Career shift

横田真人 / Yokota Masato   元陸上競技選手|現在:

トップアスリート☓米国留学☓公認会計士のキャリアを活かし、新たなスポーツの形を実現する 元ロンドンオリンピック陸上競技日本代表・横田真人氏(前編)

Profile

 

横田真人(よこた・まさと)
立教池袋中学校三年次に陸上部の顧問に誘われ陸上競技部に入部。立教池袋高校進学後も競技を続け三年次にインターハイ、国体と800mで優勝し全国制覇を果たす。高校卒業後は、慶應義塾大学総合政策学部に入学。在学中に日本選手権800mで初優勝(以後日本選手権を5度制覇)、当時の日本記録も更新。大学卒業後は、富士通に入社、2012年、日本人として44年ぶりに800mでオリンピック出場を果たし、同年、渡米。カール・ルイスも在籍したサンタモニカトラッククラブで二年間競技生活を送る。アメリカでの競技生活の傍、米国公認会計士試験に合格(カリフォルニア州)。2016年、現役を引退し、中長距離のクラブチームを立ち上げ後進の指導にあたる。2019年4月に行われたアジア選手権では3名の日本代表選手を輩出している。

 米国公認会計士の資格を持つ稀有なアスリート

小松:
今回は陸上800mの元日本記録保持者で、2012年ロンドンオリンピックに出場なさった横田真人さんにお話を伺います。日本人として同種目でのオリンピック出場は実に44年ぶりの快挙でした。

東:
横田さんは立教池袋高校時代にインターハイで優勝、慶應義塾大学ではインカレで優勝し、日本選手権でも二連覇を達成。同大学競走部の主将も務められました。大学卒業後には富士通に入社し、日本選手権で四連覇。合計六度の日本選手権優勝という記録を持つ日本中距離界のスーパースターといえる存在の方です。

小松:
2013年にはアメリカ・ロサンゼルスに活動拠点を移し、かつてカール・ルイス選手が所属した「サンタモニカトラッククラブ」にて二年間トレーニングを積むとともに2015年には米国公認会計士の資格も取得。アメリカなどでは現役アスリートが弁護士や公認会計士の資格を持つことも珍しいことではありませんが、日本においては極めて稀なことといっていいでしょう。

東:
2016年に現役を引退した後は、世界的なスポーツメーカーが運営するランニングクラブのヘッドコーチを務めながらコンサルタントとして複数の企業の顧問やスポーツ関連団体の要職を務めるなど幅広い分野でご活躍なさっていますね。

小松:
現在の横田さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめてみますと、ランニングクラブのヘッドコーチが「A」の領域、日本陸上競技連盟のアスリート委員会や日本実業団陸上競技連合の事業戦略企画委員会でのお仕事は「B」の領域、元サッカー日本代表の鈴木啓太さんが代表を務めるアスリートの腸内細菌解析を事業とするAuB(オーブ)や慶応病院発のベンチャー企業で汗で乳酸値を計測出来る特許を取得しているGrace Imagingeなどのアドバイザーやフライシュマン・ヒラード・ジャパンでのコンサルタントのお仕事が「C」の領域と幅広くお仕事をなさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

 本場で学びたい

東:
まずは現在のお仕事について教えていただけますか?

横田:
コーチの仕事が半分、スポーツ系のベンチャー企業などのアドバイザーやコンサルティングが4割、メディア、イベント出演、競技団体の仕事が1割くらいの割合で働いています。

小松:
本当に幅広くマルチなご活躍をなさっておられますよね。

横田:
そうですね。色々とやってはいますが、何の仕事をしていますか?と尋ねられれば「ランニングコーチ」ですと答えています。2017年から指導していますが、全員が中長距離走の選手で800から1万mまで8名の選手を指導しています。

東:
現役時代から引退後には指導者になろうと考えていたのですか?

横田:
いえ、元々は指導者になるつもりは全く無くて、スポーツにおける競技や指導の現場というよりはマネジメント側に興味がありました。

小松:
現場で選手を指導するよりも競技全体のマネジメントに興味を持たれていたと。

横田:
そうですね。私は2016年に引退したのですが、その2年前くらいから引退後にはアメリカの大学院でMBA(経営修士号)を取得しようと決めていました。

東:
なぜMBAを?

横田:
スポーツビジネスの本場であるアメリカでスポーツをビジネスとして成り立たせるためのノウハウを身につけるためです。日本においては野球やサッカーなどの一部のプロスポーツ以外の競技は費用対効果を度外視した企業の無償のサポートで成り立っている場合が多く、ほとんどが自立出来ていませんので、これを何とかしたいなと考えたんです。結局MBAではなく米国の公認会計士を取得することになったのですが。

小松:
なるほど。横田さんがそのような考えをお持ちになったきっかけは何だったのでしょうか?

横田:
大学を卒業するにあたり、実業団で選手になろうと活動した時です。私は当時日本選手権の800mで連覇していたのですが、なかなか所属先が決まらず・・・。結局、富士通に入ることになったのですが、自らの選手としての価値や陸上競技、800mという種目の価値について改めて考えさせられました。

東:
日本一の選手でも所属先を探すのに苦労なさったのですか?

横田:
めちゃくちゃ大変でした。

小松:
現在でもそうした状況は変わっていないのでしょうか?

横田:
現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを前にスポーツ界が非常に盛り上がっていますのでそのような状況では無いと思いますが、逆に「そのレベルでいいの?」と感じるようなアスリートでも過剰に優遇されているように感じます。自国開催の恩恵を受けることが一概に悪いとは言えないですが、気になるのは“オリパラ後”ですよね。恩恵を活かして自らの価値を構築出来ていれば良いですが、そうでなければ・・・

東:
その後の人生で困ってしまうアスリートが世間に溢れてしまいかねないですよね。今回のインタビュー企画では、現役を終えた後もご活躍なさっているトップアスリートの皆様がどのようなキャリアを送ってきたのかを伝えることでアスリートやビジネスパーソンの方々が引退や転職などの人生の転機をむかえた後でも活躍するためのお役に立てればと考えていますので、横田さんがどのように考え、行動し、自らの価値を構築なさってきたのかは多くの方々にとって非常に参考になると思います。

 コーチになることは考えてもいなかった

東:
元々コーチングではなくマネジメントにご興味を持たれていた横田さんですが、いまのチームのヘッドコーチに就任なさった経緯をお教えいただけますか?

横田:
いわゆる普通のランニングコーチとしてのオファーであればお断りしていたと思います。日本で指導者としてのキャリアを進めるには、まず実業団や大学などでアシスタントコーチとしての実績を積んでいき、監督に昇格していくのが普通ですが、それには全く興味が持てなくて。私自身、現役時代にはほとんどコーチをつけていませんでしたし。

小松:
コーチをつけなかった理由はなんだったのでしょう?

横田:
教わりたいと思う人が国内にはいなかったんです(笑)選手としての技術もコーチングも。

東:
常に自ら考えてトレーニングをなさっていたのですね。

横田:
そうですね。正直、現在でも競技の指導のみに特化したコーチは必要ないように感じていますが、2016年にいただいたオファーはGM兼ヘッドコーチとしてチームマネジメントから選手の指導までの全てを任せていただけるということでしたので、これは魅力的なお話だと思い、引き受けることにしたんです。

小松:
チームの全権を委任される立場でのオファーだったのですね!
かなり珍しいケースだと思うのですが、ご自身では何故そのようなオファーを受けたのだとお考えですか?

横田:
一番は海外での選手経験と英語が話せるのを評価していただけたのだと思います。

東:
選手としての実績はもちろん、ロンドンオリンピックに出場なさった後、アメリカ・ロサンゼルスの名門陸上クラブ「サンタモニカトラッククラブ」に二年間在籍して、世界最先端のトレーニングに触れた経験と世界共通語である英語を話せるという点がグローバルブランドの求めるイメージに合致したということなのでしょうね。

小松:
英語はいつ頃身につけられたのでしょうか?

横田:
高校生の頃から取り組んでいて、自分では得意なほうだと思っていたのですが、大学入学後に一番成績が下のクラスに入れられてしまって(笑)一番上のクラスがDで、C、B、Aの順にランキングが下がっていくのですが、私はAの更にその下にある“ゲートウェイ”という屈辱的なクラスに所属させられて(笑)

東:
そこで反骨心がメラメラと(笑)

横田:
反骨心というよりも「これじゃダメだ」と。将来は海外で生活したいという思いもありましたから、これはもっと本気でやらなくては!と考えて、英会話学校に通ったり、Skypeを活用して外国人と会話をしたりして、海外に住んでも問題ないくらいの語学力を身につけるための努力をしました。

 強みを活かしながら、別の軸をつくる

東:
それほどまでに努力して英語を身につけようと考えられた理由は何なのでしょう?

横田:
大学時代のゼミの教授の影響が大きいです。

小松:
教授のお名前をお教えいただけますか?

横田:
慶応義塾大学総合政策学部の上山信一教授です。当時は経営コンサルタントや大阪維新の会の政策特別顧問も務めていらっしゃいました。

東:
教育者というよりもバリバリのビジネスパーソンですね。ゼミでは何を専攻なさっていたのでしょうか?

横田:
経営戦略やビジネスモデルの研究についての指導を受けていました。

小松:
上山教授から英語を身につけるようにとご指導を受けたのでしょうか?

横田:
そうですね。実は、大学を卒業する際に陸上競技の実業団選手として生きていくか、一般企業に就職するのか悩んだんですよね。先ほどもお伝えしたとおり800mの選手では食べていけないですから。そこで上山教授にご相談したところ「競技は続けた方がいい」と言われて。

東:
意外ですね!上山教授のような方であれば、将来食べていけないであろう陸上競技ではなく、ビジネスパーソンとしての人生をすすめられるようなイメージがありますけれど。

横田:
私もそう思ったのですが、「800mという競技を追求することは横田君にしか出来ないことだと思う。この競技を続けて世界と戦いながらそれ以外の軸をつくることで、誰にもない武器を持つことが出来る」と言われまして。

小松:
800mという競技の弱みに目を向けるのではなく、強みを最大限に活用するための方法を教えてくれたのですね。

横田:
はい。その上で、世界で戦うには英語の習得が必要不可欠だということと、もう一つの軸としてビジネスに活用出来る資格として、公認会計士の取得をすすめられたんです。

東:
それが、米国での公認会計士取得につながるわけですね。

横田:
そうですね。私にとって幸運だったのは、将来を決める大切な時期にスポーツ界以外の視点をお持ちになった指導者に巡り会えたことですね。アスリートとしての人生を終えた後にしっかりとビジネス界で活躍するために何が必要なのかを上山教授から学んだことが現在に活きていると思います。

小松:
トップアスリートとしての実績と海外でのご経験、語学力を活かして様々な分野でご活躍の横田さん。次回は陸上競技との出会いからお話を伺ってまいりたいと思います。

東:
楽しみです!宜しくお願い致します!

横田:
宜しくお願いします。
(つづく)

次回の「“走る“を仕事にすることで、自らの意識が変わった」(中編)は、6月5日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。