Career shift

戸井田カツヤ / Toida Katsuya   元プロ総合格闘家|現在:

昔の名前で勝負しない 元修斗世界ライト級1位 ・戸井田カツヤ(前編)

Profile

 

戸井田カツヤ(といだ・かつや)
1977年長野県長野市生まれ。元プロ総合格闘家。柔道をバックボーンとする寝技のテクニシャンで、「UWFの回転体を修斗で実践している」と評されるほど面白い試合をすることで知られている。二十五歳より現役選手と並行して格闘技道場の経営を始め、現在は都内を中心に格闘技を通じてフィットネスを行う「トイカツ道場」や「ファイトフィット」など四十三店舗の格闘技道場を運営するトイカツ道場の代表を務めている。格闘家としても、元修斗世界ライト級1位、元修斗環太平洋ライト級1位、全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 準優勝(1998年)、全日本コンバットレスリング選手権 優勝&MVP&最多一本賞(2002年)、アブダビコンバット世界大会 日本代表(2003年)、アブダビコンバット世界大会 アジア予選 準優勝(2009年)など輝かしい実績を誇る。著書に『プロ格闘家流 「できる人」の身体のつくり方』、『プロ格闘家流「史上最速ダイエット」世界標準のビジネスエリートが実践する』がある。

小松:
様々なジャンルのアスリートがユニフォームを脱いだ“その後”に迫る連載企画「表彰台の降り方。〜その後のメダリスト100〜」。今回は元総合格闘家で経営者の戸井田カツヤさんにお話を伺います。

東:
戸井田さんは格闘家としてのキャリアもさることながら、実業家としても卓越したご活躍をなさっていて、現在、格闘技を通じてフィットネスを行う「トイカツ道場」や「ファイトフィット」など都内を中心に三十店舗以上のジムの運営などを事業とするトイカツ道場の代表を務めておられます。

小松:
現在の戸井田さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみると、ジムでの指導が「A」の領域、トイカツ道場の代表が「C」の領域、格闘技の解説者や「プロ格闘家流 史上最速ダイエット」などの執筆活動が「D」の領域と、幅広い範囲でお仕事をなさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

東:
今回は格闘技界No.1経営者として名高い戸井田さんがどのような選手生活を送り、経営者となられたのかについてお話を伺ってまいります。

 “絶対王者”を追い込んだ男

小松:
戸井田さんは元々柔道や空手をなさっていたそうですが、総合格闘技を始められたきっかけというのは何だったのでしょうか?

戸井田:
中学生の頃からプロレスラーになりたいという想いがあって、強くなるために柔道や空手をやっていたのですが、大学進学後に遊び感覚で入った総合格闘技サークルで出場した大会で優勝。本格的に総合格闘技を始めようと決意して、和術慧舟會(わじゅつけいしゅうかい)東京本部に入門したのがきっかけです。

東:
和術慧舟會、宇野薫選手や岡見勇信選手など海外でも活躍した選手を多数輩出した名門ですよね!戸井田さんが入門なさった1996年当時は、1993年にアメリカで始まった“UFC(アルティメットファイティングチャンピオンシップ)”などの影響もあり、強さの象徴がプロレスラーから総合格闘家に移り変わっていった時期でしたね。

戸井田:
初めてUFCを見た時に、総合格闘技があらゆる格闘技の中で一番強いと思いました。強さを求めるならば総合格闘技だろうと。

小松:
その後、1990年半ばから2000年代半ばまでの約十年間に渡り、日本には“K-1”や“PRIDE”を筆頭にバブルとも言えるほどの格闘技ブームが訪れましたが、戸井田さんはその中でも柔道の技術を活かした“寝技師”として、日本の総合格闘技団体の老舗“修斗(しゅうと)”を中心にご活躍なさいましたね。

東:
僕は格闘技が大好きで様々な団体の様々な選手を見てきましたが、戸井田さんは日本人の層が厚い軽量級選手の中でも寝技の技術はもちろん白衣を着て看護師とともに入場するなどのパフォーマンスも含め非常にキャラクターが立っていましたよね。

戸井田:
ありがとうございます。よくご存知で(笑)

東:
戸井田さんが繰り広げてきた名勝負の中でも、僕が最も印象的だったのは2001年に行われた修斗ライト級チャンピオン・“ペケーニョ”ことアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ選手とのタイトルマッチです。惜しくも判定でやぶれはしましたが、当時、必殺のギロチンチョークを武器に“絶対王者”の名を欲しいままに連勝を重ねていた“ペケーニョ”を相手に最終ラウンドまでもつれ込んだ凄絶な試合でした。

戸井田:
残念ながら勝利することは出来ませんでしたが、テレビで中継されたこともあって、いまだにあの試合で私のことを覚えてくれている方が多いですね。

小松:
当時はフジテレビ「SRS」やテレビ朝日「リングの魂」など地上波でも格闘技を取り上げる番組がいくつかあり、実力があって弁が立つ戸井田さんは出演なさる機会も多かったようですね。

東:
テレビはもちろん様々なメディアで格闘技の選手が取り上げられていて、知名度も高かったように思います。戸井田さんとしても実感はありましたか?

戸井田:
オリンピックのメダリストやプロ野球選手に比べるとまだまだでしたが、地上波の影響力の大きさは感じましたね。

 アルバイトをしながらのプロ格闘技選手

小松:
当時はどのような生活を送っていたのでしょうか?

戸井田:
最初は警備員や結婚式場などでアルバイトをしながらプロ選手として格闘技をしていました。

東:
格闘技ブームと言われるような時期に戸井田さんほどの有名選手でも格闘技だけで生活していくことは出来なかったのですね。

戸井田:
大学を卒業後、格闘技で生きていこうと思い、プロ選手になったのですが、ファイトマネーだけでは暮らしていけないのでアルバイトをしながら練習していました。それでもある程度までは強くなれたのですが、ペケーニョとの世界タイトルマッチにやぶれた時に、このままアルバイトをしながら練習していたのでは絶対に勝てないと感じたんですね。

小松:
本物の“プロフェッショナル”との差を感じたのですね。

戸井田:
そうですね。彼に勝つにはもっと練習しなければならないのですが、時給で収入が決まるアルバイトでは生活していくための収入を得るだけの時間働くと、十分な練習時間を確保出来ないんです。そこで、もっと効率的に練習しながらお金を稼ぐにはどうすればいいかと考えて、初心者に格闘技を教えることにしました。それが二十五歳の時に格闘技ジムの一角を間借りして始めた「トイカツ道場」です。

 格闘技に没頭するための効率の良い仕事

小松:
当時、現役の格闘家が道場を開くことは斬新だったのではないですか?

戸井田:
強くなるため、プロになるための練習をする道場を経営している選手はいましたが、トイカツ道場のように週に一度、フィットネスとして楽しく格闘技をやりましょうというコンセプトの道場はなかったと思います。私はたまたまジムが週一度しか借りられなかったので、このスタイルで始めてみたのですが、思った以上にニーズがあって、ほどなく会員が六十名ぐらいになりました。そのぐらいの人数が集まると、他にアルバイトをしなくても生活していけるんです。

東:
六十名の会員がいらっしゃれば、一ヶ月の会費が五千円だとしても三十万円の収入になりますし、施設の使用料以外には身体一つあれば元手もかかりませんものね。

戸井田:
はい、生活していくのに問題のない収入を安定して得ることが出来るようになりましたし、週に一度格闘技を教える仕事をして、残りの六日間は全て自分が強くなるための練習をする時間にあてられるようになったので非常に効率が良くなりました。

小松:
また、警備員や結婚式場などの仕事とは違い、楽しむことが主目的とはいえ格闘技に関わる仕事なわけですから、理論や理屈を頭の中で整理するのにも良い影響があったのではないでしょうか?

戸井田:
おっしゃるとおりで、初心者に教えることで、改めて格闘技の理論を頭の中で整理する機会にもなりましたね。

東:
単にお金を稼ごうとして道場を始めたのではなく、より強くなりたいという気持ちが実業家への第一歩を踏み出すきっかけになったわけですが、振り返ってみて成功した要因は何だと思われますか?

戸井田:
簡単に言えば“差別化”ですね。当時は格闘技ブームで、ボクシングジムやキックボクシングジムはもちろん、総合格闘技を教えるジムもいくつかありましたが、本気で強くなることを目指す“選手向け”のジムばかりだったのを、一般の人でも通える場所をつくろうと考えたことが一番大きな成功要因だったと思います。

小松:
初心者&女性大歓迎の強くなるためではなく、楽しみながら身体を動かすための総合格闘技道場という他にはない“オンリーワン”の場所をつくられたことが成功の要因だと。

東:
自らが強くなるために、強くなることを目的としない道場をつくったところが面白いですよね。

 格闘技道場の業界最大手へ

小松:
続いて、現在のビジネスについて詳しくお教えいただけますでしょうか。

戸井田:
主なビジネスは格闘技ジムの店舗展開で、現在都内を中心に三十五店舗を経営しています。実は明日、三十六店舗目が錦糸町に出来、3月の頭には三十七店舗目が完成します。
※取材日は2019年2月22日

東:
凄まじいスピードで拡大なさっていますね。

戸井田:
今年は四十三店舗まで拡大しようと考えています。おかげさまで会員数が約九千名にまで増えていますので、年内に会員一万人、店舗数四十三の達成を目指しています。こちらが実現すると、格闘技道場の業界で最大手になることが出来ます。

小松:
素晴らしいですね。そちらの目標を達成した後にはどのような活動を?

戸井田:
次はフィットネス業界に入っていきたいと考えています。

東:
こちらの道場(トイカツグラップリング東中野)は、非常におしゃれで清潔感がありますが、何かこだわりはお持ちなのでしょうか?

戸井田:
実は内装にはかなりこだわっていまして、私自身も大きくデザインに関わっています。

小松:
やはりそうなのですね!女性がとても喜びそうなデザインですものね。

戸井田:
ありがとうございます。全店舗、女性に喜んでいただけるように意識していますが、特にファイトフィット自由が丘とファイトフィット渋谷宇田川町に関しては、ニューヨークタイムズNext era leaders 2018を受賞した(株)T&C JAPAN 代表取締役の秋葉達雄さんにデザインをしていただいて、格闘技道場のイメージとはかなりかけ離れたものになっています。

東:
格闘技というマーケットではなく、フィットネスというマーケットをターゲットにしているからこそのデザインなのでしょうね。

 知名度ではなく、コンテンツで勝負する

小松:
通常、アスリートの価値が最も高いのは現役時代だと言われていますが、戸井田さんの場合は現役時代はもちろん引退後に大きくご自身の価値を高められているように感じます。
何か意識なさっていることがあればお教えいただけますでしょうか?

戸井田:
そうですね。現役時代の戦績が不甲斐なかったということもありますが(笑)

東:
いえいえ、そんなことはないです!

戸井田:
現在では意識的に私の名前を押し出さないようにしています。愛称である“トイカツ”を店の名前に出しているのは、この東中野の店舗と中野の本店のみで、他の店舗は「ファイトフィット」や「ファイティングラボ」といった名前にしています。

東:
ご自身の名前がついていたほうが集客効果があるようにも思うのですが、何故“トイカツ”という名称を使用なさらないように意識しているのでしょうか?

戸井田:
“人気“や”知名度“はいつかは消えてしまうからです。どんなジャンルでも商品の中身ではなく有名人がやっているからという部分に頼ったビジネスをしていては継続性がありません。あくまでサービス内容や内装のデザイン、清潔感など“コンテンツの魅力”そのもので勝負しなければ。私は常にそこで勝負して勝ってきたので、現在ビジネスを成り立たせ、成長させていけているのだと思います。

小松:
なるほど。現役時代の名前を使って、自らの仲間や格闘技マーケットなど“内輪”の方々を相手に商売をするのではなく、サービス内容を充実させることでより幅広いマーケットの方々に訴求出来るようなビジネスをなさってきたわけですね。

東:
格闘技はもちろん、様々なスポーツに関わる方々、また、スポーツ以外の全てのビジネスにおいても示唆に富んだお話ですね。次回も引き続き、戸井田さんのビジネスが成功している要因について迫ってまいります。

小松:
宜しくお願いいたします。

戸井田:
宜しくお願いいたします。(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。