポートを行った。2017年11月に株式会社ポーラを退社。現在は、新体操日本代表フェアリー ジャパンPOLA アドバイザーや日本体操協会アスリート委員会、日本スポーツ振興センター スポーツJAPANアンバサダー、日本ボッチャ協会ボッチャキャラバンアンバサダーなどの立場で、新体操競技の普及振興、スポーツの素晴らしさを伝える活動をしている。

東:
元新体操団体日本代表キャプテン・田中琴乃さんへのインタビュー、今回は中編になります。

小松:
前編では、新体操という競技と“美”との密接な関わりから、自らが現役時代に助けられた“メイク”や“スキンケア”の持つ力を広く伝えるため、非常に狭き門を突破して入社したPOLAでのお仕事についてのお話を伺ってまいりましたが、今回は2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前にPOLAを退職なさって、次なるステージに踏み出されたところからお話を伺ってまいります。

 一度きりの人生、一生に一度の機会

東:
2013年10月に現役を引退なさった後、四年半に渡り勤務なさったPOLAを2017年に退職なさったのには、どのような理由があったのでしょうか?

田中:
POLAでのお仕事は本当に充実していました。週五日の朝から夕方までの勤務以外にも、業務に支障がなければ、新体操のコーチや試合の解説のお仕事もしてもいいという許可をいただいていましたし。ただ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づく中で、勤務している日中に新体操のお仕事のオファーをいただくことが増え始めまして。

小松:
オリンピアンによる訪問教室、日本全国で開催されていますものね。

田中:
もちろん、日中はPOLAの業務がありますので、新体操関係のオファーをお断りしていました。そんな状況が続いていた中で、会社への愛着や化粧品への興味はもちろん変わらないのですが、一生に一度、自国開催のオリンピック・パラリンピックを前にして、私自身がもっと新体操の普及活動に取り組み、スポーツの素晴らしさを伝えることが、今の私にとっての役割なのではないかと思い始めたんです。そこで会社に自分の想いを伝えたところ、正社員としての契約ではなく、年間のアドバイザリー契約という形で、新体操を広める活動や、解説をするという道に繋がりました。

東:
POLAでのお仕事も、もちろんやりがいがあり、充実しているけれども、自国開催のオリンピックを前に新体操を始めスポーツ界が一丸となって盛り上げようとしている今、自分が本当にやるべき仕事がなんなのかを考えたうえでの決断だったのですね。

田中:
そうですね。一度きりの人生ですから後悔のないように、今は東京オリンピックに関わる活動により注力すべきだと考えて、決断しました。

小松:
とても大きな決断だったと思いますが、完全に関係が切れてしまうのではなく、現在でもアドバイザリー契約を結んで関わっていらっしゃるというところに、田中さんとPOLAとの強い信頼関係が感じられますね。

田中:
わがままを快く受け入れていただいた会社には、心から感謝しています。

 トップアスリートの経験の価値

小松:
POLAを退職なさってからはどのようなお仕事をどのような割合でなさっているのでしょうか?

田中:
POLAとのお仕事の他には、JSC(日本スポーツ振興センター)のスポーツアンバサダーや、全国各地での新体操のコーチ、講演、試合の解説やタレント活動などのお仕事をしています。

東:
その中でも一番楽しいと感じているお仕事があればお教えいただけますか?

田中:
最近、講演をさせていただく機会が増えた中で、私の体験談を聞きながら、思わず感極まってくださる方もいらっしゃったり、何よりありがとうと言っていただけたりすることで、自らの想いが相手に伝わったのだなと感じ、経験談に共感してくださったり、感激してくださることにとてもやりがいを感じています。

小松:
田中さんの講演、是非伺ってみたいです!
ご自身ではどのような部分に共感や感激をしていただけているのだとお考えですか?

田中:
実は、“これ”といった明確な部分は分からないのですが、私自身にしてみれば、競技者として当たり前にやってきたことが、一般の方々にとってみると、それが当たり前ではないことがあるんですよね。その部分なのではないかなと。

東:
トップアスリートの常識が一般の方々の非常識という部分はありますよね。
逆も然りで、良し悪しもあるとは思うのですが、世界を目指して必死で努力を積み重ね、様々な挫折を乗り越えていくプロセスや、目標を達成する姿に心を打たれるのではないでしょうか?

小松:
田中さんを始め、トップアスリートの辿ってこられた道は多くの方々に感動と勇気を与えられると思います。

田中:
ありがとうございます。自らが競技を通じて経験してきたことの価値については、私自身も現役引退後に初めて気づきましたので、最初は上手に話すことが難しくて、今でも上手く伝えられているかわからないのですが、何年か前にとある学校に講演に伺った際に、不登校だった生徒がその日は学校に来てくれて。当日は保健室までしか来られなかったので、講演が終わってから保健室で踊ったりお話をしたんですね。すると、その生徒が翌週から少しずつ学校に来られるようになって、三ヶ月後には同じ学年の子どもたちと修学旅行に行ったという話を聞いた時に、私が生徒にかけた言葉の、どの言葉が響いたのかはわからないのですが、私のアクションが、誰かの人生が変わるきっかけに携われたことをとても嬉しく思いました。

オリンピック 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) 体操競技 新体操 団体 決勝 日本チーム ウェンブリー・アリーナ/ロンドン/イギリス クレジット:フォート・キシモト 2012年8月12日 Olympic The Games of the XXX Olympiad London 2012 Rhythmic Gymnastics Group All-Around Final JAPAN Team Wembley Arena/London/United Kingdom Credit:PHOTO KISHIMOTO 12/08/2012

小松:
おそらくその生徒は、田中さんに興味があって、どうしても会いたくて、勇気をふりしぼって学校に向かったのでしょうね。

東:
そして、学校で実際に田中さんに出会い、踊る姿を見て、話を聞いたことで、人生が変わったわけですものね。素晴らしい出会いでしたね。

小松:
そして、そのような出会いをこれからもつくっていくお仕事をなさっているということですよね。

東:
自らの経験談を伝えることで、私も頑張ろう!と思うきっかけをつくることが出来るのは、アスリートが持つ大きな力の一つだと思います。

 新体操をより広く伝える

小松:
次に、新体操の指導のお仕事についてもお聞かせください。日本代表の候補になるようなトップレベルの選手たちを指導するのも、もちろんやりがいがあると思うのですが、現在の田中さんは趣味の延長線で新体操に取り組んでいる子どもたちや、新体操とは全く縁のない一般の方々にもご指導なさっているとのことですが、それぞれどのような印象をお持ちなのでしょうか?

田中:
そうですね、トップレベルの選手たちについては、指導というよりも日本代表の先輩として味の素ナショナルトレーニングセンター(以下、ANTC)に行って、第三者的な目線で伝えられることを伝えていますし、趣味で楽しんでいるレベルの子どもたちには、基礎をしっかりと身につけないと、トップ選手のように美しく動けないよということを伝えています。

東:
子どもたちのレベルに応じた指導をなさっているのですね。
競技レベルによって子どもたちに違いは見られますか?

田中:
いえ、競技のレベルに関わらず、子どもたちはとても素直で、私の一言一句を真剣にインプットして、必死にアウトプットしようとしてくれます。子どもたちの実直な姿を見ると、私も学ぶ部分が非常に多いですし、感心しますね。

小松:
きっと、田中さんの真摯な思いが、子どもたちに伝わっているのだと思います。
子どもたちだけではなく、大人の方々にも新体操に触れる機会をつくっていらっしゃいますよね。

田中:
はい。昨年は世田谷区で、新体操を通じて姿勢が良くなるトレーニングの講師を週一回務めさせていただきました。最初はみなさん、難しい、出来ないと嘆いていらしたのですが、トレーニングを続けていくと、少しずつ出来るようになり、だんだんと姿勢も良くなっていき、自信をつけていただけたようで、とても喜んでもらえました。

東:
新体操のトレーニングをすることで、美しい姿勢を身につけられるのですね。

田中:
そうなんです。参加者の方から、嬉しいお手紙をいただいたりもして、新体操のもつ新たな可能性を感じることが出来ました。

小松:
どのような内容のお手紙だったのでしょうか?

田中:
“新体操のトレーニングを通じて、姿勢が良くなって、雰囲気も変わりました。それが夫にも伝わったようで、「きれいになったね」と言ってもらえて、すごく幸せです”と書かれていたんです。新体操を、こんな風に一般の方々の幸せに役立てることも出来るのだと感じられて、本当に嬉しかったですね。

東:
美しくなった奥様も、旦那様も、家族全てが新体操を通じて幸せになったわけですね。

小松:
美しい姿勢は心と体の健康にも繋がりますから、本当に素晴らしい活動ですね。私も田中さんに教わりたいです!

田中:
いつでも歓迎します(笑)

 新体操で勝つということ

東:
続いて、現役時代のお話について伺ってまいります。
世界のトップを目指して競技に取り組んでいた頃は「この人より上手にならなければいけない」「この国に勝たなければ」「成績を残さないと」というプレッシャーの中で戦っていたと思いますが、どのような生活をなさっていたのでしょうか?

田中:
現役選手の頃は、何不自由無い環境の中で競技のみに集中する生活を送っていました。ANTCの充実した施設の中で、一日に八時間でも九時間でも、いつでもどれだけでも練習出来ましたし、食事も徹底的に栄養バランスが考えられたものをつくっていただいていました。寝るのも、お風呂に入るのも、トレーナーにケアしてもらうのも全て同じ場所でしたので、非常に効率的に競技に取り組むことが出来ていましたね。

小松:
素晴らしい環境ですね。

田中:
それだけの環境を用意していただいたからには結果を出さなければいけないのですが、2008年に出場した北京オリンピックでは団体総合10位に終わってしまい、目標を達成することが出来ず、非常に悔しい思いをしました。

東:
北京大会を終えた後、田中さんはフェアリー ジャパン POLAのキャプテンに任命されるわけですが、そこからどうやって気持ちを切り替え、次のロンドン大会に向かっていったのでしょうか?

小松:
東さんもハンドボール日本代表を務められていたご経験をお持ちですが、国を背負う代表チームのキャプテンを務めるということには大きな責任と重圧が伴うと思います。
キャプテンに就任して、変わったことがあれば教えていただけますか?

田中:
最初、当時の外国人監督にキャプテンに任命された時にはお断りしようと考えていたんです。キャプテンはチームの中で完璧な存在でいなければいけないというイメージがあって、一年中共同生活をしていかなければいけない中で、競技のうえで完璧でいることはもちろん、弱音も吐けず、自分をさらけ出すことも出来ないなんて私にはとても無理だと。

東:
なるほど・・・キャプテン=チームの中の絶対的なナンバーワンの存在でいなければならないと考えられていたわけですね。

田中:
私の前のキャプテンがまさにそのような存在でしたので。それで、JOC新体操強化本部長を務めておられた山崎浩子先生(全日本選手権個人総合5連覇、ロサンゼルスオリンピック個人総合8位入賞の実績を持つ新体操の名選手であり名指導者)に、「キャプテンなんて私には出来ません」と相談したのですが、「あなたらしくやればいいのよ」と言ってくださって。

小松:
あなたらしく、ですか?

田中:
私も最初は「あなたらしくって何だろう?」と思いました。でも、良く考えてみると、他の誰かと同じキャプテンにならなければいけないのではなく、自分の考えるキャプテンになればいいのだと言っていただいたのではないかと思います。

東:
僕も前のキャプテンが素晴らしい選手であり人格者だったので、キャプテンに就任した際に、負けないくらいの成績を残して、同じような振る舞いをしなければならないと考えてしまい、本来の自分の良さを無くしてしまった経験があります。今思えば、これまでの自分の行動や振る舞いを見て、キャプテンに任命していただいたわけですから、その良さを活かしながら、自分ならではのキャプテンになれば良かったのですが・・・

小松:
人にはそれぞれ個性がありますから、それを活かして自分ならではのキャプテンになっていけばいいのですよね。

田中:
キャプテンになってからは、これまで同様に自分自身のパフォーマンスを向上させることは当然ながら、ロンドン大会で勝利するために、チームをどうしていかなければならないのか?どうすれば勝てるチームになれるのか?ということを考えるようになりました。

 キャプテンの仕事

小松:
新体操の団体競技では、選手一人ひとりが個々の技術やメンタルを磨くと同時に、メンバー全員が一つになって、チームとして輝くために信頼関係を築きあげることも大切ですよね。

田中:
はい、新体操の団体競技は、一人だけが輝けば良いという種目ではありませんので、個々がそれぞれ底上げをしていき、チームとしてベストのパフォーマンスが出来るようにしなければいけません。その中で、誰かがミスをしてしまうこともあります。その時にその人のミスをミスと見せないような周りのサポートも必要とされるんです。

小松:
そんな中でも、試合に出場する選手、出場出来ない選手がいらっしゃるわけですから、厳しい競争もあるわけですよね?

田中:
もちろん、日本代表は日本の新体操選手の頂点ですから、ミスをした選手に対して優しくしたり、サポートをするばかりではありません。ある日練習態度が良くなくてチーム全体の空気を乱す選手に対して、一選手として信頼出来なくなってしまう出来事があった時、本当はあなたを助けたいけれど、フォローすることが出来ないので、今は出て行ってくださいと練習に参加しないでほしいと伝えたこともありました。後にも先にも一度だけ。チームスポーツですからね。

東:
チームにとって何が大切なのかを判断して、厳しい言葉を伝えたわけですね。キャプテンとはいえ、同じ選手の立場ではなかなか言い辛い、嫌な仕事ですよね。

小松:
嫌われ役を厭えない立場ですものね。逆に、困ったり、悩んでいる選手をフォローすることもあったのでしょうね。

田中:
そうですね。悩んでいそうな選手を練習後に個別でフォローすることもありました。後輩の中に辛い時にも全く弱音を吐けない子がいて、心の悩みが演技にも出ていて、チームとしてもマイナスになっていたので、どうすれば彼女の本当の心の声を吸い上げて、弱音を吐いてもらえるのかを毎日考えていた時期があって。

東:
心の声・・・キャプテンとはいえ、同じ厳しいトレーニングを積んでいる仲間であり、試合に出場する立場を争うライバルでもあるわけですから、なかなか弱音を吐けないですものね。
どのように行動して、本当の心の声を吸い上げたのでしょうか?

田中:
プライベートな時間に彼女の好きなアイドルの話を聞いたり、彼女が見ているドラマをリサーチして、その時間になったら一緒に観たり。少しずつ一緒にいる時間を増やしていったんです。そうすると、苦しいことや辛いことがあったときに、少しずつボソッと彼女が話してくれるようになったので、それをただ聴くということから始めたんです。

小松:
弱音を吐かれた時に、元気づけたりアドバイスをするのではなく、ただただ話を聴くようになさったのですね。

田中:
はい、そうすると練習中に悩んだ時に、相談に来てくれるようになったんです。そんな風に、自分の関わり方によって人が変わっていく姿も見ることが出来ました。その選手は現在も最年長として日本代表を引っ張っていってくれています。

東:
田中さんのアプローチが、一人の選手を変えて、その選手が2017年の世界選手権で銅メダルを獲得したフェアリー ジャパンPOLAを牽引する存在になっているわけですね。

小松:
日本代表チームのキャプテンとして未来につながる素晴らしい仕事をなさいましたね。

田中:
いえいえ、彼女の頑張りがあってこそです。私自身、キャプテンになったばかりの時には、弱音を吐いたり、弱い部分をさらけ出すと、弱みを握られてしまって、頑張れなくなってしまうんではないかという恐怖があって、チームメイトやコーチにはもちろん、家族にさえ何も相談出来ない時期がありました。
本当に苦しくて、どうしても耐えきれなくなって、家族に弱音を吐いた時、ただただ話を聴いてもらえたことで、とてもすっきりした経験があったので、とにかく寄り添って、話をしてくれるまで待って、話をしてくれるようになったら、とにかく聴こうと。

小松:
自らの経験を活かして、相手の立場になって接したわけですね。

田中:
キャプテンを務めさせていただいたことで、一選手として自らのパフォーマンスを向上させることだけではなく、チーム全体のパフォーマンスを向上させるためにという視点で練習に取り組めたことや、とことん相手の立場になって個々の選手にアプローチしてきた経験は、もちろん失敗もありましたし、辛いこともありましたけれど、人生における大変貴重な経験になりましたし、やらせていただいて本当によかったと思っています。

東:
キャプテンとして臨んだロンドンオリンピックを終えた後、田中さんは現役を引退し、POLAへ入社なさるわけですが、次回は選手時代の経験がどのように“その後の人生”に活きているのかについてお話を伺っていきたいと思います。

小松:
宜しくお願い致します。

田中:
宜しくお願い致します。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。