College athlete

篠原 力 / Riki Shinohara   |現在:明治大学4年生 サッカー部

【特集】体育会学生の就活って?(明治大学 サッカー部・篠原くん)

アスリートライブにて
「体育会学生」にスポットを当てた特集をスタート!

大学卒業を控え、進路を決めた体育会学生さんから
「体育会の魅力って?」「体育会学生の選択とは?」など
せきららに聞かせてもらいます!

体育会学生のキャリアのヒントになることはもちろん
親御様にもぜひ読んでいただきたい内容。

今回は、明治大学サッカー部 篠原くんのインタビューです!

Profile

 

篠原 力(しのはら りき)
明治大学4年生 サッカー部

  自身が成長できる環境を求め、FC東京へ

―― 篠原くんがサッカーを始めたのはいつ頃?きっけかは?

2歳の頃、親が代表戦に連れて行ってくれて。その帰りにずっとボールを蹴って「サッカーやりたい!」って言っていたらしいんです。僕も覚えてないんですが(笑)。

―― そこからずっとサッカーに一筋だったんだ。

はい、大学までずっと。ほかの習い事は公文式くらいです(笑)。 中学生のときにFC東京ジュニアユースに入団し、高校は都立駒場へ。物心ついたときからずっとサッカーを続けているので、もうサッカーのある生活が当たり前ですね。

―― FC東京にも入って、本当にサッカー一色だね。大学は明治に入学したと。

プロを何名も輩出している名門なので、プロになる道にはここが近いかなって考えていました。それから明治の練習に参加した時に、ここでサッカーやりたいって思ったんです。

学生たちが自分たちで主体的になってお互いを高めあっている。しかもそれがサッカーだけに限らず、それ以外の活動も大事にして積極的に取り組んでいる姿を見て、自分の成長できる環境があると思いました。

―― 実際に入ってみてどうだった?

まず、基準の高さにショックを受けましたね。僕が1年生の年、4年生から7人プロが出たんですよ。偉大な先輩ばかりで、まずはこのひとたちに勝たないといけないって思いました。

でも、ずっとセカンドチームで公式戦にもなかなか出られず……。週末の練習試合メンバーに入るかどうか。だから練習外の時間にどれだけ足りないところを埋められるかが重要でした。体づくりや基礎練、コツコツ地味なことの連続でしたね。

高校でも苦労はたくさんあったんですが、10番をもらって副キャプテンにもなって、基本的には自分の能力をピッチで発揮する機会が十分にあったので、明治に入って環境はがらりと変わりました。

  サッカーにて自身を評価するから、組織の要望を理解できる

―― 印象に残っている出来ごとや、ターニングポイントは何かあった?

そうですね……4年生で主務になったことですね。裏方の役割ですがチーム全体のマネジメントをするので、部員の間では監督の次に重要なポジションとも言われていて。ひたすらチームのことを考えてやっていたなって思います。

それと、多くの人が部活に携わってくださっていること、素晴らしい環境でサッカーができていることを、主務になってさらに痛感しました。グラウンドや寮があって、当たり前のように毎年リーグ戦や公式戦にも出られて、先輩方の歴史の積み重ねがあるからこそだと。

―― それって主務として一歩引いて自分のいる場所を見るようになったから?

はい。プレイヤーのときはやっぱり自分がプロになることが最重要。自分のやりたいことがあって、そのためにもチームが一段階上に行けたらなおさらいいなという感覚です。でも、徐々に目標が自分だけのものじゃなくなって、誰かのために頑張ろうっていうエネルギーが大きくなったんです。

自分のことだけを考えてやっているうちは限界があって、主務を経て4年生になって、その限界を超えたなって思いました。プレイヤーとしても断然伸びましたね。

―― やっぱり経験は成長につながるね。じゃあ、ここからは就活の話を。就活で活かせる体育会学生の強みって何だと思う?

ふたつあって、ひとつは単純にバイタリティがあること。元気があります。やれる量が違うし、集中力もある。もうひとつはコミット能力が高いことです。競技をするなかで常に自分が自分自身を評価しているので、会社・組織が求めていることを理解して何ができるかを考えて動くことができます。

―― なるほど。バイタリティもコミット能力も就活はもちろん社会でも活かせそうだよね。

ただ、それに気づいていないひとが多いと思います。

他にも、社会、組織、マネジメントって僕たちはサッカーを通して実は学んでいて。 たとえば、最近話題になっているティール組織(※)も以前からサッカーで行われているんです。ピッチに立つ選手一人ひとりが判断基準を持ち、個人で戦術を考えながらも、チーム全体はしっかり足並みを揃える。

そういうことが言語化されていない、サッカー以外に落とし込めていないだけで、僕たちはサッカーの中で社会の仕組みを学んでいるはず。こうすればゴールを決められる、試合に勝てるという成功体験だってはっきり持っているはずなんです。

(※ ティール組織:「セルフマネジメント(自主経営)」「ホールネス(全体性)」「進化する目的」を要素とし、ヒエラルキーの意識を手放し、一人ひとりが自由に意思決定できる裁量を持つ組織。「次世代の組織モデル」として注目を集めている。)

  スペインのサッカー文化を学び、コミュニティに貢献したい

―― 篠原くんは卒業後、日本で就職せずにサッカーでスペインへ渡るんだよね。なぜその決断をしたの?

いつかスペインに行きたいって思ったのは小学5年生だったんです。イベントで最優秀選手に選ばれてバルセロナに招待してもらい、現地でプレーをして。そのときからずっと憧れの場所で、スペインサッカーをやりたいってずっと夢描いていました。

大学サッカーってアマチュアとプロの最終ライン。そのラインに立って今後の生活もありながら、どう選択するかを考えたとき、僕はやっぱりスペインサッカーをしたい夢が変わらなくて。挑戦しようと決めました。自分がスペインに何をしに行くか、両親にも自分の言葉でしっかり伝えたので、それなら行っておいでと言ってくれました。

―― スペインサッカーからどんなことを得たいなって考えてる?

スペインのサッカー文化を学びたいんです。スペインのリーグは地域色が強くて、それぞれ独自のものがあります。協会よりも地域。日本はその逆で、地域よりも協会。いろいろな決まりごとが統一されています。

ただ、日本という国にも地域性があり文化があるので、スペイン式を当てはめられるところがあると思います。今のかたちがすべてじゃないし、やり方はいろいろあるよって示したいんです。

サッカーを続けてきた身として、サッカーがもっと文化として社会に根付くために何かしたいと常に考えていて。現地で体感しながらしっかり勉強して、自身に落とし込んで、いずれ日本に持ち帰ります。そのときはどんな環境や立場かまだ分からないですが、何かしらでサッカーに貢献したいです。

―― プレイヤーとしての成長はもちろん、サッカー文化も学んでくると。

Jリーグでも理念や活動方針に掲げているほど、本来、クラブや組織は地域のために存在するのがあるべき姿です。そう考えると学生スポーツは自分たちが住む街や、関わるひとに何をどう貢献してる?って。

親にお金を出してもらって、場所を借りて、勝手に好きなことやっているだけっていう、まだまだそのレベル。コミュニティーに対してもっと何かできるはずだと思います。

  やりたいことを見失わず、徹底的に突き詰めていく

―― 今後もサッカーで生きていく、だね。

はい、サッカーはもう僕の生活からは切り離せないなって思うので。ただ、やっぱり文化的なものへの興味関心も高いので、サッカーで得たことを通して、社会や人々の生活を豊かにできることがあれば、そこに身を置くのもひとつの選択かと思います。

大事なのは、ここで言う「社会や人々」って一体誰なの?とか「豊か」って何なの?ってことをもっと自分ごととして落とし込んで、行動に移せることですね。それができれば、手段はサッカーにも限らないと思います。

―― 最後に、これからの進路を考えている後輩たちにエールをください!

自分が目指しているものに全力投球して欲しいです。頑張らなきゃいけないことが日々たくさんある中で、フォーカスすべきものを見失わない。サッカー選手になりたいなら、サッカーに集中する。プロになる夢があるならそれを絶対に忘れちゃいけない。

フォーカスって「集中」と、あとは「幅広い解釈ができること」だとも考えています。 僕ならサッカーをやりに来ている。ただ、サッカーにフォーカスするとそれ以外の時間、たとえば読書や音楽も噛み砕いて、サッカーに貪欲に結びつけるようになります。ひとつのことを極めながら、たくさんのものに触れることがフォーカスだと思います。

あとは、やりたいことをやったほうがいいです。やりたいことをとことん、徹底的に突き詰めていくとやるべきことが見えてくる。プロ選手としてサッカーをやりたい、そうするとやらなきゃいけないことってたくさん出てくる。でも、やりたいことだからどんどん手をつけられる。その範囲はサッカーを超えてどんどん広がっていく。

就職もそうじゃないかと思います。自分が本当にやりたいことやなりたい姿を差し置いて、世間一般的に内定を早めに取るべき、大手企業に入社するべき。そういうのが「やるべきこと」でしょって勘違いするともったいないですよね。心からやりたいことを何より先に考えることが重要だと、僕はそう考えます。

篠原 力Riki Shinohara

明治大学4年生 サッカー部

 

取材/アスリートエージェント 尾崎俊介
取材・文/榧野文香


小冊子ダウンロード

タグ:,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。