Sports

深井 脩平 / Shuhei Fukai   サッカー選手|現在:現役プロサッカー選手

「気づき」「発見」は選手を成長させる。Jリーガー・深井脩平に学ぶ、“聞く力”の大切さ

あなたは、アスリートとして、あるいは学生や社会人として成長するために、どんなことに取り組んでいますか?

競技なら練習に打ち込み、勉強なら本を読んで筆を走らせる。ジャンルによって、さまざまな方法があると思います。

そんな中で、人に話を聞くことで新たな世界が開け、サッカー選手としてだけでなく、一人の人間としても成長できたと話すアスリートがいます。現役Jリーガーの深井脩平選手。

彼は北陸大学卒業後、J3のブラウブリッツ秋田を経て、昨シーズンより、いわてグルージャ盛岡でプレー。182cmという体格を生かした強いフィジカルで活躍を続けてきました。

深井選手は、人とコミュニケーションを取ることによって、どのようにして人生の活路を見出してきたのでしょうか。その真意に迫ります。

Profile

深井脩平(ふかい しゅうへい)1993年7月20日生まれ
埼玉県出身のプロサッカー選手。大宮アルディージャのジュニアユース、ユースを経て、北陸大学へ進学。大学在籍中にツエーゲン金沢の特別指定選手となったが、2016年にブラウブリッツ秋田に加入した。翌年には24試合に出場し、J3初優勝に貢献。2019年からは、いわてグルージャ盛岡に加入し、J2昇格を目指す。

  “唯一の武器”で切り拓いたユースへの道

―― 現役のJリーガーとして、現在はJ3のいわてグルージャ盛岡でプレーされている深井選手。サッカーを始めたきっかけを教えてください。

小学校3年生の頃、仲が良い友達から「一緒にサッカーやらない?」と誘われたのがきっかけです。僕の出身は埼玉県なんですけど、地元のサッカー少年団に入って、小学6年生までプレーしていました。

卒業後は、中学の部活動でサッカーを続けようと考えていたのですが、同級生が大宮アルディージャのジュニアユースのセレクションを受けると聞いて、僕も「強いチームに行った方がいいのかな」と意識し始めたんです。それで、同じく強豪の浦和レッズのジュニアユースを最初に受験したんですけど、倍率が約600倍というかなりの難関で(笑)。案の定すぐに落とされてしまいました。

そうしたら、周りから「レッズなんて受かるわけないじゃん」ってバカにされて。それがめちゃくちゃ悔しくて。だから「今度こそは」とアルディージャを受験して、なんとか合格することができたんです。

―― 大宮アルディージャも強豪ですから、周りは上手い人ばかりだったのではないですか?

そうですね。入団当初は全く練習についていけなくて。何度も辞めようと思いました。だから中学3年生まで試合にはほとんど絡めなかったですね。一応、僕は小学6年生の時点で身長が168cmと大きかったので、中学2年生の頃にはFWとして出場する機会も少しだけあったんですけど、結果は出せず……。監督からは「お前には何も期待してない」と言われてしまいました。

それ以来、FWとして機能しなかったことから、徐々にポジションが下がってきて、中学3年生からはセンターバックをやるようになっていました。

そして、最後の夏の大会でスタメンの選手が大怪我をして出られなくなったんです。代わりに僕が秋の全国大会に出場させてもらって、たまたま結果を出すことができました。すると、大会後の三者面談で監督が「ユースに来てほしい」と話してくださって。はじめて僕を評価してくれたんです。自分としては願ったり叶ったりだったので、「お願いします」と即答しました。

―― ユースに上がれた要因というのは、ご自身ではどう分析されていますか?

競り合いや、1対1の勝負強さがあったからだと思います。僕は当時、身体も大きくて、足も速く、ジャンプも高かったんですけど、精度の高いキックやポゼッションは全くできなくて。選手として何も長所がなかったんですよ。でも練習中に競り合いをしていると、他の選手に負けてない自分がいて。「あ、これなら勝てる」と武器を見出せたのが、秋の大会での好プレーに繋がったのだと思います。

  反骨心で育った「折れない心」

―― 自分の生きる道を見つけることができたのですね。ユース昇格後はいかがでしたか?

ユースになると、トップチームとBチームに分かれるのですが、僕は高校3年生になっても後者で活動することが多く、チャンスには恵まれませんでした。最後の夏の大会あたりからスタメンで出るようになりましたが、周りが年代別の代表に選ばれるような選手ばかりで、僕がボールに触るとリズムが狂うからと、あまりプレーに絡ませてもらえませんでしたね(笑)。

―― そんな扱いを受けたら、自信を喪失してサッカーを辞めてもおかしくないと思いますが…。

確かにそうですね。振り返ってみても、ジュニアユースに入団してすぐに自信をへし折られ、ユースでも自分の実力が全然通用せず、チームメイトからは下に見られて……。ずっと周りからバカにされ続けてきました。でも諦めるのではなく、「みんなを見返してやりたい」という反骨心はつねに持っていたんです。

それに下手なのは自覚していましたし、監督からは「競り合い、凄い良いね」と言われていたので、そこだけは絶対に負けないよう意識して取り組んでいましたね。

1 2 3
小冊子ダウンロード

タグ:

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。

元プロアスリ体育会の方でビジネスでも活躍している方達をご紹介