Media

外池 大亮 / Daisuke Tonoike   元Jリーガー|現在:早稲田大ア式蹴球部監督/スカパー勤務

元Jリーガー外池大亮:サッカーで磨く人間力は、ビジネスの世界でいかに通用するのか?【前編】

Jリーガーとしてひたむきに走った、11年間。
親の反対にも屈せず、クビになっても諦めることなく
がむしゃらに、そして懸命に進んできたプロの道。

「自分が選んで続けてきたからこそ、
 サッカーを肯定して引退したかった。」

その言葉通りにサッカーを愛し続ける外池さんは
引退後、サッカーの“外側”の世界で得たものを
サッカー界、そして体育会学生に届けています。

Profile

 

外池 大亮(とのいけ だいすけ) 1975年1月生まれ

早稲田大学ア式蹴球部監督。早稲田大学を卒業後、Jリーガーとして、ベルマーレ平塚、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府など数々のチームで11年間に渡りプレー。引退後は電通での勤務を経て、スカパーへ。現在はア式蹴球部監督としてサッカー技術だけでなく、情報・発信の重要性なども学生に伝えている。

  坊主が嫌だ!とバドミントン部を選んだ少年が、強豪・早稲田大でサッカーに浸かるまで

―― 外池さん、出身は横浜ですよね。横浜F・マリノスのホームタウンですね。

横浜市の港北区で育ちました。日産スタジアムから近くて、小学生のときは日産サッカースクール(現:マリノスサッカースクール)の選抜コース「プライマリー」の一期生だったんです。

最初のコーチは樋口靖洋(ひぐち やすひろ)さん。横浜F・マリノス(以下、マリノス)でもずっと監督をしていた方で、当時24歳くらいでしたね。そのあとは公立中学に進んで、バドミントン部に入部しました。

―― サッカーのプライマリー生が、突然のバドミントン部ですか?(笑)

サッカー部の「坊主必須」「一年生はグラウンド整備があるから途中帰宅・塾通い禁止」というルールがどうしても納得できなかったんですよ。今では考えられないような、理不尽の塊のような時代だったので(苦笑)。

ただ、周りの子たちが「外池は絶対にサッカー部の方がいい!」って先生に言ってくれて、結局、サッカー部に入部することになっちゃって(笑)。 その結果、道が拓けてサッカーを続けるようになって、高校は一般受験で早稲田実業に入りましたね。

―― いろいろな高校がある中、早稲田実業の決め手は何だったんでしょう。

ある日、早稲田大学生がラグビーの試合で社会人に勝って全国優勝していたんです。うわ!早稲田すげー!って刺激されて。その頃、大学に入る理由ってよく分からんと思っていましたが、入るなら絶対に早稲田だと思ったんです。

高校の時点で早稲田(実業)に入るチャンスがあるなら!と、中3の夏からはひたすら勉強に集中して合格を掴みました。ただ、親からはずっと「サッカーを続けて将来どうするの?」って現実的なことをずっと言われていました。

サッカーが好きだし上手くなりたいけれど、確かに自分よりも上手なひとなんてざらにいる。それなら勉強したほうがいい。僕自身もそう考えるようになって。まあ、早稲田に入れば勉強に集中する空気があるだろうし、サッカー部に入っても入らなくても行く価値はあるだろうと。

でも、その軽い気持ちがガラッと変わったんです。

当時、早稲田大学のグラウンドの一角を借りて練習をしていたので、目の前に超トップレベルの大学生たちがいるんですよ。うわ!大学生すげー!ってまた刺激されました(笑)。日本代表とか五輪代表とか、もう格段にレベルが違う。

―― 刺激、再びですね(笑)。それから念願の早稲田大学へ。

その頃からサッカーにどっぷり浸かっていきましたね。

  3億円の予想は崩れ、戦力外通告も。引退と就活も考えたプロ時代

―― 卒業後はベルマーレ平塚に入団されますが、Jリーガーになる未来は描いていたんでしょうか?

いえ、普通に就職するんだろうなって思っていました。大学では最初、試合にこそ出ているけれど選抜には入らなかったので、自信も無くて。そうしたら3年生の終わりから4年生にかけて選抜に選ばれるようになって、日本大学選抜にもなり、いくつかオファーをもらえたんです。

ベルマール平塚(以下、ベルマーレ(現:湘南ベルマーレ)に決めたのは、最初に声をかけていただいたから。それと早稲田OBじゃない方からの誘いだったから。次は早稲田とは違う世界で生きる力を身に付けたかったんです。

1 2
小冊子ダウンロード

タグ:

RANKING

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

小冊子ダウンロード

就活・取材に関するお問い合わせは、
お気軽にご相談ください。

ご連絡いただいた個人情報は、
お問い合わせの回答以外には一切利用いたしません。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-5738-8013

TEL.03-5738-8013

受付時間 平日10:00-17:00

『アスリート・ライブ』運営会社

株式会社アーシャルデザイン www.a-cial.com
TEL:03-5738-8013 FAX:03-5738-8015
電話受付時間 9:00-19:00(土・日・祝日除く)

CONTACT FORM項目は全て必須入力でお願いします。

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご用件
メッセージ本文

プライバシーポリシーに同意する。

元プロアスリ体育会の方でビジネスでも活躍している方達をご紹介