College athlete

中村 海翔 / Kaisho Nakamura   |現在:産業能率大学4年生 サッカー部

【特集】体育会学生の就活って?(産業能率大学 サッカー部・中村くん)

アスリートライブにて
「体育会学生」にスポットを当てた特集をスタート!

就活を終え、内定先も決まった体育会学生さんから
「体育会の魅力って?」「体育会学生の就活とは?」など
せきららに聞かせてもらいます!

体育会学生の就活のヒントになることはもちろん
親御様にもぜひ読んでいただきたい内容。

今回は、産業能率大学サッカー部 中村くんのインタビューです!

Profile

 

中村 海翔(なかむら かいしょう)
産業能率大学4年生 サッカー部

  全国出場した高校時代。競技レベルの高さに悩み、乗り越えた大学時代

―― 中村くんがサッカーに出会ったのはいつ頃?

小学2年生です。兄を追いかけるように僕も始めて、大学まで15年続けました。

―― サッカーに15年向き合う中で、特に印象に残っているエピソードって何かな。

いちばん思い出に残っているのは高校の全国選手権ですね。地元が滋賀で草津東高校だったんですけど、入学前からずっと全国出場することを目指していて。高3の時に出られたので、それはすごく気持ちよかったです。ひたすらサッカーに熱中していました!

―― 熱中する中村くんのこと、きっとご両親も応援してくれていたのでは?

そうですね、両親は練習や試合会場まで送り迎えをずっとしてくれていて。試合もいつも見に来てくれて、応援するのが趣味だよって嬉しそうにしてくれました(笑)。 産能大に入って滋賀から離れたけれど、関東リーグなどは父とそろって両親で見に来てくれました。

―― ほっこりするエピソードだね。逆に辛いこと、大変だったこともたくさんありそう。

辛かったのは大学1年生の頃ですね。滋賀から東京に出てきて新しい土地や環境に慣れることに苦労したし、産能大に入って競技レベルが上がってフィジカル面でも悩んで……。試合にも出られず初めてサッカーが嫌になったんです。オフまであと何日だって数えて。そんな1年目でしたね(苦笑)。

でもまだ1年生だったのでとにかく耐え抜きました。 2年生から少しずつ、定期的に試合に出られるようになって、自分が上手くなっていることも実感できるようになったんです。そうしてまたサッカーが楽しくなっていきました。

  ネガティブな現状は、捉え方次第でポジティブに変えられる

―― 大学までサッカーを続けたなかで、磨いた力って?

コミュニケーション能力ですね。小2でサッカーを始めて、中学、高校、大学とあたらしい出会いがどんどん増えて、サッカーで繋がって友達になって。大学なんて滋賀から出てきているので知らないひとだらけでしたし(笑)。サッカーやチームプレーのおかげで、どんなひとでも人見知りをしないで話せる力はついたなって思います。

あと、サッカーで身につけた力とは少し違うかもしれませんが、大学に入ってからポジティブ思考がより強くなっていきました。切り替える力というか。たとえネガティブなことがあっても、乗り越えることでいい経験になる!と。

―― ポジティブ思考ね。そのきっかけって何だったの?

産能大のサッカー部ってバイトが禁止されているので、日々絶対にやるべきことって授業とサッカーだけなんです。寮には門限もあるし、そもそも駅からめっちゃ遠い山の上にあるのでそんなに遊びにも行かない(笑)。

朝練して大学に行く。ただ、授業がない日もある。でもバイトはできない。お金もないし寮も駅から遠いし、あまり遊びにも行かない。となると学校、グラウンド、寮のルーティン。ん、ちょっと待てよ、時間だけはあるな!って(笑)。

現状はネガティブかもしれないけど、時間の使い方はいくらでもポジティブに変えられるじゃないですか。それで、就職に活かせるかもしれないし資格を取ろうと。空いている時間に勉強をして、ファイナンシャル・プランナーの2級を取得しました。

―― そのままやり過ごすこともできちゃうし、自分で気づかないと時間はいくらでも無駄にできちゃうもんね。

そうですね。でもそれってもったい無いですよ。大学生って時間だけはありますもん。

―― では、ここからは就活のお話を。中村くん内定は結構出たのかな?

はい。何社か内定をいただいて、MS-Japanという人材コンサル企業に決めました。

―― サッカーも頑張っている中、就活はいつ頃から始めたんだろう。

3年生の1月後半くらいです。アスリートエージェントの採用イベントに参加したのがスタートでした。一社に対して学生は4、5人の少人数で話を聞けるのがよかったなぁと思います。

大きな合同説明会だとどのブースに行っていいのか迷ったり、学生が多すぎて内容があまり耳に入ってこなかったりで。気づいたら終わっていたりして(苦笑)。

  仕事をする中で視野を広げ、成長したい

―― 合同説明会の熱気はすごいよね(笑)。では、就活で苦労したことがあれば聞かせてもらえるかな?

自己分析ですね。自分で自分自身のことに気づくのって難しいですよね。 僕はひとりでやったんですけど、誰かに「お前の長所はここ、短所はここ。」って言ってもらうほうが分かりやすいかもしれません。

あとはシンプルに金銭面ですね。就活を始める前に貯金はしていたんですが、説明会や面接に行くだけでも電車賃がかかるので、気づいたらお金は減ります(笑)。これから就活するひとはそれも少し頭に置いておくといいのかなって思います。

―― 就活を経験したからこそのリアルな苦労だね。ちなみに中村くんは「自分がやりたいこと」ってすぐ見つかった?

いえ、なかなか。というか、正直今も見つかっていないんですよ。それに悩んでいる体育会学生って多いですし、体育会に限らず大学生のほとんどがそうですね。

サッカーをやり切って、次はこれ!っていうものを見つけるのって簡単じゃなくて。 ずっと熱中してきたサッカーを仕事にはしない。次は何をしたいかまだ分からない。でも就活はしなきゃいけない、来年には就職しなきゃ……みたいな。

ただ、サッカーは何年も続けられた。その熱量をぶつけられることがあらたに見つかれば、きっと頑張れるんじゃないかなって思うんです。

―― やりたいことを明確にするのって大変なことだよね。そのなかでもMS-Japanに決めた理由は何だったの?

いろんな業界の方に会って、学んで、力を付けたいって考えたんです。

僕は本当にサッカーしかしてこなかった。だから今、社会の経験や知識がまったく無いと自分で分かっていて。人材コンサルだといろいろな業界のことを勉強するし、知識をつけられる。視野も広がる。MS-Japanで仕事をする中で成長しようと思いました。

  就活スタート前に先輩から「社会」を教えてもらう

―― 内定を複数もらった中村くんが、就活で工夫して上手くいったことをぜひ教えてください。

面接では「聴く姿勢」をかなり意識しました。

―― 聴く姿勢?話し方じゃなくて?

人事の方や、社長、相手が気持ちよく話せる空気をつくるようにしていたんです。 笑顔はもちろん、話してくださったことに対してしっかり頷くとか。印象ってめちゃくちゃ大事だと思うし、相手が気持ちよく話せるいい空気だと面接もスムーズに進みます。

―― これから就活を控える後輩たちに、就活の先輩としてぜひアドバイスを。

就活が始まる前に、先輩などいろいろなひとの話を聞いて「社会」を知っておくこと。 それで、就活ってこんな感じなんだ、自分はこういう道に進んでいきたいなっていうことを、ぼんやりでも考えておくといいと思います。

スポーツだけやってきて僕みたいに社会のことをまったく知らないと、就活スタートと同時にまずはそこを知るところからになります。それなら就活前に動いておく。スタートラインを早めるに越したことはないので。

あとは、まわりに惑わされないことです。サッカーを続けるひともいれば、就活するひともいるし、友達が内定もらって焦るとかも結構あるじゃないですか。でも求めることはそれぞれだし、選択するのも自分だし。誰かと比べて焦って選ぶより自分なりにじっくり選んだほうが、どんな結果であっても受け止められると思います。

―― 自分の人生に関わる就活だから「誰かと同じ」じゃなくてもいいよね。では、4月から社会人になるにあたっての目標を聞かせてください!

僕、楽しく生きる社会人になりたいんです。もちろん辛いとこもあると思います。特に1年目はあたらしい環境で知らないことばかりで、苦戦することも多いはず。

でもプラスに捉るとそれっていい刺激なので、たくさん吸収して楽しめるようにしたいです。ポジティブな社会人でいたいです!

中村 海翔Kaisho Nakamura

産業能率大学4年生 サッカー部

 

取材・文/榧野文香


小冊子ダウンロード

タグ:

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。