Career shift

横田真人 / Yokota Masato   元陸上競技選手|現在:

スポーツだけではない「前人未到の世界」で生きてみたい 元ロンドンオリンピック陸上競技日本代表・横田真人氏(後編)

Profile

 

横田真人(よこた・まさと)
立教池袋中学校三年次に陸上部の顧問に誘われ陸上競技部に入部。立教池袋高校進学後も競技を続け三年次にインターハイ、国体と800mで優勝し全国制覇を果たす。高校卒業後は、慶應義塾大学総合政策学部に入学。在学中に日本選手権800mで初優勝(以後日本選手権を5度制覇)、当時の日本記録も更新。大学卒業後は、富士通に入社、2012年、日本人として44年ぶりに800mでオリンピック出場を果たし、同年、渡米。カール・ルイスも在籍したサンタモニカトラッククラブで二年間競技生活を送る。アメリカでの競技生活の傍、米国公認会計士試験に合格(カリフォルニア州)。2016年、現役を引退し、中長距離のクラブチームを立ち上げ後進の指導にあたる。2019年4月に行われたアジア選手権では3名の日本代表選手を輩出している。

東:
陸上800mの選手として44年ぶりにオリンピックに出場なさった横田真人さんへのインタビューも今回が後編、いよいよ最終回となりました。

小松:
前回は陸上競技との出会いからロンドンオリンピックに出場し、現役引退に至るまでの競技生活を中心にお話を伺いましたが、今回は現在の活動を伺いながら、横田さんの考える“コーチ”としての在り方についてお話を伺いたいと思います。

 単なるトレーニングコーチは必要ない

東:
横田さんは実業団選手となった後、本気でオリンピックを目指し、トレーニング拠点をアメリカに移すまでは、特定のコーチに師事することなく自ら考えたプログラムでトレーニングに取り組んでいたわけですが、最終的にコーチは必要だと感じられたから現在のお仕事(ランニングクラブのヘッドコーチ)に就かれているわけですよね。

横田:
矛盾するようですが、いまだに大前提として「コーチは必要ない」と思って仕事をしているんです。

小松:
どういう意味でしょう?

横田:
いわゆる“速く走る方法”を伝えるだけのコーチは必要ないと思っているんです。私が考えるコーチは選手が自らも気づいていないような本当に求めているもの、選手が求めるその先を提供し続けられる存在です。ですので、選手が成長するより速いスピードでコーチとして成長しなければいけないですし、陸上競技に特化した知識や経験だけを伝える存在であってはならないと考えています。

東:
なるほど。陸上競技のみならず、社会人としての“在り方”をコーチ出来るような存在でありたいと。

小松:
実際には、どのような指導をなさっているのでしょうか?

横田:
選手によって全く異なる指導をしているので、一概に“これ”とは言えませんが、基本的には一緒に走るか、見ているだけです。

東:
ああしろ、こうしろ的な指導はなさらないのですか?

横田:
そうですね。大切なのはレース中に選手が自分でどう対応するかですから。最低限のトレーニングプログラムを伝えることはありますが、なるべく技術的なことは話さないようにしています。

小松:
それは、自ら課題を設定して、解決のための行動を自発的に出来る選手になってほしいからですね。

横田:
はい。その代わり「競技者として、社会人としてどうあるべきか」については、個別に時間をとって話すようにしています。

東:
技術指導よりも対話を重視なさっているのですね。

横田:
それぞれに種目、育ってきた環境、性格、大切にしてきたトレーニング、置かれたステージなどが全く違いますからめちゃくちゃ大変ですけどね(笑)

小松:
お話を伺っていると、横田さんのお仕事は“コーチ”でもあり“メンター”でもありますよね。横田さんの人生における恩師である慶應義塾大学の上山信一教授のご指導のように「速い陸上選手」を育てるのではなく、「陸上を通じて何を学ぶか」や「世界に挑むために自らの強みをどう活かすべきか」を選手に考えさせているのですね。

 陸上競技を通じて何を学ぶのか

小松:
横田さんが現在のようなスタイルで指導なさっている理由の一つにロンドンオリンピック後に出会ったコーチの存在があるそうですが。

横田:
予選敗退に終わったロンドン大会の後、次のオリンピックで勝負するためにも、2013年からロサンゼルスに拠点を移し、かつてカール・ルイスが所属した「サンタモニカランニングクラブ」でトレーニングをすることにしたのですが、そこで出会ったコーチが「とにかく俺の言ったことをやれ!」というスタイルで。当日のプログラムが出るのはトレーニングの開始直前。内容に意見することも許されず、心の準備も出来ないままにトレーニングに取り組む日々が続きました。

東:
絶対服従を求めるようなコーチだったのですね。反発はしなかったのですか?

横田:
もちろん反発する気持ちはありましたが、ロンドン大会の前に初めてコーチをしてもらって結果が出たことや、アメリカまで来てしまっていること、何より自らがこのコーチに指導してもらうと決めたこともあり、従わざるを得ないと思ってしまって・・・

小松:
結果はいかがでしたか?

横田:
全く記録が伸びなくなってしまいましたね。それまではコーチをつけたとしても、自らがトレーニングの内容や必要性を理解し、納得してから取り組んでいたので、どんな結果が出たとしてもそれに対して考察をすることが出来ていたのですが、全然出来なくなってしまって。

東:
初めてトレーニングを“やらされた”わけですね。

横田:
そこで初めてコーチという存在を甘く考えていたことに気づきました。結局、うまくいかずに日本に帰国することになるのですが、コーチを選ぶことやトレーニングの内容をコートに委ねることがどれほど重要で怖さを伴うことなのか、選手が目指していることとコーチが目指していることをどれだけ共有出来るか、トレーニングにその意図が反映されているのかが最も大切なことなのだと身をもって感じました。

小松:
それだけ深く考えてコーチを選んでいる日本の選手はさほど多くないのではないかと思いますが、競技人生を左右するほど重要な要素の一つですよね。

 選択肢を示すこと

東:
様々な経験を重ねた上で、現在“コーチ”という職業に就かれているわけですが、“理想のコーチ像”があればお教えください。

横田:
まずは私が現役の時に選びたかったコーチになりたいと思っています。

小松:
どのようなコーチを選びたいと感じておられたのでしょうか?

横田:
私の考えるコーチの役割は選択肢を提示することです。常に学び続けることで選手よりも圧倒的な知識を持ち、一人ひとりの選手に最適な選択肢を示してあげられる存在でありたいと考えています。

東:
これをやれ!と頭ごなしに押し付けるのではなく、様々な選択肢の中からどのようなトレーニングに取り組むのかを選手自身に選ばせるわけですね。

横田:
選手が自立するためのサポートをしたいんです。選手の自立とは、コーチやトレーニングを自分自身で選ぶこと。誰かに決められるのではなく、自ら選ぶことで責任が生まれ、トレーニングへの取り組み方が変わってくるんです。

小松:
その選択肢を用意出来る存在が、横田さんの理想とする“コーチ”だということですね。

横田:
はい。自ら決めたトレーニングをやるかやらないかは選手次第ですから。ただ、その中で、必死に努力を続けながらも突き抜けることが出来ない選手がいたとしたら、それを補ってあげられる存在でありたいとは思っています。壁にぶち当たった時に、一緒になって乗り越えるための努力をともに出来る存在がコーチだと考えています。

東:
自分で出来ることを全てやりながらも結果が出ずに悩んでいる選手には手を差し伸べるということですね。

横田:
おっしゃるとおりです。何でも一人で出来ることのみが“自立”だとは思いませんし、人間が一人で出来ることには限界があります。甘えたり、依存するのではなく、一つの目標に向かってお互いが全力で自らの仕事に取り組み、協力し合える関係こそが、私の望むコーチと選手の関係なんです。

小松:
本物のプロフェッショナル同士の関係ですね。

 まだ見ぬその先の世界へ

東:
コーチとしての今後の目標を教えていただけますか?

横田:
現役時代には見られなかった“その先の世界”を選手たちと一緒に見たいですね。

小松:
それはオリンピックでのメダルなどのことでしょうか?

横田:
そうですね。ただ、メダリストだけを目指す選手にはならないでほしいんです。実業団選手になって最初の年にアメリカでトレーニングをしていた時に、世界陸上400mハードルの銅メダリストである為末大さんから前回のオリンピックのメダリストが誰だったかという質問をされて、全く答えられなかったという経験があって。アスリートが死に物狂いで競技に取り組んで、最高の結果を出したとしても、三年で超加速度的に忘れられていくという現実があるのだと実感しました。

東:
オリンピックに限らず、スポーツでは大会ごとに新たなスターが現れますからね・・・

横田:
競技における最高の結果を求めるという軸は大切にしつつ、世の中に忘れられない選手になるためには、アスリートとしての競技観や信念に対して共感してくれる人を増やさなければならないと思いますし、アスリート自身がもっと自己分析をして、自らの社会的な立ち位置を把握する必要があると思います。アスリートは遅かれ早かれ誰もが引退しなければならないので、その時に周りから面白いと感じてもらえる人間を育てたいと考えています。

小松:
まさに横田さんのことですね。現役時代から競技と並行して学び続け、現在も学び続けられていますし。

横田:
学ぶことをやめた瞬間に指導する資格を失うと考えています。現在はフロリダにある大学の大学院で“アスリートディベロップメント”についてオンラインで学んでいます。

東:
アスリートディベロップメント、ですか?

横田:
はい。アスリートのパフォーマンスを伸ばすだけではなく、キャリアやライフスキルをどう身につけるかという方策について研究しています。
私の指導する選手には単なるアスリートではなく、新しいスポーツ界をつくる人になってほしい。コーチは選手の人生にダイレクトに関わる重い職業です。競技で伸びれば人生も変わる。私のところを巣立っていった選手が、引退後にも納得出来る人生を送ってもらえるようにサポートしていきたいと考えています。

小松:
素晴らしいお考えです。

 面白く生きていきたい

東:
さて、それでは改めて現在の横田さんの活動を“その後のメダリスト100キャリアシフト図”に当てはめると、ランニングクラブのヘッドコーチが「A」の領域、日本陸上競技連盟のアスリート委員会や日本実業団陸上競技連合の事業戦略企画委員会でのお仕事は「B」の領域、元サッカー日本代表の鈴木啓太さんが代表を務めるアスリートの腸内細菌解析を事業とするAuB(オーブ)や慶応病院発のベンチャー企業で汗で乳酸値を計測出来る特許を取得しているGrace Imagingなどのアドバイザーやフライシュマン・ヒラード・ジャパンでのコンサルタントのお仕事が「C」の領域と幅広くお仕事をなさっていることが分かります。

注1)親会社勤務とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業で一般従業員として勤務していること
注2)親会社指導者とはいわゆる企業スポーツである実業団チームで自らが所属していた企業の指導者を務めていること
注3)プロパフォーマーとはフィギュアスケート選手がアイスダンスパフォーマーになったり、体操選手がシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーとして活動していること
注4)親会社以外勤務とは自らが所属していた実業団チームを所有している企業以外で一般従業員として勤務していること

小松:
今後、コーチとしてオリンピックのメダリストを育てたり、陸上競技のさらなる発展に貢献なさったりすることはもちろん、また新たな世界を切り拓かれていくのを楽しみにしています。

東:
最後に、横田真人という人間を“陸上競技”という言葉を使わないで紹介してもらえますか?

横田:
そうですね・・・「何かやりそう、何か面白いことをしそうな人」と思われていたいです(笑)

東:
ずっと逆張りを続け、前人未到の道を歩んで来たわけですからね。これからもどんどん面白いことに挑戦して、実現していってほしいです。

小松:
本当に多才で何でも出来る方だと思いますので、これからどんなことをなさるのか楽しみです。

横田:
期待に応え、期待を超えていくのが好きな人間ですので、ずっと面白く生きていけるように頑張ります。

東:
本日はお忙しいところ誠にありがとうございました。

横田:
こちらこそありがとうございました。
(おわり)

次回は、シドニーオリンピック・テコンドー銅メダリスト 岡本依子さんです。6月10日公開!

 

編集協力/設楽幸生

インタビュアー/小松 成美 Narumi Komatsu
第一線で活躍するノンフィクション作家。広告会社、放送局勤務などを経たのち、作家に転身。真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。現在では、テレビ番組のコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。

インタビュアー/東 俊介 Shunsuke Azuma
元ハンドボール日本代表主将。引退後はスポーツマネジメントを学び、日本ハンドボールリーグマーケティング部の初代部長に就任。アスリート、経営者、アカデミアなどの豊富な人脈を活かし、現在は複数の企業の事業開発を兼務。企業におけるスポーツ事業のコンサルティングも行っている。

小冊子ダウンロード

タグ:, , , , , , , , , ,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。