Career shift

戸井田カツヤ / Toida Katsuya   元プロ総合格闘家|現在:

才能に気づき、人生を変える 元修斗世界ライト級1位・戸井田カツヤ(中編)

Profile

 

戸井田カツヤ(といだ・かつや)
1977年長野県長野市生まれ。元プロ総合格闘家。柔道をバックボーンとする寝技のテクニシャンで、「UWFの回転体を修斗で実践している」と評されるほど面白い試合をすることで知られている。二十五歳より現役選手と並行して格闘技道場の経営を始め、現在は都内を中心に格闘技を通じてフィットネスを行う「トイカツ道場」や「ファイトフィット」など四十三店舗の格闘技道場を運営するトイカツ道場の代表を務めている。格闘家としても、元修斗世界ライト級1位、元修斗環太平洋ライト級1位、全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 準優勝(1998年)、全日本コンバットレスリング選手権 優勝&MVP&最多一本賞(2002年)、アブダビコンバット世界大会 日本代表(2003年)、アブダビコンバット世界大会 アジア予選 準優勝(2009年)など輝かしい実績を誇る。著書に『プロ格闘家流 「できる人」の身体のつくり方』、『プロ格闘家流「史上最速ダイエット」世界標準のビジネスエリートが実践する』がある。

小松:
元総合格闘家で経営者の戸井田カツヤさんへのインタビュー、今回は中編になります。

東:
前編では現役時代のお話から選手としての“人気”や“知名度”ではなく、“コンテンツ”の魅力そのもので勝負することが大切なのだというお話を伺いましたが、今回はビジネスについてさらに深い部分まで伺ってまいりたいと思います。

 1万分の1になるために、本気で学び、実行する

小松:
多くの格闘家が道場を開いていますが、成功している道場もあれば苦戦している道場もあります。その中で戸井田さんの道場が抜きん出た成功を収めている秘訣があればお教えいただけますか?

戸井田:
分かりやすい部分でいうと、“人脈を上手に使う”ことです。ここでの人脈は、私を“元プロ格闘家”という目で接してくるファンやスポンサーの方々との繋がりではなく、私を“経営者”として見てくださる方々との繋がりのことです。

東:
前編でも伺いましたが昔の名前ではなく、現在の戸井田さんに価値を感じて接してくださる方々との繋がりということですね。

戸井田:
はい。経営者は経営者と繋がりますので、色々な経営者の方々と交流させていただいていますが、中でも特に仲良くさせていただいているのがSBCメディカルグループ総括院長の相川佳之先生で、事あるごとに様々なアドバイスをいただいています。

小松:
相川佳之先生、2000年に湘南美容クリニックを開院以来、わずか十九年の間に九十院(2019年6月現在)を展開するSBCメディカルグループを築き上げた名経営者ですね。例えばどのようなアドバイスを?

戸井田:
こういうセミナーを受けなさいとか、こういう本を読みなさいといった具体的なアドバイスをいただいています。また、相川先生がよく言われる言葉で好きな言葉がありまして。

東:
どんな言葉ですか?

戸井田:
「経営者の中で本を読むのは100人に1人。その中でも読んだことを実行するのは100人に1人しかいないから、成功するのは1万人に1人だよ」という言葉です。私は現役時代は格闘技ばかりやってきたので、他の経営者よりもたくさん勉強しなければいけないと思い、色々な本を読んで、学んだことをとにかく実行しようと意識してきました。本を読んだとしても行動に移さない人の方が多いのであれば、自分はまずはやることを決めて、実際に行動しようと考えたんです。

小松:
なるほど。どのような行動をなさってきたのか、具体的に教えていただけますか?

戸井田:
例えば、店舗を出す時に“どうすれば出せるのか?”と実現の可能性などをじっくり検討してから進めるのではなく、出すと決めて即行動するんです。現在もかなり早いペースで店舗を増やしているので「そんなスピードで店舗を出して、インストラクターが集まるんですか?」と聞かれたりもしますが、実際、最初は集まっていないんです。まだ集まっていない状況でも出すと決めると、それまでに何としてでも人を集めて育てなくてはいけなくなります。そうすると必死になるんですよね。まずはゴールを決めて、そこから逆算して計画を立てて行動するのが私のやり方です。

東:
ゴールが決まってしまえば、何が何でもそれを達成するために行動するので、結果、達成出来るのだと。ちなみに現在、戸井田さんが設定しているゴールは何なのでしょうか?

戸井田:
まずは2025年までに100店舗を出すことと、格闘家を養成するためのスクールをつくることを計画しています。次に2030年までに200店舗にして、格闘技コロシアムをつくります。さらに2050年までに1000店舗にして、格闘技を日本の文化にしたいと本気で考えています。

小松:
大きなビジョンのもとに期限が決められた数値目標が設定されていて非常に具体的ですね。

戸井田:
本気ですから。この“本気度“が他の方との圧倒的な差だと私は思っています。何事も”やれたらいいな“と思う人はたくさんいらっしゃいますが、私は”やれたらいいな“ではなく、本当に”やる“んです。私が他の方々より成功出来ているとするなら、やるかやらないか、その差なのかなと思います。

 デュアルキャリアが“才能”に気づかせてくれた

小松:
戸井田さんは今から六年前、三十六歳で現役を引退なさったわけですが、辞めるという決断をした理由を聞かせていただけますか?

戸井田:
引退を考え始めたのは、三十三、四歳の頃でした。当時は悪くない額のファイトマネーをいただいていたのですが、道場経営が軌道にのってきて、三、四店舗を経営している中で、もしかすると自分は格闘家よりも経営者の方が向いているのかも知れないと思い始めたんです。

東:
強くなるために、格闘技に集中出来るように始めた道場経営で、十分な収入を得られるようになったわけですから、格闘家として強くなることと経営者としての成功の両方を追い求めるという選択肢はなかったのでしょうか?

戸井田:
二兎は追えないですよね。格闘技でチャンピオンになるのは本当に大変なことですから。私自身、タイトルマッチに三度チャレンジして、三度ともチャンピオンになれませんでしたし。客観的に考えて、格闘技の才能よりも経営の才能の方があるのではないかと気づいたんです。

東:
非常に選手層の厚かった当時の軽量級で、タイトルマッチに三度もチャレンジなさっただけでものすごいことですが・・・

戸井田:
格闘技ではチャンピオンにはなれなかったですが、道場経営ならチャンピオンになれるかもしれないと考えて、“向いてない方”を捨てただけなんです。多くの選手が負けが続いたり怪我が原因で引退していきますが、私は違いました。現在でも、週に二、三日はトレーニングをしていますが、まだまだ身体は動きますし、試合に出場すれば勝てるともと思います。ただ、今の自分は格闘技でチャンピオンを目指すよりも、たくさん格闘技道場をつくって、インストラクターを育てて雇用を創出し、そのインストラクターが道場で素晴らしい指導をすることで、格闘技を通して幸せになる人が増えた結果、格闘技が日本の文化になるのを実現することのほうに価値を感じているんです。

小松:
格闘家と経営者というデュアルキャリアを過ごす中で、より自分の才能を活かせるキャリアを選択し、集中なさったわけですね。

戸井田:
格闘技のチャンピオンには私以外の格闘家もなれますし、“ナンバーワン”ではあっても“オンリーワン”ではありませんが、この事業を実現出来るのは日本の格闘家では私しかいないと思いますので、“オンリーワン”の存在になれるんです。

東:
戸井田さんのおっしゃるとおり、チャンピオンはあくまでその時点での“ナンバーワン”ですし、ずっとその地位にとどまり続けることは出来ませんよね。理屈では分かるのですが、これまで自らが人生を懸け、世界の頂きを目指して取り組んでいた格闘技と、格闘技を続けるために始めたいわば“副業”だった道場経営とを天秤にかけて、道場経営を選択した決断力は本当に素晴らしいと思います。

 人脈が変われば人生が変わる

小松:
戸井田さんは2013年6月に後楽園ホールで開催された引退エキシビションマッチで十六年間に渡るプロ選手としてのキャリアにピリオドを打たれたわけですが、実際に引退なさるとなった時にどのような思いをお持ちになりましたか?

戸井田:
おかげさまで様々な分野でご活躍なさっている方々にお集まりいただき、多くの方に現役最後の姿を見届けていただけましたので本当にありがたかったですし、感動しました。最後だと考えると悲しかったですが、自ら決めた引退ですし、次にやりたいことも決まっていましたので、心ではスッキリしていました。

東:
引退エキシビションには僕も応援に行かせていただき、試合終了後に行われたセレモニーでは会場にお集まりになった多くの方々とともに花束を贈らせていただいたのですが、元陸上選手の為末大さんや芸人のねづっちさんなど格闘家以外のアスリートやタレント、経営者の方が多数応援にいらしていましたよね。

戸井田:
確かに普通の格闘家の人脈ではなかったですよね(笑)

小松:
それだけ幅広いご人脈はどのように築かれたのでしょうか?

戸井田:
自分が格闘家より経営者に向いていることを悟ってから、色々な人に出会えるように行動を変えました。

東:
具体的にはどのように行動を変化なさったのでしょう?

戸井田:
まずは、“誘われたら必ず行く”ことから始めました。

小松:
誘いを断らない、ということでしょうか?

戸井田:
はい。私は人生を変える方法は二つしかないと思っていまして、一つが“住む場所を変える”こと、もう一つは“会う人を変える”ことなんです。

東:
僕も以前に戸井田さんにお話を伺ってから参考にさせていただいているのですが、“誘ったら必ず来る人”というキャラクターになることが大切だとおっしゃられていますよね。

戸井田:
そうですね。私は誘われたらほぼ行きます。また、重要なのは誘われたらすぐに行ける環境にいることで、成功している人はだいたい都心で過ごしているので、誘われた時にすぐに行けるよう出来るだけ都心に住むようにしています。そうすると「アイツは誘えばすぐに来るから呼ぼうよ」となっていきます。成功している人の周りには成功している人が集まっているので、その場にいて、一緒の時間を過ごすことで飛躍的に成長することが出来るんです。

小松:
成功している人に誘われた際にすぐに駆けつけられるように“住む場所”を変え、成功している人に誘われるキャラクターになることで“会う人”を変えたわけですね。

東:
“類は友を呼ぶ”という言葉がありますが、格闘家に限らず、アスリート、特に現役時代は、アスリート同士や競技の“ムラ”の中のみでの交流にとどまりがちですが、別の分野で成功なさっている方々と幅広く交流することで、成功している方々の会話を聞き、行動を学ぶことで、自らも成長し、成功に向かっていかれたのでしょうね。

戸井田:
格闘技だけに集中していると、どうしても格闘家の友人しか出来づらいですよね。私は現役時代に経営者を務めていたことで、経営者の友人が出来たのが良かったのだと思います。試合の際にも多くの格闘家が安価なチケットを多数購入してもらうために苦労しているところ、私の場合は経営者の友人に高額チケットを少数販売して同等以上の売上をあげることが出来ていましたので、非常に効率が良かったと思います。

東:
格闘家のファイトマネーはお金以外にチケットで支払われることもあり、販売出来なければ収入が減ってしまうため、チケットを販売するための活動で、練習に集中出来ないこともままあるそうですから、そういった意味でも効率が良いですよね。

小松:
経営者にとってみれば、現役格闘家の友人はなかなかいらっしゃらないでしょうし、戸井田さんは特別な存在だったでしょうから、喜んでチケットを購入してくれたのでしょうね。

東:
“ムラ”から一歩出れば、特別な存在になれる。他のアスリートにとっても同じことが言えるように思います。

 “引退”は“終わり”ではない

東:
戸井田さんのお話を伺っていると、目の前で起きる様々な出来事を一つひとつ素直に受け入れ、真摯に向き合って、人生で進むべき道を自ら決めてこられていて、素晴らしい決断力をお持ちだと思うのですが、なかなか競技を“引退する”決断が出来ない選手も多いように感じます。そんな選手たちに何かアドバイスをいただけないでしょうか?

戸井田:
現役後の人生を心配している格闘家やアスリートは多いですよね。私が伝えたいのは、現役で選手をやっていた時と、引退してからの今を比較しても、日々の楽しさや受ける刺激は変わらないということです。むしろ現役の時よりも今の方が刺激的な人生かも知れません。だから引退することを躊躇する必要はないと思います。

小松:
まだ身体が動くうちに引退なさったわけですが、全く後悔はないのでしょうか?

戸井田:
ないですね。私は三十六歳で引退しましたが、逆にもっと早く引退しておけばよかったなと考えたりもします。セカンドキャリアを築くのであれば、年齢が若ければ若いほど有利ですから。もし、私がもっと若いうちに引退していれば、より早く100店舗を達成出来たのではないかと思っています。他の若い経営者の方々が様々な分野で活躍している中で、なぜ自分はもっと早く決断しなかったのだろうと、少し後悔している部分はあります。

東:
確かに、戸井田さんを見ていると、現役選手の頃も、もちろんかっこよかったのですが、現在のほうがより輝いているように見えます。まるで、経営者になるために格闘家としてのキャリアがあったような。

小松:
トップアスリートは、一生トップアスリートとして世界の頂きに君臨し続けることは出来ないという宿命を背負っています。否が応でも“引退”という転換期を迎えざるを得ず、その後も人生は続いていくわけですが、戸井田さんの築いているキャリアは多くのトップアスリートにとっての素晴らしい道標となるように感じます。

東:
次回、後編ではアスリートとしての経験はどのようにビジネスに活かすことが出来るのかについてからお話を伺っていきたいと思います。

小松:
宜しくお願い致します。

戸井田:
宜しくお願い致します。
(つづく)

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。