College athlete

池田 賢将 / Kensho Ikeda   |現在:早稲田大学4年生 野球部

【特集】体育会学生の就活って?(早稲田大学 野球部・池田くん)

アスリートライブにて
「体育会学生」にスポットを当てた特集をスタート!

就活を終え、内定先も決まった体育会学生さんから
「体育会の魅力って?」「体育会学生の就活とは?」など
せきららに聞かせてもらいます!

体育会学生の就活のヒントになることはもちろん
親御様にもぜひ読んでいただきたい内容。

今回は、早稲田大学 野球部池田くんのインタビューです!

Profile

 

池田 賢将(いけだ けんしょう)
早稲田大学4年生 野球部

  試合から逆算して考え、結果を出す行動を

―― 池田くんが野球をスタートしたのは、誰かの影響?

父親の影響かなと思います。父が早稲田の野球部出身というのもあって、2歳ぐらいからバットを握らされてはいたみたいです(笑)。小学2年生で少年団からスタートしました。

―― お父さんも野球やっていたし、小さい頃からバット握っていたし、まあやってみようかな、と(笑)。

そうです、おそらく自然な流れでした。

―― そこから大学4年生まで続けたんだよね。1年生の時点で「こんな4年生になるぞ」っていう目標はすでに持っていた?

「4年生でこうなりたい」と明確に設定はしてなかったです。それよりも、試合に出られるよう日々やるべきことを必死にやっていました。

たとえば、試合の時期ってだいたい決まっているので、そこから逆算して結果を出すために、今どうすべきかを考えて取り組んでいました。トレーニングで基礎体力つける、技術を磨く、実践向けに練習の練習をする、と。

―― 野球を通して身についたこと、どんなことがある?

一番はチームワーク力です。野球はチームプレーなので自分ひとり良ければいいというわけじゃない。特に大学では部員が150人ほどいて、しかもトップクラスでやってきたひとばかりだったので、その環境でチームのために何ができるかということを見つけながらでした。

あと、忍耐力です。厳しい練習にも耐えて、自分がしんどい中でいかに頑張るか、常にレベルアップを図っていたので。つらい時期に我慢して、さらにもうひとつ上の段階に行けるようにって考えていました。

  悔しさをバネにし、自身の実力と向き合いながら改善

―― 150人の部員のなかで揉まれて、大変なエピソードもあったでしょう。

大学2年生までは新人戦があって、メンバー入りしてプレーできたんです。 でもリーグ戦となると、レベルが上がるというか……。3年生のリーグ戦でようやくベンチ入りできそうだったんです。リーグ戦ではまだベンチ入りもしたことがなかったので、ようやく入れるかも!と思って。

監督も期待をしてくれていたみたいで、その前のオープン戦でも結構使ってもらっていたんです。ただ、ことごとくチャンスを潰してしまって……。まったく結果を出せなくて、自分の実力を知りました。結局、3年生のリーグ戦もベンチ入りすらできなかったんです。

入れ替わることもなかなか無くて、3年生の間はずっとベンチ外。スタンドで応援していました。下級生がメンバー入りしてさらに打ったりすると、もうなんか……複雑でしたね。嬉しい、でも、悔しいって。

―― 割り切れない心境だよね……。どう乗り越えたの?

ひたすらトレーニングして、練習して、バットを振り続けました。 それまで思い上がっていたんです。2年まで新人戦に出て、3年でベンチ入りして、4年でレギュラー。このままやっていればその流れに乗れるだろうって。

でもベンチ入りできなくて、そこで初めて自分の実力、基礎体力や筋力も全然足りてないことを痛感しました。下半身強化のために自主的にウェイトトレーニングをしたり、甲子園に出た技術のある先輩や後輩から学んだりして、それを取り入れながら練習をしていました。

―― 大学生だと、遊んでいたりバイトをしていたりする友達もいるじゃない。そういう誘惑もあった?

ありましたね(笑)。サークルで旅行とか、留学とか、なんか大学生っぽいじゃないですか。そういうのはすっごい憧れました。

―― でも、野球から逃げなかったし、やめなかった。

やっぱり試合に出たいっていう思いがあったからです。僕が1年生のときに早稲田は日本一になったので、そんなの見るとやめられないですよね。リーグ戦が始まるとやっぱりスゲーなって感じますし。ここで野球をやれるならって。

体育会学生って、大学生活をひとつのことに夢中になって専念したっていうのがあるんじゃないかなって思います。僕も大学生活は野球ばっかりでしたが、逆にそれだけひとつのことに打ち込める力があるって捉えられます。

―― やっぱり池田くんは野球が好きなんだね。

好きですね(笑)。
正直、「好き」ってあんまり自覚は無かったですが、終わってみると好きだったんだなぁって思いました。目標があって、それを達成するために一個一個を積み重ねていくことも含めて。

  父から贈ってもらった言葉。「今腐ったらそこで終わりや」

―― ちなみにご両親は、野球に励む池田くんをどう見守ってくれていたの?

応援してくれましたね。母親は僕の出る試合をいつも見に来てくれました。富山の実家から。

―― 出る試合いつも!?富山から!?

母自身も「もう追っかけだわ。」って言っていました(笑)。

僕、早稲田に入るまで1年浪人しているんですが、予備校ってお金かかるじゃないですか。しかも地元の予備校から、早稲田に入るために東京の予備校に入り直していて。だから入学金だけでも倍かかっているんですよ。負担を相当かけたので、恩返しをしないとって思っていましたね、ずっと。

―― ご両親からもらった応援や言葉で、印象的だったものはある?

3年生でベンチからも外れて、本当に腐りかけていたとき、父がかけてくれた言葉です。「ネガティブになるな、次がある。今腐ったらそこで終わりやけど、今頑張ったら4年生で挽回するチャンスもある。」そう言って、父が軌道修正してくれましたね。

―― お父さんであり、先生であり、だね。

そうですね。高校まではずっと父親から野球を教えてもらっていたし、キャッチボールもめっちゃしました。感謝しかありません。

  野球一筋。経験に自信を持ち、仕事に活かす方法を伝えた

―― 内定先はどんな企業?

某キー局です。配属先はまだ未定です。

―― テレビ局なんだね!就活で大変だったことと、それをどう乗り越えたか聞かせてください。

野球との両立が一番大変でした。就活中も全力で野球もやりたかったので、どちらにも支障が出ないように切り替えながらやるようにしていました。 野球をしているときは野球のみ、就活をしているときは就活のみを考えて、時間を決めてぐっと集中していましたね。

―― 池田くんはいつ頃から就活をスタートしたの?

大学3年生の10月頃からインターンに参加して、エントリーシートを書き始めました。だいたい周りは6月頃にスタートしているので、焦りはあったんです。遅いかな、やばいかなって。

ただ、先輩方が口を揃えて「まずは野球に専念すること」と言ってくださったので、10月に引退してから就活に専念しました。内定先のインターンも秋に開催されたものだったんです。

面接がスタートしたのが12月頃で、僕はテレビ局のみ受けていました。内定先は6回面接があって、5回目には面接官が11名いらしたんですよ。ものすごく緊張しました(苦笑)。

―― 面接6回、それは緊張するよね(笑)。面接をする上で、どんなことを工夫したり意識したりしたんでしょう。

ひとつは、野球をやっていたことを前面に出すようにしたことです。 変にごまかして勉強も少しはしていましたが……と言わず、本当に野球一本でやってきましたと。その力をこう活かせますと胸を張ってアピールしました。

僕は常にレギュラーでやってきたわけじゃないので、レギュラーの彼らと何が違うか、何で勝てるかを考えました。たとえば背番号を獲得するまでにこんな苦労がありました、こう乗り越えましたとエピソードを伝えましたね。

―― 池田くんはスポーツ科学部で、マスコミ関連の学部じゃないよね。 そのなかで、企業研究はどうしたの?

OB訪問を積極的にして、自分の足を使って情報を得ていました。スポーツ局の方に話を聞いたり、中継のやり方や裏方の部分を教えていただいたり。 僕は本で勉強するよりも、実際にそこに行って学ぶことが合っていました。

  信頼され、頼られる社会人を目指して

―― 体育会であることが就活に活きたことはあった?

もちろんありました。150人ほどの部員のなかで目立てるよう、自分をアピールする力、コミュニケーション能力など就活に使える力が身につきました。

先輩との連携プレーをするときは、怖気付いて何も言えないじゃダメだったので、目上の方にもしっかり話せる力も養いました。そういうのも就活で活きたと感じます。

やってきたことに自信を持ってプラスに伝えることが大切で、面接官にも伝わると思います。「競技をやりながら就活しないと」「競技しかやっていない」とマイナスに捉えるのではなく。

それに、体育会は縦のつながりがちゃんとあるので、先輩やその上のOBの方々も協力してくださることはありがたいなって思います。あとはやっぱり明るくて元気ですよね、体育会って。それも活きるひとつです。

―― 4月からは念願のテレビ局勤務だね。池田くんはどんな社会人になりたい?

うーん……難しいですね(笑)。

頼られる存在になりたいなとは思います。僕、大学4年生になるまで自分のことばかりで。試合に出ることに必死で周りが見えていなかったんです。一番上の学年になってやっと、仲間や後輩のことを見られるようになり、頼ってもらえるようにもなりました。

社会人になっても同期、先輩、後輩のみんなから信頼されるひとを目指したいです。まずはやるべきことに全力で取り組むことからだなと思っています。

池田 賢将Kensho Ikeda

早稲田大学4年生 野球部

 

取材・文/榧野文香


小冊子ダウンロード

タグ:

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。