X League

安田晃平 / Kohei Yasuda   現役アメフト選手|現在:東京ガスクリエターズ

東京ガスクリエイターズ 安田 晃平選手(LB)

アメフトの守備の司令塔として奮闘するラインバッカー。
東京ガスクリエイターズ・安田晃平選手は
ラインバッカーとして、そしてチームのキャプテンとして欠かせない存在です。

また平日の日中は、私たちの生活に欠かせないガス管を守る仕事に奮闘しています。

「昨年達成できなかった、JAPAN X BOWLトーナメント出場、
そして「X1スーパー」昇格を達成したいです。」

多忙の中、安田選手はアメフトにかける熱い思いを語ってくださいました。

Profile

 

安田晃平(やすだ こうへい)

東京ガスクリエイターズ ラインバッカー

  勝つ魅力に取り憑かれ、アメフトの道を選ぶ

―― 安田選手がアメフトを始めたのはいつからですか?

中学一年生の時に始めました。小学校の頃は、父親がラグビーをやっていた影響で、ラグビーに励んでいました。しかし、入学した佼成(こうせい)学園中学にはラグビー部はありませんでした。その代わり、アメフト部はありまして。フラッグフットボールでしたけど、やってみようと思いました。

―― フラッグフットボールは授業でもプレイできるくらい気軽に取り組めますよね。しかし、ラグビーへの未練はなかったのですか?

最初はラグビーがいいなと思うことがありました。ただ、佼成学園中学はフラッグフットボールが強くて、勝てるチームでした。そこで勝つ魅力に取り憑かれて、のめり込むようになりました。

当時は部員で作戦を考えて試合に臨んでいました。学年ごとにどのようなプレイをするか考えて実践する。これが楽しかったのを覚えています。

―― 中学でフラッグフットボールに夢中になって、高校でアメフトに取り組むのは自然な流れだったのですね。

はい。高校は中学の時と違い、11対11で行う本格的なアメフトです。コーチの方もいらして、その方が作戦などを指南します。相手の弱みにどうつけ込むかなど経験が求められますので、アメフトに精通したコーチの方を信頼してプレイに臨みます。

―― 安田選手はラインバッカーというポジションでプレイされています。これは高校からずっと?

そうです。高校から今に至るまでずっとラインバッカーとしてプレイしていました。ラインバッカーは守備の司令塔のような存在。コーチからの指示だけでなく、相手の攻撃を読み、瞬時にディフェンスの選手に指示を出します。初めの頃は、オフェンスもやってみたいと思ったこともありますが、今ではすっかり無くなりましたね。

  仕事とプレイを高いレベルで両立させる、東京ガスクリエイターズの選手たち

―― 安田選手が所属する東京ガスクリエイターズはどのようなチームでしょう。

クリエイターズはクラブチームという位置付けで運営されています。なので、私を含め選手はフルタイムで仕事をして、休日や平日の仕事終わりに練習を行っています。またチームは東京ガスグループを中心に、グループ以外の企業様にもスポンサーとしてご支援いただいております。

―― チームの特徴について伺えますか?

チームには4つの理念があります。それは、「日本一への挑戦」、「アメリカン・フットボールを通じた自己研鑽」、「アメリカン・フットボールの普及」、そして「地域への貢献」です。

チームとして学生へのPRにも力を入れており、私が入社した頃から多くのアメフト経験者が当社を受験してくれるようになっています。また、外国人選手も加入して戦力もパワーアップしており、X1スーパーでも戦える手応えを感じています。

またアメフトをもっと広めるため、大学生や高校生と一緒に練習をし、本拠地にしている江東区の小学生を対象に「クリエイターズフェスタ」を開催しています。クリエイターズフェスタは子どもたちが約400人参加するほどの盛り上がりを見せています。

―― それはすごいですね!ところで、安田さんは普段どのようなお仕事を?

私はガス工事の照会チームに所属しています。具体的には、ガス工事以外の工事の際にガス管を守ることがミッションです。道路工事や水道管の工事をする際、それらがガス管近くを通っていることがあります。

このような時に、どうすればガス管を守れるか先方の企業様・施工会社様など関係者の方々と打合せを重ね、施工に向け綿密に調整を行います。その後、打合せ通りの施工が行われているかどうか最終確認を行います。

  アメフトで培ったコミュニケーション能力は仕事でも役立つ

―― アメフトの経験が仕事に役立つことはありましたか?

アメフトと同様、照会チームの仕事もコミュニケーション能力が求められます。工事に関わる施工会社、地域の市役所や区役所などと正確にやり取りをしないとガス管の安全を守れません。

住民の方に欠かせないインフラだからこそ、コミュニケーションは特に重要です。 ラインバッカーとしてチームメイトとコミュニケーションを取るように、仕事でも関係者と密なコミュニケーションを取っています。

―― 安田選手にとってアメフトとはどのような存在でしょうか?

中学から始めて15年プレイしてきました。人生の半分以上、アメフトが築いてくれたことになります。その中でとても多くのことを学び、糧になっています。

チームメイトやコーチとのコミュニケーションだけでなく、作戦の立て方、物事の考え方、そして苦楽を共にした仲間など自分にとってかけがえのない財産です。かつてのチームメイトと会うと、今でも昔話に花が咲きますよ。

―― それは素晴らしいですね。最後に、今後の抱負をいただけますか?

昨年、クリエイターズはヘッドコーチが代わりました。その方から「全力でやろう!」と教えていただいています。自分では全力でやっていたつもりが、知らず知らずのうちに慣れも出ていたかなと。

今年はキャプテンを任されています。後悔が無いように今年はチームの中心となって活躍したいです。そして、身体が動く限り現役を続けていきたいです。

  取材後記

「オール三菱に勝ったことが無いので、明日の試合は絶対勝ちたいんです」
大事な試合を翌日に控えて、アメフト選手として戦う男の姿を垣見ました。

後日、試合結果は……見事、東京ガスクリエイターズの勝利!
汗を流して戦いきった安田選手の頰には、涙が流れたそうです。

その涙の理由は嬉しさなのか、それとも。
またいつか、取材でお伺いできることを楽しみにしています。

安田晃平Kohei Yasuda

現役アメフト選手
現在:東京ガスクリエターズ

 

取材・文/山田雄一朗

東京ガスクリエイターズ(Xリーグ公式サイト)
http://www.xleague.com/profile/tokyogas.php

小冊子ダウンロード

タグ:,

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。